メッシがパリ五輪参戦に意欲…マスチェラーノ監督「彼が望むことをするための扉は開かれている」

2023.10.26 23:16 Thu
パリ五輪参戦で史上初の快挙期待されるメッシ
Getty Images
パリ五輪参戦で史上初の快挙期待されるメッシ
インテル・マイアミに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、パリ・オリンピック参戦を希望しているようだ。『ESPN』が伝えている。

現在、36歳とキャリア晩年を過ごすメッシだが、新天地アメリカでは改めて健在ぶりを発揮。引き続きプレーを継続するアルゼンチン代表でも好調を維持している。
そのメッシは、来年6月20日から7月14日までアメリカで開催予定のコパ・アメリカ2024出場への意欲を示しているが、さらに同大会直後に行われるパリ五輪への出場を希望しているようだ。

現在、U-20アルゼンチン代表を率い、メッシとはバルセロナ、アルビセレステで共闘してきたハビエル・マスチェラーノ監督は、アルゼンチン『EFE』で旧知の友人がパリ五輪参戦に意欲を示していることを明かした。

「それについて聞かれたことがあるが、もちろん、レオには代表チームで彼が望むことをするための扉は開かれている」
「彼とはとても仲が良く、ぜひそうなりたいと思っている。現実的には、まず出場資格を得る必要があるがね」

なお、マスチェラーノ監督のチームは、パリ五輪出場に向けて2024年1月20日から2月11日までベネズエラで予定されている南米予選を突破する必要がある。

また、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、2008年の北京五輪ですでに金メダルを獲得しているフットボール界のレジェンドの再出場を夢見ている。

「メッシがそこ(パリ)にいたら素晴らしいだろう。オリンピックはキリアン・ムバッペのような多くのスターの野望だ」

リオネル・メッシにとって、それは再び歴史を刻む機会を意味するだろう。彼はワールドカップに加え、オリンピックで2つの金メダルを獲得した史上唯一のプレーヤーになる可能性がある」

「私は(マスチェラーノ)監督の決定に介入したくないが、メッシにとっては素晴らしいチャンスになるだろう」

「もし彼がプレーすれば、アルゼンチンが金メダルを獲得する可能性はさらに高まる。それはフットボールやオリンピックにとっても素晴らしいことであり、我々は成功を収めるつもりだ」
関連ニュース

「決意と勝利の意欲が実現させた」UAE相手に苦しんだ韓国、土壇場での劇的勝利にファン・ソンホン監督「彼らを称賛したい」

U-23韓国代表のファン・ソンホン監督が、U-23UAE代表戦を振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)が伝えた。 16日、AFC U23アジアカップ グループB第1節で韓国はUAEと対戦した。U-23日本代表と同じグループの一戦。日本のライバル同士の戦いとなった中、試合は堅い展開となる。 互いにゴールを譲らず、拮抗したまま時間だけが推移。ゴールレスドローに終わるかと思われた中、後半アディショナルタイム4分に韓国が先制。右CKからのクロスをイ・ヨンジュンが見事にヘディングで合わせ、1-0で韓国が勝利を収めた。 土壇場での白星スタートとなった韓国。ファン・ソンホン監督は試合後に振り返り、難しい試合になったと振り返った。 「どんなトーナメントであっても、初戦はバリエーションが多く、いつでも難しいものだ。今日もそうだった。とても難しい試合になったが、選手たちの決意と勝利の意欲が実現させた」 コレクティブなサッカーをするUAEを前に苦しんだ韓国。後半はプラン変更があった中でチャンスを作り出せず。それでも、しっかりと戦い抜いた結果が、土壇場での勝ち点3に繋がったとした。 「後半、我々は攻撃プランを変更した。アタッキングサードのハーフスペースを活用しようとしたが、その努力は効果的ではなく、期待通りにはいかなかった」 「しかし、選手たちは依然として予定通りプレーした。私のゲームプランに沿ったものであり、その点では彼らを称賛したいと思う」 これで日本と韓国が勝利でスタート。韓国はU-23中国代表と19日に対戦。日本と共に、連勝すればグループステージ突破が決定する。 <span class="paragraph-title">【動画】拮抗した両者の戦いは最終盤に劇的ドラマが!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NdaaATmrHuI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 11:55 Wed

「転機は相手が退場した時」数的優位でU23日本代表を苦しめたU23中国代表、指揮官は敗戦も満足感「概ね満足」

U-23中国代表のチョン・ヤオドン監督が、U-23日本代表戦を振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)が伝えた。 16日、AFC U23アジアカップのグループB第1節が行われ、中国は日本と対戦した。 2008年の自国開催となった北京五輪以来の出場を目指す中国。8大会連続での出場を目指す日本を前に、開始8分で松木玖生にゴールを決められて失点。しかし、17分に西尾隆矢がヒジ打ちで一発退場となり、数的優位に立つ。 中国は人数の差を活かして徐々に押し込み始め、フィジカルを活かしたプレー、ロングボールを多用。また、セットプレーでも何度か日本ゴールに迫ったが、上手く守られてしまい、1-0のまま敗戦となった。 チョン・ヤオドン監督は、試合後に日本戦を振り返り、力の差があることは認識していたとのこと。ただ、相手が1人少なくなったことで戦い方を変えて攻め込めたとした。 「日本代表が我々よりもはるかに強いことは分かっていた」 「普段はカウンターに頼っているが、前半は相手が選手を1人欠いたことを利用しようとしていた」 「転機となったのは相手の選手が1人退場になった時だ。その後、フォーメーションを少し前に進めるようにし、いくつかチャンスを作ることができた。しかし得点できなかったことは残念だ」 「全体として、この試合は非常に激しく、エキサイティングなものだったと思うし、選手たちには概ね満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】松木玖生の圧巻ボレーも一発退場で厳しい試合に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hszXHBrGzek";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 11:45 Wed

後半AT弾の韓国がUAEを退け白星スタート【AFC U-23アジアカップ】

AFC U23アジアカップのグループB第1節、U-23韓国代表vsU-23UAE代表が16日に行われ、1-0で韓国が勝利した。 3.5枠のパリ・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選となる今大会。グループ上位2カ国が準々決勝に進むこととなる中、両国はU23日本代表、U-23中国代表が同居するグループBに入った。 ファン・ソンホン監督率いる韓国は、欧州組の主力を招集できなかった中、UAE相手に押し込む入りとすると14分、イ・ガンヒの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKタウヒードの好守に阻まれた。 そして18分には先制しかける。ボックス手前右からのファン・ジェウォンのコントロールシュートが左ポストに直撃。ルーズボールに反応したボックス右のカン・サンユンがクロスを送り、アン・ジェジュンがヒールでゴールへ流し込んだが、VARでカン・サンユンのポジションがオフサイドでノーゴールとなった。 その後も主導権を握っていた韓国だったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、56分にショートコーナーからイ・ガンヒが決定的なヘディングシュートを放った韓国だったが枠を外すと、その後は膠着状態に持ち込まれてしまう。 終盤の87分にはカン・ソンジンのヘディングシュートで均衡を破ったかに思われたが、クロスを上げたカン・サンユンにオフサイドがありノーゴールに。 それでも12分の追加タイムがあった中、同4分に決勝弾が生まれる。イ・テソクの右CKからイ・ヨンジュンのヘディングシュートが決まった。これが決勝点となって韓国が白星スタートを切っている。 U-23韓国代表 1-0 U-23UAE代表 【U-23韓国代表】 イ・ヨンジュン(後49) ◆グループB順位表 1.日本(勝ち点3、得失点差+1) 1.韓国(勝ち点3、得失点差+1) 3.中国(勝ち点0、得失点差-1) 3.UAE(勝ち点0、得失点差-1) 2024.04.17 02:48 Wed

「一から戦い直そう」数的不利のHTの反応を語った藤田譲瑠チマ、苦しみながらも勝ち点3に「良い流れに乗れる」

U-23日本代表のキャプテンMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)が、U-23中国代表戦を振り返った。 16日、パリ・オリンピック出場を目指す日本は最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップで中国と対戦した。 8大会連続8度目のオリンピック出場を目指す中、試合は8分に松木玖生(FC東京)が山田楓喜(東京ヴェルディ)のクロスに合わせて先制する。 しかし、17分に西尾隆矢(セレッソ大阪)が相手をヒジ打ちしたとして一発退場。70分以上を数的不利で戦う中、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)のビッグセーブやその他の選手たちのハードワークもあり1-0で勝利。白星スタートとなった。 厳しい戦いを勝利で終えた日本。試合後のフラッシュインタビューに応じた藤田は数的不利に早い時間帯になったことについて言及。「早い段階で得点できたのは良いんですけど、すぐにレッドカードが出てしまって自分たちが難しくなるシチュエーションでした」と振り返り、「チームとして90分間うまく失点なしで行けたので、プラスに捉えていければと思います」と、1人少ないながらもしっかりとゼロで抑えられたことを喜んだ。 パリ・オリンピックに向けた大事な初戦。試合に臨む意気込みについては「いつも通り、今までやってきたことしかできないので、特別なことはしようとせず、今まで培ってきたものを出そうと思っていました」とコメント。その中でのアクシデントを受け、ハーフタイムには「今の状況は仕方ないからやるしかないという言葉が出ていましたし、チームとして、また一から戦い直そうという話はしました」と、しっかりと切り替えることができたという。 その中での勝利は「すごく大きいと思います」と語る藤田。「今後にも響いてきますし、自分たちも初戦勝てたことで良い流れに乗れると思うので、この流れに乗ったまま今後の試合も戦っていきたいと思います」と、苦しんだ末の勝利は勢いになると語った。 中2日で迎えるのはUAE戦。「まずは良い準備をして次の試合も勝てるようにしたいですし、チームとして勢いを持って試合に臨めるように、自分自身意識的に声をかけていきたいと思います」とコメント。キャプテンとして、しっかりとチームを牽引していきたいと語った。 UAE戦は19日(金)の24時30分キックオフ。DAZNとNHKで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】練習どおり!山田楓喜のクロスを松木玖生が鮮やかダイレクトボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FV92D6V87DM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大ピンチを救った守護神・小久保玲央ブライアンの神懸かりセーブ!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/wKC1xsgC4d">pic.twitter.com/wKC1xsgC4d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1780238101283041308?ref_src=twsrc%5Etfw">April 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.17 01:18 Wed

「1点を守り切ることしか考えなかった」ビッグセーブで勝利を呼び込んだGK小久保玲央ブライアン、白星貢献に「落ち着いてプレーできた」

ビッグセーブ連発でクリーンシートに貢献したU-23日本代表のGK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)が、U-23中国代表戦を振り返った。 16日、パリ・オリンピック出場を目指す日本は最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップで中国と対戦した。 8大会連続8度目のオリンピック出場を目指す中、試合は8分に松木玖生(FC東京)が山田楓喜(東京ヴェルディ)のクロスに合わせて先制する。 しかし、17分に西尾隆矢(セレッソ大阪)が相手をヒジ打ちしたとして一発退場。70分以上を数的不利で戦う中、小久保のビッグセーブやその他の選手たちのハードワークもあり1-0で勝利。白星スタートとなった。 厳しい戦いを勝利で終えた日本。試合後のフラッシュインタビューに応じた小久保は「守備陣を中心に、松木玖生が前半に決めた1点を守り切ることしか考えていなかったです」とコメント。難しい戦いとなったと振り返った。 「1枚少なくなるので、相手もラフに入れてきたりだとか、その分自分たちが(ボールを)握れなくなるということが大変だったので、誰もミスせずにシンプルにやろうというのがありました」 守備陣でしっかりとカバーし、シンプルにプレーしてミスからのピンチを防いだという小久保。自身は前後半を通してビッグセーブで決定機を防ぐ活躍を見せた。 「自分の中でも落ち着いてプレーできたかなと思います」と語る小久保。「チームを助けるプレーができて、勝利に貢献できて良かったです」と、守備で貢献できたことを喜んだ。 改めてアジアの厳しさを感じた初戦。「こうして初戦から再確認できたので、2戦目、3戦目と続きますが、回復して2戦目に向かえればと思います」と語った小久保は、しっかりと戦い2戦目に向かいたいとした。 「今日は1人少なくなって守備しかできず、自分たちの持ち味が出せませんでした。中2日で少しでもコミュニケーションをとって、少しでも修正して、2戦目に向かえればと思います」 「勝ち点3を取って、グループリーグを突破したいので引き続き応援よろしくお願いします」 この日は現地でも声援を受けたが「自分たちにとって励みになりますし、違う国でやっていることで、サポーターが背中を押してくれるだけで力にになります」と語った小久保。まさに背中に声を背負ってゴールを死守する姿は、守護神そのものだった。 UAE戦は19日(金)の24時30分キックオフ。DAZNとNHKで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】大ピンチを救った守護神・小久保玲央ブライアンの神懸かりセーブ!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/wKC1xsgC4d">pic.twitter.com/wKC1xsgC4d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1780238101283041308?ref_src=twsrc%5Etfw">April 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.17 00:58 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly