レバークーゼンがブンデス記録の32戦無敗 初優勝迫る勝利に指揮官も満足

2024.02.18 09:55 Sun
レバークーゼンの連続無敗がついにブンデス記録に。
Getty Images
レバークーゼンの連続無敗がついにブンデス記録に。
レバークーゼンの公式戦連続無敗がついにブンデスリーガ記録に並んだ。
PR
今季のここまで公式戦31戦負け知らず(27勝4分け)のレバークーゼンは17日のブンデスリーガ第22節でハイデンハイムのホームに乗り込み、2-1の勝利で3連勝。公式戦の連続無敗を32試合に伸ばした。
『Opta』によると、この連続無敗は2019年から2020年にかけ、ハンジ・フリック氏が率いたバイエルンに並ぶブンデスリーガ記録だという。

クラブ公式Xによれば、シャビ・アロンソ監督は「非常に大きな勝利だ」とブンデスリーガ初優勝に前進する勝利を評価している。

「ここで勝つのは決して簡単じゃないが、チームはプロフェッショナルにやってくれた。準備したこと、話し合ったことがうまくやれたよ。全体的にパフォーマンスと結果に満足している」
また、1得点1アシストのアミヌ・アドリにも「彼は調子が良い。彼のエネルギーやクオリティ、空気感、そして深いところに走っていくのは我々に不可欠だ」と話した。

今後にも「これからの3〜4カ月は全選手が必要になる。誰をプレーさせるかを決めるのが簡単じゃないときもあるがね。どの選手も常に理解しているし、そうじゃなければいつでも相談してほしい」と語っている。

PR
関連ニュース

【ブンデス第29節プレビュー】クラブ創設120年のレバークーゼンが勝利で悲願の初優勝決定へ

前節はレバークーゼンが勝利した一方、バイエルンが敗れたことで勝ち点差が16に拡大。今節、レバークーゼンは勝利すれば初優勝が決まる状況となった。 前節ウニオン・ベルリン戦では前半追加タイムに10人となった相手に対し、MFヴィルツのPK弾で制した首位レバークーゼン(勝ち点76)。12位ブレーメン(勝ち点31)に今節勝利すればクラブ創設120年のレバークーゼンが初優勝を成し遂げることに。リーグ戦9連勝としたレバークーゼンは木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)では負傷明けのFWボニフェイスにゴールが生まれ、ウェストハムに先勝。ELではベスト4進出に近づき、公式戦無敗記録を42試合に伸ばした中、最高のチーム状態を維持して歴史的一戦に臨む。 格下ハイデンハイムに不覚を取って逆転負けを喫した2位バイエルン(勝ち点60)は17位ケルン(勝ち点22)と対戦。ハイデンハイム戦では2点をリードした展開から後半にまさかの3失点。痛恨の連敗となった。しかし火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝アーセナル戦では相性の良さも手伝って敵地で2-2のドローとした。復調していたFWニャブリが再離脱となったのは痛いが、リーグ戦連敗を確実に止めてアーセナルとのリターンマッチに向かいたい。 ドルトムントとの上位対決を制して2位バイエルンに勝ち点で並んだ3位シュツットガルト(勝ち点60)は6位フランクフルト(勝ち点42)と対戦。ドルトムント戦ではMFスティラーをリベロ起用とした中、ソリッドな守備で相手攻撃陣を見事に封じ切った。3バックの左でシャットアウト勝利に貢献した伊藤が引き続き先発予想の中、一気に2位浮上となるか。 そのシュツットガルトに敗れてCL出場圏外の5位に後退したドルトムント(勝ち点53)は、DF板倉の11位ボルシアMG(勝ち点31)と対戦。公式戦連勝が5で止まった中、水曜に行われたCLではアトレティコ・マドリー相手に敗戦。ただ、厳しい内容だった中、1点を返しての敗戦で2ndレグに望みを繋いでいる。そのドルトムントは攻撃を牽引していたFWマレンが復帰予想。勝利を取り戻してアトレティコとの2ndレグに臨めるか。 対するボルシアMGは前節ヴォルフスブルク戦、板倉のミドル弾などで3-1の勝利。リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。今節も板倉はボランチで先発予想。守備に追われる可能性が高いが、2戦連発に期待したい。 前節ケルンに痛恨の逆転負けを喫した15位ボーフム(勝ち点26)は、バイエルンから金星を挙げた10位ハイデンハイム(勝ち点33)と対戦。FW浅野は途中出場だった中、試合終盤の2失点で悔しい敗戦をピッチ上で迎えた。残留争い直接対決3連戦を1分け2敗で終えたチームはレッシュ監督を解任。過去に2度、ボーフムの暫定指揮官を務めたことのあるブッチャー氏を暫定指揮官に迎えた中、自動降格圏と4ポイント差と厳しいチーム状況を浅野は救えるか。 最後にMF堂安の9位フライブルク(勝ち点36)は最下位ダルムシュタット(勝ち点14)と対戦。フライブルクは前節ライプツィヒ戦、実力差を見せ付けられて1-4の完敗。切り替えて勝利を取り戻せるか。堂安は先発予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第29節 ▽4/12(金) アウグスブルク 2-0 ウニオン・ベルリン ▽4/13(土) 《22:30》 バイエルンvsケルン ライプツィヒvsヴォルフスブルク マインツvsホッフェンハイム ボルシアMGvsドルトムント ボーフムvsハイデンハイム 《25:30》 シュツットガルトvsフランクフルト ▽4/14(日) 《22:30》 ダルムシュタットvsフライブルク 《24:30》 レバークーゼンvsブレーメン 2024.04.13 07:30 Sat

初優勝に王手のレバークーゼン、シャビ・アロンソは「何が起こるかを考えるべきではない」と冷静さを求める

ブンデスリーガ初優勝まであと1勝に迫っているレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が14日に行われるブレーメン戦を前に記者会見に臨んだ。 創立120年のレバークーゼンにとって歴史的な優勝の瞬間となるが、シャビ・アロンソ監督は冷静さを求めている。 「チームには集中力があり、勤勉さもある。私には自信があるし、優勝できたら祝うことになる。だが、この勝利を手にするためには90分間、しっかりプレーする必要がある。何が起こるかを考えるべきではない」 「幸い、優勝できるチャンスはブレーメン戦だけではない。だが、日曜の試合を勝ちたいと思っている。ホームのサポーターの前でタイトルを祝うことは素晴らしいことだろうからね」 最後にバイエルンとシュツットガルトが共に敗れた場合、試合を行う前に優勝が決まってしまう可能性があることについて問われると「できたら試合に勝ってピッチ上でタイトルを手にしたい」と本音を漏らしていた。 2024.04.13 07:00 Sat

「アウェイでのウェストハム戦がどれだけ難しいか」 レバークーゼンMFジャカが語る2-0先勝の価値

レバークーゼンのスイス代表MFグラニト・ジャカが振り返った。 首位独走のブンデスリーガで今週末にも初優勝かというところまでくるレバークーゼン。11日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのウェストハム戦をホームで迎えると、後半の2発で2-0と先勝し、18日に行われる敵地でのリターンレグに弾みをつけた。 この試合でもボランチの一角としてフル出場したジャカはイギリス『TNT Sports』のインタビューで、元アーセナルの選手らしくウェストハムのホームに乗り込んでの試合の難しさを指摘し、複数得点差で先勝した価値を語った。 「ウェストハムが5バックで戦ってくるのは試合前からわかりきったことだった。すごく深いところでプレーされたけど、僕らはああいうチームを倒すだけのクオリティがあるのを改めて示せたね」 「2点目は2ndレグに向けて大きいよ。2-0でも過去の経験的に難しいけど、1-0だといつだってすごく難しい。僕はアウェイでのウェストハム戦がどれだけ難しいかわかっているんだ」 「最初から集中して、同じようにゴールを狙っていく必要がある。今日のチームはよくやった。プレミアリーグでうまくやっているとても良いチームを相手に2-0だし、よくやったよ」 「僕らにはプレーする情熱がある。どんなときでもゴールを決められるだけのクオリティがあると自負しているんだ。ああいうチームや、ここにくる相手は深くで戦ってくるし、スペースを見つけるのにいつも苦労する」 「僕らは満足しているし、2ndレグがどうなるか見てみよう」 2024.04.12 12:50 Fri

シャビ・アロンソ監督が先勝しての2ndレグへ 「ロンドンではまた違うものになるはず」

レバークーゼンがヨーロッパリーグ(EL)のベスト4入りに前進した。 首位独走のブンデスリーガで今週末にも初優勝かというところまでくるレバークーゼン。11日にはEL準々決勝1stレグのウェストハム戦をホームで迎え、後半の2発で2-0と先勝した。 クラブ公式Xによると、これで今季開幕からの連続無敗も42試合に伸ばしたシャビ・アロンソ監督は先勝に対する心境を語った。 「もちろん、結果にも、パフォーマンスにも満足だ。良いチャンスをモノにするのは簡単ではなかったしね。これからは2ndレグに向けてしっかりと準備する時間がある。今日に関しては満足だが、まだ終わったわけではない」 また、「今日もベンチからの選手が大きな影響を与えてくれた」と振り返ると、18日に敵地で行われる2ndレグに視線を向けた。 「チャンスはあまりなかったが、許すシーンもそこまでなかったし、良かったと思う。だが、ロンドンでの2ndレグはまた違うものになるはず。それこそが先制してからもプッシュし続けた理由であり、追加点を決められて嬉しいよ」 「ウェストハムは自分たちのピッチでまったく異なるパフォーマンスを発揮してくることだろう。彼らに失うものなど何もない。準備の時間はあるし、ベスト4進出をかけての戦いに備えていくつもりだよ」 2024.04.12 11:20 Fri

シャビ・アロンソ采配的中のレバークーゼンがホームでウェストハムに先勝!【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのレバークーゼンvsウェストハムが11日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 ラウンド16でカラバフを下したレバークーゼンは、直近のウニオン・ベルリン戦からスタメンを7人変更。ボルハ・イグレシアスやフロジェク、GKフラデツキーらに代えてシックやフリンポン、GKコヴァルらをスタメンで起用した。 一方、ラウンド16で堂安律の所属するフライブルクを下したウェストハムは、直近のウォルバーハンプトン戦からスタメンを2人変更。出場停止のボーウェンとE・アルバレスに代えてアントニオとソウチェクをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ウェストハムは10分に自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、左サイドを駆け上がったアントニオの折り返しからクドゥスがチャンスを迎えたが、ダイレクトシュートはGKコヴァルの正面をついた。 対するレバークーゼンは20分、パラシオスの横パスを受けたグリマルドがボックス左手前から左足を振り抜いたが、シュートはGKファビアン好きの好セーブに阻まれた。 その後ははレバークーゼンがボールを保持しながら押し込む時間が続く。すると30分、ジャカのパスからボックス左に侵入したシックがシュート。さらに34分には、ボックス外のタプドバがミドルシュートでゴールを脅かしたが、共にシュートはGKファビアンスキに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半も、立ち上がりから拮抗した展開が続く。レバークーゼンは70分にボックス左深くまで侵入したグリマルドのクロスをニアのシックがヘディングで合わせたが、これはGKファビアンスキのファインセーブに弾かれる。 先制点が欲しいレバークーゼンは、76分にシックとアドリを下げてボニフェイスとホフマンを投入。すると83分、右CKをファーサイドのターが頭で折り返すと、中央のボニフェイスがシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球をホフマンが左足ボレーで合わせると、このシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 待望の先制点を奪ったレバークーゼンは、91分にもショートコーナーの流れからホフマンの右クロスをボニフェイスがヘディングで叩き込み、試合を決定づける2点目を奪取。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。途中出場の2人がゴールを挙げたレバークーゼンがホームで先勝した。 2024.04.12 06:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly