レーティング:PSV 1-1 ドルトムント【CL】

2024.02.21 07:00 Wed
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、PSVvsドルトムントが20日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。
PR
▽PSV採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ベニテス 5.5
マレンのシュートは止められない。防げるものは止めていた
DF
3 ティーゼ 5.5
無理に上がらず守備に徹した

22 スハウテン 6.0
本職ボランチもセンターバック起用。パス出しで効いていた

18 ボスカリ 6.0
フュルクルクに対応しつつビルドアップでも良さが出ていた
(→オビスポ -)

8 デスト 5.5
前半はマレンの対応に腐心。後半はマレンのポジションチェンジによって解放され攻撃参加で貢献

MF
10 ティルマン 5.5
ボールロストで失点に関与し決定機も逸した。しかしPK獲得で相殺

23 フェールマン 6.0
アンカーの位置で攻守のバランスを保った

34 サイバリ 6.0
ゴール前への絡みでアクセントを付ける

(→マウロ・ジュニオール -)

FW
11 バカヨコ 5.0
効果的な働きができていなかった

9 L・デ・ヨング 6.0
PKを決め、一仕事した

27 ロサーノ 6.0
PK獲得につながるクロスを入れる。一定の攻め手になった

(→ペピ -)

監督
ボス 6.0
押し込んでいただけに勝ち切りたかった

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
33 マイヤー 6.0
コベルの直前の負傷を受けて急遽先発。安定したセービングを見せた

DF
26 リエルソン 5.0
ロサーノの対応に苦慮していた

15 フンメルス 5.0
ジューレのコンディション不良を受けて先発。PK献上

4 N・シュロッターベック 6.0
終始、安定していた。フィードも正確

22 マートセン 5.5
前半はボールロストが目立ったが立て直した

MF
21 マレン 6.5
個人技で恩返し弾。攻め手となった

(→エズジャン -)

20 ザビッツァー 6.0

11 ロイス 5.5
守備に追われて攻撃面で存在感を出せなかった

(→ブラント 5.5)
ロイスと大差ない出来

23 ジャン 6.0
ボール奪取からゴールに繋がった。ビルドアップ時にはバックラインに入って組み立てた

10 サンチョ 6.0
キープ力を見せて攻撃の時間を作った

(→ヴォルフ -)

FW
14 フュルクルク 5.5
前線で起点になりきれず

(→ムココ -)

監督
テルジッチ 6.0
敵地で引き分けは悪くない結果

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マレン(ドルトムント)
古巣相手にゴール。守勢の展開の中、個人技でゴールをこじ開けた。

PSV 1-1 ドルトムント
【PSV】
L・デ・ヨング(後11)【PK】
【ドルトムント】
マレン(前24)

PR
関連ニュース

PSVがデスト慰留に動く! 昨夏にバルサから買取OP付きローン

PSVがアメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(23)の慰留に努めているようだ。 バルセロナでは思ったようにいかず、ミラン行きの昨季に続くローンで昨夏からPSVに活躍の場を求めたデスト。エールディビジで首位を走り、2017-18シーズン以来の優勝に迫るチームで、ここまで公式戦37試合で2得点7アシストと重要なピースと化す。 スペイン『マルカ』によると、ゼネラルマネージャー(GM)のマルセル・ブランズ氏は出演した『Studio Voetbal』で「我々は先週、彼や代理人と交渉をした。正しい方向に進んでいるよ」と水面下での交渉を認めたという。 デストは当初こそPSV残留の意思が薄く、「我々は(残留に向けて)彼を説得しなければならなかった」とのことだが、今では本人が意欲的になり、「PSVにもっと長くいるために話し合いたがってくれた」そうだ。 そんなデストだが、21日のクラブによって、前日のトレーニングで長期避けられずのケガをした旨が明らかに。メディアでは来季にも影響必至の見方もあるが、ブランズ氏は復帰後の活躍も見込み、残留を願った。 「どうなるかは見てみないとだが、我々は信じているし、再び調子を取り戻してくれるはず。彼をPSVにとどめたいと強く思っている」 なお、バルセロナからのローン移籍は買取オプション付き。額は1000万ユーロ(約16億4000万円)といわれる。 イギリス『The Athletic』によると、痛めたのはヒザで、来る夏のコパ・アメリカを棒に振り、最大9カ月の戦線離脱となりうるという。 2024.04.23 15:35 Tue

バカヨコ売却を想定するPSV、モロッコの次世代ウインガーらを後釜候補に

PSVがベルギー代表FWヨハン・バカヨコ(20)の後釜を選定中だ。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 今夏のステップアップが噂されるバカヨコ。16歳でアンデルレヒトからPSV入りした右ウインガーは、トップ昇格2季目の今シーズンから定位置を確固たるものとし、公式戦43試合で11得点14アシストを記録する。 行き先として最近よく挙がるはドルトムントで、市場価値は推定4000万ユーロ(約65億5000万円)。売りならそれなりの売却益が見込めるPSV、後釜はオランダ1部経験者にするようだ。 まず、1月も獲得を目指していたエクセルシオールのU-23モロッコ代表FWクハイブ・ドリウエシュ(21)。オランダ生まれの両翼をこなせる右利きウインガーで、今季は残留争い中のチームでリーグ戦24試合4得点5アシストを記録している。 PSVは1月に300万〜400万ユーロ(約4億9000万〜6億5000万円)のオファーを固辞されるも、ドリウエシュとエクセルシオールの契約は25年末までのため、今夏同額で再オファーなら獲得可能ではないかと見込まれている。 一方、オランダ『Eindhovens Dagblad』は、「PSVはバカヨコ退団ならイルビング・ロサーノが右ウイングへスライドすることも可能」との前提を置きつつ、「若手有望株だけではなく、ビッグネームも欲しがっている」と報じる。 こちらによると、バカヨコの後釜候補にヘーレンフェーンで今季リーグ戦29試合7得点8アシストのノルウェー代表FWオサメ・サハラウィ(22)もリストアップされているようだが、優先順位はドリウエシュの方が上。 ただ、前述のように、ドリウエシュ獲得に300万~400万ユーロ以上を注ぎ込む気が一切なし。この若手でダメなら、思い切って脂が乗った中堅〜ベテランのウインガーを獲りにいく、という方針も存在するとみられている。 2024.04.12 17:10 Fri

NEC佐野航大がPSVの連続無敗止める逆転ゴール! 小川航基欠場試合で大仕事

佐野航大と小川航基を擁するNECナイメヘンがエールディビジで大金星だ。 6位につけるNECは30日の第27節で首位のPSVとホームで対戦。小川がメンバー外となるなか、佐野はトップ下でフル出場し、大仕事をやってのけた。 20分にリードを許したNECだが、43分のPKで追いつくと、佐野が49分に逆転弾。メース・フーデマーカースのシュートを相手GKが弾いたところを詰めた。 今季の佐野にとって3月2日に行われた第24節以来の公式戦3ゴール目でひっくり返したNECは63分にダメ押し。3-1の逆転勝ちで、2試合ぶりの白星を掴んだ。 なお、PSVはこれが今季のリーグ戦初黒星。リーグ戦での敗北は昨年1月24日のエメン戦以来となった。 <span class="paragraph-title">【動画】NEC佐野航大がPSV撃破の逆転弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/NECPSV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NECPSV</a> 3-1 <a href="https://t.co/3DtRcjXjKD">pic.twitter.com/3DtRcjXjKD</a></p>&mdash; N.E.C. Nijmegen (@necnijmegen) <a href="https://twitter.com/necnijmegen/status/1774211775187022031?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.31 13:05 Sun

チャンス活かせずCLラウンド16敗退…PSV指揮官は「試合の入りが悪かった」

PSVのピーター・ボス監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。 PSVは13日、敵地で行われたCLラウンド16・2ndレグでドルトムントと対戦。ホームでの1stレグを1-1で終えた状況で迎えた一戦、立ち上がりにいきなり失点を許すとその後も防戦の時間帯が続く苦しい展開に。後半はポスト直撃のシュートを放つなどチャンスを作り攻勢に回るも、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を許し0-2で敗れた。 2戦合計スコア1-3でCLラウンド16敗退となったボス監督は落胆を露わにし、チャンスを活かすことができなかったと敗因を分析している。 「試合の入りが悪かったと思う。それでも30分後には流れを掴めたが、残念ながらプレッシャーもありゴールを奪えなかった。ゲームを支配しつつも、ラストパスがうまくいかなかったんだ。少々不運もあっただろう。今日ここで負けたことについては大きな痛手だ。CL敗退はいつだってとても辛い」 「我々のセンターバックはフリーになるシーンが多かったが、それは他の場所で数的不利になることを意味していた。そこで、ピッチ全体で1対1の局面を作れるよう切り替えたところ、状況はずっと良くなったと思う」 「後半はとても良いプレーができており、何度も相手ボックス内に入りこめた。だが、決定力は必ずしも高くなく、ラストパスも十分ではなかった。シュートがポストに当たったり、最後のチャンスが枠を外れたりしてしまっており、こういうチャンスをものにすべきだっただろう」 2024.03.14 10:40 Thu

「私の声はどこかに行った」PSV撃破でベスト8入りのドルトムント、テルジッチ監督が冗談交えて熱闘を語る「シーズンで最高の30分間」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督がPSV戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 13日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでドルトムントはホームにPSVを迎えた。 1stレグは1-1のドロー。勝った方がベスト8行きという分かりやすい構図の試合は、立ち上がりからホームのドルトムントが主導権を握る展開に。3分にジェイドン・サンチョが先制ゴールを奪う。 その後はPSVに盛り返されるもゴールを許さず。すると後半アディショナルタイムには、マルコ・ロイスがダメ押しゴール。2-0で勝利し、2戦合計3-1でドルトムントが勝利した。 チームのベスト8進出について『DAZN』のインタビューに応じたテルジッチ監督は良い試合を見せられたと振り返った。 「今日は本当に努力の甲斐あって、準々決勝進出を勝ち取った。おそらくシーズン序盤で最高の30分間をプレーしたと思う」 「その後、プレッシャーのある局面でもっとゴールを決めるべきだった。残念ながら後半はそうしたプレーを見せることは無くなったが、情熱を持って守っていた」 「私の声はもうどこかに行ってしまった。今日は私にとっても大変だった。この今夜の出来事に参加できたことを誇りに思っている」 2024.03.14 10:20 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly