殊勲スヴィラール活躍でPK戦制したローマが3季連続でフェイエ撃破! 途中出場の上田綺世はPK戦1番手で成功【EL】

2024.02.23 07:54 Fri
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ2ndレグ、ローマvsフェイエノールトが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1で120分の戦いが終了。2戦合計2-2で並んだ中、PK戦を4-2で制したローマがラウンド16進出を決めた。
PR
なお、フェイエノールトのFW上田綺世は78分からプレーした。
昨シーズンの準優勝チームのローマは、デ・ロッシ監督のヨーロッパデビューとなった前回対戦を1-1のドローと悪くない結果で終えた。そして、超満員のオリンピコでのリターンレグでは3シーズン連続対峙の因縁の相手撃破を狙った。3-0で勝利した直近のフロジノーネ戦からは先発4人を変更。登録外のハイセン、クリステンセンに代えてジョレンテ、カルスドルプ、アズムンとバルダンツィに代わってペッレグリーニ、ディバラが復帰した。

一方、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ3位敗退に伴いプレーオフからEL参戦のフェイエノールトは、デ・カイプでまずまずのプレー内容を見せながらもアドバンテージを得られずに難所へ乗り込む形に。1-0で競り勝った直近のRKCヴァールヴァイク戦からは先発2人を変更。イバンシッツ、ミンテの両ワイドに代えてパイシャオン、ニューコープを起用し、1stレグ先発の上田はベンチスタートとなった。

互いに様子見の入りとなったが、思わぬ形からいきなりスコアが動く。5分、フェイエノールトが左サイドのハルトマンの突破から折り返しを入れると、ファーのニューコープのシュートをゴール左にいたヒメネスが左肩でコースを変えて流し込んだ。
前回対戦に続いて先制を許したローマはすぐさま反撃を開始。10分には右CKの波状攻撃から最後はゴール前のルカクがシュートを枠に飛ばすが、これはDFハンツコの決死のゴールカバーにかき出される。

このファーストチャンスで仕留め切れなかったホームチームだったが、頼れるカピターノが決定的な仕事を果たす。15分、相手陣内左サイドでロングボールを収めたエル・シャーラウィがタメを作って内側でサポートに入ったペッレグリーニに繋ぐと、ボックス手前左のペッレグリーニはワンステップから強烈な右足シュートをゴール右上隅に突き刺した。
1-1の振り出しに戻った試合は以降もオープンな攻防が続いていく。その中でローマは強力な3トップに加え、インサイドハーフのクリスタンテ、ペッレグリーニが前向きな形で攻撃に絡んでより効果的な攻めを見せる。

前半終盤にかけては完全にローマが試合の主導権を掌握。左サイドのスピナッツォーラの再三の突破からのクロスを起点に際どいシーンを何度も作っていくが、フェイエノールトも身体を張った守備でフィニッシュに乱れを生じさせて枠内シュートを許さない。そして、前半は1-1のスコアで終了した。

互いに選手交代なしで臨んだ後半もローマペースで進んでいく。引き続き攻守両面で主導権を握るホームチームだが、前半に比べてややフィニッシュまで持ち込めなくなる。

徐々に試合が膠着状態に陥ると、両ベンチが動きを見せる。後半も守勢を強いられるフェイエノールトはパイシャオン、ステングス、ニューコープを諦めてゼルキ、イバンシッツ、ミンテと中盤、ワイドにテコ入れを図る。対するローマはやや疲労が出てきたカルスドルプ、ペッレグリーニを下げてチェリク、アワールをピッチに送り出した。

以降も睨み合いの状況が続くなか、フェイエノールトは主砲ヒメネスを下げて78分に上田を投入。痺れる状況で決定的な仕事を託される。

後半終盤にかけては互いにリスクを冒せずに中盤での攻防が目立つ。フェイエノールトもようやく押し返すことに成功したが、決定機まで持ち込むことはできず。昨季対戦同様に決着は延長戦に委ねられることに。
完全に消耗戦の様相を呈した延長戦は互いに無理が効かず、イージーミスが目立つ大味な展開に。その中で上田はボックス手前の好位置で得たFKを直接狙ったが、シュートは枠を捉え切れない。その後、延長後半終了間際にはローマのルカクが続けて決定的なシュートを放ったが、GKヴェレンロイターの好守などに阻まれて決着を付けることはできなかった。

先攻ローマ、後攻フェイエノールトの形で行われた運命のPK戦では1人目のパレデス、上田が共に成功。だが、2人目ではルカクとハンツコがいずれも両GKの好守に阻まれる。その後、3人目ではクリスタンテが成功したのに対して、ジャハンバフシュのシュートはGKスヴィラールが圧巻の連続セーブで阻止。そして、4人目のアワール、5人目のザレフスキも成功したローマが、デ・ロッシ新体制で正GKに昇格しつつあるセルビア人GKの活躍で三度フェイエノールトを撃破し、ベスト16進出を決めた。

PR
関連ニュース

試合中に倒れたエンディカは肺気胸…デ・ロッシ監督が明かす「彼は元気。それが最も重要」

試合中に倒れたローマのコートジボワール代表DFエヴァン・エンディカだが、やはり気胸だったようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 エンディカは、14日に行われたセリエA第32節のウディネーゼ戦に先発出場。しかし、72分に突如倒れ込み試合は中断。担架で運び出され、試合は中止となった。 心臓の問題など、ピッチ上で倒れる選手は少なくないが、病院での検査の結果、心臓には問題なし。肺気胸と診断されたという。 15日には退院しているエンディカ。18日に控えるミランとのヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグに向けた記者会見に出席したダニエレ・デ・ロッシ監督が容態について言及した。 「まず第一に、彼は元気だ。それが最も重要なことだ」 「彼は気胸を患った。厄介な痛みを伴う物だが、現場で我々が思っていたような物ではなく、我々を怖がらせたような物ではなかった」 気胸も厄介な病気ではあるが、心臓の問題などではなかったことで一安心。復帰までは時間を要するが、ひとまずは安心というところだろう。 2024.04.17 23:15 Wed

南萌華のフィードが決勝点呼び、熊谷紗希は今節ベストⅪ選出!ローマがユベントスとの上位対決制し女子セリエA連覇に王手

なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、重要な一戦を制した。 リーグ戦で首位に立つローマ(勝ち点57)は15日、女子セリエA上位プレーオフ第4節で、2位のユベントス(勝ち点47)とホームで対戦し、2-1で勝利。熊谷はアンカーで、南はセンターバックの一角でフル出場した。 今冬加入のアラヤ・ピルグリムがスピードを生かした独力でのゴールで開始5分に試合を動かしたが、折り返して早々の47分にFKから同点弾を許す。80分にはユベントスが退場者を出し、ローマの数的優位となって迎えた85分、南のフィードにエーブリヌ・ビアンが抜け出して渾身の一撃を見舞うと、GKが弾いたボールにエミリエ・ハーヴィが絡み、最後はビアンが蹴り込んだ。 熊谷はリーグ選定の今節ベストイレブンにも選出。両選手は試合後、それぞれのインスタグラムにて次のようにコメントを残した。 「Juventusとの首位対決、大きな大きな勝利!!!みんなに感謝、Grazie。また最高の準備をして、次に向かっていきたいと思います。たくさんの応援本当にありがとうございました(熊谷紗希)」 「首位対決、勝利することができました。平日にも関わらずたくさんの後押しに感謝です!今シーズンも残り少なくなってきています!最後まで突っ走ります(南萌華)」 今節の勝利でローマとユベントスの勝ち点差は「13」にまで開き、ともに残す試合数は「5」。3位フィオレンティーナ(勝ち点39)に優勝の可能性は残されていないため、早ければ次節20日にローマの2連覇が決まる。 20日の上位プレーオフ第5節では、ローマは3位フィオレンティーナ、ユベントスは4位サッスオーロ(勝ち点32)と、それぞれ対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】南萌華のフィードから決勝点が生まれ、ローマがユベントスに勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R1H5AeoSs8Y";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 14:35 Wed

胸の痛み訴え緊急搬送のエンディカ…心臓に異常はなく肺気胸と診断

ローマは試合中に胸部の痛みを訴え病院に搬送されたコートジボワール代表DFエヴァン・エンディカについて、現時点での見解を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 エンディカは14日にスタディオ・フリウーリで行われたセリエA第32節のウディネーゼ戦で先発。しかし、1-1のスコアで迎えた70分過ぎに突如としてピッチへ座り込み、胸の痛みを周囲に訴えた。 主審は速やかに試合中断の措置をとり、エンディカは担架でピッチを後に。ローマ側はチームの動揺からプレー続行が不可能であると訴え、ウディネーゼ側も了承したことで試合中止が決定された。 その後、エンディカはスタジアム近くの病院に搬送されたが、クラブは心電図検査など幾つかの検査を行った結果、心臓に異常は見られなかったと説明。現時点では、肺気胸を伴う胸部外傷だろうとのことだ。 エンディカはすでに退院となったが、今後ローマでさらなる追加検査が実施される予定。クラブは慎重に検査を進めたい意向を示している。 なお、ローマは声明の中で、試合中止に同意してくれたウディネーゼや、適切な対応を取ってくれた審判団、協力的な姿勢を示してくれたファン、搬送先の病院のスタッフに対する感謝も表明。選手の命を守るための適切な行動ができたことに安堵している。 2024.04.16 11:55 Tue

負傷交代のケアー、大事に至らずもローマ戦は欠場か

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、18日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのローマ戦を欠場するようだ。 ケアーは14日に行われたセリエA第32節のサッスオーロ戦に先発出場したが、55分に屈筋を負傷しマッテオ・ガッビアとの交代を余儀なくされていた。 イタリア『MIlannews.it』によれば、ケアーは15日の午前中に診察を受診。その結果、筋肉系の損傷は見られなかったものの、少なくとも1週間は戦列を離れることになり、木曜日のローマ戦は欠場することになるとのこと。 なお同紙によれば、筋肉疲労でサッスオーロ戦を欠場したGKマイク・メニャンは、15日に他のメンバーとともにトレーニングをこなしており、ローマ戦で復帰する予定だという。 2024.04.16 01:00 Tue

ローマDFエンディカは大事に至らず! ウディネ戦で胸の痛み訴えて搬送もクラブが検査結果異常なしを報告

ウディネーゼ戦で胸の痛みを訴えて健康状態が懸念されたローマのコートジボワール代表DFエヴァン・エンディカだが、病院での検査の結果大事に至らなかったことが確認された。 エンディカは14日にスタディオ・フリウーリで行われたセリエA第32節のウディネーゼvsローマに先発出場。しかし、1-1のスコアで迎えた70分過ぎに突然ピッチに座り込むと、胸の痛みを周囲に訴えた。 これを受け、主審がすぐさま試合を中断させてメディカルスタッフと共に、AED(自動体外式除細動器)を携帯した救急隊をピッチに呼び寄せた。 ただ、エンディカは意識があり、AEDが使用されることなく、ひとまず担架に乗せられてドレッシングルームへと下がっていた。その際、中継映像では心配する周囲にサムアップする同選手の姿も映されていた。 その後、ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督は一度ドレッシングルームに下がってエンディカの状態を確認した後、審判団とウディネーゼのガブリエレ・チオフィ監督に状態を説明。そして、チームとしてプレー続行が不可能であることを訴えた結果、試合中止が決定した。 イタリア『スカイ・スポルト』によると、すぐさまスタジアム近くの病院に搬送されたエンディカは、心電図検査など幾つかの検査を受けたが、専門の医師によって心臓発作の兆候といった問題がないことが確認された。 また、クラブ公式X(旧ツイッター)では病院のベッドで腕に力こぶを作るエンディカの写真と共に「チームは病院にいるエンディカを見舞いに行きました。エヴァンは気分も良くなり、元気です。彼はさらなる経過観察のため病院に残る予定です。フォルツァ、エヴァン」と、大事に至らなかったことを明かした。 さらに、チームと共にエンディカの見舞いに行っていたデ・ロッシ監督は、病院の外に集まっていた報道陣に対して、「彼は元気だ、元気だよ」と同選手の無事を伝えている。 <span class="paragraph-title">【写真】エンディカが搬送先の病院で無事を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">La squadra ha fatto visita a Ndicka in ospedale.<br><br>Evan si sente meglio ed è di buon umore. Resterà in osservazione per accertamenti in ospedale.<br><br>Forza Evan! <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/M2PfNeqOoq">pic.twitter.com/M2PfNeqOoq</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1779601894576435335?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.04.15 05:50 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly