「マジで一生の思い出」久保建英のファン対応が話題、少年からカードを受け取り…「大人になっても絶対忘れない」

2024.02.19 19:05 Mon
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英
Getty Images
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英
レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がファン対応で優しさを見せた。
PR
18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールを決め、チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献した。
アウェイで貴重な勝ち点3を得たソシエダだったが、試合へと向かう前にはファンから嬉しいサポートを受けていたようだ。

クラブは、マジョルカ戦に向かう前の空港でファンと選手たちが交流する様子を公開。久保も子どものファンからサインと記念撮影を求められていた。

子どもたちは、所持しているカードにサインを要求。久保はカードを一通り見ると、「このカードは持ってないな」と子どもたちと軽くコミュニケーションも取りながらサインをかき、ピースで記念撮影に応じていた。
その様子には、ファンも「子供の頃に憧れの選手からサイン貰うって、マジで一生の思い出なんだよね ほんと大人になっても絶対忘れねーもん」、「かわいい」、「うらやましい」とコメント。久保の対応が注目を集めていた。



PR
1 2
関連ニュース

堂安が一時同点弾もフライブルク敗戦で欧州カップ戦出場ならず、後半AT弾で勝利のウニオンが残留【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ最終節、ウニオン・ベルリンvsフライブルクが18日に行われ、2-1でウニオンが勝利した。フライブルクのMF堂安律はフル出場している。 前節ケルンとの残留争い直接対決を痛恨の逆転負けで残留プレーオフに回らなければならない16位に後退したウニオン(勝ち点30)は、自動降格の17位ケルンとは勝ち点差が3、得失点差が3ある中、引き分ければ自動降格は一先ず避けられる中、運命の最終節に臨んだ。 一方、前節ハイデンハイム戦を堂安のキャリアハイとなる今季6ゴール目で先制するも1-1のドローに終わった8位フライブルク(勝ち点42)は、7位までに与えられることが濃厚なヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す中、堂安が[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 立ち上がりから押し込むフライブルクは10分、堂安のスルーパスを受けたボックス右のエッゲシュタインに好機。しかしシュートはGKレノウのセーブに阻まれた。 その後もポゼッションで上回っていたフライブルクだったが、35分にPKを献上。自陣ボックス内のマケンゴが不可抗力ながら広げていた腕にボールが当たってしまいVARの末、ハンドを取られてしまった。しかしユラノビッチのシュートを守護神アトゥボルがセーブし、失点を逃れる。 ゴールレスで迎えた後半、ウニオンに押し込まれる展開とされたフライブルクは68分に失点。ホラーバッハにミドルシュートを叩き込まれた。 それでも終盤の85分、左サイドからのグリフォのクロスを堂安がヘディングでねじ込み、同点に持ち込む。堂安の2戦連発、今季7ゴール目でこのまま引き分ければ8位キープとし、カンファレンスリーグ出場の可能性が残るフライブルクだったが、追加タイムにPKを献上。 FKの流れでエッゲシュタインがファウルを犯し、このPKをフォラントはポストに当ててしまうも、ハベラーがルーズボールを蹴り込んだ。 これが決勝点となってウニオンが勝利。ボーフムの敗戦により15位に浮上し、残留を決めている。一方、敗れたフライブルクは10位に後退し、来季の欧州カップ戦出場はならなかった。 また、ハイデンハイムに敗れた17位ケルンの6季ぶりの降格が決まっている。 2024.05.19 00:38 Sun

3連覇王者セルティックがホームで有終の美! 旗手アシストからの古橋弾など逆転勝利で今季リーグ戦終える【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは18日、セルティック・パークで行われたスコティッシュ・プレミアシップ最終節でセント・ミレンと対戦し、3-2で逆転勝利した。 前節、FW前田大然の1ゴール1アシストの活躍によってキルマーノックに5-0の圧勝を収め、スコティッシュ・プレミアシップ3連覇を成し遂げたセルティック。その王者はセルティック・パークで今季最後のリーグ戦に臨んだ。 この試合ではFW古橋亨梧とMF旗手怜央がスタメン。前田とDF岩田智輝はベンチスタートとなり、DF小林友希はベンチ外となった。 お祝いムード一色のランチタイムキックオフの今季最終戦。その緩みが出たか、セルティックは開始早々に失点を喫する。7分、ボックス内での混戦からルーズボールに反応したオハラに右足シュートを蹴り込まれた。 優勝を決めているとはいえ、ホーム最終戦で負けられないフープスはすぐさま反撃を開始。ボールを握って押し込むと、21分にはボックス中央に抜け出した古橋がDFを背にして粘ると、相手の短いクリアに反応したオライリーが鋭い左足シュートをゴール左隅に突き刺した。 この同点直後にはウェルシュのボックス内でのファウルでPKを与えると、これをキッカーのオハラに右上隅へ蹴り込まれてビハインドを背負うが、日本人コンビの鮮やかな連携から再びの同点ゴールが生まれる。 37分、相手陣内右サイドで古橋の粘りの守備から旗手が縦に抜け出して低弾道の絶妙なクロスを入れると、ゴール前に走り込んだ古橋が見事な左足ダイレクトシュートでニア下を破り、3試合ぶりとなる今季リーグ戦14点目とした。 このゴールで勢いづく古橋は直後にも右サイドで背後を取ってピンポイントクロスをゴール前に供給するが、パルマがヘディングシュートを枠に飛ばせずにアシスト未遂に。さらに、前半終了間際には後方からのフィードに反応した旗手がボックス内でボレーシュートを試みるが、これは枠を捉え切れなかった。 2-2のイーブンで折り返した後半。開始直後は押し込んで古橋らのシュートで3点目に迫ったセルティックだったが、時間の経過と共に押し返されてしまう。 この展開を受け、ロジャーズ監督はウェルシュが左ヒジを痛めた流れで3枚替えを敢行。古橋と旗手を下げてイダー、岩田をピッチに送り出した。 後半半ばから終盤にかけて試合は膠着状態に陥るが、王者が土壇場で勝ち越しゴールを奪う。86分、押し込んだ流れから右サイドでタイミング良くオーバーラップしたラルストンがディフェンスラインとGKの間にピンポイントクロスを供給。これをファーに飛び込んだパルマがワンタッチで押し込んだ。 この直後にロジャーズ監督は、これが現役最後のリーグ戦となる守護神ハートに花道を作るべく最後の交代カードを切ると、元イングランド代表GKに対してホームサポーターから惜しみないスタンディングオベーションが送られた。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、王者セルティックが3-2の逆転勝利で有終の美を飾った。なお、セルティックは25日にレンジャーズとのスコティッシュカップ決勝で今季を終えることになる。 セルティック 3-2 セント・ミレン 【セルティック】 オライリー(前21) 古橋亨梧(前37) パルマ(後41) 【セント・ミレン】 オハラ(前7) オハラ(前26[PK]) 2024.05.18 22:25 Sat

「想像していなかった」現役ラストマッチで花道を用意された岡崎慎司、将来の日本代表選手たちへの想い「彼らにはもっと上に行ってほしい」

今シーズン限りでの現役引退を発表している元日本代表FW岡崎慎司が、現役ラストマッチを終えてコメントした。 17日、ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ2の第9節が行われ、シント=トロイデンはホームにOHルーヴェンを迎えた。 岡崎はこの試合でも1トップで先発出場。その他、日本代表GK鈴木彩艶、MF伊藤涼太郎、U-23日本代表MF藤田譲瑠チマ、MF山本理仁の5人が先発出場。ルーヴェンもMF三竿健斗、MF明本考浩が揃って先発し、日本人7人がピッチに立つ状況となった。 魂のストライカーとしてダイビングヘッドを持ち味にヨーロッパでのキャリア、そして日本代表でのキャリアを歩んだ岡崎。53分に途中交代となると、両チームの選手たちが花道を作り、岡崎を送り出すこととなった。なお、試合は1-1のドローに終わった。 試合後、現役ラストマッチを終えた岡崎はメディアの取材に応じ、改めて最後の試合について振り返った。 「最後までフィンクが監督で良かったなと思える場面があって、今日も最初は『20分でどうだ』という感じで、フィンクは勝ちたいと思うので当然の話をしてもらいました」 「自分は『出たいです』と言って決意も固まって、復帰して足痛い中でのプレーだったので、取り敢えず飛ばしていこうかなと。もし行けそうならば『前半やりきらせて欲しい』と言って、監督が使い続けてくれました 「ずっとこういう生き方をヨーロッパでやってきたなと思います。最後までやり切るという意味では、らしい終わり方だったかなと思いますし、ああいう風(交代時の花道)にやってもらえるのは想像していなかったので、相手チームまでやってもらえて、本当に良い終わり方ができたかなと思います」 岡崎がこれまで残してきた功績、そして人間性が評価された結果の花道。相手チームも加わるというのは異例のことだ。 そして、引退試合では日本人選手とも共演したが、岡崎はチームメイトの若い日本人選手たちが羽ばたいていって欲しいと語った。 「幸せですね。自分自身がヨーロッパに来て何度も日本人と、ブンデスでもプレミアでもスペインでもやっていましたし、常にその場に日本人がいて、その選手たちのおかげで僕もやってこれたと思います」 「シント=トロイデンで若い選手たちとやりながら、こういう選手たちをプレーで引っ張れない悔しさをめちゃくちゃ感じつつ、そこは自分の引退を決意させる要因の1つでもあったので、こういう選手たちがもっと上に行って欲しいなという思いもあります」 「そういう選手たちと最後を迎えたのは、運命なのかなと思いますし、それも含めて良い終わり方だったと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】岡崎慎司の現役ラストマッチ! 交代時に両軍選手が集まり花道を作り出す感動演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E6%85%8E%E5%8F%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#岡崎慎司</a> <a href="https://t.co/LHb2Wxg0bC">pic.twitter.com/LHb2Wxg0bC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1791609473011740816?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.18 19:15 Sat

岡崎慎司が現役ラストマッチ! 交代時には両チーム選手が花道作る…日本人7人が先発した試合は1-1のドロー【ジュピラー・プロ・リーグ】

17日、ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ2の第9節が行われ、シント=トロイデンvsOHルーヴェンは1-1のドローに終わった。 シント=トロイデンは日本代表GK鈴木彩艶、MF伊藤涼太郎、U-23日本代表のMF藤田譲瑠チマ、MF山本理仁が先発出場。さらに、今シーズン限りで現役を引退する元日本代表FW岡崎慎司も先発。現役ラストマッチのピッチに立った。 一方のルーヴェンもMF三竿健斗、MF明本考浩が揃って先発。日本人7人がピッチに立つ戦いとなった。 岡崎にとってはこれが現役最後の試合。日本代表を支えた魂のストライカーは1トップで起用され、伊藤と藤田と共に攻撃のユニットを組んだ。 互いに攻め込んでいくなか、シント=トロイデンは41分に味方とのコンビネーションから伊藤がカットイン。そのまま相手を交わしてボックス内でシュートも、枠を外してしまう。 その岡崎は53分までピッチに立つと、ベンチにいたチームメイトやピッチにいたチームメイトたちが拍手で送り出すことに。ピッチサイドで最後のプレーを終えた岡崎を労った。 試合は66分、岡崎に代わって出場したファティ・カヤがボックス手前中央で縦パスを受けると、トラップで浮かせたボールを反転から強烈な左足シュート。弾丸シュートが右ポストを叩いてシント=トロイデンが先制する。 すると74分、背後に抜けたヨーン・ダグル・ソルステインソンがボックス内で相手を切り返してかわすと、さらに切り返しシュート。これが決まり、ルーヴェンが1-1と追いつく。 そのまま試合は1-1のドロー。岡崎の現役最後の試合が終了した。 <span class="paragraph-title">【動画】岡崎慎司の現役ラストマッチ! 交代時に両軍選手が集まり花道を作り出す感動演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E6%85%8E%E5%8F%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#岡崎慎司</a> <a href="https://t.co/LHb2Wxg0bC">pic.twitter.com/LHb2Wxg0bC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1791609473011740816?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.18 12:40 Sat

ルーヴェンで奮闘中のMF明本考浩が浦和からの完全移籍決定!「覚悟をもって闘い続けます」

浦和レッズは18日、ジュピラー・プロ・リーグのOHルーヴェンへ期限付き移籍しているMF明本考浩(26)が7月1日から完全移籍へ移行すると発表した。 2020年に国士舘大学から栃木SCへ加入し、プロキャリアをスタートした明本。翌年浦和へ完全移籍すると、その万能性や豊富な運動量を活かし、3シーズンで公式戦135試合に出場した。 今年1月にはベルギーでの欧州初挑戦が決定。ここまでジュピラー・プロ・リーグやプレーオフ2で公式戦14試合に出場しており、3月30日に行われたプレーオフ2第1節のメヘレン戦では初アシストを記録した。 なお、期限付き移籍決定時にはルーヴェン側が買取オプション付きのレンタルであることを発表。オプションを行使した際には3年契約となることが明かされていた。 明本は浦和を通じてコメントしている。 「OHルーヴェンへ完全移籍することになりました。どんな状況でも力をくれた浦和レッズに関わる全てのみなさま、本当にありがとうございました」 「ACLを優勝したときの熱狂、天皇杯を優勝したときの感動、体験したことがないほど胸が熱くなり、こみ上げるものがありました。3年間浦和レッズの選手として闘えたことは僕の誇りです」 「活躍という形で恩返しできるよう、今よりもっともっと大きな舞台で走り、覚悟をもって闘い続けます。ありがとう、浦和レッズ」 2024.05.18 10:03 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly