「とても可愛いですね」長谷川唯の真っ白コーデが国内外で反響!アディダス新作姿に「素敵な笑顔」「2枚目が微笑ましい」

2023.09.13 20:05 Wed
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するなでしこジャパンのMF長谷川唯も真っ白コーディネートを披露している。
PR
オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)での戦いを終え、シティへ帰還した長谷川。今オフ中にはイングランドプロサッカー選手協会(PFA)女子年間ベストイレブンへの選出や、女子バロンドール候補30名へノミネートされるなど、確かな評価を得ている。
9日にはリバプールとのトレーニングマッチにも出場し、長野風花とも対戦。開幕へ向けてギアを上げている中、23日に北九州スタジアムで催されるアルゼンチン女子代表戦のなでしこジャパンメンバーにも順当に名を連ねた。

13日は変わってオフショットを披露。アディダスの「Z.N.E.」コレクションを纏った白コーデ姿を公開し、「Z.N.Eシリーズ。着心地、触り心地◎。W杯中の移動でも大活躍でした」と綴った。

「Z.N.E.」は1日に発表されたばかりの最新コレクションで、ラグビー日本代表の稲垣啓太と、モデルの稲垣貴子さん夫妻がキービジュアルを務めている。
貴重なオフショットにはファンからも、「ちょっと大きめ?それがいいのかな?」、「2枚目のスマイルが、微笑ましい」、「新シーズンもあなたの試合を楽しみにしています!」、「とても可愛いですね」、「キューティスト」、「素敵な笑顔」、「ワールドクラスのミッドフィールダー」などの声が寄せられた。

今季は7人の日本人選手が所属するFA女子スーパーリーグ(WSL)。開幕節でシティは10月1日にアウェイでウェストハムと対戦する。シティ2年目を迎えるコンダクターは、国内外からさらに大きな注目を集めることになりそうだ。



PR
1 2
関連ニュース

「積み重ねがこの前の結果に繋がった」パリ五輪行き決めたゴールに藤野あおばが改めて言及、再開するWEリーグにも「開幕戦から1試合に集中」

日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパンFW藤野あおばが、北朝鮮女子代表戦やWEリーグについて語った。 なでしこジャパンは2月28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦を国立競技場で迎え、北朝鮮戦に2-1で勝利。2戦合計スコア2-1で、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 この試合で先発し、決勝点となるヘディングゴールを76分に決めた藤野は、1日のチーム練習後に囲み取材に応じ、北朝鮮戦について改めてコメント。チームでの取り組みが代表戦での結果にも繋がったと述べている。 「今シーズン、ポジションがFWに変更というか、FWをやる機会が多くなったこと、また、(植木)理子さんが海外移籍でいなくなったことで、クロスからの得点がチームから少なくなっていったりとか。そういうのは自分もやっていて感じていたところでした」 「誰かがそういう部分を補わなければいけないと思っていましたし、自分のできることを増やすっていうところも今シーズンの課題として、クロスだったりとか、ペナルティエリアに入っていくっていうのは自分自身も意識してやっていたので、そういうことの積み重ねがこの前の結果に繋がったのかなと思います」 また、試合前には「いろんな人からゴール目指してやってほしいっていう話もたくさんあった」と明かした藤野。「自分自身の長所はそういうゴールへの姿勢だと思っていますし、そこはブラさずやるべきだと思ったので、変えることなく目指し続けた結果があのゴールだったかなと思います」と貴重なゴールの背景を語った。 さらに、北朝鮮後に残したWEリーグに関するコメントにも言及。注目度を高めたいという意図からの発言だったという。 「(北朝鮮戦を)いろんな方が見ていて、すごい注目度も高くて。WEリーグってすごく良いリーグだと思いますけど、代表選手の海外移籍だったりとかで価値が損なわれているところもあると思います」 「でも、なでしこジャパンだけじゃなくて、他にもいろんな選手がいて、見ていても、やっていても楽しいですし、今回は順位争いもかなり激しくて面白いリーグです。あの試合を見て、女子サッカーに興味を持って、WEリーグも見に来ていただけたら嬉しいですし、そういう意味でも注目度を高めたいと思いました」 リーグ戦再開を前に、4位につけているベレーザの現状についてもコメント。強かった過去のイメージに囚われすぎず、目の前の試合に集中していくことで、結果がついてくるはずだと語った。 「自分がベレーザに入る前までは常勝軍団というか、どんな試合でも勝ち続けるクラブだなと思っていましたし、その強さが前のベレーザには正直あったなと今思っているところです。やるからにはもちろん勝利を目指してがんばりたいなと思いますけど、正直今のべレーザは強いチームだと思っていないというか。良い意味で、前まで強かったから今も勝って当然とか思えないチームです」 「順位どうこうもありますけど、一戦一戦しっかり戦って勝利を積み重ねれば、最終順位は自ずとついてくると思いますし、相手の順位だとか、今の環境とか関係ないと思います。そこはもう開幕戦から1試合に集中して、勝利にこだわってやることが必要かなと思います」 2024.03.01 23:06 Fri

パリ行き決定のなでしこジャパンで山下杏也加から刺激! 田中桃子「超えていかなければいけない」

日テレ・東京ヴェルディベレーザGK田中桃子がなでしこジャパンのパリ・オリンピック出場決定を振り返った。 先日までパリ行きをかけ、北朝鮮女子代表と争ったなでしこジャパン。中立地サウジアラビアでの第1戦こそ0-0だったが、国立競技場での第2戦を2-1で制し、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めた。 2試合とも出番なしだったが、そのメンバーとしてパリ行きの切符を目指して戦った田中は日テレ・ベレーザに戻って、WEリーグ再開に向けた調整に励むなか、1日のチーム練習後に囲み取材に応じた。 まずは改めてパリ・オリンピック出場権の獲得に対する心境を問われると、チームの一体感とともに、この痺れる状況を楽しむ気持ちがあったと振り返った。 「ワールドカップの流れからみんなが1つになれたし、それがみんなの経験としてあった。ああいう大きい舞台で、ああいう高揚感だったりは世界大会でしか味わえないよねって(熊谷)紗希さんが前日にしてくれて、それをみんなで改めて共有した。1つになれたのは前日から感じたし、みんながすごく緊張していたけど、それ以上にワクワク感や楽しそうだなっていうのが強くて、それが結果に繋がったのかなと思う」 そんななでしこではGK山下杏也加が2戦ともに好セーブで存在感。田中は先輩の姿に刺激を受け、さらなる成長に決意を新たにする経験にもなったようだ。 「事前合宿でも(練習から)ああいう反応の部分を見せていた。実際に試合で出していてすごいなと思ったし、自分も一緒に練習をやっていてよかったなと感じた。ただ、そこを超えていかなければいけないというのは改めて自分のなかにちゃんととどめておかなければいけない感情だなと。ああいう良いプレーを見たからこそすごく感じた」 日テレ・ベレーザは3日に敵地で行われるWEリーグ第8節のノジマステラ神奈川相模原戦が再開初戦に。田中は再開するにあたり、チーム、そして自身の目標を語った。 「ベレーザは長く女子サッカーを牽引してきた存在。やっぱりてっぺんを目指すってのは絶対に思っていないといけない。リーグは今、4位だけど、逆転して、すべて勝つってのはチーム全体としてやっていきたい。個人としてはチームを勝たせられる存在になりたいので、1試合1試合でどれだけ存在感をもってチームを引っ張っていけるかにフォーカスしてやっていきたいと思う」 2024.03.01 19:45 Fri

フェアだった北朝鮮の選手たち/六川亨の日本サッカー見聞録

なでしこジャパンが朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を2-1で退け、パリ五輪の出場権を獲得したのはご存知の通り。前回東京大会に続いての出場で(2大会連続6回目)、予選を突破しての出場は12年ロンドン五輪以来となる。 今回の予選は、アジア2次予選を首位通過した日本、北朝鮮、オーストラリアに加え、成績上位の2位ウズベキスタンを加えた4チームがホーム&アウェーで対戦。日本は北朝鮮との最終予選でアウェーの第1戦を0-0で引分け、ホームでの第2戦を2-1で制した(オーストラリアはウズベキスタンに2試合合計13-0で勝利。ウズベキスタンの監督は本田美登里さんだったがチームをパリに連れて行くことはできなかった)。 2016年のリオ五輪予選は日本、オーストラリア、北朝鮮、韓国、中国、ベトナムの6チームが1回戦総当たりで対戦し、上位2チームが出場権を獲得できるという「狭き門」だった。そして日本は初戦でオーストラリアに1-3で敗れると、続く韓国戦は1-1のドロー。さらに第3戦の中国戦も1-2で敗れ、オーストラリアと中国の後塵を拝したのだった(ベトナムに6-1、北朝鮮には1-0)。 2011年のドイツW杯で優勝し、12年ロンドン五輪では銀メダル、さらに15年のカナダW杯出も準優勝とリオでもメダルを期待されたなでしこジャパン(FIFAランク4位)だったが、エース澤穂希の引退に加え、世代交代が遅れたことも日本が失速した一因だった。 しかしその後のなでしこジャパンはアンダーカテゴリーの選手の台頭と活躍もあり、高倉麻子前監督と池田太監督は世代交代にも積極的に取り組んできた。 試合に関しては多くのメディアが詳報しているので割愛するが、3BKというよりは5BKの5-4-1の北朝鮮とのミラーゲームは、先に失点するわけにはいかないし、延長戦やPK戦もあるだけに当然の選択だっただろう。4-3-3でキャプテンの熊谷紗希をボランチに起用しても、無難なパスワークに終始して効果的とは言い難い。やはり彼女は最終ラインに入ってカバーリング能力を発揮した方が安心して見ていられる。 スタメンで起用された左サイドの北川ひかるは得意の左足でのキックから先制点の起点になったし、上野真実もポジションチェンジから攻撃を活性化しようと奮闘した。ただ、宮沢ひなたのスピードや、遠藤純の安定感と比べると見劣りしてしまうのは仕方のないところ。WEリーグでの活躍から彼女らを抜擢した池田監督の決断も勇気のいることだっただろう。 昨年12月3日のブラジル戦で足首を骨折して手術した宮沢はパリ五輪に間に合うのかどうか。すでに左膝前十字じん帯を損傷した猶本光と遠藤は出場が絶望的なだけに、宮沢の回復具合が気になるところだ。 最後に、試合後のリ・ユイル監督は「山下の1ミリ」や熊谷のハンドについて自ら言及することなく、「フェアプレーの指導」について質問されると次のように答えた。 「アスリートのみならず、一般的にも道徳的にも、倫理的にもルールを守ることは非常に重要です。選手たちには常日頃のトレーニングからルールを守るように徹底しているし、そのなかでフェアプレー精神を身につけ、心がけるように指導している」 そして主審のジャッジに関しても淡々と答えた。 「オーストラリア出身の主審の判断はもちろん尊重します。しかしアウェーだった今日に関しては、ホームの日本にやや偏ったような判定が少し見受けられたのではないか。ゲストである我々をもう少し尊重するような判定があってもよかったのではないか。ある意味で釈然としないものがあるなかで、我々はあくまでも主審の判断にのっとって、最後までフェアプレーを心がけました」 北朝鮮といえば、昨年10月の杭州でのアジア大会準々決勝の日本戦で判定を不服として、試合後に数人の選手が主審を追いかけ回したし、試合中の給水タイムでは日本の水を強奪したばかりか殴りかかるジェスチャーまでする選手がいた。そうしたイメージが強かっただけに、女子の選手だからか判定に抗議してイエローカードを受けたものの、男子と違って激高することなく冷静に、そしてひたむきにプレーしていた。 スピードがあり、体幹の強さは北朝鮮の伝統と言える。さらに22名の平均年齢が21・8歳(日本は24・9歳)と若いだけに、次回2027年のW杯(今年5月のFIFA総会で開催地は決定)予選でも日本のライバルとして立ちはだかるかもしれない。 そして39歳のリ・ユイル監督は理路整然と試合を振り返り、同胞へのメッセージを求められると涙するなど人情味のあふれるキャラクターの持ち主であることを知れたのも、今回の取材の収穫だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.03.01 12:30 Fri

「緊張感はずっとあった」パリ行きの切符を手にした植木理子、本大会への競争に「どれだけアピールできるか」

なでしこジャパンのFW植木理子(ウェストハム)が、オリンピック出場を喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 植木は2-1でリードしたまま89分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)と交代して出場。アディショナルタイムを含めてのプレーとなった。 試合後のメディア取材に応じた植木は「勝っていたので前から行くところ、守備の部分での役割っていうのはありましたし、攻撃の部分でも無理に行くというよりは、ボールを大事にしながら、チャンスがあればゴールを狙いに行きました」と自身の役割について語り、「まずは勝ち切れたことが1番の収穫です」と、しっかりと試合を締められたことを喜んだ。 大一番を前に、負ければ多くのものを失ってしまう可能性もあったなか、チームとしては緊張感があったという。 「結構チーム全体的に緊張感というのはずっとあったので、そういう意味では大一番という意識は全員があったと思います」 それでもしっかりと勝利を収め、パリ行きが決定。「ここから選手間の競争は高まると思います。そこに向けてやっていきたいですし、まずは自チームに戻って、どれだけアピールできるかかなと思います」と語り、本大会のメンバー入りに向けてのアピールが必要だと語った。 2試合を通じて攻撃面は苦しんだ日本。第2戦でもシュート数はそこまで多くはならなかった。 植木は「攻撃の部分ではもっともっとコンビネーションや関わりを増やすことで改善できると思います」と、改善の余地があるとしながらも「相手も必死にやってくるので、その中で2点取れたことは良かったと思います」と、難しい戦いでもしっかりとゴールを重ねられたことは良かったとした。 2024.02.29 22:20 Thu

「経験がものを言った」なでしこのパリ五輪決定に佐々木則夫女子委員長、ブラジル遠征が糧に 移動の経緯は過去の事例踏まえ「強行時は体調を崩す選手も」

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)がパリオリンピック出場を決めた試合後、日本サッカー協会(JFA)の佐々木則夫女子委員長もミックスゾーンに姿を見せ、ブラジル遠征や過去の経験が今回の勝利に繋がったとコメントした。 なでしこジャパンは28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 同じ相手と中3日で連戦という、女子サッカーでは希少な条件だったが、これを見据えて行ったのが昨年12月のブラジル遠征。佐々木委員長は「(ブラジルでは)アウェイで2試合でしたけど、同じ相手と続けざまに2試合行うことをシミュレーションして、初戦は3-4で敗れたが、そのあとは(2-0で)勝って、得失点差もうちの方が上でした。今回の1戦目も厳しい状況ではあったけれど、経験がものを言ったのではないか。今日の試合は特にそれを感じました」と饒舌だった。 第1戦では直前まで開催地が決まらないというイレギュラーな事態に。ただ、それも「逆にそういうエクスキューズが、現場のスタッフや選手の気を引き締めることにつながった。そういった状況の中で力を合わせての、チームとしての勝ちだったではないか。昔もそうでしたけど、エクスキューズを力に変えて結束する、そういうところはでしこジャパンのいいところ」と、なでしこジャパンのチームとして、伝統として、逆境を乗り越える力が備わっているとコメントした。 さらに、第1戦後の移動についても経験を踏まえてのものだったと語る。 北朝鮮が24日の試合後、すぐに移動したのに対し、日本は翌日に現地でのリカバリートレーニングを挟んで26日に帰国。過去には直後の移動も経験したが、その際に体調を崩した選手もいたことから、今回は回復を挟んでの移動を選択したと明かした。 「コンディションは全員ケガもなく、病気等もなく、風邪をひくこともなく、非常に良い状況でこられました。これも前に経験しているんですが、強行ですぐヨーロッパから帰ってきたときに、ちょっと体調を崩した選手もいたんです。なので、何事もシミュレーションや遠征の経験などが、今日の、今回のゲームにつながったのではないか。いい準備の中の、いい結果だったのではないかなと思います」 <span class="paragraph-title">【写真】パリ行きのチケットを手に選手全員で記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">笑顔で記念撮影<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#なでしこジャパン</a> が <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AA2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パリ2024</a> の出場権を獲得 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a> 女子日本代表のパリ2024での活躍が楽しみです<br><br>: <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_nadeshiko</a><a href="https://twitter.com/Paris2024?ref_src=twsrc%5Etfw">@Paris2024</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#オリンピック</a> <a href="https://t.co/rAZZKDFxV7">pic.twitter.com/rAZZKDFxV7</a></p>&mdash; オリンピック (@gorin) <a href="https://twitter.com/gorin/status/1762851825747984607?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 21:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly