フルアムがハリソン・リードとも契約延長! パリーニャと並ぶ中盤の主力

2023.09.15 10:30 Fri
Getty Images
フルアムは14日、イングランド人MFハリソン・リード(28)との契約を2027年6月まで延長した旨を発表した。さらに、1年延長オプションも付く。
PR
リードは2019年夏からフルアムでプレーする中盤。チームとしてプレミアリーグ昇格1年目の昨季も主力であり続け、公式戦42試合で3得点4アシストをマークした。
そのなかで、プレミアリーグに限れば、出場停止の1試合を除き、全試合に出場。今季もここまでカラバオカップの1試合を含め、ここまで全5試合でプレーしている。

今夏、ウォルバーハンプトンの関心が取り沙汰されたリードだが、2024年までの契約を新たに延長。同じく新契約締結のポルトガル代表MFジョアン・パリーニャとともに忠誠を誓った格好だ。

PR
関連ニュース

育成年代応援プロジェクト「JFA アディダス DREAM ROAD」の第二弾はフルアムへ5選手が短期留学…代表候補選手らが貴重な経験

日本サッカー協会(JFA)とアディダスによる「育成年代応援プロジェクト JFA アディダス DREAM ROAD」の第二弾が実施。フルアムへ選手が短期留学に派遣されていた。 「JFA アディダス DREAM ROAD」は、2023年11月に発足したプロジェクトで、心身の成長著しい育成年代の選手に充実した環境と世界基準のトレーニング機会を与え、「世界基準の選手」に育てることを目的に実施するものとなっている。 11月には第一弾としてレアル・ソシエダ、バイエルンへ選手を派遣していた中、第二弾が決定。選手の派遣先はプレミアリーグのフルアムで、5選手が2月2日から19日にかけて短期留学していた。 フルアムへと短期留学していたのは、徳島ヴォルティスユースのMF福田武玖(16)、鹿島アントラーズユースのDF大川佑梧(16)、ガンバ大阪ユースのGK荒木琉偉(16)、柏レイソルU-15のMF阿出川琥吾(15)、アビスパ福岡U-15のMF武本匠平(15)の5名となる。 福田は徳島の選手としてソシエダに2023年3月から4月にかけて短期留学を経験した過去がある。また、大川は2023年に行われたU-17ワールドカップにトレーニングパートナーとして参加。荒木は2023年4月にU-17日本代表候補に選出された過去があった。 JFAのユース育成ダイレクターを務める影山雅永氏は、「屈指のメガクラブがひしめき、現在では最もハイレベルなリーグであると言われるプレミアリーグにおいて、堅実な戦い方で現在1部に所属しています。その背景には素晴らしいクラブ理念と歴史、その中で育まれた育成メソッドを有すると捉えており、選手のみならず我々指導者としても学ぶべきことが多いのではと期待を抱いております」と選手たちを送り出していた。 2024.02.22 18:45 Thu

ワトキンス2発で競り勝ったアストン・ビラが4位浮上!【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第25節、フルアムvsアストン・ビラが17日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で勝利した。 公式戦連敗でやや失速傾向が見受けられる5位のアストン・ビラは、12位のフルアムとのアウェイゲームで連敗ストップを狙った。前節からは先発2人を変更。いずれも負傷のジエゴ・カルロス、ブバカル・カマラに代えてパウ・トーレス、ティーレマンスを起用した。 最終的にオフサイド判定も開始直後にワトキンスがいきなりゴールネットを揺らすなど良い入りを見せたアストン・ビラ。 その後は相手に押し返されてセットプレーで決定機を作られる場面はあったものの、前半半ばに先制点を奪う。23分、相手陣内右サイドでのフルアムの軽率なスローインから高い位置でボールを奪い切ったラムジーがボックス左のワトキンスに繋ぐと、イングランド代表FWは巧みな反転から前を向いて右足シュートをゴール左隅に流し込んだ。 幸先よく先制に成功したアウェイチームは28分にもベイリーのクロスバー直撃のミドルシュートなどでゴールに迫ると、40分には右CKからワトキンスが競り勝ってファーに流したボールをアレックス・モレノがヘディングで押し込む。だが、これは微妙な戻りオフサイドで認められず。 結局、1点リードで試合を折り返したアストン・ビラだったが、後半立ち上がりの守勢を凌ぐと、早い時間帯に追加点を奪う。56分、ティーレマンスの絶妙なスルーパスに抜け出したワトキンスがボックス中央から強烈な右足のシュートを突き刺した。 一方、2点ビハインドを追うフルアムは63分、左サイドのスペースに抜け出したロビンソンからのグラウンダークロスをニアにタイミング良く走り込んだムニスがDFとGKに先んじてゴールネットに流し込んだ。 すると、試合はここからホームのフルアムが攻勢を強めていく。イウォビやハリー・ウィルソンと途中投入の選手が攻撃を活性化させると、試合終了間際の90分にはムニスのスルーパスに抜け出したアダマ・トラオレがボックス右でGKと一対一のビッグチャンスを迎えたが、ここはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地でフルアムに競り勝ったアストン・ビラが公式戦連敗をストップすると共にトッテナムを抜いて4位浮上に成功した。 2024.02.18 08:00 Sun

10試合出場でブロヤのレンタル料はゼロに…夏に高く売りたいチェルシーの思惑

アルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(22)のチェルシーからフルアムへのレンタル移籍は、3者にとってメリットの大きい契約のようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 チェルシーの下部組織出身で、今シーズンは右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷から復帰し、公式戦20試合に出場していたブロヤ。しかし、プレミアリーグで11位と苦戦するチームの中で自らも輝きを放てず、2ゴール2アシストと結果も物足りなかった。 冬の移籍市場での武者修行が噂されていた中、2日にはフルアムへのレンタル移籍が決定。新天地ではセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチがサウジアラビアへ移籍して以来空いているセンターフォワードの穴を埋めることが期待されている。 そんな今回の移籍はフルアムにとって比較的リスクの低いものとなっているようで、ブロヤが10試合に出場すればチェルシーへ支払うレンタル料がゼロになる契約とのこと。チェルシー側は夏のブロヤの売却を計画しており、選手としての価値を少しでも高めてほしいという思惑のようだ。 また、ブロヤ本人も「家族や代理人と何度も話し合ったが、フルアムが自分に合った最高のクラブだと感じた」とコメント。プレータイムがある程度見込めるフルアムでの修行は、夏のユーロ2024に向けてもプラスとなるはずだ。 2024.02.09 21:01 Fri

プレミアリーグ3戦未勝利のフルアムに打撃…ヒメネスがハムストリング負傷で離脱

フルアムのメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが、負傷によってしばらく離脱となるようだ。 昨夏の移籍市場で、ウォルバーハンプトンからフルアムに加入したヒメネス。サウジアラビアに渡ったFWアレクサンダル・ミトロビッチの後釜として期待が寄せられ、ここまでプレミアリーグ19試合5ゴールの成績を残していた。 そんなヒメネスは、1月に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦でハムストリングを痛めて途中交代に。イギリス『イブニング・スタンダード』によると、少なくとも1カ月の離脱になるようだ。 クラブにとっては大きな打撃となったが、今冬の移籍市場ではチェルシーからアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤをレンタルで獲得。チェルシーで苦しい時期を過ごしていた若手ストライカーにとっては、早速価値を証明する機会が訪れている。 2024.02.06 16:15 Tue

ガラタサライがオーリエとカルロス・ヴィニシウスを獲得!

ガラタサライは2日、ノッティンガム・フォレストからコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(31)とフルアムからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(28)の2選手を獲得したことを発表した。 移籍形態はオーリエが完全移籍で加入となり、フォレストへ移籍金10万ユーロ(約1600万円)が支払われた。ヴィニシウスは半年間のレンタル移籍でレンタル料は60万ユーロ(約9600万円)となる。 かつてパリ・サンジェルマンやトッテナムでもプレーしたオーリエは、2022年9月に当時昇格組のフォレストに加入。負傷離脱もあったが、右サイドバックをメインに公式戦28試合に出場し1ゴールをマーク。自動延長オプションにより今季もフォレストでプレーし、ここまでプレミアリーグ12試合に出場していた。 一方、ベンフィカやトッテナムでプレーしたヴィニシウスは、2022年9月にフルアムへ移籍。加入初年度から準主力として公式戦32試合に出場し5ゴール3アシストを記録。今季も準主力の位置を脱せず、プレミアリーグでは13試合の出場でスタメン出場はわずか2試合となっていた。 2024.02.03 08:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly