【プレミアリーグ第14節プレビュー】シティvsスパーズ筆頭に強豪対決目白押しの一節

2023.12.02 12:00 Sat
チェルシーvs三笘ブライトンなど今節は注目カード満載
Getty Images
チェルシーvs三笘ブライトンなど今節は注目カード満載
先週末に行われた第13節は首位攻防となったマンチェスター・シティvsリバプールがドローに終わり、代わって勝利を収めたアーセナルが首位に浮上。また、トッテナムとの上位対決を制したアストン・ビラが4位に順位を上げている。
PR
2023年最終月となる12月最初の一節はマンチェスター・シティvsトッテナムを筆頭に、ニューカッスルvsマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーvsブライトンと3つの強豪対決が開催される。
チェルシー、リバプールとの連戦をいずれもドローで終えて2戦未勝利のシティ。リバプール戦ではFWハーランドの先制点を含めて試合を通して主導権を握ったものの、後半終盤に一瞬の隙を突かれてDFアレクサンダー=アーノルドにゴールを決められて逃げ切り失敗。要塞エティハド・スタジアムでの公式戦連勝記録が「23」でストップ。

それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒにホームで2点ビハインドを背負うも、後半にハーランド、MFフォーデン、FWアルバレスと続けて3点を叩き込んで劇的3-2の逆転勝利。グループステージ5連勝での首位通過を確定させ、直近2試合の微妙な流れを払拭した。そして、今節は手負いのスパーズ相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙う。

対するトッテナムは前節、ホームでアストン・ビラと対戦。今季初出場となったMFロ・チェルソの今季初ゴールによって先制点を奪い、以降も相手のハイラインを攻略して再三の決定機を創出。だが、2点目を奪い切れずにいると、サイドバック4人を並べた急造守備陣がセットプレー、相手エースFWワトキンスに続けてゴールネットを揺らされて1-2の敗戦。3試合連続逆転負けでの3連敗に。
さらに、同試合ではDFキャッシュの悪質なタックルを受けたMFベンタンクールが右足首のじん帯を断裂。2カ月以上の戦線離脱が見込まれており、泣きっ面に蜂という状況だ。サスペンション明けのMFビスマに加え、負傷明けのMFサールに復帰の可能性はあるものの、シティの超強力攻撃陣を相手に苦戦必至だ。

7位のニューカッスルは前節、チェルシーとの強豪対決に臨み4-1の完勝。公式戦連敗ストップに成功。さらに、直近のCLのパリ・サンジェルマン(PSG)戦ではFWイサクの公式戦2試合連続ゴールで先制に成功し、敵地で1-0の勝利かに思われたが、誤審によって献上した土壇場のPKを決められて無念のドローに終わった。それでも、チーム全体のパフォーマンスは明らかに改善されており、先日のEFLカップで3-0の快勝を収めたユナイテッド相手にチェルシー戦同様の相手を圧倒する戦いが期待されるところだ。

対する6位のユナイテッドは前節、エバートン相手にFWガルナチョ、FWラッシュフォード、FWマルシャルと悩めるアタッカー陣揃い踏みで3-0の完勝。今季初となるリーグ3連勝を達成した。しかし、今季リーグ戦以上に苦戦が続くCLでは敵地での勝利必須だったガラタサライ戦を3-3のドローで終え、最下位脱出とはならず。ガルナチョの2試合連続ゴールやMFブルーノ・フェルナンデスの鮮烈なミドルシュートなどで2度に渡って2点リードを得たが、GKオナナの拙守や途中投入のアタッカー陣の決定力不足が響いて逃げ切りに失敗した。その痛恨ドローに加え、EFLカップでのリベンジを期す今回の一戦では好調ガルナチョや新星メイヌーといった若手の輝きに期待したい。

10位のチェルシーは強豪5連戦の3戦目となった前節のニューカッスル戦で1-4の惨敗。DFチアゴ・シウバの痛恨ミス、キャプテンのDFリース・ジェームズの軽率な退場が響きダメージが残る敗戦となった。その敗戦からのリバウンドメンタリティ試されるホームゲームでは手負いのシーガルズ相手に結果、内容共にこだわりたい。好調のFWスターリングに加え、この試合では新戦力エンクンクにもベンチ入りの可能性が伝えられており、脆弱な守備をカバーする攻撃陣の躍動を期待したい。

一方、前節のノッティンガム・フォレスト戦を3-2で競り勝ってリーグ7試合ぶりの白星を収めた8位のブライトン。だが、同試合ではDFランプティ、FWアンス・ファティの2選手がいずれも長期離脱の重傷を負ってしまった。ただ、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではMF三笘薫やMFミルナーらが戦列に復帰したなか、FWジョアン・ペドロのPK弾でAEKアテネをアウェイで1-0と破り、最終節を前に2位以内を確定。日程面や選手層でのディスアドバンテージは否めないが、公式戦連勝の勢いを持って敵地へ乗り込む。なお、インターナショナルブレーク明けで初の実戦となった三笘は試運転といった印象のパフォーマンスで、このチェルシー戦ではさらなるギアアップが求められるところだ。

リーグ連勝で首位に浮上したアーセナルは、12位のウォルバーハンプトン相手のホームゲームで3連勝での首位固めを狙う。前節のブレントフォード戦では相手の堅守に手を焼いたが、後半終了間際に途中出場のMFハヴァーツが決めた値千金のゴールによって1-0の勝利を収めた。さらに、ミッドウィークのCLでは前回対戦で敗れたRCランス相手にDF冨安健洋の見事な2アシストに6人の異なるスコアラーが生まれた6-0の圧勝で、最終節を残しての首位通過を確定させた。これで公式戦4連勝となった絶好調のアルテタのチームだが、今節は今季上位陣相手の健闘が光る曲者ウルブスが相手だ。ランス戦の余裕な展開で一部主力のプレータイムをコントロールできたが、インテンシティの高いアウェイチームに対して気を引き締めて戦いたい。

そのアーセナルを勝ち点2差で追う3位のリバプールは、ホームで14位のフルアムと対戦。前述のシティ戦では難所から勝ち点1を持ち帰れた点はプラスも、同試合では守護神アリソンとFWジョタの主力2人が負傷離脱。直近ELのLASK戦は相手のレベルもあって4-0と問題なく勝ち切ってグループステージ首位通過を確定させたが、プレミアリーグの戦いに向けては守護神不在の影響はやや懸念材料だ。そのため、代役を担うケレハーのパフォーマンスに注目しつつ、攻撃陣がよりラクな試合展開に持っていきたい。なお、LASK戦でフル出場のMF遠藤航は良いアピールを見せたものの、この試合ではベンチスタートが決定的だ。

その他では直近公式戦4連勝中と絶好調のアストン・ビラが16位のボーンマスのホームに乗り込む一戦、浮上のきっかけを探る最下位のバーンリーと18位のシェフィールド・ユナイテッドによる下位対決にも注目したい。

◆プレミアリーグ第14節
▽12/2(土)
《24:00》
アーセナル vs ウォルバーハンプトン
ブレントフォード vs ルートン・タウン
バーンリー vs シェフィールド・ユナイテッド
《26:30》
ノッティンガム・フォレスト vs エバートン
《29:00》
ニューカッスル vs マンチェスター・ユナイテッド

▽12/3(日)
《23:00》
ボーンマス vs アストン・ビラ
チェルシー vs ブライトン
リバプール vs フルアム
ウェストハム vs クリスタル・パレス
《25:30》
マンチェスター・シティ vs トッテナム

PR
関連ニュース

テン・ハグ監督がフルアム戦で交代したカゼミロの状態について言及「頭と頭がぶつかったのは間違いない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督は、フルアム戦で交代したMFカゼミロについて言及した。 カゼミロは24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦に先発出場したが、後半立ち上がりにMFハリソン・リードとの競り合いで頭部を負傷したカゼミロがプレー続行不可能となり、53分にマクトミネイと交代していた。 試合後の会見でテン・ハグ監督は、交代したカゼミロの状態について以下のようにコメントした。 「脳震盪かどうかはわからないが、頭と頭がぶつかったのは間違いない」 「正確なことは分かっていないが、彼は退場せざるを得なかった。だから、ドクターやメディカルチームと話をして、彼の状態を確かめなければならない」 「彼は試合を続けることができなかった。それは誰が見ても明らかで、我々は彼を交代させなければならなかった。明日までに良くなっていることを祈るよ」 ユナイテッドは今後、28日にFAカップ5回戦でノッティンガム・フォレスト戦、3月3日にはプレミアリーグ第27節でマンチェスター・シティとのダービーが控えており、カゼミロが離脱となれば大きな痛手となりそうだ。 2024.02.25 08:15 Sun

ホイルンドら不在の低調ユナイテッドの連勝ストップ…フルアムがナイジェリア代表コンビ活躍で鬼門攻略【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、マンチェスター・ユナイテッドvsフルアムが24日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのフルアムが1-2で勝利した。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙った。前節のルートン戦をホイルンドのリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍によって2-1で競り勝った赤い悪魔。 ただ、今回のホームゲームに向けては長期離脱が決定したショーに加え、絶好調のホイルンドの負傷離脱という厳しい報せが届いた。テン・ハグ監督はこのフルアム戦でショーとホイルンドの代役にリンデロフとトップチーム初先発のフォーソンを起用。1トップにラッシュフォードを据えた。 ホームながら全体的に重さが目立つユナイテッドに対して、アウェイのフルアムが優勢に試合を進めていく。開始4分にアンドレアス・ペレイラが最初の枠内シュートを放つと、以降も相手陣内でのプレーを続ける。 18分には中央突破からペナルティアーク付近まで持ち込んだイウォビに決定機が訪れるが、シュートは枠の左に外れる。さらに、21分には右CKの場面でムニスのヘディングシュートをGKオナナが前にはじいたところにルキッチが詰めるが、押し込むことができない。 一方、幾度かカウンターからチャンスの糸口を見いだそうとするものの、流れの中では決定機に持ち込めないユナイテッド。26分にはセットプレーから相手のクリアミスも重なって混戦を作ると、ガルナチョ、マグワイアとボックス内で続けてシュートを放つが、相手DFの見事なゴールカバーなどに阻まれる。 前半半ばを過ぎると、オープンな展開のなかで両者に続けて決定機が生まれる。30分過ぎにはダロトとムニスがいずれもポストを掠める決定的なシュートを打ち合うと、39分にはアンドレアス・ペレイラ、41分にガルナチョといずれもボックス手前でのカットインからの右足のコントロールシュートでゴールに迫ったが、ここは両守護神のビッグセーブに阻まれた。 フルアムやや優勢もユナイテッドも盛り返し、ほぼイーブンの形で折り返した試合。後半は再びアウェイチームが良い入りを見せると、ユナイテッドにアクシデントが発生。空中戦の競り合いで頭部を負傷したカゼミロのプレー続行が不可能となり、53分にマクトミネイを投入。さらに、フォーソンを同じタイミングで下げてエリクセンを投入し、ブルーノ・フェルナンデスを右ウイング、マクトミネイをトップ下に置いた。 この交代で流れを好転させたいユナイテッドだったが、以降もフルアムぺースは変わらず。そして、65分にはアンドレアス・ペレイラの右CKにニアで反応したバッシーがボレーシュート。これは味方のカスターニュにブロックされる形となったが、バッシーはこぼれ球を利き足とは逆の強烈な右足シュートで突き刺した。 守勢で耐え切れずに先制を許したユナイテッドは以降も低調なパフォーマンスに終始。ボールを握って相手陣内深くに侵攻する場面があっても、その先のアイデア、精度がない。80分にはメイヌーを諦めてアマドを投入した。 ここからパワープレー気味に攻めると、これが土壇場での同点ゴールをもたらす。89分、前線に上がっていたマグワイアの右クロスを回収したB・フェルナンデスがボックス手前左から右足シュート。これをGKレノがはじくと、ゴール右でこぼれに反応したマグワイアが左足ボレーで叩き込んだ。 このゴールで一気に逆転まで持ち込もうと、一気呵成の攻めを見せるユナイテッド。その中でB・フェルナンデスの連続のミドルシュートやリンデロフのヘディングシュートとゴールを匂わせる攻撃を見せる。 だが、試合全体で勝ち点3に相応しいパフォーマンスを見せていたフルアムが、最後の最後に突き放した。97分、ハーフウェイライン付近で仕掛けたアダマ・トラオレがマグワイアを抜き去って一気に局面を打開。中央のムニスを経由したボールがボックス左のイウォビに渡ると、ここまで幾つかのチャンスを逸していたナイジェリア代表MFがDFに囲まれながらもニア下へ見事な右足シュートを突き刺した。 そして、ナイジェリア代表コンビの2ゴールによってフルアムが鬼門オールド・トラッフォードを攻略に成功した。一方、ホイルンドらの不在が響いたユナイテッドはリーグ連勝が「4」でストップした。 2024.02.25 02:20 Sun

やはりサンチョにユナイテッドでの未来なし? 指揮官と不和でレンタル放出中

マンチェスター・ユナイテッドにイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(23)をとどめておくプランはやはりなさそうだ。 エリク・テン・ハグ監督と衝突した末に今冬ドルトムントへレンタル移籍で帰還することとなったサンチョ。イングランド代表からは2021年10月を最後に2年以上フェードアウト中だ。 もはやユナイテッドの構想に入っていないとされる23歳については、これまでもドルトムントから戻ってくる2024年夏の売却が報じられてきたが、やはりこの公算は高そうだ。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ユナイテッドは次なる補強に向けて既存戦力の”売り”=資金調達が必須。ファンなら誰しも何人かの選手が浮かび上がるが、中でもサンチョはその1人であることが確実だという。 サンチョは契約を2026年6月まで残し、週給は29万ポンド(約5530万円)。移籍金7300万ポンド(現レートで約139億2000万円)で2021年夏に加入後、公式戦82試合で12ゴール6アシストという数字を記録している。 いい買い手が見つかるのが、サンチョ本人にとっても良さそうだが、果たして。 2024.02.24 17:05 Sat

【プレミアリーグ第26節プレビュー】前回対戦で因縁生まれたアーセナルvsニューカッスル!

先週末に行われた前節はリバプール、アーセナルが揃って快勝を収めた一方、マンチェスター・シティがホームでチェルシーと1-1のドローに終わって三つ巴の覇権争いに若干の動きがあった。 また、トップ4争いではトッテナムが敗戦し、アストン・ビラ、マンチェスター・ユナイテッドがいずれも勝利を収め、こちらの争いも熾烈を極める。 25日にチェルシーvsリバプールのEFLカップ(カラバオカップ)決勝が開催される関係で、変則日程での開催となる第26節。 21日に前倒し開催となった首位のリバプールと18位のルートン・タウンの一戦は、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利。リバプールのMF遠藤航はフル出場で勝利に貢献したが、初のベンチ入りが期待されたルートンのDF橋岡大樹は残念ながらベンチ外となった。また、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーは現時点で開催日は未定となっている。 今節の最注目カードは、3位のアーセナルと8位のニューカッスルが対峙する強豪対決だ。ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦では幾つかの微妙な判定や、球際での激しいバトルによって因縁生まれたカードとなっており、今回も激戦必至だ。 アーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。MFウーデゴールの鮮烈なミドルシュートを皮切りにFWサカが4試合連続、FWトロサールが3試合連続ゴールを記録し、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトに敗戦。相手の周到な対策とハードワークを前に枠内シュート0本と完全に攻撃が停滞すると、試合終了間際に一瞬の隙を突かれて見事なゴラッソを決められ、厳しい0-1の敗戦となった。 心身ともにダメージが残る形でロンドン帰還となったガナーズは、中2日の厳しい日程で休養十分の難敵と対戦する。復帰が期待されたDF冨安健洋やMFトーマス、FWガブリエウ・ジェズスらCL遠征メンバーを外れた選手は引き続き欠場となる模様で、ポルト戦を戦った多くの主力がタフなバトルを強いられるなか、総力戦で勝ち点3を手にしたい。 対するニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。FWイサクやFWウィルソンらストライカー陣に離脱者が続出しているが、4試合連続で複数得点を記録するなど攻撃の破壊力は維持。一方で守備は全体の強度、切り替えの精度の低下によって失点が増えている。ポルト戦では無得点に終わったものの、リーグ戦では絶好調のアーセナル攻撃陣相手に隙のない戦いを見せたいところだ。 2位のマンチェスター・シティは13位のボーンマス相手に連勝を目指す。先週末に行われたチェルシー戦はパフォーマンス自体に悲観すべき部分はなかったものの、相手の粘りの守備に手を焼いて1-1のドロー。リーグ連勝が「6」でストップした。これで自力での首位浮上のチャンスを逃したが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦では相手の堅守速攻に苦しめられたものの、一瞬の隙を突いたFWハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。直近5試合未勝利(2分け3敗)と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは勝利はもちろんのこと、3試合ぶりの複数得点など内容面にもこだわりたい。 前節、エースFWワトキンスの2ゴールによってフルアムに2-1と競り勝った4位のアストン・ビラは、16位のノッティンガム・フォレスト相手に連勝でのトップ4圏内死守を狙う。エメリ監督就任以降、要塞化したビラ・パークでは直近の公式戦3連敗中。対戦相手のフォレストも直近2試合ではニューカッスル、ウェストハム相手に良い戦いを見せており、ホームで4戦ぶりの白星奪取に向けては攻守両面での改善が必須だ。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のマンチェスター・ユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙う。前節のルートン戦では相手のミスや幸運を味方に付け、FWホイルンドがリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍。以降は相手に押し返されたものの、2-1で競り勝った。ただ、チームではDFショーの長期での再離脱、絶好調ホイルンドが2、3週間程度の離脱と主力に負傷者が出ており、このフルアム戦では1トップ起用が見込まれるFWラッシュフォードやFWアントニーといった選手たちの奮起が求められるところだ。 MF三笘薫を擁する7位のブライトンは降格圏手前の17位に位置するエバートンとのホームゲームで連勝を狙う。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は三笘のオウンゴール、レッドカード誘発の活躍などで最下位のチームに5-0の完勝。アフリカ・ネーションズカップ帰りのFWアディングラも早速存在感を示し、チーム状態は良好だ。このエバートン戦に向けては長期離脱明けのMFエンシソ復帰の可能性という朗報が届いた一方、ブレイズ戦前から腰に問題を抱えていた三笘に欠場の可能性も伝えられており、日本代表の状態に関しては大きな懸念材料だ。 その他では成績不振に加え、健康問題を抱えるホジソン監督が辞任し、前フランクフルトのグラスナー新監督を招へいした15位のクリスタル・パレスに注目。直近3試合未勝利のイーグルスは19位のバーンリー相手に新体制初陣を飾れるか。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/21(水) リバプール 4-1 ルートン・タウン ▽2/24(土) 《24:00》 アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト ブライトン vs エバートン クリスタル・パレス vs バーンリー マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム 《26:30》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ 《29:00》 アーセナル vs ニューカッスル ▽2/25(日) 《22:30》 ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ▽2/26(月) 《29:00》 ウェストハム vs ブレントフォード ▽未定 チェルシー vs トッテナム 2024.02.24 12:00 Sat

「我々はホイルンドだけではない」絶好調エースの負傷にもテン・ハグ監督は自信失わず

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督は、デンマーク代表FWラスムス・ホイルンドの負傷にも強気な姿勢を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズンは開幕から振るわぬ時期が続いたユナイテッドだが、現在はプレミアリーグで4連勝中と復調。その中心にいたのが、直近5試合で6ゴールとまさに大暴れの活躍を見せていたホイルンドだった。 ところが、そのホイルンドは筋肉系の負傷により2~3週間離脱へ。これによって、3月3日に予定されるマンチェスター・シティとの“マンチェスター・ダービー”を含む今後数試合の欠場が確実視されている。 絶好調のエースを失う痛恨の事態となったユナイテッドだが、テン・ハグ監督は自信を失わず。現在は攻撃陣全体が好調であり、変わらぬ脅威を示してくれるはずだと強調している。 「ホイルンドは最近の我々にとって、とても重要な存在だった。とはいえ、特に(アレハンドロ・)ガルナチョについてもここ数試合は非常に力強いプレーを見せているだろう」 「ラッシー(マーカス・ラッシュフォード)も有能な選手だ。決定力を備えているからね。最近の試合での前線は絶対的な脅威となっており、得点を決めてくれる。だから、ホイルンドだけではないんだ。ガルナチョ、ラッシュフォード、スコット・マクトミネイ、ブルーノ(・フェルナンデス)もゴールを決められる」 「秋口の我々の前線には得点力がなく、脅威になっていなかった。しかし今、彼らはとても調子が良く、常に脅威となっているだろう。ホイルンドが不在でも、それは続くと確信している」 「我々は非常に強力な前線を並べられるだろう。相手が『なんだ、簡単だな』と思うような前線ではない。きっと相手チームは我々のアタッカーたちを恐れるはずだ」 2024.02.24 11:50 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly