N・フォレストで奮闘するギブス=ホワイト、今夏にはプレミア複数のビッグクラブが獲得に動く?

2024.04.18 16:30 Thu
ビッグクラブが注目するMFモーガン・ギブス=ホワイト
Getty Images
ビッグクラブが注目するMFモーガン・ギブス=ホワイト
ノッティンガム・フォレストのイングランド人MFモーガン・ギブス=ホワイト(24)は、今夏の注目銘柄となりそうだ。
PR
ギブス=ホワイトは2022年夏にウォルバーハンプトンからノッティンガム・フォレストへ加入。チームで10番を背負うなど主軸に定着すると、今シーズンもここまでプレミアリーグで17位に低迷するチームにあって、公式戦37試合6ゴール7アシストと上々の成績を収めている。
すでにノッティンガム・フォレストで欠かせない選手となっているギブス=ホワイトだが、イギリス『ミラー』によると今夏に複数クラブが関心を示している模様。ニューカッスル、アーセナル、トッテナムが獲得を検討しているとのことだ。

ノッティンガム・フォレストはギブス=ホワイトの売却を阻止したい構えだが、仮にチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となれば移籍は避けられない見通しに。また、仮に残留したとしても、収益性と持続可能性に関するプレミアリーグの規則(PSR)違反を回避するためにはまとまった資金が必要であり、結局は売却に踏み切る可能性があるようだ。

PR
関連ニュース

フォレスト、プレミア残留に貢献のアイナと1年契約延長

ノッティンガム・フォレストは21日、ナイジェリア代表MFオラ・アイナ(27)と2025年6月まで契約延長したことを発表した。 昨夏、トリノを退団してフリーでフォレストに加入したアイナは、両ウイングバックをこなし、プレミアリーグ22試合に出場。昇格2年目のチームの残留(プレミアリーグ17位)に貢献していた。 契約延長を受けてアイナは「フォレストでの時間は本当に幸せだった。ファンも素晴らしかった。今後も本当に楽しみにしている」と喜びを示した。 2024.05.22 07:00 Wed

ノッティンガム・フォレストが引退フェリペら3選手と契約満了…オリジらローン選手5名も退団に

ノッティンガム・フォレストは21日、ウェールズ代表GKウェイン・ヘネシー(37)、元ブラジル代表DFフェリペ(35)、セネガル代表MFシェイフ・クヤテ(34)の退団を発表した。 通算109キャップのウェールズ代表としてまだ現役のヘネシーとクヤテはそれぞれ2022年夏に加入。かつてポルトやアトレティコ・マドリーでもプレーしたフェリペは昨年1月から加わった。 3選手はそれぞれ契約満了に伴う退団。ただ、フェリペに関しては今年3月に今季限りでの現役引退を表明しており、フォレストがキャリア最後のクラブとなった。 また、ポルトガル人DFヌーノ・タヴァレス(24)、アルゼンチン代表DFゴンサロ・モンティエル(27)、アメリカ代表MFジョバンニ・レイナ(21)、元ベルギー代表FWディヴォク・オリジ(29)、U-19ポルトガル代表FWロドリゴ・リベイロ(19)の5選手もローン契約満了により、退団する。 2024.05.21 18:35 Tue

町田浩樹に関心のノッティンガム・フォレスト、左利きCBムリージョの売却を想定か

ノッティンガム・フォレストはブラジル人DFムリージョ(21)の売却を想定か。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 ムリージョは昨夏コリンチャンスから移籍金1100万ポンド(約21億5000万円)で加入の左利きセンターバック。初の欧州、いきなりのプレミアリーグでも逞しく奮闘し、デビューからリーグ戦31試合連続で先発出場中だ。 そんななか、1年でのステップアップも噂されており、リバプールやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)から一定の関心があるとされる。 財務規則違反(PSR)で勝ち点剥奪処分を科されたフォレストは、帳尻合わせで今夏主力選手の売却が必須との見立てが強く、そうでなければ来季も勝ち点剥奪を繰り返す恐れが。 このため、人気銘柄となっているムリージョについては、売却可否はともかく、少なくとも届いたオファーに対してひとつひとつ耳を傾ける方針とのことだ。 フォレストはベルギー1部ユニオン・サン=ジロワーズに所属する、ムリージョと同じく左利きセンターバックの日本代表DF町田浩樹(26)に対する関心が報じられている。 2024.05.13 21:10 Mon

EL出場へ3連勝も「まだ大きな試合が2つある」 ポチェッティーノ監督は気抜かず

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がコメントした。 この最終盤の猛追で来季のヨーロッパリーグ(EL)出場争いに割って入る7位チェルシーは11日の第37節では17位ノッティンガム・フォレストのホームに残り込み、3-2で勝利。一時は逆転されたが、80分からの2分間でラヒーム・スターリングとニコラス・ジャクソンがネットを揺らして、ひっくり返した。 これで3連勝の4戦無敗としたチェルシーは6位ニューカッスル・ユナイテッドと勝ち点で並ぶ大きな勝利に。ポチェッティーノ監督はイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で結果に満足したものの、内容の不出来も口にした。 「難しい試合だった。素晴らしいシーズンを送るチームとの対戦はいつだってタフだ。彼らからすれば、今日は確実に試合をスタートさせ、来季もプレミアリーグを戦うことだろうから、パーティーのようなものだった」 「試合をコントロールしながら入ったが、許すべきではない形で失点した。後半もタフだったが、大きな勝利だったと思う。勝ち点3が一番だが、パフォーマンスはトッテナムやウェストハムのときを完全に再現したわけじゃない」 「シェフィールド・ユナイテッドやバーンリーと対戦したときもだが、我々はこういう類のチームに苦しみがちだ。今日はベンチから出場した選手たちが大きなインパクトを与えてくれたと思う」 また、欧州カップ戦出場に「そうなると良いが、まだ大きな試合が2つある」とし、長期離脱から復帰したリース・ジェームズについても「不運だね。あと2試合しかないからだ。だが、クオリティと経験をもたらしてくれるはず」と話した。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ノッティンガム・フォレストvsチェルシー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YuTts9l90CM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.12 11:55 Sun

フォレストとの打ち合いを制したチェルシーがリーグ戦3連勝!【プレミアリーグ】

チェルシーは11日、プレミアリーグ第37節でノッティンガム・フォレストと対戦し3-2で勝利した。 リーグ戦3試合負けなしの7位チェルシー(勝ち点54)は、圧勝した前節のウェストハム戦と同じスタメンを採用。最前線にジャクソン、2列目にマドゥエケ、パーマー、ムドリクを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 残留争い中の17位フォレスト(勝ち点29)に対し、チェルシーは立ち上がりの8分に先制する。中盤でボールを受けたパーマーのスルーパスからボックス左に侵入したムドリクがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。 幸先良く先制したチェルシーだったが、16分に一瞬の隙を突かれセットプレーから失点する。ミドルサード中央左で与えたFKからギブス=ホワイトにクロスを入れられると、ファーサイドに走り込んだボリがゴール右にヘディングシュートを叩き込んだ。 前半半ば以降は膠着状態が続いたが、チェルシーは33分にパーマーの絶妙なスルーパスからDFの裏に抜け出したジャクソンに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 1-1で前半を終えたチェルシーは後半も積極的な入りを見せたが、53分にペナルティアーク手前でパスを受けたイエーツに右ポスト直撃のミドルシュートを許す。 さらにチェルシーは、57分にもボックス左深くまで切り込んだハドソン=オドイのクロスをゴールエリア右のギブス=ホワイトに頭で合わせられると、右ポストに当たったこぼれ球をゴール前のウッドに詰められたが、シュートは枠の上に外れ、失点を逃れた。 追加点が欲しいチェルシーは、58分にマドゥエケとバディアシルを下げてエンクンクとグストを投入。すると63分、敵陣右サイドで獲得したFKからパーマーがクロスを供給すると、チアゴ・シウバがフリックしたボールが左ポストを直撃した。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すなか、再びスコアを動かしたのはフォレストだった。74分、ボックス左手前でギブス=ホワイトからのパスを受けたハドソン=オドイがそのままボックス内に侵入すると、カットインからコントロールショットをゴール右隅に突き刺した。 逆転を許したチェルシーは、79分にギャラガーを下げてリース・ジェームズを投入。すると直後の80分、パーマーのパスを左サイド高い位置で受けたスターリングがドリブルでボックス左から侵入。カットインから右足を振り抜くと、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。 試合を振り出しに戻したチェルシーは、82分にもカイセドのロングパスでボックス右深くまで駆け上がったリース・ジェームズのダイレクトクロスをジャクソンがヘディングで流し込み、連続ゴールで勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり、3-2でチェルシーが勝利。リーグ戦3連勝で欧州カップ戦を争う上位陣の追走に成功している。 2024.05.12 03:40 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly