レーティング:アーセナル 5-0 チェルシー【プレミアリーグ】

2024.04.24 06:00 Wed
Getty Images
プレミアリーグ第29節延期分、アーセナルvsチェルシーが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが5-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
PR
▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
22 ラヤ 6.0
難しい対応はほぼなかったが、危なげないパフォーマンスでクリーンシートに貢献
DF
4 ホワイト 7.5
2点目は幸運な形ではあったが、貴重なチーム2点目を含めてキャリア初の1試合2ゴールを達成。ムドリクの緩慢な守備を利用して再三効果的な攻撃参加を見せた

2 サリバ 6.5
難しい対応は少なかったが、ジャクソンをしっかりと抑え込んだ

6 ガブリエウ 6.5
最終的にジャクソンには仕事をさせず。何度かマイボール時に際どい対応はあったが、3点目の起点に
18 冨安健洋 6.5
マドゥエケに2度振り切られるシーンはあったが、再三の出足鋭い潰しでカウンターの起点に。ビルドアップへの絡みやクロス精度も申し分なし

(→ジンチェンコ 5.5)
リスクを冒さずに熱く冷静に試合をクローズ

MF
8 ウーデゴール 8.0
圧巻の2アシストを含めて攻撃面の主役に。チャンスメークの質の高さに加え、過密日程の中でプレー強度の部分も傑出していた

5 トーマス 6.5
スタメン抜擢の一戦で安定したパフォーマンスを披露。試合勘の影響によって細かいミスは散見されたが、中盤の底で攻守に役目をこなした

(→ジョルジーニョ 5.5)
古巣相手に安定感のあるパフォーマンスだった

41 ライス 8.0
先制点をアシスト。中盤を完全に制圧する圧巻のパフォーマンスを披露した

FW
7 サカ 7.0
1アシストを記録。自身にゴールはなかったが、右サイドで攻撃の起点を担いエースの役目を十分に果たした

(→ファビオ・ヴィエイラ -)

29 ハヴァーツ 7.0
前半は決定力を欠いたが、後半に古巣相手に痛烈な恩返しゴールを2発叩き込んで今季リーグ戦11ゴールに到達。起点づくりや守備への貢献度も評価に値

(→ガブリエウ・ジェズス 5.5)
プレー強度をしっかりと維持

19 トロサール 7.0
結果的に圧勝となったが、その流れを作る貴重な先制点を記録。ハヴァーツに先んじてリーグ戦10ゴールに到達

(→マルティネッリ 5.5)
後半終盤の決定機逸などやや試合に入れていなかった印象

監督
アルテタ 7.0
対チェルシー相手の最大得点差での勝利に導く。攻守両面で相手を完全に圧倒した

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
28 ペトロビッチ 5.5
屈辱の5失点を喫したが、ニアを抜かれた1失点目を除き大きな責任はなし。試合への興味を繋げる再三の好守で意地を見せた

DF
42 ギルクリスト 4.5
ビッグマッチでプレミア初スタメンもほろ苦い一戦に。守備では何とか食らいついた印象だが、マイボール時に消極性や判断ミスが目立った

(→チアゴ・シウバ 5.5)
展開もあったが、やや落ち着かせた

2 ディザジ 4.5
急造ディフェンスラインでリーダーシップが求められたが、さすがに荷が重かった。コーチングやラインコントロールといった守備面、ビルドアップの攻撃面でも物足りない出来に

5 バディアシル 4.0
アラートさを欠く守備面の拙さに加え、ビルドアップで再三のミスを繰り返した

3 ククレジャ 5.0
ムドリクの体たらくで常に数的不利で守る苦しい試合に。前半にカードももらったが、個人としてはよく身体を張った

MF
11 マドゥエケ 5.0
前後半に3度の鋭い仕掛けなど貴重な攻め手を担ったが、決定的な仕事には至らず

(→カサデイ 5.0)
守備では身体を張ったが、攻撃ではクオリティ不足だった

8 エンソ・フェルナンデス 5.0
ビルドアップのところで何とかアクションを起こしたが、相手の中盤に完全に封じ込まれた。守備ではコンディションの問題もあって無理が効かず

(→チャロバー 5.5)
チアゴ・シウバ同様にまずまず落ち着かせた

23 ギャラガー 5.5
攻守両面でマルチタスクを担い、最後まで走り切った。生え抜きとしての意地は見せた

25 カイセド 5.0
前半終盤に良い時間帯もあったが、試合を通しては攻守両面で相手の中盤に屈した

10 ムドリク 4.0
ダービーの意味を理解していないと言わざるを得ない覇気のないプレーに終始。責任感のない守備対応によって味方の足を引っ張り続けた

(→スターリング 5.0)
直接FKや縦への仕掛けと見せ場はあったが、物足りないプレーだった

FW
15 ジャクソン 5.0
最も相手守備陣の脅威となったが、課題の決定力不足は改善されず

監督
ポチェッティーノ 4.0
“パーマー・チーム”と揶揄されてもしかたない惨敗に。試合前の選手選考、ムドリクを引っ張った采配も含めて敗戦の責任は大きい

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ライス(アーセナル)
ウーデゴールも捨てがたいが、攻守両面でのより幅広い役割をこなしたイングランド代表MFをMOTMに選出。カイセド、エンソ・フェルナンデスと自身と同じく超高額移籍のライバル相手に格の違いを見せつけた。

アーセナル 5-0 チェルシー
【アーセナル】
トロサール(前4)
ホワイト(後7)
ハヴァーツ(後12)
ハヴァーツ(後20)
ホワイト(後25)

PR
関連ニュース

ビッグクラブから関心も…ザークツィーはボローニャ残留を示唆「今のところ、頭の中にあるのはボローニャのことだけ」

移籍の噂が囁かれ続けるオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)だが、来シーズンもボローニャでプレーする意向を示した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今シーズン、加入2年目のボローニャで本格開花の兆しを見せたザークツィー。公式戦37試合出場12ゴール7アシストの成績を残し、ボローニャのトップ5フィニッシュと来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。 有望なストライカーであるザークツィーを、当然ビッグクラブは放っておかず。買い戻しオプションを保有するバイエルンこそ現時点で動きを見せていないが、アーセナルやミラン、ユベントスが獲得に関心を示しており、今夏の去就が注目されていた。 しかし、ザークツィー自身は来季CLに出場するボローニャに残留するプランも持っているようだ。イタリア『コリエレ・ディ・ボローニャ』のインタビューに応じた同選手はゆっくり体を休ませたいとしつつ、来シーズンもボローニャでプレーする意欲を見せている。 「選手として自分の能力を信じ、『そうだ、自分はトップレベルまで到達できる』と思わなければならない。そうでなければ意味がないんだ。イタリアでは、すでにチャンピオンズリーグのチームと対戦しているしね」 「セリエAは質が高く、難しいリーグだ。だから、ここでのプレーはとてもエキサイティングで素晴らしい挑戦になるだろう」 「子供の頃から、プレーすることを夢見ていたよ。バイエルンでは優勝を経験したけど、今はプレーすることこそがエキサイティングだね。ドイツでは、プレーしていないようなものだった。今、僕はピッチでその瞬間を生きているんだ」 「今のところ、僕の頭の中にあるのはボローニャのことだけだ。ケガから回復して、幼なじみと一緒にアメリカで楽しい休暇を過ごしたい。そしてその後、どうなるか見ていきたいね」 「僕はクラブにとってのベストを選ぶよ。心の中で納得できることだけをするつもりだ」 2024.05.28 11:40 Tue

偉大なるジルー、その分岐点は若き日のフランス代表デビュー戦…惚れ込んだヴェンゲル氏「夢中になってしまった」

フランス代表歴代最多得点者のFWオリヴィエ・ジルー(37)。その選手キャリアにおける分岐点は、自身のA代表デビュー戦を観戦したアーセン・ヴェンゲル氏との出会いだった。 今季でミランを退団、フランス代表からもユーロ2024を最後に引退、MLSはロサンゼルスFCへの移籍を持って、欧州で見納めとなるであろう37歳ジルー。 モンペリエ時代の11-12シーズンにリーグ・アン優勝&得点王。翌季から5年半アーセナルに在籍し通算105得点。チェルシー時代は控えを抜け出せずも、34歳で加入したミランがクラブキャリアのハイライトか。1年目でスクデット奪還に大貢献、得点数だけでは語れない技量・存在感で3年間チームを引っ張り、その威圧感は老練なカルチョのDFを苦しめた。 また、フランス代表では3度のW杯出場に2018年ロシア大会優勝、そして同国代表歴代最多の57得点。ティエリ・アンリ氏の得点記録を抜くのがジルーになるなど、一体誰が予想しただろうか。まさに、年齢を重ねるごとに輝きを増していったストライカーだ。 フランス『Canal+』は、そんなジルーの半生を追いかけたドキュメンタリー番組を制作し、選手キャリアの分岐点として、当時アーセナル指揮官だったヴェンゲル氏の目に留まった“2011年11月11日”をピックアップ…ヴェンゲル氏自ら証言する。 「初めてオリヴィエを観た日のことをよく覚えている。当時彼はモンペリエの選手で、すでにそれなりの成績を収めていたが、そのプレーをこの目で確認し、『ああ、この男はフットボールを完全に理解している』と確信した。私は彼に夢中になってしまった(笑)」 “2011年11月11日”は、ジルーがフランス代表初キャップを飾ったアメリカ代表戦。スタッド・ド・フランスで観戦してジルーに惚れ込んだヴェンゲル氏は自らジルーへ接触。2012年夏のアーセナル加入に漕ぎ着けた。 しかし、代理人のミシェル・マヌエロ氏は当時、ジルーに「アーセナルなんか行くべきじゃない」とアドバイスしたと言う。 「私は彼に言った。『アーセナルはダメだ。ロビン・ファン・ペルシがいるんだぞ。ピッチ脇で味方のゴールに拍手する時間を過ごすことになるぞ』ってね。どう考えてもオリヴィエにストライカー以外はできないし、不可能なミッションに挑もうとしているように思えたんだ」 「彼は『わかった、他のクラブも考えてみよう』と言ったんだ。ところが1カ月半後、突然『やっぱりアーセナルへ行く』ってね(笑)」 ジルーがアーセナル行きを決めると、ほどなくしてマヌエロ氏の懸念だったファン・ペルシ氏がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定。結果的に、ジルーは加入後すぐにセンターフォワードの定位置に収まった格好だ。 フランス代表デビュー戦にて、ヴェンゲル氏に認められたところから階段を駆け上がっていったジルー。13年もの歳月が経ち、男はフランス代表で通算131キャップ、通算57得点で歴代最多得点者となっている。 2024.05.27 14:00 Mon

移籍望むラムズデールもニューカッスルは排除か 加入した場合の競争相手は…

アーセナル退団が浮上しているイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(26)だが、ニューカッスルへ向かう可能性は限りなく低いそうだ。 今季序盤で定位置を失ったラムズデール。新加入のGKダビド・ラヤにポジションを譲った結果、公式戦出場が11試合にとどまることに。ユーロ2024が控えるイングランド代表のメンバー候補33人にはかろうじて滑り込んだ。 イングランド有数のGKとしては、数カ月前よりアーセナル退団を視野に入れていることが明白で、行き先としてしきりに取り沙汰されるのが、1番手GKニック・ポープに競争力を持たせたいニューカッスルだ。 実際、ニューカッスルはバレンシアの“ラ・リーガNo.1守護神”ジョージア代表GKギオルギ・ママルダシュヴィリ(23)とも接触中。GKの補強に動いていることは間違いない。 ただ、イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、ラムズデールがボーンマス時代に師事したエディ・ハウ監督率いるニューカッスルを選ぶ可能性はほぼないとのこと。 ニューカッスルへ向かった場合、競争相手はポープ。お互いにイングランド代表の実力者であり、「2番手に甘んじる可能性はこりごり」といった心境を周囲に漏らしているそうだ。 ニューカッスル側も、ラムズデール獲得にはライバルクラブへの多額の支出が必要となることをよく理解。資金力こそあれど、リーグの財務規定に悩むなか、アーセナル相手に大金を支払う余裕まではないとされている。 しかしながら、ラムズデールが今夏のアーセナル退団を望んでいるのは間違いないという。 2024.05.26 13:05 Sun

ユナイテッドはFAカップ制覇でEL出場決定! 7位ニューカッスルは繰り下げで来季は欧州の大会なし

25日、FAカップ決勝が行われ、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー”の決勝は2-1でユナイテッドが勝利した。 プレミアリーグ4連覇を果たしたシティはFAカップも連覇を目指し戦いに。昨シーズンと同じカードとなった決勝で、ユナイテッドはリベンジを果たしたいところだった。 すると、出だしからユナイテッドペースで試合が進むと、前半にアレハンドロ・ガルナチョ、コビー・メイヌーのゴールで2点を先行。終盤にジェレミー・ドクが1点を返すも、ユナイテッドが逃げ切り、見事に優勝を果たした。 プレミアリーグを8位で終えていたユナイテッド。来シーズンのヨーロッパの大会への出場権を手にしていなかったが、FAカップで優勝したことによりヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得した。 これにより、来シーズンの全てのヨーロッパの大会の出場チームが確定した。 プレミアリーグを優勝したシティ、2位のアーセナル、3位のリバプール、4位のアストン・ビラが、新方式となるチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが決定した。 そして、ELには5位でリーグ戦を終えたトッテナムがELに出場が決定。6位のチェルシーがカンファレンス・リーグ(ECL)に出場することに。7位のニューカッスルはECL予選に出場する予定だった。 しかし、8位のユナイテッドがFAカップを優勝したことでEL出場権を獲得。そのため、1つずつ繰り下がることとなり、ニューカッスルはヨーロッパの大会に出場できる可能性がなくなることとなった。 ◆2024-25シーズンの出場権 チャンピオンズリーグ:マンチェスター・シティ、アーセナル、リバプール、アストン・ビラ ヨーロッパリーグ:トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド カンファレンス・リーグ:チェルシー 2024.05.26 08:50 Sun

ギマランイスのリリース条項有効な1カ月…シティ&アーセナルが関心継続

ニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(26)へのライバルクラブからの関心が続いている。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 2020年1月にリヨンから移籍金4000万ポンド(約80億円)でニューカッスルに加入したギマランイス。チャンピオンズリーグ(CL)出場も叶えたクラブにおいて、中盤の欠かせぬ戦力となっており、プレミアリーグ屈指の守備的MFにも数えられる。 クラブとの契約を2028年6月まで残すギマランイスだが、今夏は1億ポンド(約200億円)の契約解除条項が話題に。エディ・ハウ監督も「我々がコントロールできることではない」とその存在を認めていた。 ブラジル『UOL Esporte』によると、この条項は6月24日まで有効。今後1カ月の動向に注目が集まるなか、プレミアリーグの2クラブからオファーが届く可能性があり、ギマランイス側もこれに興味を示しているという。 名前が挙がっているのは以前から関心が報じられているマンチェスター・シティとアーセナル。シティはウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタ(26)との両獲りも噂されていたが、パケタが賭博違反の容疑でイングランドサッカー協会(FA)から告発されたことにより、ギマランイス獲得に集中する可能性もある。 また、パリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示しているが、退団濃厚なフランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の代役探しに追われる可能性が高く、ギマランイス自身もプレミアリーグ残留を希望しているとのことだ。 なお、この契約解除金1億ポンドは3年分割で支払える可能性もあるとのこと。収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)違反のリスクを抱えるクラブも、比較的獲得に動きやすい状況のようだ。 2024.05.25 11:58 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly