シュクリニアル退団見込みのインテル、今冬パヴァールにオファーしていた

2023.02.08 23:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に今冬オファーしていたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

バイエルンのディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は移籍期限が閉まる数日前に公式オファーを受け取っていたことを明かしているが、『カルチョメルカート』はそれがインテルだと主張している。

サリハミジッチ氏はこのオファーについて「経済的には魅力的だったが、我々のプロジェクトを優先させた」と述べ、パヴァールを必要不可欠な戦力と見なし、売却不可であったことを明かした。
インテルでは今季終了後に契約が切れるDFミラン・シュクリニアルがパリ・サンジェルマンへ移籍することが確実となっており、その代役としてパヴァールを望んだものと思われる。

関連ニュース
thumb

ローマと契約満了のスモーリング、クラブは契約延長を楽観視も去就確定はシーズン終了後か

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(33)との契約延長を楽観視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 9年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドではパフォーマンスに波があったスモーリング。だが、イタリアの水が合ったのか、2019-20シーズンからプレーするローマでは最終ラインの要に君臨している。 昨季はヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝に貢献し、ローマに初の欧州タイトルをもたらした選手としてクラブ史にその名を刻むことに。今季も公式戦37試合に出場するなど引き続きチームを引っ張っているなか、契約満了が今年6月に近づいている。 インテルとユベントスがスモーリングのフリー獲得を目指していることが報じられている裏で、ローマは3月初旬に代理人と会談。1年の契約延長+オプションを提示したものの、選手側は2年契約を要求しており、金銭面でも折り合えていないという。 それでも、ローマはスモーリングとの契約延長を楽観的。現在はクラブ全体がヨーロッパリーグ(EL)優勝、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて全力を注いでおり、去就が確定するのはシーズン終了後になるとみられている。 2023.03.30 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルに不安材料…チャルハノールが数週間の離脱へ

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールに数週間の離脱の可能性が出てきているようだ。 チャルハノールは、28日に行われたユーロ2024予選のクロアチア代表戦に先発出場。だが、前半終盤に筋肉系のトラブルで負傷交代していた。 同試合後、トルコ代表のシュテファン・クンツ監督は、チャルハノールがそ径部の問題を抱えていることを認め、MRI検査の結果次第ではあるものの、数週間の離脱を示唆した。 そのトルコ代表MFに関して、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』は、30日にインテルのメディカルスタッフの下で検査を受けるとし、現状では15日程度の離脱となる可能性が高いと報じている。 インテルは来月初旬にフィオレンティーナ、サレルニターナとのリーグ戦に加え、4日にユベントスとのコッパ・イタリア準決勝1stレグ、11日にはベンフィカとのチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグを控えている。 その重要な数試合で29歳の主力MFを欠くことになりそうだ。 2023.03.30 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

元PSGのマクスウェル氏が代理人転身! 故ミーノ・ライオラ氏の後継担う形に

かつてバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーした元ブラジル代表DFのマクスウェル氏(41)が、フットボールエージェントとして新たなキャリアをスタートするようだ。 これまでアヤックスやインテル、バルセロナで活躍したマクスウェル氏は、2017年にPSGで現役を引退した。 以降はその古巣PSGでスポーツ・コーディネーター、母国ブラジルでクラブアンバサダーと共に、南米地域のリクルート部門の統括者の役割を担っていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、マクスウェル氏はフットボールエージェントとしての新たなキャリアをスタートすることになったようだ。 現役時代には盟友ズラタン・イブラヒモビッチと共に故ミーノ・ライオラ氏の顧客だった同氏は、そのライオラ氏のビジネスパートナーで、現在は同氏の後継を担っているラファエラ・ピメンタ氏の下で働くことになるようだ。 現役時代とPSG時代に培った豊富な人脈と、親しみやすい人柄はフットボールエージェントとしても十分に生かされるはずだ。 2023.03.29 22:43 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、チャルハノールとバストーニの契約延長に近づく

インテルがトルコ代表MFハカン・チャルハノール(29)と、イタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(23)の契約延長に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 両選手共に2024年6月で契約が切れる中、チャルハノールには2027年までのオファーを提示する模様。年俸は500万ユーロ(約7億円)に昇給するとのこと。 チャルハノールは今季、コンディション不良のMFマルセロ・ブロゾビッチに代わって中盤アンカーで主力としてプレー。セリエAで26試合に出場して2ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)8試合の出場で1ゴール1アシストの結果を残している。 一方、バストーニに関しては契約年数は不明だが、現行の年俸280万ユーロ(約4億円)から400万ユーロ(約5億6000万円)に昇給することが見込まれているという。 不動の左センターバックであるバストーニは今季、セリエAで21試合、CLで7試合に出場している。 2023.03.29 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサが関心のスペイン代表DFイニゴ・マルティネス、インテルも主力CBの後釜として熱い視線

アスレティック・ビルバオのスペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)にイタリアからも熱い視線が注がれているようだ。 イニゴ・マルティネスはレアル・ソシエダの下部組織出身。2011年7月にファーストチームに昇格すると、2018年1月にアスレティックへと完全移籍した。 チームの主軸としてプレーするイニゴ・マルティネスは、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーには入れなかったものの、3月のユーロ2024予選では招集を受けている。 今シーズンでアスレティックとの契約が満了を迎えることは周知の事実。バルセロナが強く関心を寄せているという報道もスペイン国内ではある中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとインテルが興味を持っているという。 インテルは、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確定的。そのため、後釜として迎え入れたいようだ。 イニゴ・マルティネスもベテランの域に入ったこともあり、新たなチャレンジを求めていることは公言。アスレティックから飛び出し、今夏の移籍を目論んでいる。 バルセロナは諦めることはないが、クラブが抱える財政問題が重くのしかかっている状況。また、プレミアリーグのクラブも興味を持っているとされるが、インテルでは条件面で今の倍となる500万ユーロ(約7億円)のサラリーを提示しているという。 ラ・リーガで354試合に出場しているイニゴ・マルティネス。夏の去就は注目を集めることになりそうだ。 2023.03.28 12:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly