旗手&前田が今季初ゴール! 守護神ハートが前半退場もセルティックが今季初のリーグ3連勝【スコティッシュ・プレミアシップ】

2023.09.23 22:28 Sat
Getty Images
セルティックは23日、アウェイで行われたスコティッシュ・プレミアシップ第6節でリヴィングストンFCと対戦し、3-0で勝利した。
PR
リーグ戦では直近2連勝も、チャンピオンズリーグ(CL)初戦となったフェイエノールト戦では2人の退場者の影響もあり、0-2の完敗スタートとなったセルティック。心身ともにダメージが残る敗戦からリバウンドメンタリティが試された一戦では、FW古橋亨梧、FW前田大然、MF旗手怜央の3選手が引き続きスタメン。DF岩田智輝はベンチ、DF小林友希はメンバー外となった。
立ち上がりから押し込む入りを見せたセルティックは、旗手と前田の左サイドを起点に攻め手を窺う。だが、10分には相手のロングボールを使った攻撃に守備が破られ、GKハートの好守とマクレガーのゴールカバーで難を逃れる場面も。

それでも、この直後にボックス内で古橋が際どい右足シュートでゴールを脅かすと、14分にはボックス内へタイミング良く抜け出した旗手が相手DFのファウルを誘ってPK獲得。旗手自らキッカーを務めると、右を狙ったシュートは相手GKに読まれたが、うまく脇下を抜けたシュートがゴールネットを揺らした。

旗手の今季初ゴールで先制に成功したアウェイチームだが、以降もややバタつくシーンが目に付くと、28分にはディフェンスラインの背後に抜け出した相手FWをエリア外に飛び出したGKハートがアフターチャージの形で倒してしまう。これが決定機阻止と判断されて、フェイエノールト戦に続いて退場者を出すことに。ロジャーズ監督は前線のフォレストを削り、控えGKベインを投入した。
1点のリードはあるものの、残り60分近くで数的不利を背負うことになったフープス。ここからは前田や古橋のスピードを生かしたロングカウンターを意識しつつも、後ろ重心の戦い方にシフト。何度かボックス内で際どいシーンを作られたが、何とか1点リードで試合を折り返した。

後半も守勢が予想されたセルティックだったが、日本人FW2人の絡みから貴重な追加点が生まれる。48分、右サイドの古橋が深い位置からクロスを入れると、ファーに飛び込んだ前田が反応。ダイレクトシュートはミートし切らずにGKにはじき出されるが、ゴール前でこぼれに反応したオライリーが冷静に押し込んだ。

これで点差を広げたものの、直後にはGKベインのボックス内での不用意なボールロストから、あわや失点という場面を招くなど気の抜けない状況が続く。また、徐々に相手の攻勢を受ける展開を受け、ロジャーズ監督は61分に旗手を下げて岩田を投入。今季リーグ戦初出場の岩田はボランチに入った。

67分には再び日本人FWの連携から決定機。右サイドのスペースに抜け出した古橋が完璧なクロスを供給。だが、ボックス中央でシュートを試みた前田は、タッチがひとつ余分となって飛び出したGKにうまく間合いを潰されてはじき出された。

71分に古橋がお役御免となり、オ・ヒョンギュの投入で3度の交代機会を使い切ったセルティック。以降はオ・ヒョンギュがトドメの3点目こそ逃したものの、守備では時間の経過と共に安定感が増した。

その後、試合終了間際の95分には高い位置でDFからボールを奪った前田がそのままボックス右に持ち込んで鮮やかな左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺すファインフィニッシュ。旗手に続き待望の今季初ゴールを奪取し、トドメの3点目とした。そして、旗手と前田の活躍もあって敵地で勝ち切ったセルティックが、CL敗戦を払拭すると共にリーグ戦初の3連勝を飾った。

リヴィングストン 0-3 セルティック
【セルティック】
旗手怜央(14分[PK])
オライリー(48分)
前田大然(95分)

PR
関連ニュース

前田が今季5点目!大量7ゴールでダンディー粉砕のセルティックがリーグ戦連勝!!【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは28日、スコティッシュ・プレミアシップ第28節でダンディーFCと対戦し7-1で圧勝した。 3日前に行われたマザーウェル戦でリーグ戦2試合ぶりの白星を飾った2位セルティック(勝ち点65)が、6位ダンディーFC(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 この試合でセルティックは、FW前田大然とDF岩田智輝がスタメン入り、FW古橋享梧がベンチスタート。負傷中のMF旗手怜央、DF小林友希はベンチ外となった。 5バックを敷くダンディーFCに対し、セルティックは7分にセットプレーから先制する。ボックス右横で獲得したFKからオライリーがクロスを供給すると、ファーサイドのカーター=ヴィッカーズがヘディングシュートをゴールに叩き込んだ。 先制点で主導権を握ったセルティックは18分、ヤン・ヒョンジュンにパスで右サイド深くまでオーバーラップしたアリスター・ジョンストンのクロスをゴール前のイダーが頭で流し込み、追加点。さらに22分にも、バイタルエリア左でパスを受けたテイラーがアーリークロスを供給すると、ゴール前に飛び込んだオライリーがダイビングヘッドをゴールネットを揺らした。 その後も攻勢を続けるセルティックは、30分にオライリーの斜めのパスをボックス右で受けた前田がトラップで相手DFをかわすと、左足のコントロールショットをゴール左隅に流し込み、4点目。 さらに35分には、アリスター・ジョンストンのアーリークロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前に走り込んだテイラーが、前半終了間際にはC・マクレガーがネットを揺らし、6点リードで前半を終えた。 迎えた後半、セルティックは59分にイダー、カーター=ヴィッカーズ、テイラーを下げて古橋、ラルストン、ウェルシュを投入する3枚替えを敢行。すると63分、アリスター・ジョンストンのスルーパスでボックス右横まで駆け上がったヤン・ヒョンジュンがマイナスに折り返すと、ケリーがダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 76分にF・ロバートソンが退場したことで数的優位となったセルティックは、84分にマイケル・メロンのゴールで1点を返されたが、試合はそのまま7-1でタイムアップ。 前半のゴールラッシュでダンディーFCに圧勝したセルティックが、リーグ戦連勝を飾り、首位レンジャーズを追走している。 セルティック 7-1 ダンディーFC 【セルティック】 カーター=ヴィッカーズ(前7) イダー(前18) オライリー(前22) 前田大然(前30) テイラー(前36) C・マクレガー(前51) ケリー(後18) 【ダンディーFC】 メロン(後39) 2024.02.29 06:49 Thu

「世界No.1」称賛集まるリバプールの2番手GKケレハー、2024年夏がキャリアのターニングポイントか

リバプールの2番手守護神、アイルランド代表GKクィービーン・ケレハー(25)への称賛が世界各国のサポーターから集まっている。 リバプールは25日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝戦でチェルシーに1-0と勝利。チームが野戦病院と化し、若手を大量起用せざるを得ない状況下、延長後半にヴィルヒル・ファン・ダイクが圧巻のヘディング弾をぶち込んだ。 主将の1発に至るまでには、ケレハーの好セーブ連発があったことを忘れるわけにはいかない。正守護神アリソン・ベッカーの不在により大舞台を託された25歳は、2番手GKであることを忘れさせるほどの活躍をこの一戦で披露している。 日本でも深夜のXトレンドランキング上位に「ケレハー」が登場するほどの躍動だったわけだが、それはもちろん現地でも同じ。 「信じられん…」「ワールドクラス」「彼がいなければ負けていたかも」「芸術的存在」「世界No.1」「世界No.1の2番手GK」などなど、数多の称賛がイングランドから”因縁深い隣国”アイルランドのシュートストッパーに寄せられた。 さて、そんなケレハーだが、2024年夏のリバプール退団も囁かれているのをご存知だろうか。 イギリス『フットボール・インサイダー』は先月下旬、「リバプールとの契約を2026年6月まで残すケレハーの獲得をセルティックが検討中」と紹介。先日引退を発表したジョー・ハート(36)の後継者に据えるプランだとされる。 リバプールの要求は2000万ポンド(約38億1000万円)と決して安くなく、この額を満額支払えばクラブレコードとなるセルティックは買い取りオプション付きレンタルを模索し協議…その後の進展は伝えられていない。 どうやらセルティック以外にもケレハーに関心を寄せるクラブがあるとのことだが、聖地ウェンブリー・スタジアムでMVP級の活躍を披露した2番手GKをリバプールはどう扱うのか。 ケレハーは今季の活躍を通じ、勝ち点を拾えるGKであることを証明しているだけに、今回の活躍を経て、今後ますます他クラブからの関心が高まっていくかもしれない。 2024年夏は間違いなく選手キャリアのターニングポイントだろう。 2024.02.26 18:30 Mon

日本人3人が先発したセルティックが試合終了間際の連続ゴールでマザーウェルに逆転勝利!【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは25日、スコティッシュ・プレミアシップ第27節でマザーウェルと対戦し3-1で勝利した。 前節のキルマーノック戦を1-1の引き分けに終わった2位セルティック(勝ち点62)が、2試合勝利のない9位マザーウェル(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。この試合ではFW古橋享梧、FW前田大然、DF岩田智輝がスタメン入り、負傷中のMF旗手怜央、DF小林友希はベンチ外となった。 セルティックは開始早々の3分にピンチ。中盤からのスルーパスでDFラインの裏に抜け出したベアにボックス右まで侵入されると、カットインからネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後はポゼッションで上回るセルティックが主導権を握ったが、思うようにシュートまで持ち込めないまま時間が経過。すると43分、セルティックは右サイドを突破したミラーのパスからスピッタルにミドルシュートを叩き込まれ、1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、セルティックは古橋を下げてイダーを投入。すると51分、テイラーの左クロスからイダーがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻す。 後半早い時間に追いついたセルティックは、71分にも11のパスでボックス右に侵入したアリスター・ジョンストンのクロスに前田が飛び込んだが、ヘディングシュートは枠を左に外れた。 1-1のまま後半アディショナルタイムに突入すると、セルティックは94分に試合をひっくり返す。ヤン・ヒョンジュンのパスをボックス右で受けたアリスター・ジョンストンの折り返しをニアサイドのイダーがワンタッチで流し込んだ。 逆転に成功したしたセルティックは、試合終了間際の97分にもボックス右のヤン・ヒョンジュンが供給したダイレクトクロスをファーサイドのパルマが流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。首位レンジャーズを追走するセルティックが苦しみながらもリーグ戦2試合ぶりの白星を飾った。 2024.02.26 08:00 Mon

セルティックの守護神、元イングランド代表GKハートが今季限りで現役引退を決断…シティでは2度のプレミア制覇

セルティックに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 シュルーズベリーの下部組織出身のハート。2006年7月にマンチェスター・シティへ完全移籍すると、トランメア・ローヴァーズ、ブラックプール、バーミンガム・シティへとレンタル移籍を経験した。 2010-11シーズンから正守護神としてプレーした。シティでは公式戦348試合に出場。2度のプレミアリーグ優勝を経験すると、しかし、2016年に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下では足元の技術が求められると、クラウディ・ブラーボにポジションを奪われることに。すると、トリノ、ウェストハムへとレンタル移籍を経験し、 2018年にバーンリーへと完全移籍した。その後、トッテナムを経て、2021年からセルティックへ完全移籍しプレーしていた。 セルティックでは正守護神としてプレー。アンジェ・ポステコグルー監督の下でスコティッシュ・プレミアシップ連覇、リーグカップ連覇を経験。ここまで138試合に出場し、今季も正守護神としてプレーしていた。 イングランド代表としても75試合に出場し、ユーロやワールドカップを経験していた。 セルティックはハートについて「最近クラブに自身の決断をつて、長年一緒に仕事をしてきt親友でもあるメンタルパフォーマンスコーチのジェイミー・エドワーズに引退決断を話した」としている。 ブレンダン・ロジャーズ監督は守護神の引退に「ジョーは驚異的なキャリアを楽しんでおり、夏についにサッカー選手を引退する。試合にいなくなるのは非常に寂しいことになる」とコメントした。 2024.02.22 22:20 Thu

古橋が公式戦2戦連発もセルティックは土壇場被弾で痛恨ドロー【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第26節でキルマーノックと対戦し1-1の引き分けに終わった。 先週行われたスコティッシュカップ5回戦のセント・ミレン戦を古橋享梧と前田大然のゴールで勝利した首位セルティック(勝ち点61)は、この試合でも古橋とFW前田をスタメンで起用。DF岩田智輝がベンチスタート、負傷中のMF旗手怜央とDF小林友希はベンチ外となった。 4位キルマーノック(勝ち点36)に対し、立ち上がりからボールを握ったセルティックは11分、C・マクレガーのラストパスをボックス左で受けたパルマがカットインから決定機。しかし、シュートは絶妙な飛び出しで距離を詰めたGKに防がれた。 その後も攻勢を続けるセルティックは、32分にスコアを動かす。ボックス内のオライリーが落としたボールをボックス右手前で受けたラルストンのクロスを古橋が頭でゴールに叩き込んだ。 先制したセルティックは、前半追加タイム2分にもボックス左から侵入したパルマのシュートのこぼれ球をボックス中央のオライリーがシュート。さらにGKデニスが弾いたボールを再びオライリーが頭で狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 迎えた後半も主導権を握ったセルティックは、53分にウェルシュの縦パスを古橋はワンタッチで繋ぐと、これを受けたオライリーがボックス手前からゴールを狙ったが、シュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、セルティックは68分に前田を下げてキューン、80分に古橋を下げてオ・ヒョンギュを投入した。 このまま終了かと思われたが、セルティックは後半アディショナルタイムに失点を許す。91分、中盤でボールを持ったスチュワートが早いタイミングでゴール前にロングパスを供給すると、ジョー・ライトがフリックしたボールをボックス左横で拾ったマレーがクロス。これをファーサイドのワトソンにヘディングでゴールに流し込まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。古橋が公式戦連発弾を守り切れなかったセルティックが、ホームで痛恨のドローとなった。 セルティック 1-1 キルマーノック 【セルティック】 古橋享梧(前32) 【キルマーノック】 ワトソン(後47) 2024.02.18 02:20 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly