女子W杯王者スペインやドイツがベスト4入り!スウェーデンはまさかの昇降格PO行き【UEFA女子NL】

2023.12.06 19:58 Wed
女子ネーションズリーグでベスト4入りを決めたスペイン女子代表
Getty Images
女子ネーションズリーグでベスト4入りを決めたスペイン女子代表
UEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)グループステージの最終節が5日に行われ、ノックアウトステージへ進出する4カ国が決定した。記念すべき第1回目を迎えたUWNL。今季はパリ・オリンピックの欧州予選も兼ねており、五輪の開催国であるフランスを除いた上位2カ国に本戦出場権が与えられる。
リーグA1ではオランダ女子代表が得失点差でイングランド女子代表を上回り、ベスト4へ進出。後半アディショナルタイムのゴールが命運を分けた。

リーグA2では第5節の段階でフランスの首位が決定済み。一方、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にも出場したポルトガル女子代表は最終節でそのフランスに敗れ、リーグBへの降格が決定した。

リーグA3からはドイツ女子代表がノックアウトステージへ進出した。最終節、ドイツはウェールズ女子代表とゴールレスドローに終わったものの、ドイツと勝ち点「12」で並んでいたデンマーク女子代表はアイスランド女子代表に0-1で敗戦。辛くもベスト4入りを果たしている。
リーグA4はW杯女王のスペインが6連勝で首位通過した一方、W杯3位のスウェーデン女子代表が最終節でそのスペインに3-5と逆転負け。3位へ後退し、オリンピック出場を逃すと同時に、リーグBとのプレーオフへ回ることとなった。

ノックアウトステージや昇格・降格プレーオフの対戦組合せは11日に行われる。準決勝2試合とプレーオフの第1戦は2024年2月21日に、決勝や3位決定戦、プレーオフの第2戦は同2月28日に行われる。

◆ノックアウトステージ進出4カ国
オランダ、フランス、ドイツ、スペイン

◆リーグA/Bプレーオフ出場国
ベルギー、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン(リーグA・3位)
ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、セルビア(リーグB・2位)

◆リーグB/Cプレーオフ出場国
北アイルランド、スロバキア、ウクライナ(リーグB・3位上位3カ国)
ブルガリア、ラトビア、モンテネグロ(リーグC・2位上位3カ国)

1 2
関連ニュース

女子W杯王者・スペインがオランダを下し、初のオリンピック出場権獲得!決勝は初タイトル目指すフランスと激突【UWNL】

今回が記念すべき第1回大会となるUEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)は、パリ・オリンピックの欧州予選も兼ねており、五輪開催国のフランスを除いた上位2カ国に出場権が与えられる。 23日には準決勝の2試合が各地で行われ、スペインとフランスがそれぞれ決勝進出を決めた。 ◆スペインvsオランダ 2023年オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の優勝チーム、スペイン女子代表は、2017年の欧州選手権(ユーロ)覇者・オランダ女子代表と、セビージャで対戦。3-0で勝利を収めた。 前半は互いに好機を作り、オランダはバルセロナでプレーするエスメ・ブルフツが右クロスから7分に、その直後にはスペインもバルセロナのサルマ・パラジュエロが立て続けにビッグチャンスを迎えたが、いずれもシュートは枠を外れた。 17分のオランダは、ヒザの前十字じん帯断裂から復帰後初の先発返り咲きとなったフィフィアネ・ミーデマのスルーパスからリネト・ベーレンスタインが右ポケットで右足を振るが、GKカタ・コルのセーブに遭う。 それでも試合を動かしたのは、総じてボールを支配していたスペインだった。41分、ペナルティアーク左でオナ・バトジェの横パス受けた10番、ジェニファー・エルモソが、1人、2人と相手をかわし、最後はダブルタッチからDF2枚の間を抜く左足のフィニッシュ。先制ゴールを右隅へと沈めた。 さらに前半終了間際の45分、マリオナ・カルデンティのクロスがニアのパラジュエロを抜けると、ゴール前へ飛び込んできたアイタナ・ボンマティが右足インサイドのボレーで合わせ、スペインが追加点を奪う。 73分には、2022年U-17女子W杯の最優秀選手である17歳MFヴィッキー・ロペスを、大一番でA代表デビューさせたスペイン。その4分後には、ゴール前での混戦からバトジェが押し込んでリードを広げると、無失点のままタイムアップを迎え、決勝進出とともに、初のオリンピック出場権を獲得した。 ◆フランスvsドイツ デシーヌでドイツ女子代表を迎え撃ったフランス女子代表は、2-1の逃げ切り勝ちで難敵を退けた。 エルヴェ・ルナール監督率いるフランスが、ホームの大声援を受けて序盤から攻勢を掛けたのに対し、ドイツは15分にCKからニアへ入ったアレクサンドラ・ポップが頭で狙う。 均衡を破ったのは、ハイプレスとサイド攻撃を軸に押し続けたフランスだった。40分、敵陣左サイドで獲得したFKをセルマ・バシャが放り込んで跳ね返されると、クリアボールに反応したカディディアトゥ・ディアニが強烈な右足のダイレクトボレーを叩き込み、ネットを揺らした。 なおも攻め込むフランスは前半のアディショナルタイム、ウジェニー・ル・ソマーがドイツの最終ラインからボールを奪ってショートカウンターに転じると、グレース・ゲヨロがボックス内で倒されてPKを獲得。これをサキナ・キャシャウィが沈め、点差を広げて前半を折り返した。 逆転で五輪へ切符を手にしたいドイツは、セットプレーを含めて反撃の姿勢を強め、72分にはポップの左足がクロスバーを直撃。足が重くなったフランスを押し込むと、VARチェックとオン・フィールド・レビューの結果、右CKに対応したアマンディーヌ・アンリのハンドが認められ、PKを獲得する。これをジュリア・グウィンが豪快に蹴り込み、82分に1点を返す。 それでも、フランスは残り時間を耐え切り、これ以上の追撃を許さずタイムアップ。女子W杯、ユーロと、主要国際大会ではベスト4の壁に阻まれ続けてきたレ・ブルーが、初のタイトル獲得に王手をかけた。 また、フランスが決勝に進出したため、パリ・オリンピックのもう1枠は、オランダvsドイツの3位決定戦の結果に委ねられることとなった。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】W杯王者スペインがオランダに3発快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MGMACYCykPA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 14:50 Sat

スペイン代表、デ・ラ・フエンテ監督との契約を2026年まで延長! 昨年UNL初制覇に導く

スペインサッカー連盟(RFEF)は22日、スペイン代表を率いるルイス・デ・ラ・フエンテ監督(62)との契約を2026年まで延長したことを発表した。これにより、同監督は2026年北中米ワールドカップ(W杯)までチームを率いることになる。 カタールW杯後にルイス・エンリケ氏の後任としてラ・ロハの新指揮官に就任したデ・ラ・フエンテ監督。就任以降はここまで9勝1敗の戦績を残し、昨年6月に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズではクロアチアを撃破し、同国に初優勝をもたらした。 RFEFは今回のタイミングでの契約延長に関して、ユーロ2024本大会に向けて代表チームに安定をもたらす意味合いがあると説明している。 現役時代にはアスレティック・ビルバオ、セビージャ、アラベスでプレー。引退後はビルバオ・アスレティック(Bチーム)で監督キャリアをスタート。その後、アラベスでも監督を務めると、2013年にU-19スペイン代表の監督に就任。U-18スペイン代表も含め、2018年まで指揮すると、2018年からはU-21スペイン代表を務めた。 2015年にはU-19スペイン代表を率いてU-19欧州選手権を制すると、2019年にはU-21スペイン代表を率いてU-21欧州選手権で優勝。2021年夏には東京オリンピックにも出場したチームを率い、銀メダル獲得に導いた。 2024.02.22 22:29 Thu

ローマで活躍のハイセンがスペイン代表でのプレーを決断…3月にU-21スペイン代表初招集か

ローマで注目を集めるDFディーン・ハイセン(18)が、スペイン代表でのプレーを決断したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ハイセンは元アヤックスのドン・ハイセン氏を父に持つ195cmのセンターバック。両利きと称されるほど両足を遜色なく扱え、フィジカルとスピードも申し分なし。クラブ関係者が口を揃えて「我々の未来」と絶賛する逸材。 今冬にユベントスからのレンタル移籍で加入したローマではここまで公式戦8試合に出場し、2ゴールを記録。直近のフロジノーネ戦ではハーフウェイライン付近から相手ボックス手前まで持ち込んでの圧巻のミドルシュートでゴールを挙げ、大きな話題を集めていた。 すでに移籍市場で国内外の注目を集める逸材だが、代表レベルにおいてもスポットライトが当たっている。 『マルカ』によると、オランダ生まれでU-17からU-19までオランダ代表でプレーしているハイセンだが、このたびスペイン代表でのプレーを決断したという。 5歳のときにアンダルシアのマルベーリャに移住し、2021年までマラガのカンテラに在籍していたハイセンはオランダとスペインの二重国籍を有している。 そして、オランダではなくスペインでのプレーを選択した同選手は、ラ・ロハでプレーするために必要なすべての書類手続きの完了に近づいているという。 手続きが順調に進んだ場合は、3月末のインターナショナルマッチウィークでサンティ・デニア監督率いるU-21スペイン代表に初招集される見込みだ。 2024.02.20 23:25 Tue

選手へのキス問題で職務停止中の元スペインサッカー協会会長、FIFAは3年間の処分への控訴を棄却

国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は26日、スペインサッカー連盟(RFEF)の元会長であるルイス・ルビアレス氏が控訴した3年間の出場停止処分に関して棄却した。 2023年8月に行われたオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)でスペイン女子代表が見事に初優勝。しかし、その表彰式でルビアレス氏はジェニファー・エルモソの唇にキスをし、性的虐待行為であると非難を浴びていた。 ルビアレス氏は合意があったと主張し続け、世界中から寄せられる批判に対抗。しかし、FIFAも懲戒処分を下すことを決めると最終的には辞任。その後、3年間の職務停止処分を受けていた。 キスの被害者であるエルモソは、性的暴行にあたるとして正式にルビアレス氏を訴えることに。裁判もスタート。「合意などなく、強要していた」との見解が示されている。 なお、ルビアレス氏はスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴することは可能。FIFAは今回の決定に「すべての人々の誠実さを尊重し保護し、まともな行動の基本ルールが確実に尊重されるようにするという絶対的な決意を改めて表明する」とした。 2024.01.27 10:20 Sat

今年3月に2013年以来のスペイン代表vsブラジル代表! 反人種差別活動を呼びかけへ

今年3月にスペイン代表とブラジル代表が対戦する。 スペインサッカー連盟(RFEF)は15日、現地時間3月26日の21時キックオフで国際親善試合としてブラジル代表との対戦が決まったと発表。会場はレアル・マドリードの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウだ。 両国間では昨年5月にレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがスペインで改めて人種差別被害を受けて問題に。翌月には反人種差別活動の一環として両国の試合開催で合意していた。 RFEFによると、両国の対戦は10度目。過去9試合ではスペインの2勝2分け5敗で、対戦はブラジルが3-0で勝利した2013年のコンフェデレーションズカップ以来となる。 2024.01.16 11:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly