「すでに彼をとても愛してる」岡山MFムークに息子が誕生、妻・カーラさんと息子の2ショットなどに祝福の嵐

2023.12.08 21:55 Fri
岡山の中盤を支えたステファン・ムーク
©︎J.LEAGUE
岡山の中盤を支えたステファン・ムーク
ファジアーノ岡山のMFステファン・ムークが、第一子誕生を報告した。2022年にアデレード・ユナイテッドから岡山に加入したムーク。1年目は明治安田生命J2リーグで23試合に出場し4得点を記録。2年目の今シーズンはJ2で37試合に出場し6得点を記録した。
中位に終わったチームで中盤を支えたムーク。6日、男の子のオーランド・インゴ・ムークくんが誕生したという。

自身のインスタグラムを更新したムークは、息子の誕生を喜んだ。

ーーーーー
2023年12月6日水曜日に私たちの息子オーランド・インゴ・ムークが僕たちに誕生したことを共有できて嬉しい。
オーランドは世界で一番かわいい、そして僕たちはすでに彼をとても愛しています。

人生最大の仕事の後、ママは素晴らしいことをやっている! 僕はあなたをとても誇りに思いますカーラ・ムーク。そして僕たちの息子には尊敬すべき素晴らしいロールモデルがいます。

親になることは、僕たちが今までやった中で最高のことだ。そしてオーランドが世界で何者にでもなれるように導くのが待ちきれない。
ーーーーー

ムークは生まれたばかりのオーランドくんと妻のカーラさん、自身とオーランドくんの2ショットなどを投稿。チームメイトからも祝福のコメントが寄せられた。

1 2
関連ニュース

昨季限りで岡山退団のヨルディ・バイスが母国復帰 2018年夏の長崎入りからJリーグでプレー

ファジアーノ岡山は28日、DFヨルディ・バイス(35)の新天地がオランダのRKSVハルステレンに決まったと発表した。 オランダ出身センターバックは2018年夏のV・ファーレン長崎入りからJリーグでプレー。徳島ヴォルティスや、京都サンガF.C.を経て、2022年から岡山に活躍の場を移した。 岡山でも1年目から闘志溢れる守りだけでなく、攻撃センスも光らせ、J2リーグ39試合で7ゴール。昨季も38試合の出場で4得点だったが、そのシーズンをもって契約が満了した。 ヨルディ・バイスにとって、ローダJC時代の2015-16シーズン以来となる母国復帰に。岡山の公式サイトを通じて、コメントを残した。 「私の人生のチャプター2が始まろうとしています。大好きなサッカーを選手としてプレーするだけでなく、コーチとして成長することを優先する時がきました。サッカーが好き過ぎるので、まだ完全には引退しません。プレーするレベルを落とすことにはなりますが、マインドは常にプロフェッショナルです」 「そして、必要なコーチングライセンスを取得し、適切な時期が来たら日本に戻り、選手だった時と同様にクラブに全てを捧げ、絶対に諦めない姿勢を持ち、私のサッカー哲学に則って選手とスタッフにピッチ内外でモチベーションを与えられる監督になりたいと思っています。その時は、またファジアーノ岡山で新たな歴史をつくり、勝利を喜び合いましょう」 「今は、ファジアーノを離れたところから応援しています。ホームでの3-0の勝利で素晴らしいスタートを切れたと思うので、これをシーズン終了まで続けることが次のタスクになると思います。改めて、ファジアーノファン・サポーターの皆さんの多大なる幸運と健康を祈ります。ファジアーノ岡山という美しいクラブは、私の心に残り続けます。また会いましょう」 2024.02.28 15:30 Wed

岡山退団のMF宮崎幾笑が東京都1部のSHIBUYA CITY FCに完全移籍

ファジアーノ岡山は8日、2023シーズン限りで退団していたMF宮崎幾笑(25)がSHIBUYA CITY FCへ完全移籍することを発表した。 宮崎はザスパ群馬、アルビレックス新潟の下部組織出身で、新潟でプロキャリアをスタート。ツエーゲン金沢、FC東京でプレーした後、2022年に岡山に完全移籍。2023シーズンはいわきFCへ期限付き移籍していた。 通算成績はJ1で2試合、J2で106試合11得点、J3で25試合4得点を記録。U-17、U-18、U-20と世代別の日本代表を経験していた。 増嶋竜也監督が指揮を執るSHIBUYA CITY FCは、東京都渋谷区をホームタウンとし、Jリーグ加盟を目指すクラブ。現在は東京都社会人サッカーリーグ1部に所属している。 宮崎はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして。SHIBUYA CITY FCに加入する事になりました宮崎幾笑です。コミュニケーションをとりながら早くチームに慣れ、昇格という目標を成し遂げるため全力でプレーしたいと思います!よろしくお願いします!」 また、退団が決まっていた岡山を通じてもコメントしている。 「2年間たくさんの声援をいただき、ありがとうございました。個人としてもチームとしても、もっと結果を残したかったですが、岡山の仲間、サポーターの皆さんとともに戦えたことに感謝しています。本当にありがとうございました」 2024.02.08 14:45 Thu

岡山退団のMFムークが古巣のアデレード・ユナイテッドに復帰、J2で60試合10ゴールを記録

アデレード・ユナイテッドは、2日、ファジアーノ岡山を退団したMFステファン・ムーク(28)が完全移籍で加入したことを発表した。 契約期間は、2027年夏まで。2年ぶりの復帰となる。 ムークはメルボルン・シティから2016年1月にアデレード・ユナイテッドに加入。NECナイメヘンでのプレーを経て、2017年7月にメルボルン・シティへレンタル移籍。2018年7月にはブリスベン・ロアーに完全移籍した。 2020年1月にアデレード・ユナイテッドに完全移籍で復帰すると、2022年2月に岡山に完全移籍で加入した。 2シーズンをJリーグでプレーし、明治安田生命J2リーグで通算60試合10ゴール6アシストを記録していたが、2023シーズン限りで退団していた。 アデレード・ユナイテッドでは25歳というクラブ史上最年少のキャプテンにも就任しており、古巣でのプレーに喜びを語った。 「アデレードは常に僕の心の中で特別な場所を占めており、戻ってくることができて本当に興奮している」 「アデレード・ユナイテッドに戻ると、故郷に帰ってきたような気分になる。選手間の友情は本当に特別なものだ」 「ファンからのサポートは信じられないほど素晴らしかったので、クラブの成功に貢献したいと思っている」 <span class="paragraph-title">【写真】古巣アデレードに戻ったステファン・ムーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Adelaide United is pleased to announce former captain Stefan Mauk has returned to the Club on a long-term deal.<br><br>Details → <a href="https://t.co/xAUmhDPWLZ">https://t.co/xAUmhDPWLZ</a> <a href="https://t.co/gMm2RDNbjm">pic.twitter.com/gMm2RDNbjm</a></p>&mdash; Adelaide United (@AdelaideUnited) <a href="https://twitter.com/AdelaideUnited/status/1753267149496627316?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.02 16:17 Fri

佐野航大がNECで2ゴール関与!2戦連続フル出場でPK奪取に加入後初アシストも記録

NECナイメヘンのMF佐野航大が2試合連続でスタメンの座を勝ち取るとともに、加入後初アシストもマークした。 佐野は28日に行われたエールディビジ第19節、アウェイでのゴー・アヘッド・イーグルス戦で2試合連続となる先発出場。小川航基とともに、フル出場を果たした。 スタートポジションは右サイドハーフで、12分には左クロスのこぼれ球に詰め、加入後初ゴールまでわずか数cmという場面を作る。26分にも高精度のクロスで好機を演出した。 迎えた前半のアディショナルタイム、佐野は敵陣ボックス内のルーズボール争いで相手より先に体を入れ、ファウルを誘発。このPKをマグヌス・マットソンが決め、NECが試合を動かした。 同点とされて迎えた83分にも得点に関与。左に回っていた佐野は自陣ボックス内左でこぼれ球を回収し、即座に小川を目掛けて足の長い球を送ると、小川は相手2枚にサンドされて触れられずも、流れたボールをチャロン・チェリーが回収し、独走から勝ち越し点をマーク。結果として佐野にはアシストが記録された。 NECは87分に再び追い付かれてドローに終わったが、佐野は前節に続いてのフル出場。2023年8月にファジアーノ岡山から加入して以降、リーグ戦では途中出場が続いていたが、スタメン奪取から定着へ向けてと、着実に歩みを進めている。 <span class="paragraph-title">【動画】佐野航大、欧州での初ゴールまでわずか数cm…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iwMq_y0r5J8";var video_start = 41;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.31 16:25 Wed

明治大学がJ内定者6名の合同会見を実施! J1、J2、J3で2名ずつ、夏にブレーメン行きが決まった佐藤恵允を含む7名がプロ入り

明治大学は12日、2024シーズンからJリーグでプレーすることが内定している6選手の合同記者会見を行った。 大学サッカー界の名門である明治からは、6選手がJクラブに加入内定。主将のDF井上樹(法学部4年/ヴァンフォーレ甲府)、副主将のDF村上陽介(法学部4年/大宮アルディージャ)、DF阿部稜汰(政治経済学部4年/FC今治)、FW太田龍之介(政治経済学部4年/ファジアーノ岡山)、DF岡哲平(政治経済学部4年/FC東京)、MF田中克幸(商学部4年/北海道コンサドーレ札幌)がプロ入りする。井上、村上、太田、岡については、ユースまで過ごした古巣でのプロ入りとなった。なお、14年連続でのJリーガー輩出となっている。 コロナ禍で大学生活をスタートした選手たち。活動が制限されたことなど難しい4年間となった中、6名がプロ入り。夏にブレーメンに加入したFW佐藤恵允も含め、7名がプロ生活をスタートさせている。 その明治大学は、関東大学サッカーリーグ1部では3位の成績となったが、全日本大学サッカー選手権大会で見事に優勝。4年ぶり4度目の優勝を果たした。 記者会見には6選手の他、栗田大輔監督、井上優部長も登壇。栗田監督は、「4年生が非常に仲の良い代という印象。4年生は13人が選手としています。夏に佐藤がドイツに行きましたが、7名がプロに行くことになりました」とコメント。「JFLに1名、関東リーグに1名が行き、サッカーを続ける学生が多かった。月末にかけてJリーグクラブに練習参加する選手もいます」と、多くの選手がサッカーを続けるという。 また、「色々な変換期の中で過ごした世代、仲の良い世代として社会に出ていく中で独り立ちできるのか。1人1人がリーダーシップを発揮でき、背中で見せる代になってほしいと思う」と語り、大きな期待を寄せていた。 岡(FC東京)は今後の目標について「海外で活躍して日本を代表するセンターバックになりたい」とコメント。「そのためにもFC東京でまずは活躍したいと思います」と語り、「FC東京がリーグ優勝するために貢献したいと思います。幼い頃から憧れていたプロサッカー選手をFC東京で始められることが嬉しいので、その恩を返していきたいと思います」と意気込んだ。 田中(北海道コンサドーレ札幌)は「小野伸二選手が現役を引退されましたが、小野伸二選手のような日本を代表するファンタジスタとして世界に名を轟かせるような存在になれるようになっていきたいと思います」とコメント。「北海道コンサドーレ札幌がタイトル獲得するために、いち早くチームの勝利に貢献できるように、野心を持ってやっていきたいと思います」と意気込んだ。 井上(ヴァンフォーレ甲府)は「生まれ育った甲府というクラブに戻りますが、明治での4年間で成長した姿を見せて、甲府の皆さん、山梨県民の皆さん、明治大学に恩返しをできればと思っています」と語り、「まずはJ1昇格のために自分が持っているものを全て出して、チームの勝利に貢献したいと思います」と誓った。 太田(ファジアーノ岡山)は「日本を代表する選手になり、ワールドカップに出場して、海外挑戦をしたいと思います」と目標を語り、「高校時代お世話になったクラブに戻れることを大変嬉しく思っています。自分は恩返しするために戻ってきました。今年こそは必ずJ1昇格できるように頑張っていきます」と意気込みも語っている。 村上(大宮アルディージャ)は「大宮アルディージャを僕が中心となって必ず1年でJ2にあげること。そして、J1で活躍し、海外で活躍する選手になりたいと思います」と語り、「明治で培ってきたことを忘れず、日々謙虚に貪欲に過ごして、必ず開幕戦からレギュラーを取りたいと思います」と古巣での活躍に意気込んだ。 阿部(FC今治)は「卒業しても自分は明治のサイドバックとして活躍して結果を残して、明治の後輩たちに刺激を与え続け、お世話になった明治や、これまでお世話になった方へ恩返しができればと思います」と目標を語り、「これまで自分が培ってきたものをチームのために全て発揮して、J3優勝、J2昇格のために大きく貢献できるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。 2024.01.12 23:23 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly