王者ナポリ、最終戦を勝利で飾り有終の美《セリエA》

2023.06.05 03:27 Mon
Getty Images
ナポリは4日、セリエA最終節でサンプドリアをホームに迎え、2-0で勝利した。
スパレッティ監督が今季限りでの退任を発表した王者ナポリ(勝ち点87)は主力を起用し、オシムヘン、クワラツヘリア、エルマスの3トップで臨んだ。
最下位サンプドリア(勝ち点19)に対し、立ち上がりから圧力をかけたナポリだったが、好機を生み出すには至らない。

結局、決定機なく前半をゴールレスで終えて迎えた後半、57分にピンチを迎えたナポリだったが、マラグリダの決定的なシュートをGKメレトが好守で凌ぐと、62分にPKを獲得。

ボックス内に侵入したオシムヘンがムッルに倒された。このPKをオシムヘンが決めて先制したナポリは、66分に追加点のチャンス。CKの流れからアンギサのボレーシュートが枠を捉えたが、GKタークの正面だった。
その後も途中出場のガエターノがゴールに迫ったナポリは、オシムヘンらをお役御免とした中、選手交代を全て使い切った終盤の81分にガエターノが負傷し、10人での戦いを強いられる。

それでも85分、シメオネが豪快なミドルシュートを叩き込んで勝負を決定付けたナポリが2-0で勝利。最終戦を白星で締めくくっている。


関連ニュース

ナポリFWクワラツヘリア、憧れのマドリーとの対戦に歓喜「こんな夜に嬉しくないわけがない」

ナポリのジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリアが対戦するレアル・マドリーへの想いを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ナポリに加入した昨夏の時点ではまだ世界的に無名だったものの、キレのあるドリブルや得点力を駆使して欧州屈指のウインガーであることを証明したクワラツヘリア。加入1年目から公式戦14ゴール17アシストを記録し、33年ぶりとなるナポリのリーグ優勝やクラブ史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)8強入りの原動力となった。 ナポリ2年目の今シーズンは開幕からゴールが遠かったが、9月27日に行われた第6節ウディネーゼ戦で3月以来となる得点をゲット。続くレッチェ戦でもアシストを記録するなど調子を上げている中、ナポリは3日にチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリーと対戦する。 かねてからマドリー愛を公言しているクワラツヘリアはこの一戦を前に、『アス』に対してその気持ちの高ぶりを打ち明けた。元スペイン代表MFグティ氏やポルトガル代表代表FWクリスティアーノ・ロナウドへの憧れも口にしている。 「僕はテレビでマドリーを見て育ったけど、今では彼らがピッチ上にいて、僕たちのスタジアムでもライバルとして立ちはだかる。こんな夜に嬉しくないわけがない」 「僕は彼ら(グティやロナウド)を見て、プレーやフェイント、シュートを真似ようとしたんだ。彼らは僕にインスピレーションを与えてくれた」 また、クワラツヘリアは現マドリーの選手たちについてもコメント。同じポジションのライバルであるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの能力の高さなどを称賛した。 「彼は素晴らしく、とてつもない才能を持っている。このポジションで最高の選手だ。彼やレアル・マドリーのチャンピオンたちと対戦するのは素晴らしい経験になるだろう」 「モドリッチ、ベリンガム、クロース… チーム全員の名前を挙げることができる。僕たちは彼らをとても尊敬しているし、彼らはトップレベルの選手だ」 それでもクワラツヘリアはナポリの一員として、チーム一丸となってマドリーに立ち向かうことを誓っている。 「僕たちは誰に対しても敬意を払うが、誰も恐れないチームだ。僕たちはイタリアのチャンピオンであり、この試合に勝つために全力を尽くす」 2023.10.03 20:37 Tue

【CLグループ第2節プレビュー①】GS屈指の好カード、ナポリvsレアル・マドリー開催

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が3日と4日に行われる。ここでは第2節1日目となるグループA~Dの戦いを展望していく。 ◆ユナイテッド踏ん張りどころ~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202301002_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループAでは開幕節、バイエルンとマンチェスター・ユナイテッドの突破候補が激突し、バイエルンが4-3で逃げ切って白星スタートとした。 グループの本命であるバイエルンはユナイテッド戦、終始リードする展開で逃げ切り勝利。ブンデスリーガでも直近のライプツィヒとの首位攻防戦を2点のビハインドから追いつく形でのドローと、順調なシーズンインとなっている。とりわけFWケインはゴールをコンスタントに取り続けており、期待通りの働きをしている。ガラタサライに善戦して引き分けスタートとしたコペンハーゲンとのアウェイ戦、勝利して連勝スタートとなるか。 対するユナイテッドは新守護神オナナのミスに近い形での先制点献上もあってバイエルンに敗戦。終盤、MFカゼミロの2発で追いすがったが及ばなかった。そのユナイテッドはバイエルン戦後、プレミアリーグでは1勝1敗。直近のクリスタル・パレス戦では相手の一撃に沈み、敗れてしまった。ケガ人も多く、まだまだ不安定なチーム状態が続くが、コペンハーゲン戦後のリーグ戦を3連勝として勢いに乗っているガラタサライを下し、流れを変えられるか。 【グループA】 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs ガラタサライ コペンハーゲン vs バイエルン ◆冨安に出番は~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202301002_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループBでは開幕節、7季ぶり出場のアーセナルがPSV相手に4発快勝発進とした。格の違いを見せ付けた中、第2節ではリーグ・アンでようやく2連勝と復調気配のランスと対戦する。 アーセナルはPSV戦、前半のうちに3ゴールを奪って勝負を決めてしまった。その後のリーグ戦ではトッテナムとのノースロンドン・ダービーでは互角の展開の中で引き分けたものの、直近のボーンマス戦では4発圧勝とした。選手層の厚みを見せ付ける中、DF冨安に出番が回ってくるかにも注目だ。 昨季ヨーロッパリーグ王者のセビージャは開幕節、ランスにドロー。直近のバルセロナ戦ではDFセルヒオ・ラモスのオウンゴールで惜敗となったが、開幕直後の不調は脱している様子。PSVとは2位通過を争う可能性が高いだけにモノにしたい。 【グループB】 《28:00》 ランス vs アーセナル PSV vs セビージャ ◆好調の両雄によるビッグマッチ~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202301002_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループCでは前節、レアル・マドリーが初出場のウニオン・ベルリンを後半追加タイムのMFベリンガム弾で辛勝とし、ナポリがブラガに2-1で競り勝った。突破候補の両クラブが白星スタートとした中、第2節で両雄が激突する。 ナポリはブラガ戦、後半終盤に追いつかれる展開とされながらも88分のオウンゴールで何とか競り勝った。直後のボローニャ戦では低調なゴールレスドローに終わってPKを失敗したFWオシムヘンがクラブと揉める嫌な雰囲気となったが、そこからウディネーゼ戦、レッチェ戦と4発快勝。オシムヘンを巡る問題も一先ず収束した様子の中、良好なチーム状態でマドリー戦に向かっている。 対するマドリーはウニオン戦、相手の堅守に苦しみながらも飛ぶ鳥を落とす勢いのMFベリンガムによる後半追加タイム弾で勝利。直後のアトレティコとのマドリード・ダービーでは完敗してしまったが、ラス・パルマス戦、ジローナ戦と連勝しナポリ戦を迎えている。ジローナ戦では負傷明けのFWヴィニシウスが先発に復帰し、ラ・リーガ首位に立っていた相手に勝利。ダービーでも露呈したクロス対応に問題を抱える状況はあるが、無双状態が続くベリンガム、ここまでFWベンゼマの抜けた穴を埋めているFWホセルの活躍もあり、こちらもナポリ戦に向けては良好なチーム状態と言えそうだ。 記念すべきCL初戦でマドリーに善戦したウニオンだったが、その後のブンデスリーガでは2連敗。直近の昇格組ハイデンハイム戦も落として公式戦5連敗となった。CLとの二足の草鞋に早くもアップアップの状態だが、ナポリ戦で後半に実力を示したブラガを退けて窮地を脱せるか。 【グループC】 《25:45》 ウニオン・ベルリン vs ブラガ 《28:00》 ナポリ vs レアル・マドリー ◆絶好調キープの久保が白星スタートのザルツブルクと対戦~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get202301002_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDでは開幕節、MF久保が牽引するレアル・ソシエダが昨季CL準優勝のインテルと初戦を戦い、1-1の引き分けに持ち込まれた。第2節では敵地でのベンフィカ戦を2-0で制したオーストリア王者ザルツブルクと対戦する。 ソシエダはインテル戦、終始優勢に試合を進めながらも終盤のFWラウタロ被弾で引き分けに終わってしまった。それでもその後のラ・リーガは3連勝とチーム状態は上向き。久保は直近のアトレティック・ビルバオとのバスク・ダービーでもゴールを挙げ、絶好調をキープしている。昨季ベスト8のベンフィカを下したザルツブルク相手に久保は輝きを放ち続けるか。 一方、ソシエダ相手に勝ち点1をもぎ取ったインテルは、その後のセリエAでは2勝1敗。サッスオーロに不覚を取って今季初黒星を喫したが、良好なチーム状態を維持している。とりわけ直近のサレルニターナ戦で途中出場したラウタロは圧巻の4発で格の違いを見せ付けている。同胞のFWディ・マリアが復帰しているベンフィカを下し、グループで優勢に立てるか。 【グループD】 《25:45》 ザルツブルク vs レアル・ソシエダ 《28:00》 インテル vs ベンフィカ 2023.10.03 18:00 Tue

オシムヘンを嘲笑した動画を出したナポリ、SNS担当の責任者が退団を報告

ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンを嘲笑する動画をアップしたとして大きな話題となったナポリ。責任者がチームを去ったことを報告した。 ナポリでは、エースのオシムヘンを巡って騒動が発生。ルディ・ガルシア監督に対して不満を露わにしていたとされるオシムヘンに対し、クラブはTikTokアカウントに1本の動画を投稿。これが大きな騒動に発展した。 この動画は、ボローニャ戦でPKを失敗したオシムヘンの動画に「PKをください」と訴えるもの。これが選手を嘲笑するとされて大きく拡散されると、クラブは動画を削除していた。 オシムヘンの代理人を務めるロベルト・カレンダ氏はクラブを訴えると声明を発表。更なる関係が悪化すると思われていた。 そんな中、クラブのソーシャルメディア担当の責任者であるアレッシオ・フォルティノ氏が自身のインスタグラムを更新。チームを退団したことを発表した。 「805日後の本日、SSCナポリでの私のプロとしての冒険が終わる」 「多くの人にとって、この仕事は夢に匹敵するものだが、私にとってそれは単純な日常の現実だった。現実は献身性の上に築かれ、学びたい、遊びたいという継続的な欲求によって支えられていた」 「この長い旅の中で出会った全ての同僚、協力者、パートナー、そしてファンの皆様、この経験を特別なものにしてくれたことに深く感謝の意を表さずにはいられない」 「私は素晴らしい思い出と、私を待っている新たな冒険への熱意を胸に会社を去った。改めて感謝します。またお会いしましょう」 なお、ナポリは声明を発表したものの、オシムヘン側が求めた謝罪はせず。「決して嘲笑するつもりはなかった」というにとどめており、さらに問題がこじれる可能性があるという。 <span class="paragraph-title">【写真】辞任したナポリのSNS担当の幹部</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cx2e5XRoeI3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cx2e5XRoeI3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cx2e5XRoeI3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">dr. Alessio Fortino(@ale_fourteen)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.10.03 14:05 Tue

「誇りを持って身に着けているバッジへの愛は揺るがない」、オシムヘンが物議醸したクラブSNS投稿を巡って声明

物議を醸したクラブのSNS投稿を巡るナポリとナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンの問題は無事に解決したようだ。 オシムヘンは1日、自身の公式SNSを通じて一連の問題に関する声明を発表。一部で報じられた法的措置を講じる可能性を否定すると共に、クラブへの愛情を改めて語っている。 「2020年にナポリに来ることは僕にとって素晴らしい決断だった。ナポリの人々は僕にたくさんの愛と優しさを示してくれた。だから、僕らの間にいかなる人も入ることを許さない」 「ナポリの人々の情熱が僕の心に火を与え、常に心と魂を尽くしてプレーしている。そして、自分が誇りを持って身に着けているバッジへの愛は揺るがない」 「ナポリに対する告発は虚偽だ。僕にはナポリ人の友人がたくさんいて、家族や日常生活の一部になっているんだ。もちろん、ナイジェリアの人々と僕をサポートし、手を差し伸べる声を率先してくれたみんなに感謝するよ」 「いつも感謝している。団結、尊重、理解をサポートしよう。フォルツァ、ナポリ! センプレ」 昨シーズンのセリエA優勝に大きく貢献し、押しも押されもせぬパルテノペイのエースに君臨するオシムヘン。だが、先日に行われたボローニャ戦の試合後にはTikTokのクラブ公式アカウントが主審にPKを求め、それを外したオシムヘンの一部始終を嘲笑する動画をアップ。すぐに当該投稿は削除されたが、物議を醸す結果となった。 これに対して、オシムヘンの代理人であるロベルト・カレンダ氏が自身のSNSを通じてナポリに抗議。法的措置もちらつかせた。 一方、ナポリはこの件に関して「このクラブの宝であるビクター・オシムヘンを決して怒らせたり嘲笑する意図はなかった」との声明を発表。釈明を行ったものの、謝罪には至らなかったことで、今後の両者の関係が危ぶまれていた。 そして、今冬のチェルシー、アル・ヒラルへの移籍の可能性も取り沙汰されていたが、オシムヘン自身は騒動後の2試合でいずれもゴールを記録し、チームも連勝。加えて、今回の公式声明発表によって両者の関係は無事修復された模様だ。 2023.10.02 07:00 Mon

オシムヘンの2戦連発弾などナポリがレッチェに4発快勝、CLマドリー戦に弾み【セリエA】

ナポリは9月30日、セリエA第7節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 3日前に行われた前節ウディネーゼ戦をクワラツヘリア&オシムヘン弾など4発快勝としたナポリ(勝ち点11)は、そのウディネーゼ戦のスタメンから3選手を変更。オシムヘンがベンチスタートとなり、リンドストロームが移籍後初先発となった。 前節ユベントスに惜敗したレッチェ(勝ち点11)に対し、クワラツヘリア、シメオネ、リンドストロームの3トップでスタートしたナポリは序盤の主導権争いを経て、16分に先制する。左サイドからのジエリンスキのFKをエスティゴーアが頭で合わせた。 エスティゴーアのセリエA初ゴールで先手を取ったナポリは、25分にロングカウンターから迎えたピンチではクルストビッチのコントロールシュートをGKメレトが好守で阻止。 前半半ば以降も試合をコントロールしたナポリは41分にシメオネのミドルシュートで牽制した中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、シメオネに代えてオシムヘンを投入したナポリは、そのオシムヘンが開始6分にゴール。左サイドを打開したクワラツヘリアのクロスからオシムヘンがヘッドで合わせた。 余裕の展開としたナポリは3日後のCLレアル・マドリー戦を見据え、58分にクワラツヘリアをお役御免に。 その後も試合をコントロールし続けた中、終盤の88分に3点目。途中出場ガエターノのミドルシュートが決まった。さらに追加タイムにはポリターノがPKで4点目を決めたナポリが快勝とし、良好なチーム状態でマドリーを迎え撃つ準備を整えている。 2023.09.30 23:58 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly