「かっこよすぎてびっくり」名古屋FWユンカーが日本の秋を楽しむオフショットが話題、場外では浦和と名古屋のファンが勧誘合戦

2023.12.01 22:55 Fri
今季は名古屋でゴール量産のユンカー
©超ワールドサッカー
今季は名古屋でゴール量産のユンカー
名古屋グランパスでプレーするFWキャスパー・ユンカーが日本の秋を楽しんでいるようだ。今シーズンは浦和レッズから期限付き移籍で名古屋に加入したユンカー。チームの得点源として活躍し、リーグ3位タイの15ゴールを記録している。
充実したシーズンを過ごしているユンカー。最終節を残す中、自身のインスタグラムを更新。「日本の秋は素敵ですね」とオフショットを投稿した。

ユンカーは紅葉をバックにしたオフショットや神戸牛、新幹線からの風景などを投稿。オフショットに多くの反響が寄せられた。

「素晴らしい」、「ユンカーも素敵」、「かっこよすぎてびっくり」、「美しい姿だ」とコメント。また、浦和のファンは「浦和に戻ってきて」、「浦和に必要だ」、「帰ってくるって信じてる」とコメントすれば、「名古屋は良いところだよ」、「来季は名古屋で優勝」、「一緒に優勝しよう」と名古屋ファンは引き止めに走っている。
あくまでも保有権は浦和。今季指揮したマチェイ・スコルジャ監督の退任が決定。体制が変わる中、ユンカーは来シーズンどこのユニフォームを着ているだろうか。

1 2
関連ニュース

ポポヴィッチ鹿島が守備陣顔ぶれ変わる名古屋を3発粉砕!J1通算100試合の仲間隼斗が2ゴール【明治安田J1開幕節】

23日、明治安田J1開幕節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、アウェイの鹿島が3-0で勝利を収めた。 長谷川健太監督体制3年目を迎える名古屋は、オフに藤井陽也の海外挑戦や丸山祐市の移籍と、センターバックが複数入れ替わった。その中で今節は井上詩音ら新加入選手4人が先発し、[3-5-2]でスタートし、昨季チームトップの16得点を挙げたキャスパー・ユンカーと、今季加入ながらもJリーグを知り尽くしているパトリックが2トップを組んだ。 対して、ランコ・ポポヴィッチ新監督の下でタイトル奪還を目指す鹿島アントラーズは、大卒ルーキー・濃野公人を右サイドバックでスタメンに抜擢。総入れ替わりとなった外国籍選手ではチャヴリッチが1トップを務め、J初挑戦を迎えた。 序盤は名古屋がボールを保持する時間が続き、持ち味の速攻でも7分に森島司のアーリークロスからユンカーが収めて右足ボレーと、ホームを沸かす。 だが、試合を動かしたのは、徐々に押し返し始めた鹿島。19分、右CKがクリアされてペナルティエリアライン上に浮き上がると、植田直通の落としに合わせて、一歩下がった位置から走り込んだ仲間隼斗がフリーに。右足で流し込み、J1通算100試合目という節目を自らのゴールで祝った。 22分の鹿島は再びセットプレーから好機を迎える。左サイドでのFKからサインプレーを駆使し、今季からボランチへコンバートされた知念慶がミドル。一方、先手を取られた名古屋も28分、久保藤次郎の仕掛けから右CKを獲得すると、山中亮輔の内巻きクロスが直接ゴールに吸い込まれる。ただ、GK早川友基に対するパトリックのファウルを取られ、ゴールは認めらなかった。 互いに外中心のボール回しが増えるなかで、ハーフタイムに鹿島は土居聖真に代えて藤井智也を投入。樋口雄太をトップ下に据えた。 その鹿島が後半早々に再びスコアを動かす。47分、右からのクロスが流れ、ルーズボール争いで仲間が久保から奪い切って安西幸輝へつなぐと、インスイングのクロスにチャヴリッチが頭で合わせてネットを揺らした。 点差を広げられた名古屋は60分の2枚替えで打開を試みるが、ゴールを奪ったのはまたも鹿島。62分、右サイド自陣深い位置のスローインを起点に前進し、ハーフウェーラインを越えた位置からチャヴリッチが長い距離をドリブルで運び、 三國ケネディエブスとのコンタクトを物ともせずに、右ポケットからファーへ柔らかく折り返す。これを仲間が頭で押し込み、リードを広げた。 名古屋はクロスこそ上がるものの、悪く言えば一辺倒。選手交代でキャラクターを変え、どうにか1点をもぎ取ろうとするが、鹿島の両センターバックも空中戦では強さを発揮。最後までゴールを割られず、クリーンシートでゲームを締め括った。 名古屋グランパス 0-3 鹿島アントラーズ 【鹿島】 仲間隼斗(前19) チャヴリッチ(後2) 仲間隼斗(後17) <span class="paragraph-title">【動画】植田直通の落としにうまく反応した仲間隼斗が先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>J1通算100試合出場を自ら祝う<br>\<br><br>仲間隼斗のゴールで鹿島が先制<br>植田直通が競り勝つのを信じ、ただ1人背後へラン<br><br>明治安田J1第1節<br><PICK UP MATCH>名古屋×鹿島<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://t.co/pqbTMooJA3">pic.twitter.com/pqbTMooJA3</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1760960018604503045?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.23 19:56 Fri

【J1注目プレビュー|第1節:名古屋vs鹿島】新たなスタートを切る両者、スタイルを出して開幕白星を掴むのは!?

【明治安田J1リーグ第1節】 2024年2月23日(金・祝) 18:00キックオフ 名古屋グランパス(昨季6位) vs 鹿島アントラーズ(昨季5位) [豊田スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆スタイルは継続、顔ぶれはフレッシュに【名古屋グランパス】</span> 2023シーズンは優勝を争っていた前半戦とは打って変わって、夏場以降は大失速。6位という結果だったが、悔しさしか残らないシーズンとなってしまった。 長谷川健太監督の下、3年目を迎えたが、今オフは選手が大幅入れ替え。特に最終ラインは主軸3人が退団するなど、一新された。 一方で新戦力も多く獲得し、戦力としては整えながらも、完成度としてはまだまだ高くはないはず。チームとしてアグレッシブにゴールへと向かっていくスタイルの中で、ピッチ上での連係・連動は重要となる。 スタイルは継続する中で、選手が入れ替わった名古屋。すぐに結果を残せるのか、それとも序盤は苦しむのか。昨季苦しんだ後半戦の戦いを糧に、開幕戦勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:ランゲラック DF:野上結貴、井上詩音、三國ケネディエブス MF:椎橋慧也 MF:中山克広、稲垣祥、森島司、山中亮輔 FW:キャスパー・ユンカー、和泉竜司 監督:長谷川健太 <span class="paragraph-subtitle">◆“常勝軍団”の復権なるか【鹿島アントラーズ】</span> タイトルから遠ざかり続けている鹿島アントラーズ。“常勝軍団”の名に相応しい戦いをなかなか取り戻せずにもがき苦しんでいる。 岩政大樹監督がチームを離れ、新たに指揮を執るのはランコ・ポポヴィッチ監督。Jリーグでの指揮経験がある中で、史上2人目のヨーロッパ人指揮官との戦いとなる。 チームとしては外国籍選手を一新。その他の積み上げはないと言える中、プレシーズンはケガ人も続出したが、開幕の段階では柴崎岳以外は復帰できる様子。大きな問題は抱えずに済んでいる。 アグレッシブにゴールを目指すというスタイルに大きな変更はないが、昨シーズンはゴールという結果に繋がりにくく、攻撃にアクセルを踏み込むタイミングもなかなか掴めずにいた。新指揮官の下で、その辺りがどこまで改善されたのかは注目ポイントと言える。 主体的に試合を進めていくことが求められる今シーズンの鹿島。久々のタイトルへ、まずは良いスタートを切りたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:早川友基 DF:濃野公人、植田直通、関川郁万、安西幸輝 MF:知念慶、佐野海舟 MF:樋口雄太、土居聖真、仲間隼斗 FW:チャヴリッチ 監督:ランコ・ポポヴィッチ <span class="paragraph-title">【動画】新シーズン開幕! Jリーグ公式の煽り映像が話題!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 11:30 Fri

「初めての経験を楽しんでいます」名古屋のフレッシュ新戦力・山岸祐也「ベストイレブンもMVPも狙う」

19日、Jリーグが23日の2024シーズン開幕を控えて都内でPRイベントを開き、各クラブの選手が意気込みを語った。 名古屋グランパスはJ1リーグ第1節(23日)で鹿島アントラーズと本拠地・豊田スタジアムにて対戦。今回チームを代表して登壇したのは、アビスパ福岡から完全移籍で加入したFW山岸祐也(30)だ。 福岡で2年連続J1リーグ10得点の山岸は「自分のいい部分を発揮したいです。去年Jリーグアウォーズの優秀選手に選んでいただいて…それでも満足せずにやっていきたいですし、ベストイレブンやMVPだって狙うべき。もっともっと出来る可能性を自分自身に感じているからこそ、本当に開幕が楽しみですね」と名古屋での活躍を意気込んだ。 一方で、春季キャンプ中には右ヒザを負傷。 「プロ入りしてから大きなケガがなく、キャンプでケガしてしまうのも今回が初めての経験なんですね。だから、ケガからスタートした1年がどんな1年になるのか…自分でもわかりません」 「けど、なんならむしろケガ始まりのほうがいいんじゃない?って思えるシーズンになるかもしれない。本当に自分次第だと思いますし、逆に初めての経験を楽しんでいる部分も強いです」 山岸は2016年のプロ入りからザスパクサツ群馬、FC岐阜、モンテディオ山形、福岡と渡り歩き、J1有数のフォワードとなった30歳にしてJ1制覇経験を持つ名古屋へ。 油が乗ったフットボーラー30歳、いや、ケガさえ新鮮に捉えて前を向く山岸は、まだまだこれからが全盛期のストライカーだ。名古屋のリーグタイトル奪還に期待したい。 2024.02.19 19:55 Mon

欧州移籍前に5つの主要タイトルを獲得…柴崎岳が語る“鹿島の一員であること”「勝利の追求は練習のワンプレーから」

19日、Jリーグが23日の2024シーズン開幕を控えて都内でPRイベントを開き、各クラブの選手が意気込みを語った。 鹿島アントラーズはJ1リーグ第1節(23日)で名古屋グランパスと敵地・豊田スタジアムにて対戦。今回チームを代表して登壇したのは、日本代表として2度のワールドカップ(W杯)を経験したベテランMF柴崎岳(31)だ。 Jリーグ30年史で最多の国内主要タイトル獲得を誇る鹿島だが、2018年にAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制して以降、栄冠から遠ざかる。欧州移籍前に鹿島で5つの主要タイトル(※1)を獲得し、昨季途中に帰ってきた柴崎は、「鹿島の一員である難しさ」を理解する。 (※1)J1リーグ(2016)、YBCルヴァンカップ(2011・2012・2015)、天皇杯(2016) 「中(鹿島)にいれば常にプレッシャーがあります。だからこそ、全員が『何かを変えよう』と手を替え品を替え、少しでも良い方向へことを運びたいと試行錯誤してきたと思います」 「それでも結果がついてこないと『ダメだった』と言われるわけですが、結局変化を起こせるのも中にいる人間だけですので、チャレンジし続けないと、何かを掴むことはできません。手を止めたら可能性が消えてしまいます」 「タイトル獲得への挑戦を義務付けられている鹿島だからこそ、他のどこよりも日常を大切にしたい。勝利の追求は、練習でのワンプレーから始まります。そうすれば自ずと掴めるものがあると信じています」 青森山田高校時代から名を馳せた柴崎も、気づけば今年で32歳に。チームメイトに意識を傾ける機会も増えたようだ。 「全選手が良いパフォーマンスを見せないと、良いシーズンは送れないと思います。11人だけではダメだし、17〜18人だけでももちろんダメ。僕からも皆に声がけしていきたいし、話をしたいなと。チーム全体のパフォーマンスに直結する要素だと思っています」 「自分が培ってきた経験値を出したいですね。決して一方通行になってはいけませんが、対話し、改善し、チームが良い方向へ向かうよう努めていきます」 いざ、2016シーズン以来8年ぶりのJ1制覇へ、柴崎がけん引する鹿島の2024シーズンが幕を開ける。 2024.02.19 18:55 Mon

「スーパーモデルやん」「イケメン過ぎて5度見」ユンカーのモデル姿が話題!デンマークの腕時計ブランドアンバサダーに就任「モデルも時計もかっこいい」

名古屋グランパスのFWキャスパー・ユンカーのモデル姿が話題だ。 2021年に浦和レッズに加入しJリーグへとやってきたユンカーは、2023シーズンは名古屋に期限付き移籍で加入。新天地でもゴールを量産し明治安田生命J1リーグ33試合で16ゴールを記録すると、名古屋への完全移籍が決定。2024シーズンも名古屋でプレーを続ける。 そのユンカーは11日、自身のSNSを更新。母国デンマークの腕時計ブランド『VEJRHØJ (ヴェアホイ)』のアンバサダーに就任したことを報告した。 「デンマークの品質とデザインは、私が高く評価しているものです!だから、デンマークのブランド、@vejrhoj_japan (ヴェアホイ)から日本での最新キャンペーンのアンバサダーに就任してほしいと聞かれたとき、決断するのは簡単だった。このキャンペーンは、私の好きなものを2つ組み合わせたものです」 ユンカーは、ミニマルデザインが特徴的なヴェアホイの腕時計を着用した自身のモデル姿も公開。ファンからは「モデルも時計もかっこいい」、「スーパーモデルやん」、「イケメン過ぎて5度見した」と称賛のコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】「スーパーモデルやん」「イケメン過ぎて5度見」ユンカーのモデル姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C3NDFPcPEnQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C3NDFPcPEnQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C3NDFPcPEnQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kasper Junker(@kasperjunker21)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.13 12:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly