上田不在もフェイエノールトが白星発進…日本人選手4人出場のセルティックは後半2人の退場者が響き黒星スタート【CL】

2023.09.20 06:06 Wed
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第1節、フェイエノールトvsセルティックが19日にデ・カイプで行われ、ホームのフェイエノールトが2-0で勝利した。
PR
昨シーズンのエールディビジを制して久々にCLの舞台に返り咲いたフェイエノールト。連覇を狙う今季の国内リーグでは開幕2戦連続ドローも、そこからの3連勝で調子を上げて良い形でCL初戦を迎えた。なお、CLデビューが期待されたFW上田綺世は日本代表で負った太もものケガで招集外となった。
一方、スコットランド3冠王者のセルティックは、2分け4敗の未勝利で終わった昨季CLのリベンジに燃える。ロジャーズ監督が再任した今季ここまではリーグカップ初戦敗退という屈辱を味わうも、リーグ戦ではまずまずの滑り出しを見せる。初戦勝利を目指したこのアウェイゲームではFW古橋亨梧とFW前田大然、MF旗手怜央がスタメンを飾り、DF岩田智輝はベンチスタート。DF小林友希は招集外となった。

比較的プレースタイルが似通ったチーム同士ということもあり、序盤から攻守両面で主導権争いが続いていく。セルティックは日本人3選手を中心に前線から積極的にプレスを仕掛けてボールを奪いかけるシーンを作り出すが、ショートカウンターをフィニッシュで完結できない。

一進一退の攻防が続く中、15分にはセルティックに最初のチャンス。ショートカウンターから中央で持ち上がった旗手が右足のミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKの守備範囲。
その後は中盤での潰し合いが目立つクローズな展開に。それでも、34分にはフェイエノールトがショートカウンターからミンテのミドルシュート。37分には旗手のスルーパスに抜け出した右サイドの前田がボックス付近まで運んでの左足シュートと、互いに惜しい場面を作り出す。

前半終盤にかけてはホームチームが優勢に進めると、ハーフタイム直前にゴールが生まれる。前半アディショナルタイム2分、ボックス手前右の位置で得たFKの場面でキッカーのステングスが壁に入った味方が動いて空けたスペースに左足のシュートを蹴り込むと、GKハートの手前でバウンドし球足が伸びたボールが右隅に決まった。

フェイエノールトの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗。ただ、前半同様にフェイエノールトがより効果的にフィニッシュへ繋げていく。

一方、古橋の果敢なプレスから惜しいカウンターチャンスを作り出したものの、攻撃が停滞するセルティック。58分には旗手とパルマを下げてホルム、ヤン・ヒョンジュンを同時投入。だが、ここから勝負というタイミングで続けてのアクシデントに見舞われる。

まずは63分、ボックス内でパイシャオンをやや不運な形で倒したDFラガービエルケがPK献上と共に2枚目のイエローカードをもらって退場に。パイシャオンのPKはGKハートが見事な反応ではじき出すが、68分には途中投入のホルムが足裏を見せた危険なタックルを見舞って一発退場に。

これで9人での戦いを強いられたセルティックは、古橋を下げてCLデビューの岩田をセンターバックに投入。70分のヘールトライダのゴールは際どいオフサイド判定に救われるが、76分には波状攻撃からジャハンバフシュに決定的な2点目を決められてしまう。

これで試合の大勢が決した中、ロジャーズ監督はこれ以上傷口を広げないため、前田らを下げて現状のスコア維持を意識した戦い方にシフト。一方、フェイエノールトはリスク管理を行いながらも積極的に3点目を目指す。だが、リングルのゴールが再びオフサイドで取り消されるなど、三度アウェイチームのゴールをこじ開けるまでには至らず。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、決定力と数的優位を生かしたフェイエノールトが白星スタート。一方、セルティックは未勝利に終わった昨季に続き厳しい敗戦スタートとなった。

PR
関連ニュース

「世界No.1」称賛集まるリバプールの2番手GKケレハー、2024年夏がキャリアのターニングポイントか

リバプールの2番手守護神、アイルランド代表GKクィービーン・ケレハー(25)への称賛が世界各国のサポーターから集まっている。 リバプールは25日、EFLカップ(カラバオカップ)決勝戦でチェルシーに1-0と勝利。チームが野戦病院と化し、若手を大量起用せざるを得ない状況下、延長後半にヴィルヒル・ファン・ダイクが圧巻のヘディング弾をぶち込んだ。 主将の1発に至るまでには、ケレハーの好セーブ連発があったことを忘れるわけにはいかない。正守護神アリソン・ベッカーの不在により大舞台を託された25歳は、2番手GKであることを忘れさせるほどの活躍をこの一戦で披露している。 日本でも深夜のXトレンドランキング上位に「ケレハー」が登場するほどの躍動だったわけだが、それはもちろん現地でも同じ。 「信じられん…」「ワールドクラス」「彼がいなければ負けていたかも」「芸術的存在」「世界No.1」「世界No.1の2番手GK」などなど、数多の称賛がイングランドから”因縁深い隣国”アイルランドのシュートストッパーに寄せられた。 さて、そんなケレハーだが、2024年夏のリバプール退団も囁かれているのをご存知だろうか。 イギリス『フットボール・インサイダー』は先月下旬、「リバプールとの契約を2026年6月まで残すケレハーの獲得をセルティックが検討中」と紹介。先日引退を発表したジョー・ハート(36)の後継者に据えるプランだとされる。 リバプールの要求は2000万ポンド(約38億1000万円)と決して安くなく、この額を満額支払えばクラブレコードとなるセルティックは買い取りオプション付きレンタルを模索し協議…その後の進展は伝えられていない。 どうやらセルティック以外にもケレハーに関心を寄せるクラブがあるとのことだが、聖地ウェンブリー・スタジアムでMVP級の活躍を披露した2番手GKをリバプールはどう扱うのか。 ケレハーは今季の活躍を通じ、勝ち点を拾えるGKであることを証明しているだけに、今回の活躍を経て、今後ますます他クラブからの関心が高まっていくかもしれない。 2024年夏は間違いなく選手キャリアのターニングポイントだろう。 2024.02.26 18:30 Mon

日本人3人が先発したセルティックが試合終了間際の連続ゴールでマザーウェルに逆転勝利!【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは25日、スコティッシュ・プレミアシップ第27節でマザーウェルと対戦し3-1で勝利した。 前節のキルマーノック戦を1-1の引き分けに終わった2位セルティック(勝ち点62)が、2試合勝利のない9位マザーウェル(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。この試合ではFW古橋享梧、FW前田大然、DF岩田智輝がスタメン入り、負傷中のMF旗手怜央、DF小林友希はベンチ外となった。 セルティックは開始早々の3分にピンチ。中盤からのスルーパスでDFラインの裏に抜け出したベアにボックス右まで侵入されると、カットインからネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後はポゼッションで上回るセルティックが主導権を握ったが、思うようにシュートまで持ち込めないまま時間が経過。すると43分、セルティックは右サイドを突破したミラーのパスからスピッタルにミドルシュートを叩き込まれ、1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、セルティックは古橋を下げてイダーを投入。すると51分、テイラーの左クロスからイダーがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻す。 後半早い時間に追いついたセルティックは、71分にも11のパスでボックス右に侵入したアリスター・ジョンストンのクロスに前田が飛び込んだが、ヘディングシュートは枠を左に外れた。 1-1のまま後半アディショナルタイムに突入すると、セルティックは94分に試合をひっくり返す。ヤン・ヒョンジュンのパスをボックス右で受けたアリスター・ジョンストンの折り返しをニアサイドのイダーがワンタッチで流し込んだ。 逆転に成功したしたセルティックは、試合終了間際の97分にもボックス右のヤン・ヒョンジュンが供給したダイレクトクロスをファーサイドのパルマが流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。首位レンジャーズを追走するセルティックが苦しみながらもリーグ戦2試合ぶりの白星を飾った。 2024.02.26 08:00 Mon

セルティックの守護神、元イングランド代表GKハートが今季限りで現役引退を決断…シティでは2度のプレミア制覇

セルティックに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 シュルーズベリーの下部組織出身のハート。2006年7月にマンチェスター・シティへ完全移籍すると、トランメア・ローヴァーズ、ブラックプール、バーミンガム・シティへとレンタル移籍を経験した。 2010-11シーズンから正守護神としてプレーした。シティでは公式戦348試合に出場。2度のプレミアリーグ優勝を経験すると、しかし、2016年に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下では足元の技術が求められると、クラウディ・ブラーボにポジションを奪われることに。すると、トリノ、ウェストハムへとレンタル移籍を経験し、 2018年にバーンリーへと完全移籍した。その後、トッテナムを経て、2021年からセルティックへ完全移籍しプレーしていた。 セルティックでは正守護神としてプレー。アンジェ・ポステコグルー監督の下でスコティッシュ・プレミアシップ連覇、リーグカップ連覇を経験。ここまで138試合に出場し、今季も正守護神としてプレーしていた。 イングランド代表としても75試合に出場し、ユーロやワールドカップを経験していた。 セルティックはハートについて「最近クラブに自身の決断をつて、長年一緒に仕事をしてきt親友でもあるメンタルパフォーマンスコーチのジェイミー・エドワーズに引退決断を話した」としている。 ブレンダン・ロジャーズ監督は守護神の引退に「ジョーは驚異的なキャリアを楽しんでおり、夏についにサッカー選手を引退する。試合にいなくなるのは非常に寂しいことになる」とコメントした。 2024.02.22 22:20 Thu

古橋が公式戦2戦連発もセルティックは土壇場被弾で痛恨ドロー【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第26節でキルマーノックと対戦し1-1の引き分けに終わった。 先週行われたスコティッシュカップ5回戦のセント・ミレン戦を古橋享梧と前田大然のゴールで勝利した首位セルティック(勝ち点61)は、この試合でも古橋とFW前田をスタメンで起用。DF岩田智輝がベンチスタート、負傷中のMF旗手怜央とDF小林友希はベンチ外となった。 4位キルマーノック(勝ち点36)に対し、立ち上がりからボールを握ったセルティックは11分、C・マクレガーのラストパスをボックス左で受けたパルマがカットインから決定機。しかし、シュートは絶妙な飛び出しで距離を詰めたGKに防がれた。 その後も攻勢を続けるセルティックは、32分にスコアを動かす。ボックス内のオライリーが落としたボールをボックス右手前で受けたラルストンのクロスを古橋が頭でゴールに叩き込んだ。 先制したセルティックは、前半追加タイム2分にもボックス左から侵入したパルマのシュートのこぼれ球をボックス中央のオライリーがシュート。さらにGKデニスが弾いたボールを再びオライリーが頭で狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 迎えた後半も主導権を握ったセルティックは、53分にウェルシュの縦パスを古橋はワンタッチで繋ぐと、これを受けたオライリーがボックス手前からゴールを狙ったが、シュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、セルティックは68分に前田を下げてキューン、80分に古橋を下げてオ・ヒョンギュを投入した。 このまま終了かと思われたが、セルティックは後半アディショナルタイムに失点を許す。91分、中盤でボールを持ったスチュワートが早いタイミングでゴール前にロングパスを供給すると、ジョー・ライトがフリックしたボールをボックス左横で拾ったマレーがクロス。これをファーサイドのワトソンにヘディングでゴールに流し込まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。古橋が公式戦連発弾を守り切れなかったセルティックが、ホームで痛恨のドローとなった。 セルティック 1-1 キルマーノック 【セルティック】 古橋享梧(前32) 【キルマーノック】 ワトソン(後47) 2024.02.18 02:20 Sun

「うますぎじゃない?」「よく蹴り込んだ」古橋亨梧が見事なランニングからダイレクトシュート! 今季12点目を奪う「これは良いゴール」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が今シーズンの12ゴール目を記録した。 11日、スコティッシュカップ5回戦でセント・ミレンとアウェイで対戦したセルティック。古橋はこの試合にトップ下で先発出場を果たした。 すると0-0で迎えた15分にカウンターから先制ゴール。カラム・マクレガーが自陣から左サイドのスペースへロングスルーパスを出すと、これにルイス・パルマが反応した。 追いついたパルマは味方の上がりを見ながらも早いタイミングでグラウンダーのクロスを入れると、後方から走り込んだ古橋がそのまま右足でダイレクトシュート。ゴール右に決まり、セルティックが先制した。 ファンはゴールに「これは良いゴール」、「うますぎじゃない?」、「よく蹴り込んだ」、「スペースに入るの上手すぎる」、「クロスも上手いんだよな」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が絶妙なランニングからダイレクトシュートで先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="C3-7tCnteX4";var video_start = 57;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.12 10:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly