ビジャレアルがアストン・ビラのブルキナファソ代表FWトラオレをフリーで獲得…CANにも参加し3ゴールを記録

2024.02.02 11:45 Fri
ビジャレアルに加入したトラオレ
Getty Images
ビジャレアルに加入したトラオレ
ビジャレアルは1日、アストン・ビラのブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。
PR
オセールの下部組織で育ったトラオレは、チェルシーの下部組織に加入し、2014年1月にファーストチームに昇格。その後、フィテッセ、アヤックスへとレンタル移籍を経験し、2017年7月にリヨンに完全移籍した。
2020年9月にアストン・ビラに完全移籍で加入。右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー。2022年8月から半年間はイスタンブール・バシャクシェヒルにレンタル移籍していた。

アストン・ビラでは公式戦通算62試合で10ゴール8アシストを記録していた。

ブルキナファソ代表のキャプテンを務めるトラオレは、現在行われているアフリカ・ネーションズカップにも参加。4試合で3ゴールを記録したが、チームはラウンド16でマリ代表に敗れて敗退していた。

PR
関連ニュース

ノルウェー代表で定位置と背番号を譲った後輩…セルロートが5歳年下ハーランドをラ・リーガに勧誘?「適応間違いなし」

ビジャレアルのノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロートが、マンチェスター・シティの同代表FWアーリング・ハーランドについて語った。 今季ラ・リーガ14得点、公式戦17得点のセルロート。過去2年のレアル・ソシエダ時代を上回るペースでネットを揺らす195cmストライカーだ。 当然、この活躍からノルウェーを代表するセンターフォワードなのは確か。しかし、ノルウェー代表には当代屈指のゴールマシーン・ハーランドがおり、A代表通算53試合18得点セルロートは左右どちらかのウイングが“守備位置”となる。 このように、ハーランドがいることで、ノルウェー代表だと本職ではないポジションを任されるセルロート。それでもスペイン『Relevo』のインタビューでは、ハーランドとの良い関係性を語る。 「アーリングとはとても仲が良いよ。もう5年くらいノルウェー代表で一緒だしね。彼は天性のリーダー的な部分を持つんだ。どちらかと言えば、陰から人知れずチームを支えるタイプかな。全てを口に出して引っ張るのではなく、黙々と率先して行動することができる」 数年前には、当時20歳そこそこで台頭してきたハーランドに、ノルウェー代表で背番号「9」を譲ったセルロート。 「彼はあの時すでにフットボーラーとして“ブランド”が出来上がっていたからね。NIKEとの繋がりも考えればピッタリだろう(笑) 彼のほうから『9が欲しい』って来たから、僕は11にしたんだ」 その一方、ハーランドは昨季があまりに強烈だったためか、最近は得点ペースの鈍化が指摘される。この件についてセルロートは、同じFWとして少しばかり不快感を抱いている様子だ。 「彼が自らの個人賞をチームの戦績より優先させているとでも? 僕の知る彼はそうじゃないし、もしそうだとしても口には出さない」 また、将来のレアル・マドリー行きが噂され続けていることについては歓迎。スペインサッカーへの適応も問題ないだろうとした。 「イングランドもドイツもスペインもそんなに異なるサッカーじゃない。リーグの特色をつけたがる人々が私見を言っているに過ぎないんだ。アーリングも間違いなくスペインにフィットする。選手からチームへ、チームから選手へ、お互いに適応の努力をすれば、適応できないなんてあり得ない」 2024.04.19 16:20 Fri

CL出場権争うアスレティックの白星が“盗まれた”? 名手エレーラがPK判定に激怒「異常」「完全にアウト」「根源はVARルーム」

アスレティック・ビルバオの元スペイン代表MFアンデル・エレーラが主審とVARに激怒だ。スペイン『Relevo』が伝えている。 かつてマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)にも在籍のエレーラ。飾り気がなくとも攻守両面で気が利き、献身性と運動量もチームを助ける“THEバスク人”な選手だ。 そんなエレーラも今年で35歳。故郷ビルバオに戻り、年齢からかフル稼働が難しくなっているものの、古巣アスレティックで奮闘する日々。 先日コパ・デル・レイ(国王杯)を制したチームは、ラ・リーガで第31節を終えて5位。残り7試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アトレティコ・マドリーと勝ち点「4」差だ。 そんな緊張感溢れる戦いが続くなか、14日の第31節ビジャレアル戦は1-1ドローで足踏み。同日アトレティコは勝利しており、前述の勝ち点差「4」は「2」から広がったものなのだ。 アスレティックとしては、ビジャレアル戦の90+5分にPKを決められて白星するり。MFダニ・ガルシアのハンドとも言えないハンドでVARが介入。問題のシーン、至近距離で見ていたビジャレアルの選手は1人をのぞいて主審にアピールしていなかった。 途中出場から試合のクローズにかかっていたエレーラはこれに激怒。 普段冷静な男は、試合後の記者会見で身振り手振り交え、鋭い眼光で記者を直視したまま、クアドラ・フェルナンデス主審の最終判断を「異常」と語り、「ラ・リーガが世界No.1のリーグになりたいなら、このPK判定は完全にアウト。根源は主審を惑わせたVARルーム」と吐き捨てた。 判定もさながら、アスレティック陣営にとっては2014-15シーズン以来10年ぶりとなるCL出場権も懸かっているだけに、エレーラも怒りは収まらない。 <span class="paragraph-title">【動画】エレーラ激怒のPK判定シーン(6分50秒ごろ〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5l09eVIV0oA?si=yLX3gKhCCMHvxJOg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" referrerpolicy="strict-origin-when-cross-origin" allowfullscreen></iframe> 2024.04.15 14:00 Mon

コパ・デル・レイ王者のアスレティック、10人相手に土壇場被弾で上位追走ならず…【ラ・リーガ】

アスレティック・ビルバオは14日、ラ・リーガ第31節でビジャレアルと対戦し1-1の引き分けに終わった。 6日に行われたコパ・デル・レイ決勝のマジョルカ戦をPK戦の末に制し、40年ぶりの優勝を飾った6位アスレティック(勝ち点56)が、11位に沈むビジャレアル(勝ち点38)をホームに迎えた一戦。 キックオフ前にビジャレアル選手らによるガード・オブ・オナーで祝福されたアスレティックは、9分にピンチ。ボックス右でボールキープしたトラオレの右足をプラドスが踏んでしまうと、オンフィールドレビューの末にPKを献上。しかし、ジェラール・モレノのPKは左ポストに弾かれた。 前半半ば以降はアスレティックが押し込む時間が続いたが、なかなか決定機まで至らない状況が続く。41分には、イニャキ・ウィリアムズのパスで右サイド深くまで抜け出したデ・マルコスの折り返しからチャンスが訪れたが、グルセタがまさかの空振り。 ゴールレスで迎えた後半、アスレティックは開始30秒で数的優位を得る。自陣中盤でボールをクリアしたプラドスの右足をアフターで踏みつけたサンティがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。 後半もボールを握って相手を自陣深くに押し込んでいくアスレティックは66分、バイタルエリア右手前からエレーラがクロスを供給すると、グルセタが頭で落としたボールをゴール前に走り込んだサンセトが右足アウトサイドでゴールに流し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、膠着状態が続く。このまま試合終了かと思われたが、アスレティックは試合終了間際に失点を許す。 91分、ボックス右から侵入したアコマックのクロスのこぼれ球をバエナがシュート。これはユーリがスライディングブロックで阻んだが、ディフレクトしたボールがユーリの左腕に当たると、オンフィールドレビューの末にビジャレアルにPKが与えられた。 このプレッシャーのかかるPKをキッカーのパレホが見事にゴール左上に突き刺し、試合は1-1でタイムアップ。土壇場被弾で痛恨のドローに終わったアスレティックは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う4位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が4ポイントに広がった。 2024.04.15 03:40 Mon

トップ4浮上成功のアトレティコ、シメオネ監督は決勝弾サウールを称賛「謙虚にクラブへ寄り添ってきた」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ラ・リーガでの重要な勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 1日、ラ・リーガ第30節でビジャレアルと対戦したアトレティコ。勝てば4位浮上となる一戦、立ち上がりにCKからMFアクセル・ヴィツェルのゴールで先制に成功すると、リードを保ったまま後半へ。50分に失点を許すとその後はペースを掴めない苦しい時間帯が続いたが、87分にMFサウール・ニゲスのゴールで勝ち越すとそのまま2-1で勝利した。 これにより、ラ・リーガ4位浮上となったシメオネ監督は試合運びの課題について言及しつつ、2ゴールについては満足感を示している。 「(先週末に)ビルバオが敗れたことで、自分たちが望んでいた位置に戻るチャンスが巡ってきた。真剣に取り組む必要があった試合は、選手交代で攻撃陣が活性化され、後半開始から陥った状態を抜け出せただろう。ただ、より早く問題を解決できたはずであり、2-1の状態にできたはずだった」 「我々は勝利こそが取り柄という位置にいる。勝たなければ、生み出すものすべてが批判されるのだ。それでも、今日はサビッチが良い形で試合に入り、アスピリクエタは常に存在感を示し、ジョレンテは前線にスペースを作り、サウールはゴールを決め、コレアとモラタはよりアグレッシブだった」 「再びセットプレーからゴールを決められてとても嬉しい。以前はセットプレーのたびゴールの匂いがしたものだが、今はそんなこともなくなっていた。しかし今日は、アクセルが素晴らしいゴールを決めたんだ」 「(決勝弾のサウールについて)彼は常に同じ精神で仕事に取り組んできた。謙虚にクラブへ寄り添ってきたんだ。今、彼のプレー時間は少し減っているが、私は常に彼の能力を心に留めており、彼は我々が慣れ親しんできたものを引き出してくれる」 2024.04.02 10:50 Tue

終盤出場のサウールが決勝点、ビジャレアルに競り勝ったアトレティコが連敗ストップで4位浮上【ラ・リーガ】

アトレティコ・マドリーは1日、ラ・リーガ第30節でビジャレアルとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 代表ウィーク前の前節、バルセロナに完敗して連敗となった5位アトレティコ(勝ち点55)は、代表戦出場を回避したグリーズマンが先発。デパイ、リケルメと共に3トップを形成した。 10位ビジャレアル(勝ち点38)に対し、アトレティコは7分、グリーズマンのスルーパスでボックス内に侵入したリーノが決定的なシュートを放つもGKヨルゲンセンの好守に阻まれる。 それでも2分後に先制する。リケルメの左CKからヴィツェルのヘディングシュートが決まった。 先手を取ったアトレティコは17分、デパイの右クロスからM・ジョレンテのボレーが枠を捉えたが、GKヨルゲンセンの好守に再び阻まれる。 その後も主導権を渡さないアトレティコは32分にリケルメの際どいミドルで牽制した中、42分のピンチではCKの流れからルーズボールをジェラール・モレノにシュートに持ち込まれたが枠を外れ、1点のリードで前半を終えた。 しかし迎えた後半、開始5分に追いつかれる。ペナルティアーク中央からセルロートにミドルシュートを決められた。 その後もペースを掴めないアトレティコは66分、グリーズマンとデパイに代えてモラタとアンヘル・コレアを投入。 73分にはボックス左に侵入したモラタが枠内シュートを放つもGKの正面に。さらに80分、バリオスのヘディングシュートでゴールに迫った。 押し込むアトレティコは途中投入の2選手によって決勝点。87分、アスピリクエタのポストプレーからボックス中央のサウールがコントロールシュートを流し込んだ。 これが決勝点となってアトレティコが勝利。連敗を止め、4位に浮上している。 2024.04.02 05:57 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly