「まだ彼にそれほどのプレッシャーがあるとは思わない」 テン・ハグ解任の是非にスコールズが持論

2023.11.10 11:15 Fri
今季開幕から波に乗れずのユナイテッド。テン・ハグ監督も去就が騒がれ始めている。
Getty Images
今季開幕から波に乗れずのユナイテッド。テン・ハグ監督も去就が騒がれ始めている。
マンチェスター・ユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の進退話が加熱し始めているが、レジェンドOBの1人はまだ支持する考えのようだ。
PR
指揮1年目の昨季から久々のメジャータイトルとなるカラバオカップ制覇とチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもたらしたテン・ハグ監督。そうした成果から期待が高まった今季だが、スタートから大きく躓いた。
プレミアリーグでは11試合で首位マンチェスター・シティに早くも9ポイント差の8位に甘んじ、連覇がかかったカラバオカップも4回戦で敗退。CLに至っては1勝3敗の最下位と崖っぷちに立たされている状況だ。

となれば、自ずと周りも騒つき、早くも次の監督となりうる人材の名前もあがり出しているが、元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏は『TNT Sports』で続投させるべきとの持論を展開した。

「まだ彼にそれほどのプレッシャーがあるとは思わない。良い1年を過ごしたし、その分、少し時間を稼げた。ひどいケガ人も多くいる。(公式戦)17試合で9敗は不十分だがね」
「2年目、3年目で解任された監督もいるが、今はそんな余裕があるとは感じない。あの男に任せるしかない。彼はここまでよくやってきた。今季もそう。それほど良くもないが、今夜は少し不運もあった」

PR
関連ニュース

今季36ゴール、守田英正の同僚FWがプレミアで争奪戦…スウェーデン代表FWにユナイテッドとリバプールも参戦か

プレミアリーグ勢からの熱心な関心を受けているスポルティングCPのスウェーデン代表FWヴィクトル・ギョケレシュ(25)だが、争奪戦は激しいものになりそうだ。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のコヴェントリー・シティから2023年夏にスポルティングに完全移籍したギョケレシュ。初挑戦となったプリメイラ・リーガでは27試合で22ゴール10アシストと圧倒的な得点力を見せ、首位を走るチームを支えている。 そのギョケレシュには、アーセナルやチェルシー、ニューカッスルと言ったプレミアリーグのクラブが関心を寄せており、代理人とも交渉をすでにスタートさせていると見られている。ただ、契約解除条項の金額である1億ユーロ(約161億5000万円)の支払いが移籍の条件のようだ。 そんな中、イギリス『HITC』はマンチェスター・ユナイテッドも参戦することとを報道。ストライカー補強を今夏のテーマにしているユナイテッドは、新たな少数株主である『INEOS』の後押しも受けて、資金面での遅れを取らないと見られている。 ユナイテッドは昨夏も獲得を目指したバイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインやブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーもターゲットにしている中、ギョケレシュが最優先と考えている状況。すでにコンタクトを取っているという。 一方で、そのユナイテッドの動きに待ったをかけようとしているのがリバプールとのこと。ユルゲン・クロップ監督が退任することが決定している中、後任の候補にはスポルティングのルベン・アモリム監督も浮上。併せて選手も獲得したいと考えているという。 長年エースとしてチームを支えてきたエジプト代表FWモハメド・サラーがサウジアラビアから熱心なオファーを受けており、退団する可能性が高く、コロンビア代表FWルイス・ディアスも他クラブに狙われている状況。ストライカーの獲得に動きたい中で、ギョケレシュが検討されているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻のゴールラッシュ!ギョケレシュの2023-24シーズンゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xBd7ZmTcUFY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 15:05 Tue

フランクフルトでもパッとせずのファン・デ・ベーク、夏に新たなクラブ探しへ

元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(26)は来る夏に新たなクラブを探す見通しのようだ。 2020年9月にアヤックスからユナイテッド入りしてからというもの、パッとせずのファン・デ・ベーク。不遇感もあるが、出番が見込めるタイミングで負傷したりとチャンスを不意にし、今年1月に2022年1月のエバートン行きに続くローンでフランクフルトに活躍の場を求めた。 だが、その今季もあと数カ月で終わるというなか、出場数を増やせず、ここまでブンデスリーガ7試合の出場のみ。14日に行われた第29節のシュツットガルト戦で4試合ぶりに出場が巡ったが、この試合も途中からと思ったよりも出番が限られる。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フランクフルトは固定額1100万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1400万ユーロ(約22億9000万円)からなる買取オプションの行使を見送るという。 となれば、ユナイテッド復帰が既定路線となる今後だが、夏のマーケットでは改めて新たな章、新たなクラブを探すことになるそうだ。 今月18日には27歳となるファン・デ・ベーク。年齢的にも働き盛りとあって、そろそろ活躍先を見つけ出したいところだが、いかに。 2024.04.16 11:50 Tue

ユナイテッドがチェルシー下し2季連続のファイナルへ! トッテナムは宝田&籾木のレスターを退け初の決勝進出【女子FAカップ】

14日、女子FAカップ準決勝の2試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが決勝進出を決めた。 なでしこジャパンのMF宮澤ひなたを擁するユナイテッドと、同FW浜野まいかが所属するチェルシーによる昨季決勝の再現は、ユナイテッドが逃げ切り勝ちを収めた。宮澤と浜野はともにベンチ入りするも、出場はなかった。 ユナイテッドはキックオフ直後の1分にルシア・ガルシアが試合を動かす。裏へのロングボールへ背走しながら対応したチェルシーDFエーヴ・ペリセが処理を誤り、これを拾ったリア・ガルトンが左サイドからクロス。スペイン女子代表FWが頭で合わせた。 最高のスタートを切ったユナイテッドはすぐさまチェルシーの反撃を受けるが、これをしのいで追加点を奪取。23分、相手の圧を受けながらもエラ・トゥーンが左サイドで粘って折り返すと、レイチェル・ウィリアムズがヘディング弾を叩き込み、リードを広げる。 以降は追い掛けるチェルシーの猛攻が続き、度々のシュートシーンを迎えるが、フィニッシュが枠に飛ばない。それでもようやくの前半のアディショナルタイム4分、左ポケットを取ったニアム・チャールズのカットバックをローレン・ジェームズが蹴り込んで1点を返す。 後半もチェルシーが怒涛の攻撃を仕掛けるが、51分のジェームズのヘディングはGKメアリー・アープスがミラクルセーブで阻止し、 58分にはヨハンナ・カネリドのシュートをボックス内でブロックしたケイティ・ゼレムの開いた腕に当たったように見えたが、ホイッスルはなし。 カタリナ・マカリオの直接CKはクロスバーにも助けられ、ユナイテッドは計26本のシュートを浴びながらも、最少失点にとどめて粘り勝ち。初優勝へ向け、2季連続の決勝進出を果たした。 一方のチェルシーは4連覇の夢が潰え、女子コンチネンタルカップに続いてタイトルを逃すこととなった。 準決勝のもう1試合は、共にクラブ史上初のベスト4入りを果たしたレスター・シティとトッテナムが対戦。レスターの宝田沙織と籾木結花は揃って先発し、宝田は延長98分、籾木は90分までプレーしたが、チームは延長戦の末に敗れた。 7分の窮地をGKの好セーブでしのいだレスターは、12分にユッタ・ランタラがカットインから強烈な左足の一撃を沈めて先制に成功する。 互いにチャンスを生かせないままレスターリードで終盤まで推移したが、83分、裏へ蹴られたボールをジョシー・グリーンがまさかの空振り。抜け出したジェシカ・ナズが一対一を沈めてトッテナムが試合を振り出しに戻した。 後半の残り時間は追い付いたトッテナムの猛攻をレスターがしのぎ、試合は延長戦に突入。98分のレスターはランタラのFKがクロスバーを叩き、PK戦も見え始めた118分、前に出たのはトッテナムだった。 CKの二次攻撃からこぼれ球を拾ったマチルダ・ヴィンバーグがクロスを送ると、ルアナ・ビューラーがヘディングでつなぎ、最後はマーサ・トーマスが頭でねじ込んだ。これが決勝点となり、トッテナムが初の決勝進出を果たした。 どちらが勝っても初優勝となる決勝は、5月12日にウェンブリー・スタジアムで開催される。なお、昨季は7万7390人が来場した。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ユナイテッドがチェルシーの猛攻に耐え2季連続の決勝進出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Goals from Lucia Garcia and Rachel Williams saw <a href="https://twitter.com/ManUtdWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManUtdWomen</a> take a historical first win over Chelsea that sees them heading to Wembley! <a href="https://t.co/2G6ME1YiHc">pic.twitter.com/2G6ME1YiHc</a></p>&mdash; Adobe Women&#39;s FA Cup (@AdobeWFACup) <a href="https://twitter.com/AdobeWFACup/status/1779559231248572582?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】延長戦終了間際の劇的弾でトッテナムが初の決勝進出</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A semi-final that went all the way to extra-time saw <a href="https://twitter.com/SpursWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@SpursWomen</a> progress to their first ever <a href="https://twitter.com/hashtag/AdobeWomensFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AdobeWomensFACup</a> Final! <a href="https://t.co/DTTA3Tx7G9">pic.twitter.com/DTTA3Tx7G9</a></p>&mdash; Adobe Women&#39;s FA Cup (@AdobeWFACup) <a href="https://twitter.com/AdobeWFACup/status/1779592963062124982?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 21:15 Mon

4戦未勝利のユナイテッド、テン・ハグ監督はチームに一貫性求める「もっとうまくやるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が引き分けに終わったボーンマス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 逆転でのトップ4フィニッシュを目指す6位ユナイテッドは、プレミアリーグで3試合勝ちなしの中、13日の第32節でボーンマスと対戦。序盤の先制を許すも、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスのゴールで追いついたが、すぐさま追加点を許し、1点ビハインドで試合を折り返した。 後半にはイングランド代表MFコビー・メイヌーのシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。これをブルーノ・フェルナンデスが決めて再び追いついたが、あわやPK献上のピンチを迎えながら最後まで勝ち越しゴールも奪えず、2-2のドロー決着となった。 試合後、テン・ハグ監督は多くのチャンスを許してしまった前半の内容を反省。ハーフタイムを経て修正できたと振り返っている。 「我々のチームには立ち直る力やキャラクターがある。我々は勝ちたい。そして我々は2度劣勢から反撃したが、それでも劣勢に立たされてしまった。全くもって不必要なことだ。ボールを失ってはいけないところで3回も失ってしまった」 「我々は必ずしも組織的ではなかった。特に右サイドだ。多少のギャップがあり、相手はそこから利益を得ることができた。我々はもっとうまくやるべきだった」 「後半は良くなった。より責任を負うようになり、サイドも抑えた。後半は2つのことを指示した。1つは、チャンスを作るためにフォーメーションやポジションを乱さず、不安定にならないこと。もう1つは守備の面で自分の仕事をすることだった」 しかし、4試合連続未勝利で7位に後退し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏から遠のく結果に。テン・ハグ監督がチームに求めるのは、1試合通じての奮闘だ。 「この結果は十分ではない。それはわかっている。シーズン終盤に差し掛かってこの結果は十分ではないことはわかっている。そして実際、我々は今日もこれ以上の結果に値しなかった」 「前半にあれだけのチャンスを許せば、チームとしてそれ以上の価値はない。主導権を握らなければならない。チャンスを与えてはいけない。試合をコントロールし、自分のためにゴールを決めなければならない」 「我々は今、問題を抱えているが、自分たちのレベルでプレーしているし、自分たちのレベルにおいてはとても良いプレーができている。しかし、アディショナルタイムまで試合全体を通じてそれをやらなければならない。今日は違った。劣勢に立たされて反撃することになった」 2024.04.14 10:23 Sun

2度のビハインドを追いつくもユナイテッドが痛恨ドローで3戦勝利なし…【プレミアリーグ】

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第32節でボーンマスと対戦し2-2の引き分けに終わった。 リーグ戦3試合勝利のない6位ユナイテッド(勝ち点49)は、前節のリバプール戦と同じスタメンを採用。1トップにホイルンドを据え、2列目に右からガルナチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードを並べた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 前節のルートン・タウン戦で連勝がストップした12位ボーンマス(勝ち点41)に対し、ユナイテッドは16分に失点する。中盤でガルナチョのトラップが大きくなったところをセネシが突っつくと、最前線で反応したソランケがボールを収めると、ペナルティアーク内まで切り込み、シュートをゴール左隅に流し込んだ。 すぐに反撃に出るユナイテッドだったが、なかなか決定機まで持ち込めず拮抗した展開が続く。それでも31分、右クロスのこぼれ球を拾ったラッシュフォードのパスからボックス右深くまで侵入したガルナチョがクロスを供給。ザバルニーにディフレクトし、ふわりと浮いたボールをブルーノ・フェルナンデスが左足ボレーで叩き込んだ。 試合を振り出しに戻したユナイテッドだったが、36分に再び失点する。セネシのパスを左サイド高い位置で受けたクライファートがボックス左から侵入。カットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に吸い込まれた。 勝ち越しを許したユナイテッドは、43分にもアダム・スミスの右クロスからケルケズのヘディングシュートがクロスバー直撃。さらに追加タイム4分には、左FKの二次攻撃からクライファートに決定機を許したが、シュートはGKオナナのセーブに救われた。 迎えた後半、1点を追うユナイテッドはガルナチョを下げてアマドを投入。すると64分、ボックス左手前まで切り込んだメイヌーがシュートを放つと、R・クリスティにディフレクトしたボールがボックス内のA・スミスの右腕に当たると、主審はPKを宣告。このPKをブルーノ・フェルナンデスが難なくゴール右隅に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。このまま試合終了かと思われたが、ユナイテッドは試合終了間際にピンチ。 ボーンマスは95分、4の浮き球のパスを敵陣でケルケズが落とすと、ドリブルで仕掛けたR・クリスティがボックス付近でカンブワラに身体をぶつけられて倒される。主審はすかさずPKを宣告したが、VARの末にボックス手前でのファウルと判定され、PKは取り消された。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のビハインドを追いついたユナイテッドだが、最後まで勝ち越しゴールが奪えず、リーグ戦3試合未勝利となった。 2024.04.14 03:50 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly