フォレスト、中心選手ブレナン・ジョンソンをトッテナムに売却へ? 昨季の過剰補強でFFPに懸念

2023.08.28 18:18 Mon
Getty Images
ノッティンガム・フォレストがウェールズ代表FWブレナン・ジョンソン(22)をトッテナムへ売却する見通しが強まっているという。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。
PR
ブレナン・ジョンソンはフォレストの下部組織で育ったマルチアタッカー。センターフォワードや2列目中央、シャドー、サイド、時にはボランチとしても起用され、19歳でチームの中心選手になってからと言うものの、1~2試合ごとに異なるポジションで使われ続け、そしてチームを躍進に導いてきた。
まさにどこが本職かわからない22歳だが、昨シーズンはキャリア初のプレミアリーグで全38試合に出場し、8ゴール3アシストをマーク。苦しい残留争いを生き延びたチームを1年を通じて支え、今夏はトッテナムやチェルシー、ウェストハムといったロンドン勢から関心が寄せられている。

ブレナン・ジョンソン自身が「トッテナムへのステップアップ」を熱望していると伝えられるなか、現段階で獲得のポールポジションに立っているのもトッテナム。31日の移籍市場最終日にフォレストとの交渉が成立する公算が高いという。

フォレストにとってブレナン・ジョンソンは最重要プレーヤーの1人だが、昨季の過剰なまでの補強が仇に。昨夏と今冬で計30人近く選手を獲得したクラブはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)への懸念が強まっており、ジョンソンを高値で売り飛ばすことによって帳簿バランスを整える必要があるようだ。
その額は4000万ポンド(約73億7000万円)を超えるとみられ、クラブの売却レコードを更新することとなるようだ。

PR
関連ニュース

ファン・ウィジョのアランヤスポル移籍が正式発表…半年間のレンタルに

トルコのアランヤスポルは6日、ノッティンガム・フォレストから韓国代表FWファン・ウィジョ(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「16」に決定している。 今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ・シティにレンタル移籍してプレーしていたファン・ウィジョ。チャンピオンシップでは17試合で3ゴール1アシストを記録。しかし、ケガの影響もあってか、ノリッジは今冬にレンタル契約を終了し、フォレストに復帰していた。 また、プライベートにおいては性行為の違法撮影および二次加害容疑で起訴されており、この問題によってアジアカップ2023では韓国代表の招集メンバーを外されていた。 ピッチ内外で苦境を迎えるなか、先日にはフランスのモンペリエ行きの可能性が取り沙汰されたが、最終的に同クラブは別のターゲットを獲得したことで去就は振り出しに戻っていた。 それでも、人員整理を進めるフォレストが積極的に交渉を行っていたトルコのクラブへの移籍が決まった。 なお、新天地となるアランヤスポルは今シーズンのスュペル・リグで14位に位置している。 <span class="paragraph-title">【写真】ファン・ウィジョの加入会見が実施</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Kulübümüz, Nottingham Forest takımından sezon sonuna kadar kiralanan Güney Koreli Ui-Jo Hwang için imza töreni düzenledi.<br><br> <a href="https://t.co/qPjDdBYeNS">https://t.co/qPjDdBYeNS</a> <a href="https://t.co/4XaQWoP1KV">pic.twitter.com/4XaQWoP1KV</a></p>&mdash; Corendon Alanyaspor (@Alanyaspor) <a href="https://twitter.com/Alanyaspor/status/1754870925084815816?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.07 06:00 Wed

ベシクタシュ、フォレスト主将DFウォーラルを買取OP付きレンタルで獲得

ベシクタシュは5日、ノッティンガム・フォレストからイングランド人DFジョー・ウォーラル(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付帯している。 ウォーラルは、地元ノッティンガム出身で2011年にフォレストのアカデミーに加入した193cmのセンターバック。ダゲナム・アンド・レッドブリッジ、スコットランドのレンジャーズにレンタル移籍の経験はあったものの、これまでフォレスト一筋のキャリアを歩み通算226試合に出場。 2021-22シーズンに主力としてプレミアリーグ昇格に貢献し、正式にキャプテンに就任した昨シーズンは自身初のプレミアリーグの舞台で30試合に出場し、残留に貢献した。しかし、今シーズンはリーグ戦7試合の出場にとどまっていた。 2024.02.06 07:00 Tue

ファン・ウィジョの新天地はトルコに! アランヤスポル行き迫る

ノッティンガム・フォレストの韓国代表FWファン・ウィジョ(31)が、トルコのアランヤスポル行きに迫っているようだ。 今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ・シティにレンタル移籍してプレーしていたファン・ウィジョ。チャンピオンシップでは17試合で3ゴール1アシストを記録。しかし、ケガの影響もあってか、ノリッジは今冬にレンタル契約を終了し、フォレストに復帰していた。 また、プライベートにおいては性行為の違法撮影および二次加害容疑で起訴されており、この問題によってアジアカップ2023では韓国代表の招集メンバーを外されていた。 ピッチ内外で苦境を迎えるなか、先日にはフランスのモンペリエ行きの可能性が取り沙汰されたが、最終的に同クラブは別のターゲットを獲得したことで去就は振り出しに戻っていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、韓国代表FWは今冬の移籍市場がまだ開いているトルコのアランヤスポル行きで合意に至ったという。 移籍形態は買い取りオプションが含まれない半年間のドライローンとなるとのことだ。 なお、ファン・ウィジョの新天地となるアランヤスポルは今シーズンのスュペル・リグで14位に位置している。 2024.02.06 06:30 Tue

来夏獲得へ争奪戦も? ル・アーヴルの21歳主将サンガンテに名門クラブがこぞって熱視線

ル・アーヴルのセネガル人DFアルーナ・サンガンテ(21)に名門クラブが関心を寄せているようだ。 サンガンテは189cmの右利きセンターバック。育成年代よりフランスで過ごし、ル・アーヴルにて2021-22シーズンからトップ昇格を果たすと即座に定位置を掴み、22-23シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)優勝に貢献する。 チームが21シーズンぶりに1部リーグ・アンを戦う今季は21歳の若さでキャプテンを任され、ここまで17試合に出場。昇格1年目ながら11位と健闘するル・アーヴルに欠かせぬ最終ラインの柱となっている。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、そんな若きリーダーに対し、ウェストハムとノッティンガム・フォレストが今冬移籍市場最終日(1日)にオファーを出したとのこと。どちらもル・アーヴルに拒否されたという。 ル・アーヴルはサンガンテの完全移籍売却なら視野に入れているものの、両クラブから届いたのは買い取りオプション等付帯のレンタル移籍だったようだ。 ただ、右サイドバックにも対応可能な21歳を巡っては、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、ミラン、ドルトムントなども動向を注視。まだまだ無名でセネガル代表経験もないサンガンテだが、来夏に向けて争奪戦となる可能性もありそうだ。 なお、サンガンテはル・アーヴルとの契約が2026年6月まで。市場価値は推定1000万ユーロ(約15億9000万円)となっている。 2024.02.05 13:25 Mon

デ・ヘアはフォレストのオファーを拒否…一流クラブを望むも可能性は下がる一方に

無所属状態が続いている元スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(33)だが、この冬のオファーを拒否していたようだ。 昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団していたデ・ヘア。多くのオファーがありながらもその全てを拒否。半年間の無所属状態が続いている。 今冬の移籍市場でも多くの噂が浮上。サウジ・プロ・リーグのアル・シャバブへの移籍が噂されたが実現していなかった。 『The Athletic』そんな中で今冬にはプレミアリーグのノッティンガム・フォレストからもオファーが。残留争い真っ只中であるフォレストだが、デ・ヘアは拒否。より良いクラブからのオファーがあると信じ込み、キャリアを決断しないことを選んだという。 これまでの自身のキャリアを考えれば、マンチェスター・ユナイテッドの正守護神としてタイトルも獲得し、プレミアリーグのベストイレブンに5回、最優秀選手賞も受賞経験があり、より大きなクラブでプレーしたいと思ってもおかしくはないだろう。 ただ、既に半年ピッチに立っていない状況。デ・ヘアが臨む一流のクラブが守護神として迎え入れる確率は下がる一方とも言える。 ショットストップには定評がある一方で、現代的なビルドアップ能力の高いGKを望む一流クラブとしては、デ・ヘアが最優先のGKになる可能性は低く、現実を受け入れる時が来るかもしれない。 ただ、それでもフォレストを選択しなかったデ・ヘア。もしかしたら、ピッチを離れる可能性も十分にあるのかもしれない。 2024.02.04 08:50 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly