元U-18ブラジル代表MFマイコン・ドウグラスがFC大阪に期限付き移籍「全力で頑張ります」

2023.03.10 14:46 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
FC大阪は10日、ヴィトーリアからMFマイコン・ドウグラス(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2023年12月31日までとなる。

マイコン・ドウグラスは、ヴィトーリアでキャリアをスタート。ボタフォゴ、マガリーへ期限付き移籍を経験していた。
2019年にはU-18ブラジル代表にも招集された経験を持っている。

マイコン・ドウグラスはクラブを通じてコメントしている。

「FC大阪の一員としてチームに貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」

1 2

関連ニュース
thumb

FC大阪のDF佐藤颯人が全治7カ月の重傷…左ヒザ外側半月板損傷

FC大阪は16日、DF佐藤颯人の負傷を発表した。 クラブの発表によると、佐藤は2月17日のトレーニングマッチで負傷したとのことだ。 佐藤は左ヒザ外側半月板損傷と診断され全治は約7カ月。15日に手術を受けたという。 佐藤は東海大学から2021年にFC大阪に入団。在籍3シーズン目を迎えていた。 2023.03.16 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

FC大阪が宮崎下しJリーグ初勝利! 奈良は八戸に追いつき初勝ち点、沼津・中山雅史監督&相模原・戸田和幸監督はJリーグ初白星【明治安田J3第2節】

明治安田生命J3リーグ第2節の7試合が12日に各地で行われた。 今シーズンからJ3に参入したFC大阪は初勝利を目指してアウェイでテゲバジャーロ宮崎と対戦した。 開幕戦では鹿児島ユナイテッドFCに敗れていた中、この試合では先制。38分、最終ラインからのロングフィードに対して古川大悟がスプリント。相手DFとの競争に勝つと、ボックス右からグラウンダーのクロス。これを中央を駆け上がった島田拓海がダイレクトシュート。これがネットを揺らす。なお、島田は2試合連続ゴールとなった。 FC大阪は宮崎の攻勢に遭うも、最後まで集中した守備の姿勢を崩さずにタイムアップ。0-1で勝利し、嬉しいJ3初勝利となった。 FC大阪と同様に今季から初めてJリーグに参入した奈良クラブはヴァンラーレ八戸と対戦。こちらも初勝利を目指したが、開始7分に前澤甲気にゴールを許して失点。リードを許したまま試合は進むが、50分に浅川隼人がゴールを決めて追いつくと、そのままタイムアップ。1-1の引き分けに終わった。 その他、今季から中山雅史監督率いるアスルクラロ沼津は、カターレ富山と対戦。試合は前半アディショナルタイムに持井響太のゴールで沼津が先制すると、76分には菅井拓也が追加点。86分にアルトゥール・シルバに1点を返されるが、2-1で勝利し、中山監督にとっては嬉しい初勝利となった。 また、今季から指揮を執る戸田和幸監督率いるSC相模原は、服部年宏監督率いる福島ユナイテッドFCと対戦。試合はなかなかゴールが生まれない展開となる中、74分に吉武莉央のゴールで相模原が先制。さらに89分には藤沼拓夢も決めて2点差とする。福島は94分に上畑佑平士がネットを揺らして1点差とするが追い上げもここまで。相模原が勝利を収め、戸田監督にとってはJリーグ初勝利となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第2節 ▽3/12 奈良クラブ 1-1 ヴァンラーレ八戸 テゲバジャーロ宮崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC大阪</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 カターレ富山 FC岐阜 1-1 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 3</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原 2</span>-1 福島ユナイテッドFC 愛媛FC 1-1 AC長野パルセイロ ▽3/11 Y.S.C.C.横浜 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 FC今治 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 いわてグルージャ盛岡 2023.03.12 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸の大卒ルーキーDF松田佳大が地元のFC大阪へ育成型期限付き移籍「責任と覚悟を持ってこの地に来ました」

FC大阪は11日、水戸ホーリーホックのDF松田佳大(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日までとなり、水戸との公式戦には出場できない。背番号は「39」となる。 松田は大阪府生まれで、セレッソ大阪U-15出身。その後、京都橘高校から東洋大学を経て、今シーズンから水戸に入団した。 開幕から出番はなく、地元に戻りJ3で武者修行を積むこととなる。 松田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC大阪 「FC大阪に関わる全ての皆様初めまして、水戸ホーリーホックから育成型期限付き移籍で加入しました、松田佳大です。責任と覚悟を持ってこの地に来ました。多くは語りません。闘う姿を見て下さい。応援よろしくお願いします!」 ◆水戸ホーリーホック 「ファン・サポーターの皆様、そしてパートナー企業の皆様、笠間市の皆様、普段から多大なるご支援とご声援をありがとうございます」 「この度、FC大阪に育成型期限付き移籍をすることに決めました。このチームに入り約3ヶ月を過ごし、初めはキャンプで自分の未熟さを知り、ここまで少しずつではありますが確実に成長をしてきました。しかし、自分の目指す場所を考えた時に、そして水戸で活躍する為にこの決断が必要だと考えました」 「プロとして自分を受け入れてくれた最初のチームを出ていく事にすごく悩み葛藤もしましたが、実力主義の舞台でもっと輝きたいと強く思いました。ホームアウェイ関わらずに駆けつけてくれ、大きな声援をくれるこのクラブで活躍をし、チームを勝たせる為にも経験と力をつけて帰ってきたいと思います」 「自分のユニフォームやグッズを身につけ、話しかけてくれるファン・サポーターの皆様には少し寂しい思いをさせてしまいますが、この選手を応援していて良かったなと思ってもらえるように頑張ります!引き続き応援よろしくお願いします。行ってきます!」 2023.03.11 20:43 Sat
twitterfacebook
thumb

J3参入のFC大阪、元U-17ブラジル代表FWジョアン・ヴィクトールを獲得「素晴らしい1年にしたい」

FC大阪は18日、ブラジルのセアラーからFWジョアン・ヴィクトール(18)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 移籍期間は2023年12月31日まで。背番号は「36」となる。 ジョアン・ヴィクトールは、2019年からセアラーでプレー。U-20チームに所属していながら、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で4試合に出場していた。 U-17ブラジル代表にも招集歴があり、左ウイングを主戦場に両ウイングでプレーが可能となっている。 ジョアン・ヴィクトールはクラブを通じてコメントしている。 「まず、神様、家族、そして私の仕事を信頼し、門戸を開いてくれた会長、社長に感謝します。この機会をいただき、とても嬉しく、やる気が出てきました。素晴らしい1年にしたいですし、クラブの目標達成に貢献したいと思っています!」 「また、ファンの皆さんには、愛情を持って接しJ2への昇格を目指します!一緒に応援してください!そして何より、チャンピオンになってJ2に昇格したいです!」 2023.02.18 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

FC大阪、清本拓己が半年以上の離脱…右ヒザ前十字じん帯断裂で手術

FC大阪は17日、MF清本拓己の負傷を報告した。 9日のトレーニングに負傷して、検査を受けたところ、右ヒザの前十字じん帯断裂と診断。17日に手術を受け、全治約7~8カ月を要すという。 昨年からFC大阪でプレーする清本。チームは今季からJ3参入が決まり、自身も2021年の藤枝MYFC以来のJ挑戦だったが、大ケガを負ってしまった。 2023.02.17 16:19 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly