ニューカッスルが連敗ストップでCLミラン戦に弾み! ウィルソンPK弾を守り切ってブレントフォード撃破【プレミアリーグ】

2023.09.17 03:36 Sun
Getty Images
プレミアリーグ第5節、ニューカッスルvsブレントフォードが16日にセント・ジェームズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。
PR
開幕前は優勝候補の一角に挙げられるも、開幕戦勝利以降はまさかの3連敗と苦境に陥るニューカッスル。週明けにミランとのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を控える中、難敵ブレントフォード相手に連敗ストップを狙った。
エディ・ハウ監督は1-3で完敗した前節のブライトン戦から先発5人を変更。負傷明けのボトマンが復帰した一方、トナーリやジョエリントン、アルミロンが先発を外れてバーンズやアンダーソン、ウィルソンが起用された。

インテンシティの高さを特長とするチーム同士の対戦だが、試合の入りはブレントフォードが上回る。開始4分にはボックス右に抜け出したヒッキーに決定機が訪れるが、ここはGKポープの好守に阻まれた。

以降はフィニッシュまで持ち込めないものの、ブレントフォードが中盤での攻防を優位に進めてゲームをコントロールしていく。
一方、3連敗中の自信のなさやインターナショナルマッチウィーク明けのコンディションの問題もあって、なかなか良い形で攻撃に出られないニューカッスル。それでも、28分には右CKの二次攻撃からゴール左に抜け出したギマランイスに決定機。だが、フリーで放ったダイビングヘッドはGKフレッケンの好守に阻まれる。

最初の決定機を逸したが、これをきっかけにリズムを掴んだホームチーム。ウィルソンやゴードンが前向きな形で仕掛ける場面を増やすと、中盤の選手に加え、右サイドのトリッピアーも高い位置を取って攻撃に絡み始める。

ただ、前半終盤にかけてはブレントフォードも2トップを起点にカウンターから引っくり返すシーンを作り出し、ほぼイーブンの状況のままハーフタイムを迎えた。

後半は立ち上がりからギアを上げてゴールを目指していくニューカッスル。右サイドを起点に厚みのある攻撃を仕掛けていくと、57分にはセットプレーの流れからゴール前で混戦を生み、最後はウィルソンが押し込んでゴールネットを揺らす。だが、これはGKフレッケンへのウィルソンの手を使ったファウルと判断されてゴールは認められず。

それでも、攻め続けるホームチームは直後に相手守備陣の連携ミスを突くと、GKフレッケンと交錯したゴードンがPKを獲得。これをキッカーのウィルソンが冷静に右隅へ蹴り込んで64分の先制点とした。

耐え切れずにビハインドを背負ったブレントフォードは70分過ぎに3枚替えを敢行。後ろと中盤の守備的な選手を削ってシャーデ、モペイらアタッカーをピッチに送り出す。

後半はピンチこそないものの、2点目を奪って試合を決めたいマグパイズは、ゴードンのクロスに競ったウィルソンがエンベウモのハンドを誘ってこの試合2本目のPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューの結果、ノーファウルの判定に。

この大きな判定によって試合は緊張感が保たれたまま最終盤に突入。9分が加えられたアディショナルタイムではブレントフォードがセットプレーやパワープレーで同点を目指したものの、最後まで集中した守備で凌ぎ切ったニューカッスルが1-0でクローズ。

苦しみながらもリーグ連敗を「3」でストップしたニューカッスルが、CL初戦のミラン戦へ弾みを付けた。

PR
関連ニュース

トロント、昨夏にニューカッスルを退団したマシュー・ロングスタッフをフリーで獲得!

トロントFCは2月29日、イングランド人MFマシュー・ロングスタッフ(23)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月31日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ニューカッスルのトップチームで主力として活躍するショーン・ロングスタッフを実兄に持つロングスタッフは、2019年10月のプレミアリーグデビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。 しかし、以降は思うように出場機会を得られず、アバディーン、マンスフィールド、コルチェスター・ユナイテッドと武者修行を繰り返すと、昨季はレンタル先のコルチェスターで前十字じん帯損傷の重傷を負い、早期レンタルバック。シーズン終了後にはニューカッスルとの契約満了が発表されていた。 トロントのジョン・ハードマン監督は、ロングスタッフの加入について以下のようにコメントした。 「マシューが我々のチームに加わることを嬉しく思う。彼のプレミアリーグでの経験とダイナミックなプレースタイルは、我々の中盤に厚みを加え、戦術的なプランを補完してくれるだろう」 2024.03.01 07:00 Fri

アーセナルがCLポルト戦での敗戦から仕切り直しの快勝劇! アルテタ監督「大きな教訓に」

アーセナルがプレミアリーグ6連勝を成し遂げた。 24日の第26節でニューカッスル・ユナイテッドをホームに迎え撃ったアーセナルは18分に相手のオウンゴールで先制し、そこから3発。終盤に1点を返されるが、4-1で勝利した。 首位リバプールを2ポイント差で追いかけるミケル・アルテタ監督はイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で難敵相手の勝利、そして内容を喜んだ。 「ニューカッスルは本当に良いチームだし、パフォーマンスに関しては本当に満足している。選手たちは本当に良かったし、本当にアグレッシブだった。この試合の勝利にふさわしかったよ」 「彼らは問題を引き起こすだけの力があるが、我々も自分たちのリズムを保って戦い続け、見ていても楽しかった。本当に幸せだし、うまくいっていることを続けていかなければならない」 「もっとうまくやれることはまだあるが、ケガ人の復帰も後押しになっている」 そんなアーセナルは直近のチャンピオンズリーグでポルトに0-1の惜敗したが、ニューカッスル戦で仕切り直しの勝利を手に。ポルト戦での反省が生かされた試合のようだ。 「ポルト戦ではボールを持っているときに自分らしさを出せたが、そうじゃないと気に発揮できなかった。大きな教訓になったし、あの瞬間から多くを学んだんだ」 2024.02.25 08:55 Sun

アーセナルがニューカッスルに完勝でPL6連勝! サカ5戦連発など難敵を攻守に圧倒【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、アーセナルvsニューカッスルが24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 3位のアーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。サカの4試合連続、トロサールの3試合連続ゴールなどで、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルト相手に枠内シュート0本、試合終了間際の失点によって厳しい0-1の敗戦を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図った一戦では先発1人を変更。トロサールに代えてジョルジーニョをアンカーで起用し、ハヴァ―ツが最前線に入った。 対する8位のニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。直近のボーンマス戦では2度のビハインドを追いついての劇的2-2のドローで辛くも勝ち点1を拾った。その試合からは先発3人を変更。体調不良のドゥブラフカ代役に今季初出場の第3GKカリウスが起用されたほか、バーンとバーンズに代わってリヴラメント、イサクが起用された。 ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦で因縁生まれた強豪対決。日程面ではアウェイチームに圧倒的なアドバンテージがあったものの、立ち上がりからすべての強度で勝るホームチームが圧倒する。 球際のデュエル、切り替えの精度で上回るアーセナルはキックオフ直後からニューカッスルを自陣深くに押し込めていく。決定機には至らずも、易々とボックス内へ侵入して崩しを試みる。 すると18分、右CKの場面でキッカーのサカが左足インスウィングの正確なボールを入れると、競り勝ったガブリエウがストロングヘッドで合わせる。これはGKカリウスの好守に阻まれたが、DFがこぼれ球の処理をもたつくと、ゴール前で倒れていたDFボトマンに当たったボールがゴールラインを割った。 結果は幸運な形も妥当な流れで先制に成功したアルテタのチームは畳みかける。24分、波状攻撃からボックス手前右でボールを受けたジョルジーニョがマルティネッリのダイアゴナルランに合わせる絶妙な浮き球パスを供給。うまく足元に収めてゴールライン際でマイナスに折り返すと、タイミング良くゴール前に走り込んだハヴァーツが右足ワンタッチで流し込んだ。 これで2点差を付けたが、大勝した直近のリーグ戦2試合と同様に緩みを見せないホームチーム。引き続き前線からの強度の高いプレスで相手の自由を奪うと、ショートカウンターに加えて遅攻の局面でも鮮やかな崩しからフィニッシュへ繋げていく。ただ、マルティネッリのヘディングシュートは枠の上に外れ、サカの右足での決定的なシュートはGKカリウスのファインセーブに遭い、トドメの3点目には至らず。 一方、立ち上がりから終始劣勢のニューカッスルは前半終盤にかけてミドルレンジのパスでハイラインの背後を狙う形でやや盛り返したものの、決定機はおろかシュート0本にボックス内への侵入もままならない厳しい状況で前半を終えた。 後半はややオープンな立ち上がりに。開始直後にサカ、マルティネッリの運びからスルーパスに抜け出したハヴァーツに2点目のチャンスが訪れるが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右へ外れる。すると、この直後にはニューカッスルのゴードンが左サイドからのカットインで右足を振るが、チーム最初のシュートはGKラヤにがっちりとキャッチされた。 以降はアーセナルが主導権を握りながらも、試合自体はやや膠着状態に陥る。これを受けて60分過ぎに両ベンチが動く。アーセナルはマルティネッリを下げてトロサールを、ニューカッスルはイサクとアルミロンを下げてバーンズ、マーフィーを投入した。 すると、この直後に試合が動く。65分、ボトマンの縦パスを引っかけてショートカウンターに転じたアーセナルはボックス右でハヴァーツのパスを受けたサカが深い切り返しでDFをかわして左足のグラウンダーシュートをゴール左下隅に突き刺し、プレミアリーグ5試合連続ゴールを達成した。 さらに、直後の69分にはライスの右足インスウィングの左CKにニアでキヴィオルが合わせたヘディングシュートがマイリーに当たってコースが変わってゴールネットに吸い込まれた。 キヴィオルの今季初ゴールで試合の大勢が完全に決すると、週明けにFAカップを控えるニューカッスルは累積警告のリスクを抱えるギマランイスら主力3人をベンチに下げる。対するアーセナルもウーデゴール、ハヴァーツ、サカを下げて試合をクローズに入る。 その後、84分には左サイド深くに抜け出したバーンのクロスをゴール前に走り込んだウィロックが頭で合わせ、ニューカッスルがようやく一矢報いるゴールを奪う。 これでリーグ3試合連続クリーンシートを逃す形となったアーセナルだったが、このまま4-1でタイムアップを迎えた。この結果、前回対戦で敗れたニューカッスルに完勝でリベンジを果たしたアーセナルはリーグ6連勝を達成し、ポルト戦敗戦を見事に払拭した。 2024.02.25 06:57 Sun

ユナイテッド行き話が今後加速か…ニューカッスルSDがクラブに退団の申し出

ニューカッスル・ユナイテッドのスポーツディレクター(SD)を務めるダン・アシュワース氏(52)がマンチェスター・ユナイテッド行きを希望しているようだ。 母体がサウジアラビア資本になってからのニューカッスルでリクルートを担当するアシュワース氏だが、サー・ジム・ラトクリフ氏が率いる『INEOS』の株式25%取得によってフットボール部門の大改革に動くユナイテッドからの関心が取り沙汰される。 ユナイテッドは新SDとしての迎え入れを目指すといわれるなか、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン氏によると、アシュワース氏が18日、ニューカッスルに退団の申し出。クラブからガーデニング休暇が認められたという。 両クラブの接触はまだだが、まもなく実現するとみられ、交渉ではニューカッスルとの契約がまだ残るため、多額の補償金が注目どころに。ガーデニング休暇中の給与を支払い続けるニューカッスルは2000万ポンド(約37億8000万円)を求めるそうだ。 となれば、気になるユナイテッドのスタンスだが、非現実的な金額を支払うつもりなく、待つとのことだ。ブライトン時代にはテクニカルディレクターとして三笘薫の獲得にも携わるなど、選手発掘に長けるアシュワース氏。今後が注目される。 2024.02.19 09:45 Mon

ニューカッスルに痛手…カラム・ウィルソンに今季絶望の可能性

ニューカッスルのイングランド代表FWカラム・ウィルソンに今シーズン絶望の可能性が浮上している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今シーズンのニューカッスルで公式戦22試合8ゴール1アシストの成績を残すウィルソン。一方で、昨年11月にはハムストリング、今年1月にはふくらはぎの負傷によってたびたびチームから離脱していた。 そんなウィルソンは、10日に行われたプレミアリーグ第24節のノッティンガム・フォレスト戦で、試合終盤に相手選手ともつれ合った際に負傷し、腕を固定したままピッチを後にした。 その後の検査の結果、大胸筋に問題があることが判明。そして、『スカイ・スポーツ』によると、同選手は手術を受ける必要があり、離脱期間は12週間程度が見込まれる。 今シーズンを通じて多くの負傷者に悩まされるニューカッスルではスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクもそ径部の問題を抱えており、シーズン終盤戦に向けて前線に不安を抱えるなかでの戦いを強いられる。 2024.02.16 07:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly