シェフィールド・U、リバプール育ちのDFロビンソンとの契約を2025年まで延長

2023.07.06 08:00 Thu
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドは5日、イングランド人DFジャック・ロビンソン(29)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。
PR
新契約を結んだJ・ロビンソンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。
「シェフィールドでプレーすることを本当に楽しんでいるし、トップリーグに戻ってエキサイティングなシーズンへの準備に集中できるように、契約を整理できて嬉しいよ。来月のクリスタル・パレスとの開幕戦に向けて、これからハードな練習が待っているからね」

リバプールアカデミー出身のロビンソンは、2010年5月に行われたプレミアリーグのハル・シティ戦で、当時のリバプール歴代最年少出場記録(16歳と250日)を樹立。だが、トップチームでの通算出場は11試合に留まり、2014年夏にQPRに完全移籍。

その後はノッティンガム・フォレストでのプレーを経て、2020年1月にシェフィールドに加入すると、在籍2年半で公式戦85試合に出場。昨季は3バックの右を主戦場に公式戦32試合の出場で3ゴール1アシストを記録し、チームの3季ぶりのプレミアリーグ昇格に貢献した。

PR
関連ニュース

三笘薫への危険なタックルが批判されたホルゲイトに大量の人種差別メッセージ、本人が一部を公開…クラブも声明「強い言葉で非難する」

シェフィールド・ユナイテッドのDFメイソン・ホルゲイトが自身が受けた人種差別を訴え、クラブも声明を発表した。 事の発端は、18日に行われたプレミアリーグ第25節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でのプレー。11分、日本代表MF三笘薫に対し、ホルゲイトは悪質で危険なタックルを見舞うと、イエローカードが提示されたが、VARチェック、オン・フィールド・レビューの結果、一発退場となっていた。 明らかに無謀なチャージで、三笘に重傷を負わせる可能性があったプレーには、現地でも批判的な目が向けられることに。また、判定に不服そうなホルゲイトの態度も問題視されていた。 そんな中、ホルゲイトには多くの批判と共に、人種差別的なメッセージがSNSを通じて送られたとのこと。本人が届いたメッセージを共有しながら、被害を訴えた。 「週末にチームメイト、クラブ、ファンを失望させたことは謝るしかない」 「しかし、この48時間はとても難しかった。僕のソーシャルメディア全体で、絶え間ない人種差別的な虐待…これがメッセージの一部だ」 「スポーツとして、社会として、僕たちはもっと取り組む必要があり、人種差別に影響を与える必要がある!」 ホルゲイトに対しては、プレーへの批判ではなく、人格や人種を傷つけるコメントが多く寄せられている中、所属するシェフィールド・ユナイテッドも声明を発表。いかなる人種差別も許されないとした。 「シェフィールド・ユナイテッドは、日曜日のプレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオン戦後に、メイソン・ホルゲートが受けた人種差別的虐待を可能な限り強い言葉で非難します」 「我々はメイソンをサポートし、彼がソーシャルメディアでこのことを明らかにしたことを称賛します」 「クラブは関係機関と協力し、調査を進めます。我々のゲームには人種差別が入る余地はありません」 確かに問題あるプレーではあったが、プレーと人種は関係のないもの。いかなる理由でも、人種差別は許されるものではない。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫に悪質なタックルを見舞ったホルゲイトに届いた差別メッセージの数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C3lIRxfAQF3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C3lIRxfAQF3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C3lIRxfAQF3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mason Holgate(@masonholgate)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】人種差別に繋がってしまった三笘薫への悪質なタックル…一歩間違えれば重傷に</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="IPHiXdiQOzI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.21 10:01 Wed

「心が張り裂けそう」三笘薫への悪質タックル、かつてのチームメイトである元スペイン代表FWも苦言「許されることではない」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が受けた悪質なタックルについて、元チームメイトが批判した。 18日、プレミアリーグ第25節でブライトンはアウェイでシェフィールド・ユナイテッドと対戦した。 三笘はこの試合に左サイドで先発出場。すると、11分にパスを受けた三笘に対し、メイソン・ホルゲイトが猛然とタックル。ボールには行かず、三笘の左ヒザ上あたりにスパイクが入る危険なタックルを見舞った。 主審はイエローカードを提示したが、VARチェックの末にオン・フィールド・レビュー。ホルゲイトは一発退場となっていた。 「最悪のタックル」と現地でも多くの批判を受けるホルゲイトのチャレンジだったが、かつてホルゲイトとチームメイトであったウディネーゼの元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウが、当該シーンを引用してX(旧ツイッター)で苦言を呈した。 「ホルゲイトは僕のチームメイトだったが、僕はこれを目の当たりにして心が張り裂けそうだ。なぜなら、僕はそれを直接経験している」 「僕たちは、模範的かつ適切な方法で、この種のチャレンジに対する制裁を課さなければいけない。これは許されることではない」 両選手はエバートン時代に同僚。かつてのチームメイトとはいえ、卑劣なタックルは許せない様子。現在デウロフェウはヒザを負傷してプレーできない状態にある。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫への悪質なタックル…あわや重傷に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IPHiXdiQOzI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 13:20 Tue

「彼らのスキルは重要」大勝のブライトン、デ・ゼルビ監督は三笘薫とアディングラの両ウインガーを称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、プレミアリーグ第25節でブライトンはアウェイでシェフィールド・ユナイテッドと対戦。日本代表MF三笘薫も先発した試合は、ブライトンペースで試合が進む。 左サイドに入った三笘は立ち上がりから良いプレーを見せると、13分にはメイソン・ホルゲイトのスパイクがヒザ上に入る悪質なタックルを受けることに。これでホルゲイトは退場となった中、20分、24分とブライトンが連続ゴールで優位に進める。 後半に入ると75分には三笘のクロスがオウンゴールを誘発。その後も追加点を奪い、ブライトンが0-5で大勝を収めた。 試合後、デ・ゼルビ監督は左の三笘、2ゴールを記録した右のサイモン・アディングラの両ウインガーのパフォーマンスを称えた。 「我々の選手たちは皆、自由であり、彼らがピッチ上でやろうと決めたことをサポートしてほしいと思っている」 「三笘とアディングラはどちらもとても重要であり、特にこの手のタイプの試合では、1vs1の状況で違いを生み出すために、ウインガーのポジションで彼らのスキルは重要になる」 サイド攻撃で差をつけることとなったブライトン。チームがしっかりとゴールを重ね、無失点で終えたことも称えた。 「試合は2-0で終わったわけではない。よりゴールを決め、真剣にプレーし続けなければならず、愚かなゴールを許してはいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のクロスがオウンゴールを誘発</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JsA-HryOrlw";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 08:50 Mon

三笘がレッドカード&OGを誘発!ブライトンが最下位ブレイズに5発快勝【プレミアリーグ】

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、プレミアリーグ第25節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し5-0で快勝した。三笘は77分までプレーしている。 前節のトッテナム戦で逆転負けを喫した9位ブライトン(勝ち点35)が、最下位に沈むブレイズ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。ブライトンの三笘は[4-2-3-1]の左MFで先発している。 序盤の主導権争いを経て徐々にポゼッションを高めるブライトンは11分、左サイドからドリブルで仕掛けた三笘がホルゲイトが悪質なタックルで倒されると、主審はイエローカードを提示したが、オンフィールド・レビューの末にカードの色が赤に変更された。 早い時間に数的有利となったブライトンは、20分にセットプレーからネットを揺らす。グロスの右CKをファーサイドのダンクが頭で折り返すと、最後はゴール前のブエナノッテが左足で押し込んだ。 先制したブライトンは、その4分後にもグロスの右クロスをゴールエリア左に走り込んだ三笘がダイレクトシュート。これはGKフォダリンガムに弾かれたが、こぼれ球をウェルベックがゴールに流し込んだ。 その後も主導権を握るブライトンだったが、前半終了間際にピンチを迎える。44分、ハメルの左CKをファーサイドのジャック・ロビンソンに頭で折り返されると、ゴール前で生まれた混戦からオズボーンにゴールネットを揺らされたが、これはオンフィールドレビューの末にオズボーンのオフサイドが認められ、ゴールは取り消された。 迎えた後半も主導権を握るブライトンだったが、5バックを敷くブレイズ守備陣を前になかなか好機を作るには至らない。67分にはブエナノッテを下げてファーガソンを投入。すると、直後のCKからファーガソンがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 攻勢を続けるブライトンは75分、イゴールのパスをボックス左横で受けた三笘が縦への仕掛けからクロスを供給すると、これがJ・ロビンソンのオウンゴールを誘発した。 直後に三笘を下げてファティを投入したブライトンは、78分にもグロスの右クロスをアディングラが右足ボレーで流し込み、4点目。さらに86分にも、ファティのシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったアディングラがシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま5-0でタイムアップ。ブライトンが最下位ブレイズ相手に5ゴールを奪い快勝した。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のクロスがオウンゴールを誘発</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JsA-HryOrlw";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫への危険で悪質なファウルで一発退場</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="28k7OhMAiqk";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 01:06 Mon

ルートン橋岡大樹のデビューは今週末も見送り 指揮官「あと1、2週間かかる」

ルートン・タウン入りの日本代表DF橋岡大樹は今週末も出場しないようだ。 今冬にシント=トロイデンからのルートン入りが決まり、デビューが待たれる橋岡。加入後に敵地で行われたプレミアリーグ第23節のニューカッスル・ユナイテッド戦では適応段階とのことで、出場が見送りとなった。 10日の第24節では最下位シェフィールド・ユナイテッドとホームで対戦するが、マッズ・アンデルセンとテデン・メンギのバックライン勢が揃って負傷。橋岡の重要性が高まるが、指揮官いわく、今節も起用しない模様だ。 イギリスの地元メディア『ルートン・トゥデイ』によると、ロブ・エドワーズ監督は上記2選手の出場が微妙な状況を明かしつつ、橋岡について「まだ調整中で、もう少し時間をかけるつもりだ」と起用見送りを示唆した。 「今のところ、チーム内で調整する必要もあまりないし、彼はおそらくあと1、2週間ほどかかるだろう。急がせる必要がないのは良いこと。他の国、そしてこのリーグでは特に大きな適応が必要だからね。彼が観た2試合もかなり荒々しいものだったし、もう少し時間を与えよう」 降格圏がちらつく17位につけるルートンはこのシェフィールド・ユナイテッド戦が終わると、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールとの連戦。その次のFAカップではマンチェスター・シティと対戦する。 2024.02.10 18:40 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly