エルチェが5節を残してセグンダ降格…

2023.05.03 07:00 Wed
Getty Images
エルチェの2019-20シーズン以来のセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)降格が決定した。
今シーズンここまでフランシスコ、ホルヘ・アルミロン、パブロ・マチン、セバスティアン・ベッカセセと4人の指揮官の下で戦ってきたエルチェ。しかし、いずれの指揮下でもチームは好転することなく、3勝7分け23敗の最下位に低迷。
そして、勝利を逃せば降格が決定する2日のラ・リーガ第33節ではアルメリアに1-2で敗戦し、5節を残しての降格が決定した。


関連ニュース

マリオ・ガスパールが1年ぶりのスペイン復帰! 2部降格のエルチェにフリーで移籍

エルチェは7月31日、ワトフォードから元スペイン代表DFマリオ・ガスパール(32)の加入を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ビジャレアルの下部組織で育ったガスパールは、2010年にトップチーム昇格を果たすと、在籍15年でクラブ歴代3位となる公式戦424試合に出場し11ゴール24アシストを記録。 しかし、2020-21シーズン以降はケガなどもあり出場機会が減少すると、2021-22シーズンを持ってクラブを退団。その後、チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードへ移籍。 昨季は準主力として公式戦33試合に出場したが、7月1日に双方合意の下で契約を解除していた。 2023.08.01 00:50 Tue

昇格グラナダ、エルチェ退団のMFグンバウを獲得

グラナダは27日、エルチェを退団したスペイン人MFジェラール・グンバウ(28)の加入を発表した。契約期間は2024年6月30日までの1年となる。 ジローナのカンテラ出身のグンバウは2014年にバルセロナB(現バルサ・アトレティック)に加入。その翌年にはバルセロナのファーストチームデビューを飾った。左利きの大型ピボーテは2015–16シーズンに公式戦8試合に出場したものの、以降は思うように出場機会を得られず。2017年にレガネスへ完全移籍し、以降は古巣ジローナとエルチェでプレー。 昨シーズンのラ・リーガでは35試合1ゴール6アシストの活躍を見せたが、チームのセグンダ降格の影響もあり、今夏契約満了によって退団。新天地はプリメーラ復帰のグラナダとなった。 2023.07.28 13:41 Fri

イラオラ退任のラージョ、元エルチェ指揮官のフランシスコ氏を招へい

ラージョ・バジェカーノは28日、新指揮官にフランシスコ・ロドリゲス氏(45)を招へいしたことを発表した。 ラージョではプリメーラ昇格、2年連続で1部残留に導いたアンドニ・イラオラ監督が契約満了をもって退任し、プレミアリーグのボーンマスに新天地を求めていた。 フランシスコ氏はこれまでアルメリアやムルシア、ルーゴ、コルドバ、ウエスカ、ジローナを指揮。直近ではエルチェを指揮。昨季は途中就任で1部残留に導いたものの、今季は開幕から未勝利が続き、最下位に低迷していたことを受けて昨年10月に解任されていた。 2023.06.29 07:30 Thu

マジョルカ、バレンシアDFラトとエルチェMFマスカレルを獲得

マジョルカは27日、バレンシアのスペイン人DFトニ・ラト(25)とエルチェのスペイン人MFオマール・マスカレル(30)の獲得を発表した。ラトとは2027年6月までの4年契約を、マスカレルとは2026年6月までの3年契約を結んでいる。 バレンシアの下部組織で育ったラトは、左サイドを主戦場とするワイドプレーヤー。バレンシアでは公式戦104試合に出場し、今季はラ・リーガ24試合に出場したが、先発は9試合に留まっていた。 一方、セントラルMFのマスカレルは、レアル・マドリーの下部組織出身。レアル・マドリーでは1試合に出場した後、ダービー・カウンティやフランクフルト、シャルケと国外でプレー。 2021年夏にスペインに戻り、エルチェでプレーしていた。今季はラ・リーガ28試合(全試合先発)に出場し、主力としてプレーしていた。 2023.06.28 07:30 Wed

フィデル弾に沈んだ低調アトレティコが最下位エルチェに痛恨の敗戦…《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは14日、ラ・リーガ第34節でエルチェと対戦し0-1で敗戦した。 リーグ戦3連勝中の3位アトティコ・マドリー(勝ち点69)が、すでにセグンダ(スペイン2部)降格の決まった最下位のエルチェ(勝ち点16)のホームに乗り込んだ一戦。 大勝した前節のカディス戦と同じ先発メンバーを起用したアトレティコは7分、デ・パウルの右クロスをモラタがヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 さらにアトレティコは、17分にもデ・パウルのパスをボックス右まで駆け上がったモリーナがダイレクトで折り返すと、グリーズマンがゴール前に飛び込んだが、わずかにボールには届かず。 その後は一進一退の展開が続く中、アトレティコは41分に失点する。左サイドからブランコがロングスローを供給すると、対応に入ったGKグルビッチのパンチングが甘くなり、ボールがゴール前にこぼれると、最後はフィデルが左足でゴールに流し込んだ。 迎えた後半、1点を追うアトレティコは54分にレマルを下げてアンヘル・コレアを、61分にデ・パウルとエルモソを下げてバリオスとレギロンを投入。すると62分、カウンターで中央を持ち上がったグリーズマンのスルーパスに反応したカラスコがゴール前に抜け出したが、ボールは絶妙な飛び出しを見せたGKバディーアにキャッチされた。 アトレティコは70分にも、グリーズマンのパスでDFの裏に抜け出したモラタがボックス左から右足アウトサイドでゴールを狙ったが、シュートはGKバディーアの好セーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、再びチャンスを迎えたのはエルチェ。89分、ホサンの右クロスが流れたボールをファーサイドのボジェが胸トラップから左足ボレーでゴールを狙ったが、叩きつけたシュートはゴール右に外れた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。最下位相手に痛恨の黒星を喫したアトレティコの連勝は「3」でストップした。 2023.05.15 01:14 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly