町田が今季加入のFW髙澤優也と契約満了、1試合の出場に終わる「全力を尽くすことは多少なりともできた」

2023.11.18 10:40 Sat
町田を1年で退団するFW髙澤優也
©︎J.LEAGUE
町田を1年で退団するFW髙澤優也
FC町田ゼルビアは18日、FW髙澤優也(26)の契約満了を発表した。

髙澤は東京都出身で、流通経済大付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年にザスパクサツ群馬に加入してプロ入りした。
1年目から出番を獲得し、J3で27試合17得点を記録。これが評価され、2020年に大分トリニータへ完全移籍。一気にJ1の舞台に挑戦する。

2021年途中にはアルビレックス新潟へ期限付き移籍すると、2022年にはギラヴァンツ北九州へ完全移籍。2023シーズンに町田へと完全移籍で加入した。

しかし、J2で優勝を争うチームでは出番がほとんどなく、J2で1試合の出場に終わっていた。
髙澤はクラブを通じてコメントしている。

「町田の皆様、1年間ありがとうございました!FC町田ゼルビアに来て昇格という素晴らしい栄光を経験させていただき心から感謝しています!」

「昇格にはなかなか貢献はできなかったですが、出られない選手達とチームの為に全力を尽くすことは多少なりともできたかなと思います」

「今年でFC町田ゼルビアとはお別れになりますが、来年J1での活躍を心の底から願っております! 1年間という短い間でしたが、ありがとうございました!」
関連ニュース

【Jリーグ出場停止情報】開幕戦で退場の町田MF仙頭啓矢が1試合出場停止

Jリーグは26日、出場停止処分について発表した。 23日に2024シーズンの明治安田Jリーグが開幕。J1、J2、J3の30試合が行われた中、1名が退場した。 出場停止となるのはFC町田ゼルビアのMF仙頭啓矢。24日に行われた明治安田J1リーグ第1節のガンバ大阪戦で、2枚のイエローカードをもらい退場となっていた。 【明治安田生命J1リーグ】 MF仙頭啓矢(FC町田ゼルビア) 第2節 vs名古屋グランパス(3/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span class="paragraph-title">【動画】2度の警告で町田の仙頭啓矢が退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DkqGCMkm_Qg";var video_start = 334;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 17:23 Mon

G大阪新CB中谷進之介が初陣! その出来は? 「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」

ガンバ大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。 J1初挑戦の町田は試合の入りから、黒田剛監督のもとで土台とする強度を押し出し、G大阪にリズムを作らせず。17分にオンフィールドレビューでのチェックからPKチャンスを掴み、鈴木準弥が先制ゴールを決めた。 失点後もなかなか攻め手に回れずのG大阪だったが、後半途中から数的優位に立つと、その後の宇佐美貴史、ネタ・ラヴィ、松田陸を送り込む3枚替えで攻撃が活性化。84分に宇佐美の鮮烈FKで勝ち点1をもぎ取った。 名古屋グランパスから今季加入で、三浦弦太とともに最終ラインの中央でフル出場した中谷進之介は勝ち点1という結果をこう振り返った。 「最低限ですね。前半はかなりバタバタしたし、何失点してもおかしくない状況だった。そこから立て直せたのは1つの収穫だと思う」 そんな27歳はセンターバックは昨季J1ワーストタイの61失点を喫したG大阪の守備を立て直す一手として加入。PK献上のシーンは不運なハンドだったが、ほかでは鋭いブロックだけでなく、ロングフィードでも存在感を示した。 昨季、センターバックの軸を定められなかったG大阪からすれば、大きな新戦力の中谷は初陣での出来を尋ねられると、「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」と悔やみつつ、それなりの手応えを口にしている。 「すごくシュートブロックもできたし、足が動いてもいたから、悪くはなかったと思う。なかなかのプレッシャーもあったし、移籍してきて注目もされるなかでの一戦だったから、『負けなくて良かった』というのが正直なところ」 2024.02.25 10:45 Sun

昨季町田でプレーしたFWアデミウソンがブラジル2部クラブに加入…横浜FM、G大阪でもプレー

ブラジルのアヴァイは23日、FWアデミウソン(30)の加入を発表した。 U-20ブラジル代表では10番を背負うなどしたアデミウソンは、名門・サンパウロの下部組織出身。2015年2月に横浜F・マリノスにレンタル移籍しJリーグでプレーを始めると、ガンバ大阪でもプレー。しかし、飲酒運転の状態で交通事故を起こしたことで解雇。その後、中国の武漢三鎮でプレーした。 2023年9月にFC町田ゼルビアへと完全移籍で加入。ただ、コンディションの問題などもあり3試合で1ゴールに終わった中、そのまま退団が決定していた。 アヴァイはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属している。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラジル2部のアヴァイがアデミウソン獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DaIha%C3%89sOLe%C3%A3o?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DaIhaÉsOLeão</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PraCimaComARacaToda?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PraCimaComARacaToda</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SejaSocio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SejaSocio</a> <a href="https://t.co/EXUTrsSxVA">pic.twitter.com/EXUTrsSxVA</a></p>&mdash; Avaí Futebol Clube (@AvaiFC) <a href="https://twitter.com/AvaiFC/status/1761051444361236692?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 23:20 Sat

「Gの最高傑作」「生涯記憶に残るFK」G大阪の宇佐美貴史、大好きな後輩・谷晃生から有言実行のゴールが大反響「痺れるわ!」

ガンバ大阪のFW宇佐美貴史の完璧なFKに称賛の声が集まっている。 24日、G大阪は明治安田J1リーグ第1節でFC町田ゼルビアと対戦。アウェイでの開幕戦となった。 相手の町田はクラブ史上初のJ1挑戦となり、その初陣の相手となったG大阪。古巣対決となったGK谷晃生が先発出場した中、前半から町田のペースで試合が進む。 するとPKで失点しビハインドのG大阪。ただ、後半早々に仙頭啓矢が2枚目のイエローカードをもらい退場。G大阪は数的優位となると、84分にボックス手前でFKを獲得した。 キッカーを務めたのは後半途中から出場した宇佐美。よく知る後輩のGK谷との対決となった中、短い助走から完璧に壁の上を越えるシュートを放つと、ゴール左隅に吸い込まれ、G大阪が終盤に同点に追いついた。 完璧なコースに完璧な軌道のFKを沈めた宇佐美。背番号7を背負い、かつてその7番を背負ったFKの名手である遠藤保仁氏がコーチに就任しての初戦で彷彿とさせる見事なFKを沈めた。 ファンは「やっぱり宇佐美だ!」、「Gの最高傑作」、「痺れるわ!」、「生涯記憶に残るFKだな」、「大好きな後輩から点を奪うとは」、「特別な選手なんだよな」、「有言実行なのはさすが」とコメントを寄せている。 宇佐美は開幕を前にしたJリーグのPRイベントで谷と共演しゴール宣言。試合後には「自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた」とゴールを振り返っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史が開幕戦で完璧なFK! チームを救う同点弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ubYdemkAfxU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 22:55 Sat

「『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセット」 G大阪FW宇佐美貴史が起死回生の華麗FKで2年連続開幕ゴール

ガンバ大阪のエースで、主将で、背番号「7」を背負う男がチームを最低限の結果に導いた。 ダニエル・ポヤトス体制2年目のG大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1のドロー。2年連続のドロー発進だが、開幕黒星という最悪の事態を回避した。 主将2年目の宇佐美貴史は1点を追いかける55分に指揮官が一挙に切った交代3枠の一手としてピッチに立つと、84分にバイタルエリア中央の左寄りから直接FK弾。鮮やかな一撃が勝ち点1に繋がった。 まさに千両役者の宇佐美だが、チームとして露呈した相手の土俵に乗っての戦いぶりを「町田のペースにズルズルと引っ張られている感じ」と振り返った。 引き分けという結果にも「勝てたゲームだった」ときっぱり。敵地で最低限の結果ともいえるが見方もできるが、3年連続で残留争いが続く状況もあってか、あえて厳しいスタンスをとった。 「ここで負けなかったこと、勝ち点1をとれことでポジティブになるのも大事だけど、勝てなかったことで危機感を募らせるのが今のチームにとって大事だと思う」 「負けなかったと一回リラックスするのではなく、勝ち切れなかったというところで緊張感を煽っていく方がいいかなと僕は感じる」 一方で、自身が入ってからは相手が数的不利というのもあったが、裏抜けも繰り返し、チームの攻撃を活性化。「相手を後ろに引っ張っていけば、自分たちのペースになると思ってやった」と述べた。 そんな31歳FWだが、相手の壁上から綺麗に巻いてゴール左角に突き刺したFK弾は絶品ゴールに。しかも、相手はG大阪ユースの後輩、谷晃生だ。 先の開幕イベントで「彼からゴールを取って、悔しがる晃生を見たい」と話した宇佐美からすると、宣言どおり。谷からは「さすがです」との声もあがったが、2年連続の開幕ゴールとなる起死回生弾をこう回想した。 「晃生がどうのこうのというよりは自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた。『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセットした」 宇佐美個人にとっても、開幕戦でのサブスタートは悔しいはずだが、絶品FKで存在価値をアピールする今季のチーム第一号。プレーぶりからは状態の良さをうかがわせ、次節のホーム開幕戦となる3月2日のアルビレックス新潟戦では勝利を目指す。 <span class="paragraph-title">【動画】G大阪キャプテンが開幕戦から完璧FK! チームにとって起死回生の一撃に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>チームを救うのはやはりこの男‼<br>\<br><br>緊迫した場面でキャプテン宇佐美の完璧なFKが炸裂<br>チームを救う至宝の一撃で息を吹き返す<br><br>明治安田J1第1節<br>町田×G大阪<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/cOgjFsff0h">pic.twitter.com/cOgjFsff0h</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761298681741935096?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 22:10 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly