【プレミアリーグ第12節プレビュー】チェルシーvsシティに、上位陣はバウンスバック図る

2023.11.11 12:00 Sat
チェルシーvsシティに、NL勢はバウンスバック図る
Getty Images
チェルシーvsシティに、NL勢はバウンスバック図る
先週末に行われた第11節ではトッテナム、アーセナルのノースロンドン勢がいずれも今シーズン初黒星。これで無敗のチームが消滅した中、王者マンチェスター・シティが首位に返り咲いた。
PR
2023年最後のインターナショナルマッチウィークを控えるなかでの開催となる今節は、10位のチェルシーと首位のマンチェスター・シティによるビッグマッチが最注目カードだ。
チェルシーは前節、首位のトッテナムとアウェイで対戦。ポチェッティーノ監督のN17初帰還に注目が集まったなか、ダービーは壮絶な展開に。開始早々に失点を喫し、守勢が続いたチェルシーだったが、DFロメロの一発退場にPK献上によってMFパーマーのゴールで追いつくと、後半序盤に2人目の退場者を出したホームチームに対して猛攻を仕掛けた。相手の堅守に手を焼いたものの、悩めるFWジャクソンのハットトリックによって最終的に4-1で勝利。首位チームに初黒星を与える会心のリーグ3戦ぶりの白星となった。

ただ、昨季から思うように結果が出ていないスタンフォード・ブリッジで再び首位チームを迎え撃つビッグゲームでは苦戦必至。相手の強力な攻撃を何とか撥ね返しつつ、古巣対戦のFWスターリングやパーマーの躍動が求められるところだ。

対するシティは前節、下位に沈むボーンマスと対戦。前半序盤こそ相手の守備的な戦い方に手を焼いたが、FWドクが1ゴール4アシストの驚異的な活躍を披露し、終わってみれば6-1の圧勝。リーグ3連勝を達成した。さらに、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではFWハーランドの2ゴールなどでヤング・ボーイズを3-0と一蹴。2節を残しての決勝トーナメント進出を決めている。同試合でDFストーンズとDFアカンジが負傷するアクシデントに見舞われたが、代役は十分に揃っており良い形で敵地へ乗り込む。
そのシティを2ポイント差で追う2位のトッテナムは、14位のウォルバーハンプトンとのアウェイゲームでバウンスバックの白星を目指す。前述のチェルシー戦ではロメロとDFウドジェの退場に加え、DFファン・デ・フェン、MFマディソンが重傷を負う痛恨のアクシデントに見舞われた。さらに、今週に入って以前から恥骨に問題を抱えていたFWリシャルリソンが手術を受け、元々選手層に問題を抱えるチームはさらなる窮地に立たされる。

対戦相手のウルブスは下位に低迷しているが、シティに今季初黒星を与えマンチェスター・ユナイテッドやリバプール相手にも善戦するなど上位陣との対戦においては侮れない相手だ。この試合では負傷とサスペンションによってバックラインの主力3選手を欠くなか、今季初先発が見込まれるDFダイアーに加え、今夏ブラックバーンから加入した18歳DFフィリップスのプレミアデビューも見込まれる。守備面に大きな不安を抱えるなか、FWソン・フンミンやMFクルゼフスキらアタッカー陣の爆発が勝利のカギを握る。また、敗れたダービーにおいても超急造のバックラインで9人でのハイライン戦術で最後まで勝ち点の可能性を残したポステコグルー監督の采配にも注目だ。

そのトッテナムとお付き合いする形で前節のニューカッスル戦で今季初黒星を喫した4位のアーセナルは、19位に低迷するバーンリーと対戦。ハイインテンシティの攻防を繰り広げたマグパイズとのアウェイゲームでは勝ち点3に値するパフォーマンスだったとは言えないが、少なくとも勝ち点1は持ち帰れる内容を見せた。だが、大きな波紋を残したFWゴードンの物議を醸す1ゴールに泣き、EFLカップのウェストハム戦に続く公式戦連敗となった。

それでも、CLのセビージャ戦では不振の相手にFWトロサール、FWサカのゴールによって2-0の完勝。大事を取って前半のみの出場となったDF冨安健洋ら一部主力のコンディションは懸念材料だが、きっちりリバウンドメンタリティを示した。直近で公式戦5連敗且つ、2得点14失点と泥沼の昨季チャンピオンシップ王者をしっかりと叩いてリーグ戦でも勝利を取り戻したい。

そのアーセナルと同勝ち点で3位のリバプールは、直近の3連勝で9位に浮上してきた難敵ブレントフォード相手に公式戦3試合ぶりの勝利を狙う。前節は昇格組ルートン・タウン相手にFWヌニェスの再三の決定機逸など最後の精度を欠いた結果、相手の見事なカウンター一発に屈して先に失点。その後、FWルイス・ディアスの土壇場ゴールによって辛くも勝ち点1を拾う形となった。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではトゥールーズに2-3で敗れ、今季のELで初黒星を喫した。MF遠藤航ら控え選手の振るわないパフォーマンスに加え、後半は主力5人をピッチに送り込んだものの挽回できず。インターナショナルブレークを挟んでシティとのビッグマッチを控えており、ホームで戦うビーズとの一戦で何とか白星を取り戻したい。

8位のマンチェスター・ユナイテッドは17位のルートンとホームで対戦する。前節のフルアム戦では後半最終盤にMFブルーノ・フェルナンデスが決めた劇的ゴールによって1-0の勝利を収めて公式戦連敗をストップ。だが、CLではコペンハーゲンとのアウェイゲームでよもやの3-4の逆転負け。

古巣対戦となったFWホイルンドの2ゴールで前半半ばまでに2点を先行したが、FWラッシュフォードの一発退場で流れが変わると2点差を追いつかれる。その後、何とか粘ってB・フェルナンデスのPKによるゴールで勝ち越しに成功したが、後半終盤の連続失点によって格下に金星を献上した。さらに、DFエバンスと新たな負傷者も出してしまい、厳しい状況で今回の一戦に臨む。仮に今回のルートン戦でホーム3連敗を喫するようなことがあれば、テン・ハグ監督の去就問題に発展するだけにコペンハーゲン戦で評価を落としたラッシュフォードやDFヴァランらの奮起が求められる。

MF三笘薫を擁する7位のブライトンは最下位に低迷するシェフィールド・ユナイテッド相手にリーグ戦6試合ぶりの白星を目指す。前節は下位に沈むエバートンに苦戦し、三笘が演出したオウンゴールによって辛くも1-1のドローとなった。直近のELではその三笘の躍動もあって泥沼のアヤックス相手に2-0の快勝を収めたが、DFダンク、MFミルナー、DFエストゥピニャンの主力3選手が相次いで負傷。同試合の勝利を素直に喜べない形となった。そういった逆境で臨むブレイズ戦では三笘やブラジル代表初招集のFWジョアン・ペドロ、出場時の効率の良さが際立つFWアンス・ファティら攻撃陣の活躍でラクな試合展開に持ち込みたい。

その他では前節のノッティンガム・フォレスト戦で0-2の完敗を喫したものの、リーグ戦のホームゲーム12連勝中で1983年のクラブ記録に王手をかけた5位のアストン・ビラの試合や、負傷者続出で正念場を迎える6位のニューカッスルといった上位陣に戦いにも注目だ。

◆プレミアリーグ第12節
▽11/11(土)
《21:30》
ウォルバーハンプトン vs トッテナム
《24:00》
クリスタル・パレス vs エバートン
マンチェスター・ユナイテッド vs ルートン・タウン
アーセナル vs バーンリー
《26:30》
ボーンマス vs ニューカッスル

▽11/12(日)
《23:00》
アストン・ビラ vs フルアム
ブライトン vs シェフィールド・ユナイテッド
リバプール vs ブレントフォード
ウェストハム vs ノッティンガム・フォレスト
《25:30》
チェルシー vs マンチェスター・シティ

PR
関連ニュース

元プレミア得点王、ファン・ペルシ氏が初のトップ監督就任か ヘーレンフェーンが名乗り

フェイエノールトU-18の監督を務める元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ氏(40)が、ヘーレンフェーンの指揮官へ就任する可能性があるようだ。オランダ『AD』が伝えた。 現役時代にフェイエノールトでプロキャリアをスタートさせたファン・ペルシ氏は、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、フェネルバフチェを経て2018年1月に古巣へ帰還。2019年5月に現役を引退した。 2021年から非正規スタッフながらフェイエノールト全体のストライカー指導を行ってきた同氏は、翌シーズンから正式にトップチームのスタッフへ昇格。育成年代チームの監督を務めて述べ4年目を迎えている。 フェイエノールトU-18監督の任期は今季で満了を迎えるが、クラブからの延長交渉以外にもヘーレンフェーンが名乗りを上げているとのこと。 エールディビジで11位に付けるヘーレンフェーンは、2022-23シーズンから指揮を執るキース・ファン・ウォンデレン監督が今季終了後に退任することを3月11日に発表済みで、後任としてファン・ペルシ氏に白羽の矢を立てた。すでに最初の会合は行われたと、同メディアは伝えている。 実現すれば、ファン・ペルシ氏にとって初のトップチーム監督就任。元プレミアリーグの得点王の去就に視線が注がれている。 <span class="paragraph-title">【動画】ロビン・ファン・ペルシの全ゴール@ユナイテッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZE-GjQy-PLc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 16:15 Fri

ヴァラン&エバンスまでも負傷離脱…ユナイテッドCB陣がより崩壊状態に

マンチェスター・ユナイテッドのセンターバック陣から元フランス代表DFラファエル・ヴァランと北アイルランド代表DFジョニー・エバンスが離脱した。 両選手は4日に行われたチェルシーとのプレミアリーグ第31節にそれぞれ出場したが、ともにトラブル発生でピッチを後に。翌節のリバプール戦ではメンバーから外れた。 ディフェンスラインで見ても多くのケガ人がいるなか、センターバック陣もすでにリサンドロ・マルティネスとヴィクトル・リンデロフを失うが、さらに手薄となるようだ。 クラブによると、両選手とも筋肉系の故障。エバンスは短期間で復帰の見通しだが、ヴァランの方は数週間の離脱が見込まれ、5月のシーズン終了までにの状況だという。 したがって、13日に行われるプレミアリーグ第33節のボーンマス戦では前節に続いて、ハリー・マグワイアと19歳ウィリー・カンブワラがセンターバックを担いそうだ。 なお、終盤のプレミアリーグでトップ4入りが目標となるユナイテッドだが、4位トッテナムとは残り7試合で11ポイント差の6位。守備陣が崩壊状態だが、今週末に4試合ぶりの白星なるか。 2024.04.12 12:15 Fri

評価高めるモッタ監督にユベントスが動く? ボローニャとの契約は今季終了まで

評価を高めるボローニャのチアゴ・モッタ監督(41)だが、新シーズンもセリエAに留まる可能性が高いようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 現役時代はバルセロナやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)などのビッグクラブでプレーし、数多くのタイトルを獲得してきたモッタ監督。指導者の道を歩み始めてからはジェノア、スペツィア・カルチョを経て、2022年にボローニャの監督に就任した。 ボローニャでは優れた手腕を発揮しており、今シーズンはセリエAで31試合を消化して4位と好位置をキープ。トップ4争いに加わるサプライズを見せており、ビッグクラブからも注目の指揮官となっている。 そんな中で、スペインとイタリアの移籍市場に精通するマッテオ・モレット氏によるとモッタ監督にはユベントスが関心を強めているとのこと。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が今シーズン限りで退任する可能性があり、クラブは若手指揮官を後任に望んでいるようだ。 モッタ監督には同じくエリク・テン・ハグ監督の去就が不透明となっているマンチェスター・ユナイテッドからの関心もあるものの、現時点で指揮官は慣れ親しんだイタリアに残る可能性が高い模様。一方で、今季限りで契約が満了となるボローニャも契約延長をまだ諦めておらず、去就が注目されている。 2024.04.10 11:15 Wed

「眠れない時もある」低調ユナイテッドにカゼミロも落胆隠さず…「タイトル争いができず悩ましい」

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロは、今シーズンの失望を語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 エリク・テン・ハグ監督の下で2シーズン目を迎え、開幕前はタイトル獲得への期待も大きかったユナイテッド。しかし、蓋を開けてみると開幕から低調なパフォーマンスが続き、プレミアリーグでは首位に22ポイント差をつけられての6位に沈んでいる。 加えて、FAカップこそ準決勝まで残るものの、チャンピオンズリーグ(CL)はまさかのグループステージ最下位で敗退となるなど失意の結果に。テン・ハグ監督やチームへ向けられる批判は強まりつつある。 カゼミロも『ESPN』のインタビューに応じた際は、今シーズンへの落胆を隠さず。現在は一つひとつの試合に向き合うしかないとしつつ、先週末の2-2に終わったリバプール戦は良い試合ができたと語っている。 「今シーズンは難しいものになっている。タイトル争いをしないという点が、僕にとって最も悩ましいことだ」 「首位とは20ポイント以上も差がある。何か違うことがしたかったと、眠れない時もあるよ。でも、これが現実だ。タイトルやチャンピオンズリーグ圏内の順位について考えても、意味がない。僕たちは目の前の試合を考えなければならない」 「ここ数試合で、僕たちは9ポイントを獲得するチャンスがあったが、実際には2ポイントだった。チームは動揺していたよ。それでも僕たちは試合ごとで考える必要があり、次のボーンマス戦に集中しなければならない」 「リバプール戦はとてもテンポが速く、良い試合だったと思う。彼らはリーグを引っ張っているクラブの一つであり、良い時期を過ごすチームとの対戦だった。それでも、僕たちはうまく対応できていたと思う」 2024.04.09 16:30 Tue

「とにかく全勝する気持ちで」熾烈なプレミア優勝争いを経験している遠藤航、アーセナル&シティとのタイトルレースに「最後優勝できるようにやる」

リバプールの日本代表MF遠藤航が、マンチェスター・ユナイテッドとの伝統の一戦を振り返った。 7日、プレミアリーグ第32節でリバプールはアウェイでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。前節は負傷の影響でメンバー外となった遠藤は先発に復帰を果たした。 勝利しなければ首位の座をアーセナルに明け渡すことになる中、遠藤はアンカーで先発出場。試合は序盤からリバプールが主導権を握ると、23分にルイス・ディアスの技ありゴールが決まりリバプールが先制する。 0-1でリバプールがリードしている中、迎えた50分にとんでもないゴールが。ジャレル・クアンサーがヴィルヒル・ファン・ダイクに横パスを出したところを狙われ、ブルーノ・フェルナンデスにロングシュートを叩き込まれてしまう。さらに67分にも失点し逆転を許した中、84分にモハメド・サラーのPKで同点。2-2の引き分けに終わったが、首位から陥落した。 先制しながらも逆転され、最後に追いついたリバプール。遠藤は試合後にプレミアリーグを中継する『SPOTV NOW』のインタビューに応じ、ドローを振り返った。 「前半は入りも良くて、自分たちの形でチャンスも作っていたので、1点は取りましたけど、2点、3点取りたかったというのが正直なところです」 「後半は相手も少ししっかりブロックを引いてきて、カウンターでチャンスを作っていこうというところで、僕たちも後半の入り、2点目を取られるまでのゲーム運びは改善できたと思います」 2試合ぶりに出場し69分までプレーした遠藤。アンカーとしてプレーし、守備だけでなく攻撃でも貢献。自身のパフォーマンスについては「満足はしていないですけど、相手のボールを持った時に特に自分のところでしっかりボールを奪えるように、味方との距離感を良くしてチームとしてボールを奪えるようにということを意識していたので良かったと思います」とコメント。チームとしてしっかりと守れたことを振り返った。 そんな中、自身のパスから獲得したCKから先制点が生まれたが、「サラーが良い形で裏に動き出していたので、自分もパスを通れば理想でしたけど、最後のファイナルサードに入る時は使うべきだと思いますし、足元だけではなく、深い位置、裏を取る意識は大事だと思っていました」とコメント。「最終的に得点になったことは良かったです」と振り返り、浮き球のパスから獲得したCKが先制点に繋がったことを喜んだ。 前節は軽い負傷の影響でアジアカップ期間以外では初めてプレミアリーグでメンバー外となった遠藤。ケガについては「基本的には大丈夫で、これからもプレーは続けられると思うので、しっかり準備していきたいと思います」とコメント。万全ではなさそうだが、プレーに問題はないようだ。 今回のドローで首位の座をアーセナルに明け渡してしまったリバプール。アーセナル、マンチェスター・シティとの直接対決はもうないため、勝ち続けない限りは優勝できない可能性が出てくる。 加入1年目から優勝争いをしている遠藤は「こうやって引き分けでも結果としては満足できないという状況で、それがプレミアの首位争いをしているチームのメンタリティだと思います」と実感しているといい、「常に勝ち続けないとプレミアリーグのタイトルは獲得できないということ、難しさは感じます」とコメント。「残りはとにかく全勝する気持ちでやらないとタイトルは獲れないと思うので、今日は良いところがありつつも課題は出たので、そこをしっかり改善していきながら、最後優勝できるようにやっていきたいと思います」と、諦めずに優勝を目指して戦うとした。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航のパスで獲得したCKから先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9gSVtCqiIhA";var video_start = 197;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 13:05 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly