三笘への危険なタックルシーンも正面からはっきり ブライトンがピッチサイドカメラの映像を公開「どうして立っていられるのかも分からない」

2024.02.21 13:05 Wed
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの公式SNSが日本代表MF三笘薫をピッチサイドカメラから捉えた映像を公開している。
PR
18日にアウェイで行われたプレミアリーグ第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦に先発した三笘。11分に相手のファウルを受けて退場を誘発すると、75分には相手のオウンゴールも誘発。0-5の大勝に大きく貢献した。
中でも日本のファンが心配したのが11分のシーン。左サイドを突破しようとした三笘に対しシェフィールドDFメイソン・ホルゲイトが危険なタックル。振り上げた右足の裏が三笘の左ヒザ上に直撃すると、三笘は苦痛に顔をゆがめてピッチに倒れ込んでいた。

ホルゲイトに対しては、一度はイエローカードが提示されたものの、VARチェック、オン・フィールド・レビューの結果、一発退場となっていた。

ブライトンは、選手と同じ目線から捉えられるピッチサイドカメラで捉えたシェフィールド戦の三笘のプレー映像を投稿。11分のタックルを受けたシーンについてもカメラに収められていた。
スピードを上げる三笘に対しホルゲイトは三笘の左足に右足裏を向ける。その次の瞬間に三笘は衝突の衝撃で左方向へと吹き飛ばされていた。

この映像には、ファンも「キレッキレのプレー最高です」、「ベストウインガーだ」、「すごい」と反応。また、「どうして立っていられるのかすらも分からない」とこのプレーの後も後退せずに77分までプレーした三笘のタフネスさに驚きの声も寄せられていた。




PR
1 2
関連ニュース

「素敵な笑顔」「貴重すぎる!」27歳バースデー、三笘薫が今季を振り返り妻との貴重2ショットもお披露目「素晴らしい経験もできました」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、今シーズンを振り返った。 19日にプレミアリーグ最終節が行われ、ブライトンはホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。腰の負傷の影響で三笘は最終節もプレーせず、13試合連続でのメンバー外でシーズンを終えた。 今シーズンはシーズン序盤からゴールやアシストでチームに貢献していたが、ケガに悩まされるシーズンに。アジアカップや北中米ワールドカップ予選など、日本代表の活動にも満足に参加できないでいると、プレミアリーグで19試合に出場し3ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグ(EL)でも6試合の出場に終わり、悔しいシーズンとなった。 最終節では今シーズン限りで退任するロベルト・デ・ゼルビ監督とハグでお別れ。また、クラブ内でのシーズンのベストゴール賞受賞には「投票ありがとうございました。来シーズンはもっと良いプレーを見せます」とインタビューに応じていた。 その三笘は20日に27歳のバースデー。自身のインスタグラムでシーズンを振り返ると共に、妻であり陸上選手として活躍する剱持クリアさんとの初の2ショットを自ら公開した。 「今シーズンもご声援ありがとうございました。ケガの影響で難しいシーズンとなりましたが、ヨーロッパリーグなど素晴らしい経験もできました」 「そして最高の監督や選手たちと戦う機会に、本当に感謝しています」 「今日で27歳になりました。全てに感謝します」 ファンは「お疲れ様」と「おめでとうございます」と労いと祝福の言葉をかけると共に、「早く良くなってください」、「復帰お待ちしてます」とケガの回復を願う声も。また、剱持さんとの2ショットには「素敵な笑顔」、「貴重すぎる!」、「よい2ショット」とコメントが寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫が最終節での愛妻との貴重な2ショットを披露!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫と妻がデ・ゼルビ監督とハグで別れ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="MX948-BqbVE";var video_start = 1364;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.21 08:25 Tue

「現時点では何もない」ブライトンを離れるデ・ゼルビ監督の今後は未定…退任の理由は「前進するための合意が見つからなかった」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの監督を退任するロベルト・デ・ゼルビ監督がクラブへの感謝と共に、退任の理由を語った。イギリス『BBC』が伝えた。 2022年9月にグレアム・ポッター監督が退任した後に監督に就任したデ・ゼルビ監督。2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 一方で、ケガ人が続出したチームはプレミアリーグで苦戦。三笘も腰を痛めて長期離脱となっており、チームも最終節でマンチェスター・ユナイテッドに敗戦。11位でシーズンを終えた。 最終節を前に退任が発表されたデ・ゼルビ監督。改めて、この2シーズンを振り返り、プレミアリーグを指揮できたことに感謝した。 「どのクラブも存在しない。誰からもオファーは来ていない。現時点では何もない」 「またプレミアリーグで働けることを願っている。いつどこで働けるのかはわからないが、プレミアリーグで働けたことは光栄だ」 一方で、退任の理由についても言及。感謝の気持ちはありつつも、自分が目指すやり方で続けていきたいと、考え方の不一致をあげた。 「前進する為の合意は見つからなかった。私は自分の道を貫きたい。自分が何をしたいのかはよくわかっているし、自分は監督であり、クラブの方針を受け入れなければならないことも分かっている」 「彼らは私に信じられないほどのチャンスを与えてくれた。彼らは素晴らしい人々と出会わせ、プレミアリーグやヨーロッパリーグでプレーし、仕事をする可能性を与えてくれた」 「私にこのクラブ、この街、ここのファンを知る機会を与えてくれた。そのことは忘れられない」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫と妻がデ・ゼルビ監督とハグで別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MX948-BqbVE";var video_start = 1364;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 16:35 Mon

負傷に苦しんだ三笘薫が愛妻とともにピッチへ! 退任するデ・ゼルビ監督とハグで最後のお別れ

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が久々に元気な姿を見せた。 19日、プレミアリーグ最終節が一斉開催。ブライトンはホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎えた。 昨シーズンはプレミアリーグ挑戦1年目で出色のパフォーマンスを見せた三笘。チームの原動力となり、他クラブからも大いに警戒された。 今シーズンはシーズン序盤からゴールやアシストでチームに貢献していたが、ケガに悩まされるシーズンに。アジアカップや北中米ワールドカップ予選など、日本代表の活動にも満足に参加できないでいると、2月に復帰したものの今度は腰を痛めてしまい離脱。欠場が続き、最後の13試合を欠場。今シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し3ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグ(EL)でも6試合の出場に終わり、悔しいシーズンとなった。 その三笘はホーム最終戦もメンバー外。ロベルト・デ・ゼルビ監督が退任する中、ホーム最後のセレモニーに姿を見せると、デ・ゼルビ監督と最後のハグを行った。 また、妻であり陸上選手として活躍する剱持クリアさんも参加。デ・ゼルビ監督とも握手し、ハグをしている姿が公開された。 監督に重宝されながら今季はケガで応えられなかった三笘。ケガを治して来シーズンの復帰が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫と妻がデ・ゼルビ監督とハグで別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MX948-BqbVE";var video_start = 1364;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 12:02 Mon

「私はブライトンの街が大好き」チームを飛躍させるも退任となったデ・ゼルビ監督が挨拶「我々は最善を尽くした」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの監督を退任するロベルト・デ・ゼルビ監督がファンへ別れを告げた。 2022年9月にグレアム・ポッター監督が退任した後に監督に就任したデ・ゼルビ監督。2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、今シーズンは相次ぐケガ人の影響で満足いく戦力が整わずに苦戦。プレミアリーグでは11位でフィニッシュすることとなった。 19日に行われたプレミアリーグ最終節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも0-2で敗戦。試合後、ファン・サポーターに向けてマイクを手に取り、感謝と別れの挨拶を行った。 「私と私のスタッフにとって、今は非常に厳しい時期だ」 「まず最初に、トニー・ブルームに感謝の意を表したいと思う。あなたは素晴らしいオーナーだ。私はそれを忘れていない」 「彼は私にプレミアリーグ、そして素晴らしい選手たちと出会う機会を与えてくれた」 「そして、ブライトンの街に出会い、知ることもできた。皆さんは知らないかもしれないが、私はこの街と特別な繋がりがある。私はブライトンの街が大好きだ」 「今朝、私は街を歩きながら、この18カ月間一緒に何をしてきたかを考えていたが、我々は最善を尽くしたと思っている」 「私もベストを尽くしたし、スタッフもベストを尽くした。そして、選手たちもベストを尽くしてくれた」 2024.05.20 11:20 Mon

ユナイテッドがデ・ゼルビ退任ブライトン撃破! 8位フィニッシュも連勝でFA杯決勝に弾み【プレミアリーグ】

プレミアリーグ最終節、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にアメックス・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが0-2で勝利した。なお、ブライトンのMF三笘薫は負傷欠場となった。 ホーム最終戦となった前節のニューカッスル戦で意地の勝利を収めた8位のユナイテッドだが、得失点差の悪さによって逆転での欧州出場権獲得は非常に困難な状況。10位のブライトンとのアウェイでのリーグ最終戦では、来週末に控えるFAカップ決勝のマンチェスター・ダービーに弾みを付ける白星を狙った。テン・ハグ監督はそのニューカッスル戦からエバンスに代えてマルティネスを起用した以外、同じスタメンを採用。ブルーノ・フェルナンデスが引き続きゼロトップを担った。 試合前日にデ・ゼルビ監督の今季限りでの退任も発表されたシーガルズの今季最終戦。立ち上がりから試合の主導権を握ったのはホームチームで、ボールを動かしながら相手を揺さぶると、12分にはボックス付近でバルコが得意の左足を振るが、ここはGKオナナの好守に遭う。 以降も効果的に攻撃をフィニッシュで完結させるブライトンは、セットプレーからウェブスターのヘディングシュート、32分にはボックス内に抜け出したジョアン・ペドロにビッグチャンスが舞い込むが、この決定機でシュートを枠の左に外してしまった。 一方、守勢を強いられたユナイテッドはガルナチョの仕掛けやボックス内に侵入したマクトミネイのシュートでゴールに迫るシーンはあったものの、攻守両面でいまひとつエンジンがかからないまま最低限のゴールレスで前半を終えた。 後半もブライトンペースの入りとなったが、立ち上がりのジョアン・ペドロ、ララナの連続決定機で決め切れず。 一方、ユナイテッドは60分付近でマルティネス、ブルーノ・フェルナンデスを下げてエバンス、ホイルンドを同時投入。さらに、69分にはアムラバトを下げてこれがクラブラストマッチとなるヴァランを投入し、カゼミロを中盤に上げる。 すると、直後の73分にはカゼミロのロングフィードに反応したダロトが中央でのランニングからDFに当たってボックス内にこぼれたボールをマイボールにし、冷静にGKとの一対一を制した。 先制直後にはアマド、メイヌーの若手2人を下げてラッシュフォード、エリクセンを投入し、逃げ切りを図りつつFAカップ決勝に向けてプレータイムをコントロール。 対するブライトンは81分に3枚替えを敢行し、アンス・ファティ、ランプティ、ギルモアとフレッシュな選手を投入。反撃を試みるが、後半立ち上がり以降はなかなか良い形を作れなかった。 すると、後半終了間際の88分には相手陣内中央でエリクセンとパス交換したホイルンドが馬力のある縦への仕掛けからボックス内に持ち込むと、最後は利き足とは逆の右足シュートをゴール左隅に流し込み、2戦連発となる決定的な2点目を奪った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、デ・ゼルビ体制ラストマッチのシーガルズを退けたユナイテッドが2連勝で今季リーグ戦を終了した。なお、プレミアリーグで最低順位の8位フィニッシュとなった赤い悪魔は、来季ヨーロッパ出場権獲得に向けて宿敵マンチェスター・シティとのFAカップ決勝に挑む。 2024.05.20 02:49 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly