ファン・ダイク今季初弾にソボスライがダメ押し! 遠藤航フル出場のリバプールが新生ブレイズ撃破で連勝【プレミアリーグ】

2023.12.07 06:46 Thu
Getty Images
プレミアリーグ第15節、シェフィールド・ユナイテッドvsリバプールが6日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのリバプールが0-2で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航はフル出場した。
PR
前節、フルアムとの壮絶な撃ち合いを遠藤のプレミア初ゴールやアレクサンダー=アーノルドの2ゴールで劇的に制した2位のリバプール。連勝を狙う今節はヘッキングボトム監督を解任し、ワイルダー新監督を招へいした最下位のブレイズとのアウェイゲームに臨んだ。
クロップ監督は中2日の一戦に向けて先発4人を変更。負傷のマティプに代えてコナテを起用したほか、ツィミカスとグラフェンベルフ、ヌニェスに代えてジョー・ゴメス、遠藤、ガクポを起用した。

ワイルダー監督帰還で盛り上がりを見せるブラモール・レーンで幕を開けた一戦は拮抗した立ち上がりに。リバプールは10分、遠藤の見事な自陣中央でのプレス回避からの左サイドへの展開から最初の決定機。スペースを持ち上がったルイス・ディアスからの正確なクロスをファーでフリーのサラーが左足ダイレクトボレーで合わすが、これをうまくミートできない。

一方、守勢を凌いだブレイズは直後の12分にビッグチャンス。中盤でジョー・ゴメスからボールを奪い切ったアーチャーが数的同数のカウンターに持ち込み、ボックス左に走り込むマカティーにラストパスを通すと、マカティーは胸トラップから左足のシュートを放つ。だが、これはGKケレハーのビッグセーブに阻まれた。
その後はミスを引きずるジョー・ゴメスを筆頭にややアウェイの空気に呑まれたリバプールは、ボールを握って押し込む一方、相手の鋭いカウンターに手を焼く。18分にはアーチャーにボックス内まで運ばれるが、DFファン・ダイクが最後のところで逡巡した相手の隙を見逃さずに見事なブロックで阻む。

時間の経過とともに落ち着きを取り戻したアウェイチームは、80%を超えるボール支配率で相手を押し込みながら左サイドのディアスが再三勝負を仕掛けて多くのCKを獲得。その流れから制空権を握るコナテ、ファン・ダイクがフィニッシュに繋げていく。

以降もハーフコートゲームを展開していくと、やはりセットプレーが試合を動かす契機となる。37分、右CKの場面でアレクサンダー=アーノルドが入れた右足アウトスウィングのクロスをボックス中央でフリーになったファン・ダイクが右足ダイレクトでゴール左隅へ蹴り込んだ。

苦しみながらも頼れる主将の今季初ゴールで先手を奪ったクロップのチームは、前半のうちに追加点こそ奪えなかったものの危なげなく1点リードで前半を終えた。

後半も試合展開に大きな変化はなし。前半に比べて前からボールを奪いにきたブレイズをいなすリバプールは、前半同様にセットプレーから最初の決定機。55分、先制点と似た形からアレクサンダー=アーノルドが入れた右足アウトスウィングのクロスをサラーが強烈な右足ボレーで合わせる。だが、これはGKフォダリンガムの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。

2点目のチャンスを逸したリバプールはこの直後にアクシデント。前半から幾度となく相手のチャージを受けていたマク・アリスターがピッチに座り込んでしまい、プレー続行不可能に。57分にカーティス・ジョーンズがスクランブル投入された。

その後、連戦を考慮して67分にはサラーとディアスの両翼を下げてヌニェス、エリオットを同時投入。フレッシュなアタッカーの投入で攻撃を活性化させたいクロップのチームだが、粘るブレイズの堅守に苦戦。77分にはアレクサンダー=アーノルドからの完璧なスルーパスに抜け出したヌニェスがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、これを決め切れない。

80%近いボール支配率とは裏腹に流れの中ではほとんど決定機を作れないリバプールは、結局2点目を奪い切れないまま後半最終盤に突入。ロングスローを含めた相手のセットプレーの脅威にも晒されたが、最後の最後にトドメの一撃を決め切った。

94分、自陣右サイドでヌニェスが身体を張った守備でボールを奪い返すと、ボックス左でボールを呼び込むソボスライへクロスを通す。これを右足の絶妙なファーストタッチで収めたハンガリー代表MFが鋭い右足のシュートをゴール左に突き刺した。

新生ブレイズに苦戦を強いられながらもきっちり勝ち切ったリバプールが、リーグ連勝で首位アーセナルを2ポイント差で追走している。

PR
関連ニュース

ヌニェスの後半ラストプレー弾で劇的勝利リバプールが首位で次節シティとの大一番へ! 遠藤航は途中出場で復帰【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節、ノッティンガム・フォレストvsリバプールが2日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は60分から途中出場した。 次節にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える首位のリバプールは、17位のフォレストとのアウェイゲームでリーグ4連勝を狙った。前節、ルートン・タウンを4-1で一蹴したクロップのチームは、先週末のEFLカップ決勝でチェルシーを撃破し、今季初タイトルを獲得。さらに、過密日程が続くなかで直近のFAカップではクーマス、ダンズの18歳FWの初ゴールによってチャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の完勝。多くの離脱者をものともしない総合力を示し、好調を継続している。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦を控えるなか、この一戦ではセインツ戦から先発4人を変更。ツィミカスとクアンサー、マコーネル、クーマスに代えてコナテ、ロバートソン、マク・アリスター、ルイス・ディアスの主力が復帰。また、遠藤、ソボスライ、ヌニェスの3人がベンチに戻ってきた。 エランガを最前線に配し、後ろ重心で自陣に堅固なブロックを構えるフォレストに対して、マク・アリスターを起点にボールを動かしながらサイドを起点にチャンスを窺うリバプール。 序盤から睨み合いの展開が続くなか、15分には古巣対戦のオリジが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを放つと、23分にはエランガのスピードを活かしたカウンターでGKとの一対一を作るが、ここはケレハーの好守に阻まれる。 一方、ボールは握っているものの、相手を崩し切れないリバプールは、ディアスとマク・アリスターの即興的なコンビプレー、ミドルレンジからのシュートでチャンスを窺う。27分にはクラークのミドルシュートのこぼれにゴール前で反応したディアスに決定機も、ここは相手DFとGKの決死の寄せに阻まれる。 以降はピンチこそなかったものの、枠内シュート0本という攻撃の停滞を払拭できず。フラストレーションを溜める形で前半45分を終えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールだったが、立ち上がりに続けて決定機を創出。まずは49分、ボックス右に抜け出したブラッドリーのマイナスの折り返しがDFに当たってファーでフリーのロバートソンの足元に流れるが、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。さらに、直後の51分にはボックス右のマク・アリスターが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 後半は良いリズムでの攻撃が続くなか、60分にはロバートソンとクラークを下げて遠藤とヌニェスを同時投入。これでアンカーに入っていたジョー・ゴメスと前線に入っていたエリオットがポジションを一列下げた。 ヌニェスの推進力という新たなオプションを手にしたリバプールは、より攻撃に迫力が出てきた一方、リスクを冒して前に出ることでエランガ、途中投入のアウォニイに際どいシーンを作られる。 ゴールレスの状況のまま後半も半ばを過ぎると、クロップ監督は76分にエリオットを下げてソボスライを投入。だが、粘るフォレストの守備を前に最後のところでうまくいかない。さらに、試合終盤にはガクポ、ブラッドリーを下げてダンズ、ツィミカスの投入で攻撃に変化を加える。 8分が加えられた後半アディショナルタイムには互いに勝ち点3を奪うチャンスが訪れたものの、集中した相手の守備を崩し切れず。そして、このままゴールレスで試合終了かに思われたが、首位チームが土壇場で底力を発揮する。 後半ラストプレーとなった99分、右CKの二次攻撃から遠藤が身体を張って相手のクリアを阻むと、ボックス手前右でこぼれを回収したマク・アリスターが浮き球でゴール前に入れたボールをヌニェスが頭で左隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、復帰のヌニェスによる値千金のラストプレー弾で競り勝ったリバプールがリーグ4連勝で首位をキープし、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2024.03.03 02:12 Sun

バイエルンからも関心のDFロバートソン、リバプールは残留に「自信」

バイエルンから関心が寄せられているリバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(29)だが、クラブは残留に自信があるようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えた。 ハル・シティから2017年7月にリバプールに完全移籍で加入したロバートソン。左サイドバックとしてチームを支え、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップなど数々のタイトル獲得に貢献してきた。 今シーズンはケガで出番が限られているものの、これまで公式戦282試合に出場し9ゴール64アシストを記録。リバプールを支える1人だが、バイエルンから強い関心が寄せられているという。 バイエルンはカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスのレアル・マドリー移籍がほぼ確実視されており、来シーズンに向けては左サイドバックの補強が急務。その中で目をつけたのがロバートソンだという。 2026年夏までの契約を残しているロバートソンだが、自身を引き上げてくれたユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任。新監督は未定だが、バイエルンはそこを狙っているという。 ただ、リバプールの関係者によれば、クロップ監督退任後もロバートソンはリバプールに残るという見方が強く、引き留めに「自信」を持っているとのこと。本人の意思もあるだろうが、このままリバプールでキャリアを続けることが濃厚のようだ。 2024.03.02 23:15 Sat

FAカップ欠場の遠藤航、今週末出場は…? クロップ監督が負傷者情報を共有

リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF遠藤航の現状に言及した。 先のカラバオカップ決勝では120分の奮闘で今季1つ目のタイトルを呼び込み、評価が高まるばかりの遠藤。だが、試合後に松葉杖姿が目撃され、その3日後に行われたサウサンプトン戦とのFAカップ5回戦ではメンバーから外れた。 評価高まるばかりの遠藤が欠場したのはアジアカップ参戦による一時離脱の期間を除くと、公式戦で13試合ぶりのことに。2日に行われるプレミアリーグ第27節のノッティンガム・フォレスト戦では出場となるのだろうか。 イギリスの地元メディア『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は今週末の試合に先立った会見で、負傷者情報を共有。まずはダルウィン・ヌニェス、ドミニク・ソボスライ、モハメド・サラーについて触れた。 「ダルウィンとドム(ソボスライ)は昨日、ともにトレーニングをした。彼らはいい表情だったし、どんな反応があるかを見極める必要がある」 「モーはそんなに遠くないと思うが、明日は出られない。残念だが、モーに関してはこの状況がもう少し続く。来週のどこかで戻ってくると思うがね」 また、遠藤とアンドリュー・ロバートソンについては1日のトレーニングから復帰予定ではあるものの、状態を確認してみる必要があるという。 「ワタルとロボ(ロバートソン)は(昨日の)トレーニングをしなかったが、今日から参加する予定だ。そういう感じだが、本当にそうなるかを確認しないといけない」 2024.03.02 12:55 Sat

【プレミアリーグ第27節プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 休養十分スパーズは新生パレスと対峙

先週末に行われた第26節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、アストン・ビラとトップ4が揃って勝利。好調マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに敗れたものの、波乱の少ない一節となった。 3月最初に開催される今節は2位のマンチェスター・シティと、6位のマンチェスター・ユナイテッドが対峙する今シーズン2度目のマンチェスター・ダービーが最注目カードだ。 シティは前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるMFフォーデンのゴールで1-0の勝利。なかなか追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にMFデ・ブライネの4アシスト、FWハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々の大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 対するユナイテッドは前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにDFマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。さらに、攻勢を仕掛けて逆転を狙ったが、逆に相手のカウンターに屈してホームで厳しい敗戦。これでリーグ連勝が「4」でストップした。それでも、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にMFカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、フルアム戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。 次節にそのシティとの直接対決を控える首位のリバプールは、17位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ4連勝を狙う。前節、ルートンに4-1の快勝を収めたクロップのチームは、先週末に行われたEFLカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーとの120分の激闘を主将DFファン・ダイクのゴールによって1-0の勝利。今季4冠を目指す中で最初のタイトル獲得に成功した。 さらに、FAカップでは多くの離脱者、主力のコンディションを鑑みて控えや若手中心のスカッドで臨んだが、チャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の快勝。クーマスとダンズの18歳FWコンビが指揮官の期待に応える初ゴールを挙げ、改めてチームとしての総合力を証明した。ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)や次節シティ戦に向けて引き続きターンオーバーが求められるなか、MF遠藤航や前線の主力の復帰を期待しつつ、引き続き頼もしいアカデミーの逸材たちの躍動を期待したい。 リーグ6連勝で2強の背中にぴったりと付く3位のアーセナルは、最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのマンデーナイト開催のアウェイゲームでさらなる連勝を狙う。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の敗戦後に戦った前節のニューカッスル戦では心身ともに疲労を抱えるなかでの一戦ということもあり苦戦が見込まれたが、蓋を開けてみれば4-1のスコア以上の内容で完勝。 とりわけ前半は相手を自陣に押し込み続けて、セットプレーと鮮やかな連携で2ゴールを奪取。後半もFWサカのリーグ5試合連続ゴールなどでゴールを重ね、一瞬の隙から3試合連続クリーンシートこそ逃したが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。アウェイゲームとはいえ、休養十分で臨む最下位相手のアウェイゲームで連勝を伸ばす可能性は高そうだ。なお、アジアカップから復帰して以降、欠場が続くDF冨安健洋はMFトーマスらと共にこの試合での戦列復帰が期待されている。 優勝を争う3強を除く試合では5位のトッテナムと13位のクリスタル・パレスとのロンドン・ダービーに注目が集まる。 トッテナムは前節、今季上位相手に強さを見せるウォルバーハンプトン相手にホームで1-2の逆転負け。格下相手にシーズンダブルを許し、トップ4陥落となった。ただ、先週末のリーグ戦はチェルシーのEFLカップ決勝進出に伴い延期となり、FAカップ敗退によってミッドウィークも試合がなく休養十分でバウンスバックを図る今回の一戦に臨める。DFペドロ・ポロに加えてヒザを痛めたFWリシャルリソンが不在となるが、DFウドジェの復帰や代表戦からリフレッシュしたFWソン・フンミン、MFビスマらの状態は上がっているはずだ。さらに、FWヴェルナーら新加入組の戦術浸透によってスケールアップした戦いが期待される。 対するパレスは成績不振と体調悪化によってホジソン前監督が退任したなか、グラスナー新監督を招へい。その新指揮官の初陣となったバーンリー戦では前半の相手の退場に救われた部分はあるが、フランクフルト時代からの代名詞である[3-4-2-1]の布陣で躍動感をみせ、3-0の快勝。途中投入のMFマテウス・フランサが違いを生むなどポジティブな変化も確認された。DFグエイを引き続き欠く守備面は懸念材料も、MFエゼの復帰が見込まれる攻撃はスパーズ相手にも十分に通用するはずだ。 直近2連勝で復調気配漂う4位のアストン・ビラは、DF橋岡大樹を擁する18位のルートン相手に3連勝を目指す。前節のフォレスト戦ではMFドウグラス・ルイスの2ゴールなどで大量4ゴールを挙げて公式戦3連敗中だったビラ・パークで久々の勝利を収めた。FWワトキンスが2戦連発と状態を上げてきており、今回のアウェイゲームでも自慢の攻撃で押し切る構えだ。唯一の懸念材料は週明けにカンファレンスリーグ(ECL)のアヤックス戦を控える日程面だが、エメリ監督は前線を中心に多士済々な面々を効果的に活かすはずだ。 対するルートンは直近リーグ3連敗と調子が下降気味。引き続き攻撃は好調を継続しているものの、ビルドアップやセットプレーの緩み、自陣でのイージーミスによって失点が増えている。とりわけ、直近のFAカップではデ・ブライネ、ハーランドのコンビに蹂躙されて6失点を喫しており、守備面の改善は急務だ。そのなかでシティ戦で新天地デビューを飾って今節でのプレミアデビューも期待される橋岡には守備を締める仕事を期待したい。 11位のチェルシーは16位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前々節のシティ戦のドロー、EFLカップ決勝の敗戦で2試合未勝利のブルーズだったが、直近のFAカップではチャンピオンシップのリーズとのシーソーゲームに3-2で勝利。ミスや集中力の欠如による2失点は頂けないが、好調を維持するMFエンソ・フェルナンデス、MFギャラガーのコンビで土壇場の勝ち越しゴールを挙げて3試合ぶりの白星を挙げた。ブレントフォード戦では守備面でルーズな相手に対して、攻撃陣がきっちりチャンスで仕留め切れるかが勝敗のカギとなる。 その他ではMF三笘薫の今季絶望という辛い報せが届いた7位のブライトンと12位のフルアムが対峙する一戦、勝ち点剥奪処分が「10」から「6」に軽減されて15位に浮上したエバートンと8位のウェストハムの名門対決も要注目だ。 ◆プレミアリーグ第27節 ▽3/2(土) 《24:00》 ブレントフォード vs チェルシー エバートン vs ウェストハム フルアム vs ブライトン ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ノッティンガム・フォレスト vs リバプール トッテナム vs クリスタル・パレス 《26:30》 ルートン・タウン vs アストン・ビラ ▽3/3(日) 《22:00》 バーンリー vs ボーンマス 《24:30》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽3/4(月) 《29:00》 シェフィールド・ユナイテッド vs アーセナル 2024.03.02 12:00 Sat

クロップ時代の終わりに備えるリバプール、2022年に退任の敏腕SD復帰を熱望か

リバプールはかつてクラブでスポーツ・ディレクター(SD)を務めたマイケル・エドワーズ氏の復帰を望んでいるようだ。 エドワーズ氏は2011年にアナリティクス部門の責任者としてリバプール入り。その後はテクニカル・パフォーマンス・ディレクター、テクニカル・ディレクターへの昇格を経て、2016年11月からSDの座に就いた。 リクルート部門の中心を担うことになったエドワーズ氏は、FWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミノ、FWサディオ・マネ、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカー、MFファビーニョらの獲得を主導。ユルゲン・クロップ監督が名門復権の表の立役者なら、エドワーズ氏は陰の立役者と言うべき働きを見せた。 優れた手腕を発揮してきたエドワーズ氏だったが、2022年6月にリバプールを退任。一部メディアでは、スカッド編成についてクロップ監督と意見の食い違いがあったことも原因の一つと囁かれていた。 そんな中で、イギリス『タイムズ』のポール・ジョイス記者によると、リバプールはクロップ監督の今シーズン限りでの退任が決定したこと、ヨルグ・シュマートケSDが今冬の移籍市場終了後にチームを去ったことを受け、エドワーズ氏の再招へいを希望している模様。凄まじい影響力を誇るカリスマ指揮官が去った後のチーム構築に、エドワーズ氏の力を再び借りたいと考えているようだ。 ただし、エドワーズ氏はクラブに復帰するとしても、SDの役職には関心を示しておらず、すでに一度リバプールからのオファーを拒否しているとのこと。復帰するのであれば、フットボール運営を完全に掌握できるより重要な役職を希望すると報じられている。 3月中に体制を整えたいリバプールは、こうしたエドワーズ氏の希望も踏まえて最後の交渉を行っている最中であり、仮に復帰となればクロップ監督が去るクラブにとってまたとない人事になるだろう。 2024.02.29 18:05 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly