97分の劇的ドラマ…大きな勝ち点3手にしたアーセナルだが、失ったのはアルテタ監督

2023.12.06 21:55 Wed
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
Getty Images
アルテタ監督が97分の土壇場勝利に歓喜爆発だったが…
劇的なラストプレーでのゴールはアーセナルに勝ち点3とは別のものを与えることになってしまった。
PR
5日、プレミアリーグ第15節でアーセナルはアウェイでルートン・タウンと対戦した。
リーグ戦3連勝、公式戦5連勝中のアーセナル。昇格組のルートン相手にまさかの苦戦。先制したものの点の取り合いとなり、3-3で試合終盤を迎えた。

このまま引き分けで試合終了かと思われた中、97分にデクラン・ライスが劇的な決勝ゴール。3-4でアーセナルが勝利を収めていた。

このゴールにはピッチ上の選手たちはもちろんのこと、ベンチにいた選手たちも大喜び。アウェイの地に駆けつけたサポーターの前に集まって喜んでいた中、ミケル・アルテタ監督らスタッフも大喜びしていた。
貴重な勝ち点3を獲得したアーセナルだったが、まさかの代償が。喜びすぎたアルテタ監督は、主審からイエローカードを提示されていたが、これが累積3枚目。これにより累積警告でベンチ入り禁止となり、9日のアストン・ビラ戦ではタッチラインで指揮を執れないこととなった。

アルテタ監督は警告を受けた件について「そうだ。残念ながら自分の席に座っていることなどできなかった」と語り、「私はそこを去ることとなった。空間認識が全くできなくなっていた」と我を忘れたと明かした。

自身へのイエローカードについては「ただただ純粋な感情だった。それでイエローならば、OK。イエローなんだろう」と仕方なかったとしながらも、感情を抑えられる状況ではなかったようだ。

リーグ5連勝が懸かる一戦。指揮官不在でも今のアーセナルならばしっかりと勝利できる可能性は高そうだ。



PR
1 2
関連ニュース

アーセナル冨安健洋にシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰の可能性…指揮官が示唆

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に復帰の可能性が浮上している。 2月上旬にアジアカップから戻った冨安だが、ふくらはぎの問題で直近の公式戦4試合を欠場。その間のチームはポルトとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグこそ落としたが、プレミアリーグで着実に白星を重ねる。 そうしているうちに3月に入ったが、ミケル・アルテタ監督が4日に敵地で行われるプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦で復帰を示唆した。 イギリス『フットボール・ロンドン』によると、「オレクサンドル・ジンチェンコとトミヤスがメンバー入りする可能性は?」との質問にこう返したようだ。 「可能性はあるが、様子を見る必要がある。特に、土曜日と日曜日の最後2つのセッションではね。(問題なしが)確認できれば、彼らは月曜日に出場できるかもしれない」 この3月はポルトとのCLリターンレグや、チェルシー&マンチェスター・シティとのプレミアリーグが控え、代表としても北中米ワールドカップ(W杯)予選が…。冨安の復帰が待たれるところだ。 2024.03.01 09:35 Fri

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

水面下でアーセナルら強豪が追いかける19歳のイタリア人DFカヨデ、代理人が去就にヒント「プレミアリーグ? ああ…」

フィオレンティーナのU-21イタリア代表DFマイケル・カヨデ(19)。代理人がステップアップの可能性について語った。 カヨデはナイジェリア出身の両親を持つ19歳。今シーズンからフィオレンティーナとプロ契約を結んだ1年目だが、すでに公式戦25試合出場と右サイドバックで定位置を掴んだ若武者だ。 このカヨデ、まだ知名度こそ低いが、水面下ではイングランドなど欧州各国から関心が寄せられており、イタリア代表の技術スタッフが26日に行われたラツィオ戦をカヨデ目的で視察するなど、にわかに注目の存在となりつつあるのだ。 この一戦でセリエA初ゴールと、ユーロ2024に向けてアピール成功のカヨデだが、試合後、地元メディア「ラジオ・フィレンツェ・ヴィオラ」の取材に応じた代理人のアンドレア・リトルニ氏も、この事実を喜んでいる。 「さっきカヨデと少し話したんだ。今日のプレーに満足しているようだったよ。客観的にもそれは正しい感覚だと思う」 「ルチアーノ・スパレッティのアシスタントの前でいきなり素晴らしいパフォーマンスを披露できるなんてね。個性はもちろん、ベテランのようなメンタリティがあるみたいだ。私の口から言うのはあれだが、カヨデはスパレッティの電話を待ち焦がれているよ」 一方で、クラブキャリアの早急な前進については、やや否定的。カヨデにはアーセナルのスカウト陣がスタンバイしていることも明らかになっている。 「ヴィオラは心配する必要ないよ。カヨデはクラブに対して誠実だし、何より契約とは大前提として尊重すべきものだろう?」 「プレミアリーグ? ああ、いくつかのクラブからスカウティング対象になっているのは認めるべきだ。ただ、それもこの世界の普遍的なものであり、フットボーラー自身にとっては人生の一部。有難いことにヴィオラは良い契約をカヨデに与えてくれている。ボーナスも多いしね(笑) 今後もうまく付き合っていくはずだよ」 クライアント・カヨデのヴィオラ愛を、ユーモラスに、正直に、明かした代理人。現行契約は「2028年6月まで+延長オプション1年間」となっている。 まだ19歳、焦ってイングランドへ向かう必要はないだろう。 2024.02.28 14:25 Wed

サウジで奮闘中のネヴェス、昨夏にバルセロナやアーセナル行きが頓挫 「実現しない移籍にうんざりしていた」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェスが昨夏のアル・ヒラル移籍を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2017年夏にポルトからウォルバーハンプトンへ移籍し、チームの主軸として長年にわたってイングランドで戦ってきたネヴェス。度々ステップアップの可能性が報じられ、昨夏も国内外問わず、ビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、サウジアラビア行きの流れに乗ってアル・ヒラルへ移籍した。 新天地ではブラジル代表FWネイマールやセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、モロッコ代表GKボノ、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、ブラジル代表FWマウコム、ブラジル代表DFレナン・ロディらがチームメイトに。現在はサウジ・プロ・リーグやAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメントを戦っている。 ここまで公式戦28試合に出場し、リーグ首位のチームを支えているネヴェスは半年前の中東行きの決断について、ポルトガル『O Jogo』にコメント。バルセロナやアーセナルとの交渉が破談となったことからアル・ヒラル移籍を選んだと明かしている。 「3つのクラブが近づいていたが、結局移籍は実現しなかった。それが悲しかったし、アル・ヒラルに行く決断を後押しした」 「名前は言いたくなかったが、バルセロナは最もホットなクラブの1つだったし、それ(移籍の噂)は嘘ではなかった。もう少しで実現しそうだった。アーセナルと同様にね。それから、イングランド国外にもう1つクラブがあった」 「こうした出来事が積み重なった中、この絶好のチャンスがやってきた。僕はそれを受け入れることに何の疑問も持たなかった。実現しない移籍にうんざりしていた」 また、ネヴェスはサウジアラビアでの将来にも言及。リーグレベルの高さを語り、当分はとどまることになると見解を示している。 「アラビアでプレーしていても、ヨーロッパの同僚たちとは何の違いも感じない。フィットネスは問題ない。いつかヨーロッパに戻り、最高のレベルでプレーできるよう、しっかりと道を進んでいる」 「正直に言うと、すぐには戻れないと思っている。このままいけば、アラビアは2年以内に世界で最も重要なリーグの1つになるだろう」 「秘密はない。やってくる選手の質は非常に高い。各チームがそのレベルにある8人の外国人選手に懸ければ、ほとんどプレイステーション・リーグになるし、選手を自由に選ぶことができる。2年、もしかしたら、もう少し長くここにいるかもしれない」 2024.02.28 11:48 Wed

再離脱のチアゴは今季絶望か…クロップ監督「正直なところ、私にもわからない」

リバプールの元スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、今シーズンの残りの試合を欠場する可能性があるようだ。クラブを率いるユルゲン・クロップ監督が明かしている。 2020年のリバプール加入以降、度重なる負傷に悩まされているチアゴ。とりわけ、昨年4月末に負ったそ径部のケガは長期化し、ここまで約9カ月に渡っての離脱が続いていた。 さらに待望の復帰戦となった4日のアーセナル戦で、再び筋肉系を負傷すると、以降の公式戦4試合を欠場していた。 28日に行われるFAカップ5回戦のサウサンプトン戦に向けた前日会見に臨んだクロップ監督は、チアゴの状態や離脱期間について問われると以下のようにコメントした。 「復帰の時期は未定だ。正直なところ、私にもわからないんだ。メディカルの面で今やらなければならないことがいくつかあって、それで(今シーズン)またプレーできるかどうかはわからない」 「それは決して短期的な話ではないからね、だから私はこの件にはノータッチなんだ。彼が2週間以内にトレーニングに参加できるとか、そういことは考えられないから、私は100%この件には関与していないんだ。だから、これ以上何も言えないんだ」 2024.02.28 07:35 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly