シティが4戦未勝利で4位後退…グアルディオラ「ビラが良かったのを認めてルートンに行くしかない」

2023.12.07 09:50 Thu
シティの勝ちなしが続く。
Getty Images
シティの勝ちなしが続く。
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が完敗を認めた。
PR
6日のプレミアリーグ第15節でアストン・ビラのホームに乗り込んだシティ。74分に守りが崩れると、そのまま0-1で敗れ、4試合未勝利となった。
順位も4位まで後退。イギリス『BBC』によると、グアルディオラ監督は「アストン・ビラの方が良かった」と次に意識を向ける姿勢を示している。

「前半の我々はポゼッションのなかで動けなかった。後半から良くなって、チャンスも作ったが、パスや動きを見つけるのに苦労したんだ」

「ディフレクションだったが、そういう失点が4、5回ほどある。仕方ない。アストン・ビラが良かったのを認め、ルートンに行くしかない」
また、出場停止のロドリが欠場した影響を問われると、「もちろん、重要な選手だが、彼なしでも勝つ術を見つけないと」と返した。

シティはこれで首位と6ポイント差。「ここ数年、勝つ術を把握していたが、少し苦しんだし、解決策を見つけないと。それが私の仕事だ」と話した。

PR
関連ニュース

6戦連発中の絶好調ホイルンドが2~3週間の離脱、シティとのダービー欠場濃厚に

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが筋肉系の負傷により2~3週間するようだ。エリク・テン・ハグ監督が明かしている。 テン・ハグ監督は「大きなケガではないが、強度の高いトレーニングはリスクになる。今は待つ必要がある」とコメント。 ホイルンドはプレミアリーグ6戦連発中と絶好調でユナイテッドの4連勝に大きく貢献していた。 ユナイテッドは24日にプレミアリーグ第26節エバートン戦、28日にFAカップ5回戦ノッティンガム・フォレスト戦を戦った後、3月3日にマンチェスター・シティとのダービーを控えるが、ホイルンドを起用できない可能性が濃厚となった。 2024.02.24 00:00 Sat

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri

「経験したい」 ペップが見据えるは代表監督? 「誰が欲してくれるかわからない」と冗談も

ジョゼップ・グアルディオラ監督はマンチェスター・シティを去った後、代表チームを率いるのだろうか。 昨季にクラブの悲願だったチャンピオンズリーグ(CL)も制し、2016年夏のシティだけで見ても、ありとあらゆるタイトルを掴んだと言っていいグアルディオラ監督。シティと残る2025年までの契約が切れた後は長らく代表チームの監督になるのではと取り沙汰される。 クラブレベルではやり切ったと言ってもいいが、このたびの『ESPN』で代表監督になる未来に言及したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 「ワールドカップ(W杯)やユーロを目指して代表チームを育てたい。それがしてみたいことだね」 一方で、53歳の名将は「誰が私を欲してくれるかわからない!」と冗談を飛ばしつつ、ステージがどこであれ、代表監督の職に前向きな姿勢を示した。 「代表チームで働くにはクラブでと同じように求められないといけない。(W杯での優勝は)考えたこともなかったね」 「この仕事を始めたときも、リーグタイトルやCLの優勝を考えていなかった。だが、仕事はあるという考えだったんだ」 「私はW杯や、ユーロ、コパ・アメリカ、またはそれがなんであれ、生き抜く経験をしたいと思っている。それが望みだ」 2024.02.23 12:45 Fri

セルティックの守護神、元イングランド代表GKハートが今季限りで現役引退を決断…シティでは2度のプレミア制覇

セルティックに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 シュルーズベリーの下部組織出身のハート。2006年7月にマンチェスター・シティへ完全移籍すると、トランメア・ローヴァーズ、ブラックプール、バーミンガム・シティへとレンタル移籍を経験した。 2010-11シーズンから正守護神としてプレーした。シティでは公式戦348試合に出場。2度のプレミアリーグ優勝を経験すると、しかし、2016年に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下では足元の技術が求められると、クラウディ・ブラーボにポジションを奪われることに。すると、トリノ、ウェストハムへとレンタル移籍を経験し、 2018年にバーンリーへと完全移籍した。その後、トッテナムを経て、2021年からセルティックへ完全移籍しプレーしていた。 セルティックでは正守護神としてプレー。アンジェ・ポステコグルー監督の下でスコティッシュ・プレミアシップ連覇、リーグカップ連覇を経験。ここまで138試合に出場し、今季も正守護神としてプレーしていた。 イングランド代表としても75試合に出場し、ユーロやワールドカップを経験していた。 セルティックはハートについて「最近クラブに自身の決断をつて、長年一緒に仕事をしてきt親友でもあるメンタルパフォーマンスコーチのジェイミー・エドワーズに引退決断を話した」としている。 ブレンダン・ロジャーズ監督は守護神の引退に「ジョーは驚異的なキャリアを楽しんでおり、夏についにサッカー選手を引退する。試合にいなくなるのは非常に寂しいことになる」とコメントした。 2024.02.22 22:20 Thu

賭博違反疑惑によりパケタ獲得から手を引いていたシティ、今夏再アタックか

マンチェスター・シティはウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタ(26)を今夏も狙うようだ。イギリス『HITC』が報じた。 現在はふくらはぎの負傷により離脱しているものの、2022年夏にリヨンから加入して以来、ウェストハムの攻撃を牽引し続けているパケタ。昨夏はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望し、クラブ間で大筋合意に至ったともいわれた。 しかし、パケタがイングランドサッカー協会(FA)から賭博違反容疑の捜査対象となったことで破談に。それでもグアルディオラ監督は依然としてパケタの加入を望んでいるようで、シティは今夏の獲得を再び検討しているという。 FAはまだパケタの賭博違反容疑に関する判決を下していないものの、本人は人生で賭けをしたことは一度もないと主張し、携帯電話やパソコンなどの証拠を全て捜査のために提出しているとされている。 また、シティ移籍が成立しなかったことに腹を立てているパケタ陣営は、今度こそ取引の腰を折られないよう、FAに裁定を迫っているという。 ウェストハムでは在籍約1年半で通算68試合に出場し、10ゴール13アシストを記録しているパケタ。無事容疑が晴れるとともに、ステップアップとなるのだろうか。 2024.02.21 15:20 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly