【CLグループ第5節プレビュー①】死の組でPSGとドルトムントに突破の可能性

2023.11.28 18:00 Tue
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節が28日と29日に開催される。ここでは第5節1日目となるグループE~Hの戦いを展望していく。
PR
◆三つ巴の戦いを抜け出すのは~グループE~
Getty Images

グループEでは前節、FW前田の退場によって数的優位となったアトレティコ・マドリーがセルティックを6発粉砕して首位浮上とした。そしてMF鎌田先発のラツィオがFW上田終盤出場のフェイエノールトにリベンジとし、2位に浮上している。セルティックを除いた三つ巴の戦いとなって迎える第5節、3位フェイエノールト(勝ち点6)と首位アトレティコ(勝ち点8)が激突し、2位ラツィオ(勝ち点7)と最下位セルティック(勝ち点1)の日本人対決が行われる。
フェイエノールトは前節、敵地でのラツィオ戦をウノゼロ敗戦。終盤週出場の上田にもラストプレーで決定機があった中、内容では第3節同様に優勢としていただけに惜しい敗戦だった。それでもラツィオとの連戦で実力のあるところをしっかりと示し、エールディビジでは3連勝中と、アトレティコ戦に向けては悪くないチーム状態。とりわけ上田のライバルであるFWヒメネスが直近のエクセルシオール戦でハットトリックしており期待が高まる。勝利して最終節に望みを繋げたい。

対するアトレティコは勝利すれば突破となる。フェイエノールトが前がかってくることが予想されるため、自慢の堅守を生かしやすい状況だ。ロングカウンターから好調のFWグリーズマン、FWモラタらがゴールを狙う展開を狙いたい。最終節、ラツィオ戦を前に突破を決めてしまいたいところだ。

フェイエノールト戦を辛勝したラツィオだが、チーム状態が一向に上向かず、直近のセリエAでは最下位サレルニターナに敗戦してしまった。MFルイス・アルベルトの出場停止によって先発の機会が巡ってきた鎌田もチャンスを生かせなかった。サッリ監督の解任が報じられる中、FW古橋が孤軍奮闘するセルティックを下して突破を決めてしまえるか。
【グループE】
《26:45》
ラツィオ vs セルティック
《29:00》
フェイエノールト vs アトレティコ・マドリー

◆ドルトムントとPSGに突破の可能性、死の組を抜け出せるか~グループF~
Getty Images

グループFでは前節、ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)にリベンジを果たし、首位から最下位まで3ポイント差と、死の組と呼ぶに相応しい大混戦となった。迎える第5節、首位ドルトムント(勝ち点7)は3位ミラン(勝ち点5)と、2位PSG(勝ち点6)は最下位ニューカッスル(勝ち点4)と対戦する。

勝利すれば突破となるドルトムントは前節、バイエルンとのデア・クラシカー惨敗を受けて臨んだニューカッスルとのリターンマッチ、快勝で連勝とし首位に浮上した。直近のボルシアMG戦では2点差をひっくり返しての逆転勝利でリーグ戦では4試合ぶりの白星とした。ようやく良い流れに乗りつつある中、最終節を前に突破を決められるか。

PSG戦での起死回生の初勝利で踏み止まったミランは、直近のフィオレンティーナ戦を守護神メニャンの活躍もあってウノゼロ勝利。セリエAでも5試合ぶりの白星を手にした。ハムストリング負傷からの回復が遅れているFWレオンは引き続き欠場見込みなのは痛いが、フィオレンティーナ戦を出場停止で欠場していたFWジルーは先発予想でコンディションも万全。勝負強さを見せるジルーがPSG戦に続くゴールでチームを勝利に導けるか。

一方、前節ミランに敗れて混戦に持ち込まれたPSGは、リーグ・アンでは絶好調で6連勝中。直近のモナコとの上位対決では5発圧勝とした。代表戦で負傷したMFザイール=エメリの離脱は痛いが、モナコ戦では自慢の攻撃陣4人(ムバッペ、デンベレ、コロ・ムアニ、ゴンサロ・ラモス)が揃ってゴールを挙げており、良いイメージでニューカッスル戦に臨める状況。第2節で対戦した際には強度高く応戦してきたニューカッスルの前に攻撃陣が沈黙したが、リベンジとして死の組突破となるか。

対する最下位ニューカッスルは勝利することで最終節に突破の可能性を繋げたいところ。直近のプレミアリーグではチェルシー相手に4発快勝としてPSGに向けて弾みを付けている。とりわけ負傷から復帰した主砲FWイサクにゴールが生まれたのは心強い。選手層の問題から台所事情は厳しいが、踏ん張れるか。

【グループF】
《29:00》
パリ・サンジェルマン vs ニューカッスル
ミラン vs ドルトムント

◆シティとライプツィヒの首位通過を懸けた一戦~グループG~
Getty Images

グループGでは第4節、本命と目された王者マンチェスター・シティとライプツィヒの突破が2試合を残して決まった。迎える第5節、首位シティ(勝ち点12)と2位ライプツィヒ(勝ち点9)による首位通過を懸けた一戦が行われる。

シティは前節ヤング・ボーイズ戦、シュートを相手に1本も打たせない完勝劇で4連勝を飾った。その後のプレミアリーグではチェルシー戦、リバプール戦と立て続けのビッグマッチを互角の展開に持ち込まれた中、いずれもドロー決着となった。ハードな戦いが続くが、引き分け以上で首位突破となるだけにここは勝ち点を取っておきたい。

対するライプツィヒは前節、ツルヴェナ・ズヴェズダに2-1と逃げ切ってシティと共に早々と突破を決めた。ツルヴェナ戦でもゴールを挙げたMFシャビ・シモンズ、FWオペンダのコンビでシティを脅かせるか。

【グループG】
《29:00》
ヤング・ボーイズ vs ツルヴェナ・ズヴェズダ
マンチェスター・シティ vs ライプツィヒ

◆突破お預けのバルサが同勝ち点のポルトと対戦~グループH~
Getty Images

グループHでは前節、バルセロナがシャフタールに不覚を取って敗れ、突破はお預けに。迎える第5節、首位バルセロナは勝ち点9で並ぶ2位ポルトと対戦する。

バルセロナは前節シャフタール戦、思うように好機を作れず0-1でシャットアウト負けした。代表戦でMFガビを重傷で失った中、直近のラージョ戦ではやはり攻めあぐねる状況となってドローと流れが良くないが、難敵ポルトを下して最終節を前に突破を決められるか。

対するポルトは格下アントワープとの連戦をしっかりと連勝し、バルセロナに勝ち点で並んだ。第2節では0-1での敗戦と、バルセロナ相手に互角の試合を演じており、気後れすることはなさそう。首位通過を視野に自慢の組織力でバルセロナを出し抜けるか。

バルセロナ相手にアップセットを演じた3位シャフタール(勝ち点6)は最下位アントワープ(勝ち点0)と対戦。ここで勝利すれば十分、最終節ポルト戦で逆転突破の可能性があるだけに必勝としたい。

【グループH】
《26:45》
シャフタール vs アントワープ
《29:00》
バルセロナ vs ポルト

PR
関連ニュース

「遅かれ早かれ…」負傷交代後はベンチではなくスタンド観戦…別れ近づくムバッペにルイス・エンリケ監督「我々とはプレーしなくなるだろう」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの行動が話題を呼んでいる。 1日、リーグ・アン第24節でPSGはアウェイでモナコと対戦した。古巣との対戦に先発したムバッペは、ハーフタイムで交代。足首の問題を抱えての交代となったが、後半はベンチではなくスタンドで母親と共に観戦。すでに着替えも済ました状態だった。さらに、後半開始直後には誰かと電話をする姿も。チームが戦っている最中の行動としてはよろしい見方はされていない。 あまり良いパフォーマンスではなかったムバッペだったが、交代後の姿が話題に。シーズン終了後にレアル・マドリーへと移籍することが確実視されており、PSGとの関係がすでに破綻しているという見方もある。 チームとしても、退団するのであればいつまでも頼るわけには行かないムバッペ。今シーズンもリーグ・アンでは22試合で21ゴールを記録しているだけに、抜けた穴の大きさは明白だ。 フランス『レキップ』によれば、試合後にルイス・エンリケ監督もムバッペについて問われ、退団を考えて準備をしなければいけないとコメント。クラブ全体が別れを覚悟していると考えられる。 「来シーズン、守備、攻撃、戦術のあらゆるレベルでチームが良くなると確信している」 「ムバッペ?驚いているよ。遅かれ早かれ、我々は彼なしでプレーしなければならないだろうから最善の選択肢を見つけようとしている」 「遅かれ早かれ、彼はもう我々とはプレーしなくなるだろう。私は自分で決断を下さなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】負傷交代した直後、試合中にも関わらず笑顔で電話…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Kylian Mbappe was subbed off at half-time and this was him minutes later...<br><br>On the phone to Florentino Perez...? <a href="https://t.co/cAURkfgGd9">pic.twitter.com/cAURkfgGd9</a></p>&mdash; Football on TNT Sports (@footballontnt) <a href="https://twitter.com/footballontnt/status/1763681042353836425?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 15:45 Sat

南野拓実はフル出場でいくつか見せ場! 前後半で主導権入れ替わったモナコとPSGの上位対決は痛み分け【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、モナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が1日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、0-0のドローに終わった。なお、モナコのFW南野拓実はフル出場した。 前節、南野の2点に絡む活躍によってRCランスに3-2で競り勝った3位のモナコ。今節は首位を快走する“パリの巨人”相手の上位対決で勝利を狙った。南野はこの大一番で[4-4-2]の左サイドハーフで先発した。 一方、前節はスタッド・レンヌに土壇場PK弾で辛くも1-1のドローに持ち込んだPSG。週明けにレアル・ソシエダとのチャンピオンズリーグ(CL)のアウェイゲームを控えるなか、モナコとの上位対決で2試合ぶりの白星を目指した。レンヌ戦からは先発5人を変更。ダニーロやバルコラ、デンベレに代わってムキエレ、アセンシオ、ゴンサロ・ラモスが起用された。 首位チームに対して攻撃的な布陣で臨んだモナコが立ち上がりからアグレッシブにゴールを目指していく。開始5分にはアクリウシュの中盤でのパスカットからベン・イェデルのスルーパスに反応したバログンがボックス右に持ち込んで強烈なシュートを放つ。だが、これはGKドンナルンマの好守に遭う。 以降も攻勢を継続するホームチームでは16分に南野に見せ場。左CKの二次攻撃からペナルティアーク右でアクリウシュの横パスを受けた南野が右足のミドルシュートを狙うと、これがゴール右上隅を捉えるも、ここは再びPSG守護神のビッグセーブに阻まれる。 前半半ばを過ぎると、PSGもロングボールを使った背後への抜け出しやカウンターを起点に押し返していく。そこからボックス付近で足を振っていくが、決定機まであと一歩という状況。そういったなか、ハムストリングを気にしていたアセンシオがプレー続行不可能となり、39分にバルコラのスクランブル投入を余儀なくされた。 前半終盤にかけては再びギアを上げたモナコがショートカウンター、人数をかけた攻撃で続けてチャンスを作ったが、ボックス内でのベン・イェデル、アクリウシュの決定的なシュートはいずれもGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれ、前半のうちにリードを奪うことはできなかった。 迎えた後半、先に動きを見せたのは劣勢のPSG。ムバッペをベンチに下げてコロ・ムアニをハーフタイム明けに投入。今季限りでの退団が決定的なムバッペはかつての本拠地を懐かしむようにピッチの外を歩いて周回し、ベンチではなく家族と共にスタンドから観戦するという異例の振る舞いを見せた。 ただ、後半もモナコペースは変わらず、良い形の崩しからベン・イェデルや南野らが再三ボックス内へ侵入し、フィニッシュの場面を作り出す。 流れを変えたいルイス・エンリケ監督は60分、ゴンサロ・ラモス、リュカを下げてデンベレ、ヌーノ・メンデスを同時投入。この交代と相手の運動量低下によって徐々に押し込む時間帯を増やしていくが、コロ・ムアニやバルコラの再三のシュートはGKマイェッキの好守に阻まれる。 時間の経過と共に守勢を強いられるモナコは70分にアクリウシュを下げてベン・セギルを投入。この交代で南野は右にポジションを移した。この交代で好転させたいホームチームだったが、押し込まれる展開を脱せず。それでも、75分にはヴィティーニャの決定的なシュートをGKマイェッキのビッグセーブで凌ぐ。 その後、最終盤はモナコも盛り返して一進一退の攻防となったが、互いに相手の集中した守備を前に決勝点を奪うことはできなかった。この結果、前半モナコ、後半PSGと拮抗した上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2024.03.02 06:58 Sat

マルキーニョスのソシエダ戦出場が不透明…ふくらはぎを負傷中

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスのレアル・ソシエダ戦出場が不透明な状況だ。フランス『レキップ』が伝えている。 今月14日に行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを2-0で先勝したPSGは、3月5日にソシエダホームの2ndレグに臨む。 この重要な一戦に向け、キャプテンとディフェンスリーダーを担うブラジル代表DFの状態が懸念されている。 マルキーニョスは17日に行われたナント戦でふくらはぎを痛めて後半途中に負傷交代。直近のスタッド・レンヌ戦では予防措置の形で招集メンバー外となっていた。 さらに、28日に行われたトレーニングセッションでもチームトレーニングに参加しておらず、負傷箇所の回復は思わしくないようだ。 現状では3月1日に行われるモナコ戦の欠場は濃厚で、ソシエダ戦でのぶっつけ本番での復帰を目指すことになる。 2024.02.28 23:31 Wed

「サッカー選手だよね?」「国を動かした」PSG退団濃厚のムバッペが仏大統領やカタール首長らとの会食に参加、直々に歓迎され話題に「25歳がすることじゃない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの影響力が凄まじい。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了するムバッペ。1年間の延長オプションがついているもののこれを行使するつもりはなく、かねてからの念願だったレアル・マドリーへの加入を目指していると伝えられている。 そのムバッペの周りで動きがあった。 27日、ムバッペはフランスのエマニュエル・マクロン大統領と大統領夫人、そしてカタールのタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長、そしてPSGのナセル・アル=ケライフィ会長との会食にゲストの1人として参加したという。 フランス『ル・パリジャン』によると、元々はイスラエルとハマスの紛争を巡る協議の一環としてカタールの首長を迎えることになっていたなか、それ以外の会談の一部にムバッペとナセル・アル=ケライフィ会長が参加するようにマクロン大統領が招待したということだ。 1人のサッカー選手でありながらこうした場にも招待されるムバッペ。その影響力にはファンからも「25歳がすることじゃない」、「サッカー選手だよね?」、「本物のスーパースターだ」、「すごすぎる」、「この男は国を動かした、と驚きの声が寄せられている。 過去にムバッペがPSG退団に近づいた際には、マクロン大統領自ら説得したこともあるなか、今回はどんな話があったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】マクロン大統領やカタールの首長から歓迎されるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">Emmanuel Macron à l&#39;émir du Qatar : &quot;Vous avez réussi une formidable compétition avec je crois la plus spectaculaire finale de l&#39;histoire.&quot;<a href="https://t.co/SUT2Ny0Sy9">https://t.co/SUT2Ny0Sy9</a> <a href="https://t.co/DpmICry1KZ">pic.twitter.com/DpmICry1KZ</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1762575743098220803?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 15:40 Wed

PSGはドンナルンマのパフォーマンスに不満? 今夏にドルトムントのスイス代表GK獲得を希望か

パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントのスイス代表GKグレゴール・コベル(26)に関心を示しているようだ。 PSGは2021年夏に加入したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(24)が守護神を務め、今シーズンも公式戦29試合に出場。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブは時折ミスも見られるイタリア代表GKのパフォーマンスについて、必ずしも満足しているわけではないという。 今夏に将来的な守護神探しを計画とも報じられるPSGだが、すでにコベルの代理人に接触したとのこと。今シーズンのブンデスリーガで29試合に出場して安定したプレーを見せる守護神を、クラブは高く評価しているようだ。 コベルとドルトムントの契約は2028年夏まで残るが、選手本人はリーグ・アン行きの可能性も除外していない模様。かつてはチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムからも関心を寄せられていた人気銘柄だけに、今後さらに関心を示すクラブが増える可能性もありそうだ。 2024.02.27 13:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly