ポルトが後半ATのガレーノ芸術弾で劇的先勝! アーセナルは枠内シュート0本での敗戦に…【CL】

2024.02.22 07:01 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ポルトvsアーセナルが、21日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、ホームのポルトが1-0で先勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。
PR
ポルトは今季CLグループステージでバルセロナ、シャフタール、アントワープと同居したグループHを本命バルサに次ぐ2位通過。2シーズン連続でベスト16進出を果たした。直近のエストレラ戦を2-0の快勝で飾って3試合ぶりの白星を挙げたプリメイラ・リーガ3位チームは負傷のタレミら一部主力を除き現状のベストメンバーを起用。重鎮ペペやガレーノ、コンセイソン、ペペーらがスタメンに並んだ。
一方、7年ぶりに欧州最高の舞台に返り咲いたアーセナルは、PSV、RCランス、セビージャと同居したグループBを首位通過した。熾烈な三つ巴の争いにおいて首位と2ポイント差の3位をキープするプレミアリーグでは、直近2試合で11得点無失点と圧巻のパフォーマンスを披露。5連勝という最高の状態で初攻略目指す難所ドラゴンに乗り込んだ。アルテタ監督はこの一戦に向け、直近2試合と全く同じスタメンを選択した。

ポルトガル屈指の強豪と、欧州の舞台での復権目指すイングランドの強豪による14年ぶりの対戦。試合は立ち上がりからボールを保持するアーセナル、[4-5-1]のコンパクトなブロックで迎え撃つポルトという構図の下で拮抗した展開が続く。

圧倒的にボールを握るアーセナルだが、絶妙な立ち位置と連動性でスペースと人をケアするポルトののらりくらりのミドルプレスに苦戦。流れの中では効果的にボールを前進させられず、決定機はおろかフィニッシュまで持ち込めない。頼みのセットプレーも不発で攻撃は完全に停滞してしまう。
一方、うまく相手にボールを持たせたポルトは狙いとするカウンターに持ち込むまでには至らなかったが、前半半ばの21分にビッグチャンスを創出。右サイドでオフサイドラインの味方と入れ替わる形で深い位置に抜け出したコンセイソンのクロスのこぼれに反応したガレーノがゴール前で鋭いダイレクトシュート。左ポストを叩いた撥ね返りを再びガレーノが合わせるが、これも枠の右に外れた。

前半半ばから終盤にかけても睨み合いの状況が続く。攻撃回数は少ないものの、際どい形でフィニッシュまで持ち込むポルトに対して、アーセナルは完全にボールを“持たされる”形に。終盤にかけてはセットプレーからようやくフィニッシュに繋げたが、フラストレーションが溜まる前半45分となった。

ポルトペースもクローズな前半を経て両者は同じメンバーで後半45分の戦いに臨んだ。互いに前半出た課題を修正したものの、後半もゲームバランスが変わることなく睨み合いの展開となる。

ポルトはカウンター、アーセナルはセットプレーでチャンスを窺うが、後半もバトルの主戦場は常に中盤で互いにフィニッシュの数が増えていかない。

後半半ばを過ぎても均衡が保たれるなか、アーセナルは70分過ぎにトロサールを下げてジョルジーニョを投入。このままでのタイムアップやむなしの姿勢を見せる。一方、失点を喫するようなリスクは冒したくないものの、ゴールはほしいポルトは80分を過ぎてトニ・マルティネスやボルジェスといったフレッシュなアタッカーを投入した。

しかし、一連の交代も試合に変化を与えることはなくこのまま0-0でタイムアップかに思われたが、最後の最後にドラマが待っていた。94分、ターンオーバーの応酬からポルトのガレーノにボールが渡ると、ボックス手前左から見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。

そして、ガレーノのゴラッソで劇的勝利を収めたポルトが先勝に成功した。一方、枠内シュート0と攻撃が停滞したなか、割り切って引き分けで初戦を終えようとしたアーセナルだが、その目論見が土壇場で崩れ去るもったいない負けとなった。

なお、アーセナルホームの2ndレグは3月12日に行われる予定だ。

PR
関連ニュース

充実のスカッド誇るインテル、タレミ&ジエリンスキも確保して…次はどこを補強?

インテルの補強戦略をイタリア『カルチョメルカート』が考察する。 2020-21シーズン以来3季ぶりのスクデットに限りなく近づいたインテル。チャンピオンズリーグ(CL)はベスト16でショッキングな敗退を喫するも、シモーネ・インザーギ監督の評判が下がるものではない。強固なチームがそこにある。 気が早いかもしれないが、来季に向けてはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(31)、ナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)を実質確保済み。ジュゼッペ・マロッタCEOが“伝家の宝刀”フリー獲得で釣り上げたとされる。 現時点でかなりの充実度を誇るスカッドに対し、(おそらく)最前線と中盤を拡充。では、ここからさらに競争力と刺激を加えるべきポジションとは、どこになるだろうか。 『カルチョメルカート』は「グズムンドソン・スタイル」というワードを創造し、攻撃に彩りをもたらすクラックの獲得を提唱する。 由来はジェノアのアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)。彼はジェノアで主に2トップの一角を任され、シャドーストライカー気味に自由に動き回るドリブラー。今季はセリエA28試合で11得点3アシストを記録する。 また、下部組織で育てた若手タレントを登用するのも面白いと指摘。インテルからモンツァへ貸し出し中のアルゼンチン代表MFヴァレンティン・カルボーニ(19)は、185cmのスラリとした攻撃的MFで、友好関係にあるモンツァでは途中出場メインながらも定期的にプレーする。先月28日にA代表デビューも飾った新進気鋭の若手だ。 昨夏ボローニャへ完全移籍で売却したU-21イタリア代表MFジョバンニ・ファビアン(21)は、今季がキャリア初のセリエAながらも20試合出場で5得点2アシスト。チームが中盤戦からグングン順位を上げるとともに先発起用も増え、直近7試合で3得点2アシスト…いま最も評価を高める1人だ。 こちらは“2025年夏”に1200万ユーロ(約19億7000万円)の買い戻しオプションが発生する契約となっているが、今夏での復帰はあるだろうか。 このように、グズムンドソン、カルボーニ、ファビアンと並べた『カルチョメルカート』。しかし同時に、インテルはグズムンドソンに確かな関心を寄せつつも、カルボーニは来季も再レンタルさせる方針であると紹介している。 AZの日本代表DF菅原由勢(23)への継続的なリストアップも報じられるインテル。今夏はどう動くだろうか。 2024.04.06 19:10 Sat

レアル・マドリーのレジェンドマッチで実現した豪華すぎるセルフィーにファンも騒然「マドリーは偉大」「ロナウドはどこ?」

チャリティーマッチで実現した豪華な1枚が話題となっている。 23日、レアル・マドリー・レジェンズvsポルト・ヴィンテージによるチャリティーマッチが開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年にから延期されていた一戦が、サンティアゴ・ベルナベウで行われた。 試合は元スロバキア代表DFマレク・チェフ氏のゴールでポルトが勝利していた中、その試合のドレッシングルームで実現した1枚のセルフィーが話題となった。 その1枚に写っていたのは、レアル・マドリー・レジェンズの面々。元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏、元ブラジル代表MFジュリオ・バチスタ氏、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がずらりと並んでいた。 まさにレジェンドが勢揃いした1枚には、ファンも「レアル・マドリーは偉大」、「ロナウドはどこ?」、「レジェンド大集合」、「凄すぎる」とコメント。驚きや喜びの反応を寄せていた。 なお、今回チャリティーマッチの収益は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究資金とレアル・マドリー財団の運営に使われるということだ。 <span class="paragraph-title">【写真】レアル・マドリーのレジェンドマッチで実現した豪華すぎるセルフィー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C454CrZNACg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C454CrZNACg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C454CrZNACg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.26 17:40 Tue

欧州5大リーグ以外で最も市場価値が高い選手は…やはり際立つポルトガル勢

欧州5大リーグ以外で最も市場価値が高い選手は…。 15日、スイスのスポーツ研究国際センター(CIES)サッカー観測所が、欧州5大リーグ以外でプレーする選手の中から、市場価値が最も高い10選手を発表した。 10人中6人を占めたのがプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)勢。またトップ3はいずれもポルトガル代表選手。若手の登竜門として名高いベンフィカ、スポルティングCP、ポルトは、市場価値が高い選手を生み出し続けているようだ。 一方で、欧州外から唯一ランクインしたのは、今夏のレアル・マドリー移籍が決定しているパウメイラスのブラジル代表FWエンドリッキ(17)。ポスト・ネイマールは4位に食い込んでいる。 1位 DFアントニオ・シウバ(20) 所属:ベンフィカ 市場価値:1億1400万ユーロ(約187億円) 代表チーム:ポルトガル代表 2位 MFジョアン・ネヴェス(19) 所属:ベンフィカ 市場価値:9500万ユーロ(約156億円) 代表チーム:ポルトガル代表 3位 DFゴンサロ・イナシオ(22) 所属:スポルティングCP 市場価値:8700万ユーロ(約143億円) 代表チーム:ポルトガル代表 4位 FWエンドリッキ(17) 所属:パウメイラス 市場価値:8000万ユーロ(約131億円) 代表チーム:ブラジル代表 5位 DFウスマーヌ・ディオマンデ(20) 所属:スポルティングCP 市場価値:7800万ユーロ(約128億円) 代表チーム:コートジボワール代表 6位 ヨレル・ハト(18) 所属:アヤックス 市場価値:7800万ユーロ(約128億円) 代表チーム:U-21オランダ代表 7位 アナトリー・トルビン 所属:ベンフィカ 市場価値:7200万ユーロ(約118億円) 代表チーム:ウクライナ代表 8位 GKジオゴ・コスタ(24) 所属:ポルト 市場価値:7100万ユーロ(約116億円) 代表チーム:ポルトガル代表 9位 FWブライアン・ブロビー(22) 所属:アヤックス 市場価値:6900万ユーロ(約113億円) 代表チーム:オランダ代表 10位 MFケネス・テイラー(21) 所属:アヤックス 市場価値:6600万ユーロ(約108億円) 代表チーム:U-21オランダ代表 2024.03.22 14:35 Fri

フランシスコ・コンセイソンが初招集、ポルトガル代表メンバー発表【国際親善試合】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は15日、今月行われる国際親善試合に向けたポルトガル代表メンバー32名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)ら主軸を順当に招集。 そんな中、FWフランシスコ・コンセイソン(ポルト)とジョタ・シルバ(ヴィトーリア)を初招集とした。レフティーのアタッカーであるフランシスコ・コンセイソンは、ポルトの指揮官である父セルジオ・コンセイソンの息子。親子2代での代表選手となった。 ユーロ本大会を6月に控えるポルトガルは、21日にスウェーデン代表とホームで、26日にスロベニア代表とアウェイで対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー32名 GK ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ジオゴ・コスタ(ポルト) DF アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ジョアン・マリオ(ポルト) ペペ(ポルト) ヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン/フランス) ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジオゴ・レイチ(ウニオン・ベルリン/ドイツ) ラファエル・ゲレイロ(バイエルン/ドイツ) トチ・ゴメス(ウォルバーハンプトン/イングランド) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) MF ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マテウス・ヌネス(マンチェスター・シティ/イングランド) ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) FW クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) トリンコン(スポルティングCP) ブルマ(ブラガ) フランシスコ・コンセイソン(ポルト) ジョタ・シルバ(ヴィトーリア) 2024.03.15 22:30 Fri

41歳ペペは120分奮闘も報われず 「アーセナルが素晴らしいチームなのを忘れてはいけない」

ポルトのポルトガル代表DFペペがチャンピオンズリーグ(CL)敗退を悔やんだ。 ポルトは12日のCLラウンド16・2ndレグでアウェイのアーセナル戦に臨み、90分が0-1で終了。2戦合計1-1で延長戦にもつれ、PK戦に入ったが、2-4で力尽きた。 40歳を過ぎてもポルトガルの強豪ポルトで健在ぶりを披露し続けるペペは1stレグに続いてフル出場。イギリス『メトロ』によると、『DAZN』でこう振り返った。 「まずはファンに感謝したい。今夜の後押しも素晴らしかった。次にこのような形で敗退するのは残念だけど、それもフットボールの一部だ。僕らはホーム戦からアーセナルを大いに苦しめたチームだった。だが、今日は彼らに最初のシュートでゴールを決められてしまった」 「チームメイトは監督の要求に応えたし、賛辞を送らないといけないけど、いくつかの場面ではもっとうまくやれたし、ゴールも決められたはずだ。素晴らしい試合をしたけど、残念ながら、このラウンドを勝ち抜けなかった」 「アーセナルがプレミアリーグで多くのゴールを決める素晴らしいチームなのを忘れてはいけない。僕らは(マルティン・)ウーデゴールのライン間でのプレーを無力化して、自分たちの試合をした。すべきことはわかっていたけど、ゴールを決められなかったんだ。彼らには少しの運もあったね」 そんなペペは41歳以上のフィールドプレーヤーとしてCLの舞台に立った初の選手に。「僕にはまだフットボールに情熱があって、恵まれた人間でもある。好きなことをしていて、この職に多くを捧げている。自分自身のケアをするようにしているんだ」とも語っている。 2024.03.13 13:55 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly