ユベントス守護神シュチェスニー、来季のCL権獲得に自信! 「たとえ『-15』からでも掴み取る」

2023.03.16 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが何としてでも来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたい思いを口にした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

ユベントスは一連の不正会計に対するペナルティとしてセリエAにおける勝ち点15を剥奪され、順位が2位から10位まで下降。現在は7位まで持ち直したが、残り12試合で4位とは10ポイント差と、来季のCL出場権獲得が厳しい状況だ。

となれば、優勝チームにCL出場権が巡ってくるヨーロッパリーグ(EL)は必然的に優先順位も高まるが、守護神シュチェスニーはセリエAでも望みを捨てず、狙っていくようだ。16日にアウェイで行われるELラウンド16・2ndレグのフライブルク戦を前に覚悟を示した。
「イタリア勢(ミランとインテル)がCLのベスト8に進出したね。嬉しい限りだし、イタリアサッカー界にとって本当に良いことだ。ナポリにもベスト8に行ってほしいよ(この時点では進出決定前)」

「僕たちもELでフライブルクに1stレグで先勝し、ローマも勝っている。これもイタリアサッカー界にとって良い兆候と言えるだろう」

「来季も火曜日か、水曜日(ミッドウィーク)に試合をしたいな。ELで先へ進めば、来季のCLを掴むチャンスも増える。だけど、僕はたとえ『-15』からでもセリエAでCLを掴み取ることができると思ってるよ」

関連ニュース
thumb

CB強化を模索するユベントス、シティで序列低下のラポルテをターゲットに?

ユベントスがバルセロナらのクラブも関心を寄せるなか、マンチェスター・シティでプレーするスペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(28)の獲得を検討しているようだ。 ラポルテは2018年1月にアスレティック・ビルバオからシティへ加入。主力センターバックの一人として数多くのタイトル獲得に尽力してきたが、今シーズンはケガによる出遅れも響き、ベンチが定位置にとなっている。 プレミアリーグでは7試合の出場にとどまっており、選手本人は出場機会を求めて移籍を希望しているとも報じられているなか、スペイン『Relevo』によると、ユベントスが最も熱心な動きを見せているとのことだ。 3バックのシステムを採用しているマッシミリアーノ・アッレグリ監督はセンターバックの強化を熱望しており、高いビルドアップの能力と対人の強さを備えるスペイン代表DFを是が非でもチームに迎えたい考えだという。 一方で、シティとラポルテの契約は2025年夏まで残っており、移籍金は3000万ユーロ(43億6000万円)以上になる可能性も。財政難に陥るユベントスにとっては高額な移籍金となるが、ラポルテが移籍を希望すればシティ側が値下げに応じる可能性はあると踏んでいるようだ。 2023.03.31 10:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ディ・マリア、来月にさらなる新契約交渉へ

ユベントスとアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(35)の間で来月にさらなる交渉が行われるようだ。 昨夏にパリ・サンジェルマンからフリー加入したディ・マリア。ケガによる離脱もありながら、ピッチ上で存在感を示すが、単年契約とあって、その行方が注目どころとなっている。 移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、そんなディ・マリアの契約交渉は進められているが、来月中にも新たに話し合われる見通しだという。 巷ではトルコや、アメリカも新天地として噂されるが、ディ・マリア本人はユベントスとの対話にオープンな状況のようだ。 今シーズンのここまで公式戦24試合に出場して8得点7アシストと核となり、ユベントスの引き留めも明らかになるディ・マリアだが、果たして。 2023.03.31 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマと契約満了のスモーリング、クラブは契約延長を楽観視も去就確定はシーズン終了後か

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(33)との契約延長を楽観視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 9年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドではパフォーマンスに波があったスモーリング。だが、イタリアの水が合ったのか、2019-20シーズンからプレーするローマでは最終ラインの要に君臨している。 昨季はヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝に貢献し、ローマに初の欧州タイトルをもたらした選手としてクラブ史にその名を刻むことに。今季も公式戦37試合に出場するなど引き続きチームを引っ張っているなか、契約満了が今年6月に近づいている。 インテルとユベントスがスモーリングのフリー獲得を目指していることが報じられている裏で、ローマは3月初旬に代理人と会談。1年の契約延長+オプションを提示したものの、選手側は2年契約を要求しており、金銭面でも折り合えていないという。 それでも、ローマはスモーリングとの契約延長を楽観的。現在はクラブ全体がヨーロッパリーグ(EL)優勝、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて全力を注いでおり、去就が確定するのはシーズン終了後になるとみられている。 2023.03.30 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「次のピルロになれるかも」ユベントスで頭角現すファジョーリにピャニッチも期待

UAEのシャールジャFCに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、古巣ユベントスのU-21イタリア代表MFニコロ・ファジョーリを称賛した。 ユベントスの下部組織で育ち、2021年1月にファーストチームデビューを果たしたファジョーリ。昨季はセリエBのクレモネーゼへ武者修行に出て経験を積むと、ユベントスに復帰した今季は公式戦26試合に出場するなど、主力の1人に定着しつつある。 クラブだけでなく、イタリア代表の未来としてもファンやメディアから期待を集めるファジョーリについては、ピャニッチも高く評価しているようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたピャニッチは、ユベントス時代に抱いたファジョーリの印象について明かしており、クラブに多くの栄冠をもたらしたアンドレア・ピルロ氏を彷彿とさせる存在だと語った。 「ニコロが17歳でファーストチームの練習に参加したとき、他の若者と違うとわかったよ。僕はいつもニコロに対して敬意を持っていたから、今シーズンの彼の活躍にも驚かなかった」 「彼はこの調子を続けて、謙虚であり続けなければならない。マッシミリアーノ・アッレグリや彼のスタッフは、ニコロがトップレベルのミッドフィルダーになる助けとなるだろう。彼はイタリア代表の現在であり、未来でもある」 「彼がクラブや代表にとって、次のピルロになる可能性だってあるだろう。ただ、僕としてはあくまでファジョーリとして記憶されるべきだと思う」 2023.03.30 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、FIFAのパラティチ氏への処分発表を受けて声明発表

トッテナムは29日、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏に対する処分を受け、公式声明を発表した。 パラティチ氏は、イタリアサッカー連盟(FIGC)などが調査し、ユベントスに浮上した不正会計疑惑で処分を受けた幹部の1人。2年半の活動禁止処分を受けていた。 ユベントスは処分が不服だとして上訴するとされていた中、FIFAは29日に声明を発表し、パラティチ氏に対して30カ月の活動禁止処分の延長を発表した。 元々、処分が与えられていたのはイタリアサッカー界での活動であり、すでにトッテナムのMDに就任していたパラティチ氏に影響はなかった。 しかし、今回の発表により、処分の範囲が世界に広がったこともあり、トッテナムを含むあらゆる場所での活動が禁止に。 この処分によって退団の可能性も取りざたされるパラティチ氏に関して、トッテナムは公式声明を発表した。 「本日、FIFA規律委員会が、2023年1月20日にFIGC連邦控訴裁判所がファビオ・パラティチに科した制裁を全世界に拡大することを決定したとの報道を受け、当クラブはFIFAに緊急問い合わせを行いました」 「そして本日午後、FIFAより、懲戒委員会がFIGCの制裁を全世界に拡大する決定を下したことを文書で回答がありましたのでお知らせいたします」 「この委員会の審議は、関係者に何の事前通知もなく行われたものです。私たちは、この延長の詳細とFIGCの制裁との差異について、FIFAからさらなる明確化を緊急に求めています」 「昨日、ファビオがクラブチャンネルでインタビューを受けた際、彼もクラブも、FIGCの制裁が2023年1月20日に下され、2023年4月19日に上訴されるという事実に基づいて、FIFAがこの決定を下したとは全く知らなかったことを明確にしておきたいと考えています」 「この件に関しては、追ってご報告いたします」 2023.03.30 05:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly