途中出場オカフォーの決勝点で競り勝ったミラン、指揮官はチームの総合力誇る 「誰が途中出場しても得点できるクオリティがある」

2024.03.02 15:26 Sat
課題や手応えを語ったピオリ監督
Getty Images
課題や手応えを語ったピオリ監督
ミランのステファノ・ピオリ監督が勝利を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。
PR
セリエA前節のアタランタ戦を1-1のドローで終えていた中、2日の第27節でラツィオとのアウェイゲームに挑んだ3位・ミラン。イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニが57分に2枚目のイエローカードを受けたことを皮切りに、ラツィオの選手が計3名退場するという荒れた展開となったが、途中出場のスイス代表FWノア・オカフォーが88分に待望の先制点を決め、ミランが勝ち点3を持ち帰った。
試合後、ピオリ監督は内容に言及。ある程度の満足感を示した一方、課題も口にした。

「間違いなく緊張した試合だったし、ファウルもあった。前半はリズムが悪かった。ラツィオのラインが高かったため、もっとスピードと深さのあるボール回しが必要だった。しかし、チャンスがほとんどない拮抗した試合だった」

「後半は良いスタートを切ることができたし、ラツィオのミスを利用した。数的優位の中、2人目のストライカーを投入したのは正しかった。だが、我々は相手の脅威となる特長を持っているのだから、ロフタス(ルベン・ロフタス=チーク)のポジションを下げたことでもっとアグレッシブに攻めることもできたはずだ」
また、ピオリ監督は途中出場の選手も活躍するチームの総合力に胸を張った。

「誰が先発しても、誰が途中出場しても、得点できるクオリティがある。途中出場の選手たちが準備万端であれば、監督はとても満足するものだし、うまく機能しているグループだ。我々は常にそうだった」

「選手たちの一体感、プロフェッショナリズム、そして最後までやり遂げようとする気持ちを称賛したい」

リーグ戦やヨーロッパリーグ(EL)の今後も展望。リーグ戦は3位を維持しつつ、2位・ユベントスを追い越したいとし、ELではラウンド16でスラビア・プラハを下すことに集中していると述べた。

「目標は3位を確定させるか、それ以上の順位にすることだ」

「今日の勝利は、(4位と5位の)アタランタとボローニャに対するリードを広げ、ユーベに追いつくために重要なものだ。勝ち点差『4』は大きいが、不可能ではない」

「今はスラビア・プラハとの一戦に向け、とても集中している。ラウンドを突破することが我々の目標だ」

PR
関連ニュース

同国対決1stマッチはローマに軍配! 下向かずのミラン監督「修正できる」

ミランのステファノ・ピオリ監督がリターンレグでの奮起を求めた。 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でローマ相手に同国対決のミラン。11日の1stレグではホームに迎え撃ったが、17分に浴びたジャンルカ・マンチーニの一発が重くのしかかり、0-1の先勝を許した。 CKから喫した失点の差を追って、18日の2ndレグで敵地に乗り込むミランだが、これで公式戦連勝も「7」でストップしたピオリ監督はイタリア『スカイ』で1stレグを振り返り、巻き返し可能と話す。 「我々は良い試合をした。素晴らしい試合ではなかったがね。前半はもっと勇敢さが必要だった。ドローでも良かったかもしれないが、まだ試合があるし、修正できると信じている」 「後半のチームは私好みだったが、もっとリスクをおかしていく必要があった。私は誇りとリターンレグで勝つという意思を期待している」 14日に敵地で行われるセリエA第32節のサッスオーロ戦を経ての2ndレグ。サッスオーロ戦で弾みをつけ、ローマとのリターンレグに挑みたいところだ。 2024.04.12 15:05 Fri

ELでミラン撃破! ローマのボスは“テオ&レオン対策”担った右サイド陣を称賛「融通が利く選手は有難いよ」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督がミラン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ローマは11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでミランとの同国対決に臨み、敵地で0-1と先勝。最少スコアでの勝利ということで、ベスト4進出へ文字通り一歩前進だ。 殊勲の1点を決めたのは、センターバックのDFジャンルカ・マンチーニ。度々セットプレーで強さを発揮する27歳は開始17分、FWパウロ・ディバラのCKに頭から飛び込んだ。 7日のローマ・ダービー、ラツィオ戦(1◯0)でも決勝点をやはりディバラのCKから決めていたマンチーニが勝利の立役者なのは間違いないが、デ・ロッシ監督はピッチ各所で奮闘した他の選手たちも称賛する。 ほぼフルタイムでプレーし、ポストプレーに奮闘、先制点に繋がるCKも獲得したFWロメル・ルカクについて、指揮官は「ストライカーだからと言ってゴールが全てじゃない」と断言する。 「私の就任以来、最高のパフォーマンスだったように思う。誰もがストライカーをゴールの有無で判断しがちだが、懸命に戦い、ボールを収めている。私が見たいもの全てを見せてくれた」 また、この日のデ・ロッシ監督は、ミランの強力な左サイド、テオ・エルナンデス&ラファエル・レオン対策に入念な準備をしており、それはヒトの配置からも明らか。“右側”で起用した選手らを称えないわけにはいかない。 「ミランの左サイドはハッキリ言って強い。ミランがゲームを支配する時、必ずそれを支えているのが左サイドだ。この事実に対し、我々は微調整をした。MFブライアン・クリスタンテがサポートに入り、ミランのラインデルスを常にケアした」 「様々なアイデアにオープンかつ、特定のポジションに固執しない選手は有難いよ。ステファン・エル・シャーラウィに『右サイドをやってほしい』と伝え、彼の反応はポジティブそのものだった。上手くやってくれる確信が試合前からあったよ」 対峙するレオンを無力化した右サイドバックのDFメーメト・ゼキ・チェリクについても「自信は違いを生み出す。自信をつけているかどうかは、練習でも試合でも、そのボディランゲージを見ればわかる。メンタルも技術も戦術理解も全て連鎖的につながっている」と、信頼を高めたようだ。 選手個々の奮闘をベースに、ミラン撃破に一定の満足感を示すデ・ロッシ監督。一方で今後に向けては、選手らへ厳しい言葉を投げかける。 「レッチェと引き分けたあと、『ダービー(ラツィオ戦)で今日より1センチでも消極的な態度を見せるのは許されない』と選手に言った。次のウディネーゼ戦(14日)で今日から少しでも後退するようなら、何人かの選手は何も学んでいなかったということだ」 ミランとのリターンマッチは、ウディネーゼ戦を挟んで18日。ローマは指揮官が語るように、ウディネーゼ戦で勝ち点もギアも落とさず、2ndレグを迎えたい。何といっても、まだ1点差だ。 2024.04.12 11:25 Fri

マンチーニ2戦連発のローマが敵地でウノゼロ勝利! ミランは公式戦連勝が「7」でストップ…【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、ミランvsローマが11日にサン・シーロで行われ、アウェイのローマが0-1で先勝した。 ラウンド16でスラビア・プラハを順当に破って8強入りを決めたミラン。直近のレッチェ戦を3-0で快勝し、目下公式戦7連勝中と絶好調のセリエA2位チームはベスト4進出を懸けた同国対決初戦に向けて先発3人を変更。サスペンションのトモリ代役にチャウ、アドリとチュクウェゼに代えてベナセル、ロフタス=チークを起用した。 一方、ブライトンを撃破して同じく準々決勝進出を決めたローマ。直近のセリエAでは宿敵ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレにウノゼロ勝利を収めセリエAでは5勝2分けの直近7戦無敗と好調を維持。今季リーグ戦で2戦2敗の難敵とのビッグマッチではそのラツィオ戦から先発2人を変更。ジョレンテとアンヘリーニョに代えてスモーリング、スピナッツォーラを起用した。 テオ・エルナンデス、レオンの強力な左サイドへの対応から守備力のあるエル・シャーラウィを右に配置する変則的な[4-2-3-1]で臨んだローマ。これに対して普段通りの入りを見せたミランは9分にラインデルスの枠を捉えたミドルシュートで早速チャンスを作り出した。 以降もミランペースで進んでいくが、カウンターの形から良い形を作っていたローマがやや幸運な形から先制に成功した。17分、ディバラからルカクへのスルーパスがオフサイド気味だったカウンターアタックで得た右CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、マークを外してゴール前に走り込んだマンチーニがゴール左隅にヘディングシュートを流し込んだ。 マンチーニの公式戦2試合連続ゴールによってアウェイチームが先手を奪った試合は、ここからホームチームが攻勢を強めていく。20分過ぎには続けて得たCKからジルー、ロフタス=チークのヘディングシュートでゴールに迫るが、いずれもルカクの見事なゴールカバーに阻まれた。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握って押し込むミラン、堅守速攻で応戦するローマという構図の下で一進一退の攻防が続く。 自陣で堅固なブロックを敷くアウェイチームに対してミランはサイドの揺さぶり、ミドルレンジのシュートでチャンスを窺う。その流れでラインデルスが地を這う鋭いシュートを右隅に飛ばすが、これはGKスヴィラールの好守に遭う。 1点リードのローマは回数は少ないものの、ディバラを起点に幾度か数的同数の形でカウンターアタックを仕掛けてスピナッツォーラ、エル・シャーラウィにチャンスが訪れたが、追加点を奪うまでには至らなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は開始直後にラインデルスがこの試合3本目のミドルシュートでゴールに迫るなど、ホームチームが押し込む入りとなった。 だが、時間の経過と共にボール保持率を高めつつ、ルカクの驚異的なキープ力を活かしたカウンターからローマが押し返していく。そして、ボックス内に侵入したペッレグリーニ、クリスタンテと際どいシュートで追加点に迫った。 以降もボールは握るもののゴールが遠いミランは、ベナセルに代えてアドリ、プリシックとレオンの両翼を下げてチュクウェゼ、オカフォーと中盤と前線にテコ入れを図ってゴールを目指す。 すると、アドリの際どいミドルシュートなどで攻撃が活性化されると、後半終盤には完全に相手を押し込むことに成功する。87分にはチュクウェゼのボックス右ゴールライン際での鮮やかな突破からゴール前のジルーに絶妙なラストパスが届くが、百戦錬磨のストライカーは押し込むだけでいいシュートをクロスバーに当ててしまい、絶好の同点機を逃した。 その後、ローマはルカクを下げてジョレンテを投入し、5バックの形で専守防衛での逃げ切り態勢に入ると、終盤の猛攻をチーム一丸となった守備で撥ね返し続けた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地でウノゼロ勝利を収めたローマが今季リーグ戦でシーズンダブルを喫した相手に会心の勝利を収めた。一方、公式戦連勝が「7」でストップしたミランは、来週にオリンピコで行われる2ndレグでの逆転突破を目指すことに。 2024.04.12 06:19 Fri

【EL準々決勝プレビュー】好調イタリア勢対決に、遠藤航は持ち味発揮予感のアタランタ戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の1stレグが11日に開催される。ベスト4進出を懸けた準々決勝初戦の展望を紹介していく。 ◆EL準々決勝1stレグ ▽4/11(木) 《28:00》 ミラン vs ローマ リバプール vs アタランタ レバークーゼン vs ウェストハム ベンフィカ vs マルセイユ ◆好調継続のイタリア勢対決 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今ラウンド屈指のカードはセリエA2位のミランと、5位のローマによるイタリア勢対決だ。 昨季チャンピオンズリーグ(CL)のセミファイナリストであるミランは、今季CLグループステージ3位敗退に伴い、プレーオフから今大会に参戦。スタッド・レンヌ、スラビア・プラハという曲者を退けて順当に8強入りを決めた。 また、独走のインテル相手に逆転優勝は難しいものの、セリエAでは直近の5連勝を含む6戦無敗と好調を維持。前節のレッチェ戦では前半序盤にFWプリシック、FWジルーのゴールで効果的に得点を重ねると、前半終盤に相手に退場者が出たことで、後半は早いタイミングで主力を下げるなど余裕の試合運びで3-0の完勝。ホーム開催の初戦に大きな弾みを付けた。 一方、昨季ELファイナリストのローマはモウリーニョ前監督の解任に伴い、プレーオフからデ・ロッシ新体制での戦いに。その中でフェイエノールト、ブライトンという実力者を撃破し、準々決勝へ駒を進めた。 熾烈なトップ4争いに身を置くセリエAでは5勝2分けの直近7戦無敗と同じく好調を維持。直近のデルビー・デッラ・カピターレではDFマンチーニのゴールを守り切ってウノゼロ勝利。ミランに比べて消耗度は大きいものの、より勢いを持ってこの一戦に臨めるはずだ。 なお、モウリーニョ体制で戦った今季セリエAでの2試合はミランがいずれも複数得点を奪って勝利しているが、デ・ロッシ体制で大きく変貌を遂げた新生ジャッロロッシはいかなる戦いを見せるか。 ◆遠藤がアタランタとの肉弾戦へ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF遠藤航を擁する優勝候補筆頭のリバプールは、2020-21シーズンのCL以来となるアタランタとの対決に挑む。 ラウンド16でスパルタ・プラハを2戦合計11-2で一蹴したクロップのチームは、危なげなくベスト8進出を果たした。 プレミアリーグでは直近のマンチェスター・ユナイテッド戦のドローによって同勝ち点ながらアーセナルに首位を譲る形となったが、8戦無敗と好調を維持。さらに、今回の一戦に向けてはGKアリソン、DFアレクサンダー=アーノルド、MFバイチェティッチ、FWジョタと主力が相次いで練習復帰を果たし、最終盤の戦いへ大きなブーストがかかっている。 対するアタランタはスポルティングCPを2戦合計3-2で退けて8強入り。ただ、国内の戦いではコッパ・イタリア準決勝1stレグのフィオレンティーナ戦、セリエAのカリアリ戦で今季2度目の連敗。敵地での大一番へ不安を残す形となった。 なお、[3-5-2]の布陣で人基準の攻守にアグレッシブな戦いを信条とするアタランタではリバプールも関心を示すMFコープマイネルスを筆頭にMFエデルソン、MFデ・ローンと実力者が中盤に揃っており、遠藤としては勝負の肝となる局地戦においてチームに優位性をもたらす仕事が期待されるところだ。 ◆無敗レバークーゼンがECL王者と激突 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 開幕から唯一無敗を継続するレバークーゼンは、ブンデスリーガ初優勝が目前に迫る中、カンファレンスリーグ(ECL)王者であるウェストハムとのベスト4進出を懸けた初戦に臨む。 大苦戦を強いられたカラバフとのラウンド16をFWシックの劇的2ゴールによって勝ち切ったレバークーゼン。以降の公式戦も驚異的な勝負強さで4連勝を飾ったシャビ・アロンソのチームは、今週末に行われるブレーメン戦を勝利した場合、クラブ史上初のリーグ優勝が決定する状況だ。 その重要な一戦を前に戦うウェストハム戦では好調を継続するフリンポンとグリマルドのウイングバックコンビを軸に、エースのMFヴィルツ、勝負強さ光るシックら攻撃陣の多彩な仕掛けで相手の堅守を攻略したい。 一方、同じドイツ勢のフライブルクを返り討ちにしてベスト8進出を果たしたウェストハムは、直近のリーグ戦でウォルバーハンプトン相手に2-1の逆転勝利を収めて敵地での大一番へ弾み。 難敵相手に初黒星を与えたいモイーズのチームは、真骨頂の粘り強い守備からFWボーウェン、FWアントニオ、MFクドゥスらを起点としたカウンター、名手ウォード=プラウズの正確なプレースキックを活かして少ないチャンスを確実にゴールへ結び付けたい。 ◆激戦必至の名門対決 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前述の3カードに比べてネームバリューは低いものの、好勝負が期待されるベンフィカとマルセイユの名門対決。なお、ベンフィカのGK小久保玲央ブライアンはAFC U23アジアカップに臨むU-23日本代表に招集されており、1stレグ、2ndレグの両方を欠場する。 CL3位敗退組としてプレーオフからの参戦となったベンフィカはトゥールーズ、レンジャーズを退けて準々決勝進出。ただ、国内リーグでは直近のスポルティングとのデルビー・デ・リスボア敗戦によって逆転優勝へ厳しい状況に追い込まれており、よりELの重要性が高まる。そのデルビー敗戦からのバウンスバックを図るホーム開催の一戦ではDFオタメンディ、MFディ・マリア、MFラファ・シウバら重鎮、DFアントニオ・シウバ、MFジョアン・ネヴェスら今夏ステップアップが見込まれる若手逸材の躍動に期待したいところだ。 一方、今季3人の指揮官の下で戦う混迷のシーズンを過ごす中、シャフタール・ドネツク、ビジャレアルを破ってベスト8進出を果たしたマルセイユ。ガセ新監督の下で復調を示した一方、直近ではパリ・サンジェルマン相手のル・クラスィクの敗戦を含め公式戦4連敗中と絶不調。今回の一戦に向けて明るい材料は少ないが、今季ELでゴールを量産する主砲オーバメヤンら経験豊富なベテランの奮起で負の流れをストップしたい。 2024.04.11 18:00 Thu

ローマとEL4強入り争うミラン、指揮官はホームでのリード想定「アドバンテージを得ることは極めて重要」

ミランのステファノ・ピオリ監督が先勝を狙っている。クラブ公式サイトが伝えた。 公式戦8試合負けなしと好調を維持しているミラン。準々決勝に勝ち上がったヨーロッパリーグ(EL)では、イタリア国内のライバル・ローマとの対戦が控えている。 11日にはローマをホームに迎えての1stレグ。試合前の会見に臨んだピオリ監督は、リスクを冒して積極的にリードを目指すと述べた。 「先にホームで戦ったこれまでのヨーロッパリーグでは、いつもアドバンテージを得ることができた。試合を終わらせることはできないだろうが、アドバンテージを得ることは極めて重要だ。難しいだろうが、我々は信じている」 「大切なのは自分たちの強みを信じてプレーし続けることだ。スペクタクルが欠けてはいけない。テクニックを活かした攻撃的なチームになりたいなら、必然的にリスクを冒さなければならない」 また、ダニエレ・デ・ロッシ監督を新指揮官に据え、立て直しているローマについてもコメント。デ・ロッシ監督の仕事ぶりを称えているが、どのような対策を練ってこられても怯むつもりはない。 「最高のローマを期待している。デ・ロッシによってローマのアプローチは変わった。彼は信頼に足ることを証明しているし、素晴らしい仕事をしている。チームは彼についていく」 「彼がどんな選択をするかはわからない。ミランと対戦するチームはしばしば特定の対抗策を用いるからだ。我々は準備ができているし、適応し、より危険で効果的なプレーができるようトライする」 イングランド代表DFフィカヨ・トモリの出場停止にも言及。ドイツ代表DFマリック・チャウかデンマーク代表DFシモン・ケアーのどちらかを選ぶようだ。 「トモリがいないとアグレッシブさとスピードがいくらか失われるが、彼らの攻撃に適切に対応できる代わりの選手がまだいる」 「チャウとケアーのフィジカルコンディションはほぼ同じで、試合や対峙する相手に基づいて選択するつもりだ」 2024.04.11 14:29 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly