「マジかよ!」「カップルみたい」世界的人気のBLACKPINKのリサさんがネイマールと肩寄せ密着2ショット「どっちも羨ましい」

2023.01.26 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界的に人気を誇る韓国の4人組ガールズグループ「BLACKPINK」のメンバーが、スター選手と大接近して話題となっている。BLACKPINKは、世界はもちろん、日本でも人気のあるガールズグループ。2020年にはアメリカ『ブルームバーグ』にて、「世界で最も影響力のあるポップスター」に選ばれている。

そのメンバーの1人であるリサさんが自身のインスタグラムを更新。隣にいたのは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールだった。
リサさんはネイマールに顔を近づけ、肩を寄せ合って密着し2ショット撮影。ネイマールも笑顔で一緒に写っている。

写真はインスタグラムのストーリーズにアップされると、ネイマールもこれに反応。自身のストーリーズにアップしていた。

スター同士の意外な2ショットにファンは驚きの反応を示している。「びっくり」、「マジかよ!」、「どっちも羨ましい」、「なんで一緒なんだ?」、「カップルみたい」、「仲いい感じが伝わる」とコメント。また、「合成かと思ったよ」と意外な組み合わせを疑う人も出てきていた。

1 2

関連ニュース
thumb

「ずっと夢見てきた」W杯優勝を改めてファンと共有したメッシ、感動のスピーチではW杯メンバー外の選手たちも称える「彼らも認められるに値する」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、アルゼンチンのファンの前でスピーチを行った。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)で見事に優勝を果たしたアルゼンチン。クラブキャリアでは全てのタイトルを獲得してきたメッシだが、代表キャリアでは成功を収めることができなかった。 W杯、コパ・アメリカでは決勝で敗れるなどしたが、2021年のコパ・アメリカで悲願の優勝。そして、W杯でも優勝した。 アルゼンチンは、23日にパナマ代表との国際親善試合を実施。メッシは89分にFKでゴールを決めて、通算800ゴールを達成。試合後にはファン・サポーターへの感謝の気持ちをスピーチすると共に、W杯メンバー以外のアルゼンチン代表経験者への賛辞も送った。 「世界チャンピオンになったことだけでなく、コパ・アメリカを含めて、僕たちが受けてきたすべての愛情に感謝したい。そのためにできる限りのことをやろうと言ってきた」 「個人的にはこの瞬間をずっと夢見てきた。みんなと一緒にお祝いできること、自分の国、アルゼンチンに戻り、コパ・アメリカ、フィナリッシマ、そして最も偉大なワールドカップを持ち上げることができた」 「チャンピオンが祝う日であることはわかっているけど、以前のチームメイトのことも忘れたくはない。彼らは、この達成のためにあらゆる手段を尽くし、コパ・アメリカやワールドカップまであと一歩のところまで行った。彼らもまた、このユニフォームのために全力を尽くしたのだから、アルゼンチン国民に認められるに値する」 また、今回のW杯優勝を振り返り、次の優勝を望みながらも、今この瞬間をしっかりと楽しんで味わってほしいと訴えた。 「楽しもう。再び優勝するには長い時間がかかった。再び優勝するまでにどれぐらいの時間がかかるか分からない。願わくば、それほど長い年月がかからないことを願っている」 「僕たちがやってきたこと、苦しんできたこと、個人的に言えば僕が苦しんだこと、それは簡単なことではなかった。すべての旅は、常にそこにある。アルゼンチンにプレーしに来て、上手くいかなくて嫌な想いをしたことを覚えている」 「アルゼンチン代表で上手くいかなくて、苦労したことを覚えている。決勝戦での敗戦、コパ・アメリカ、ワールドカップで細かな差で勝てなかったことを何度も考えてきた」 「僕にもこのグループにも、前のグループにも起こったことだ。神は支配する者、その瞬間を選ぶ者であり、そのようなことは起こるべくして起こった。ただ、僕たちはそれを楽しみ、前を向いていかなければならない」 「素晴らしいグループ、素晴らしいチームだけでなく、色々なことがあるし、細かいことで実現できないこともある。だから、3つ目の星を楽しもう」 そして最後にはW杯優勝への思いを改めて語り、言葉にできないとした。 「それは美しいものだった。そのようになることはわかっていた。ユニークな瞬間だし、僕たちにとって、みんなにとって取り残され、来ることができなかった多くの人々にとって、一生忘れられないものになることを知っていた。楽しみ続けることはとても大きなことだ」 「人々の愛情はいつも僕をとても幸せにしてくれる。アルゼンチンに来て、それを全て受け取ることは、以前からもできていた。しかし、今、世界チャンピオンになったことは、明らかに違う、全然違う、どんなものであるか説明するのは難しい」 <span class="paragraph-title">【動画】メッシ、マルティネスらアルゼンチン国民の前での国歌に感極まる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CqJtFdTjk_5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CqJtFdTjk_5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CqJtFdTjk_5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.24 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希が好守のバイエルンが先勝!南萌華のローマは伊女子史上最多4万人の前でバルサに惜敗《UWCL》

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)準々決勝1stレグの4試合が、21日から22日にかけて各地で行われた。 熊谷紗希を擁するバイエルン、南萌華を擁するローマと、なでしこジャパン選手所属のクラブも2チームが勝ち残っているUWCL。各4試合はいずれも1-0の接戦となった。 バイエルンはホームにアーセナルを迎え、39分に右クロスからドイツ女子代表FWレア・シュラーがヘディングで先制点を奪った。後半は守勢の時間が続く中で、先発フル出場を果たした熊谷もライン上でのスーパークリアを見せるなど、リードを死守。追加点のチャンスこそ決め切れなかったものの、1-0と2万人のサポーターの前で先勝した。 南が左サイドバックとして先発したローマは、女子最強ともうたわれるバルセロナとホームで対戦。スタディオ・オリンピコが女子の試合で初めて使用された。 前半から自陣での時間が続く難しい展開を強いられ、34分に失点。2022年にコスタリカで開催されたU-20女子ワールドカップ(W杯)の決勝、U-20日本代表戦でも2得点を挙げたバルセロナの19歳FWサルマ・パラジュエロにゴールを奪われた。 だが、後半はローマも速攻から度々絶好機を迎えるなど、イタリア女子サッカー史上最多となる3万9454人の大観衆の後押しを受けて奮闘。両GKの好守も光った一戦は、そのまま最少点差でバルセロナが逃げ切っている。 前回女王のリヨンは本拠地でチェルシーと相まみえたが、ショートカウンターからノルウェー女子代表FWグロ・ライテンに鮮やかなコントロールショットを流し込まれ、0-1で敗れた。 女子ブンデスリーガで首位を走るヴォルフスブルクは、パリ・サンジェルマン(PSG)とパルク・デ・プランスで激突。完全アウェイの中、オランダ女子代表DFドミニク・ヤンセンのPK弾で1-0と先勝した。 なお、2ndレグは29日から30日にかけて行われる。 ◆1stレグ ▽3月21日 バイエルン 1-0 アーセナル ローマ 0-1 バルセロナ ▽3月22日 リヨン 0-1 チェルシー パリ・サンジェルマン 0-1 ヴォルフスブルク ◆2ndレグ ▽3月29日 《25:45》 バルセロナ vs ローマ 《28:00》 アーセナル vs バイエルン ▽3月30日 《25:45》 ヴォルフスブルク vs パリ・サンジェルマン 《28:00》 チェルシー vs リヨン <span class="paragraph-title">【動画】見ごたえ十分の熱戦となったローマvsバルセロナ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IHhUfdvbuus";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.03.23 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

兄弟揃って今夏ビッグクラブへ? フランス代表初招集の21歳ケフラン・テュラムにユベントスら関心

ニースのフランス代表MFケフラン・テュラム=ウリアン(21)に今夏ビッグクラブ移籍のチャンスがあるようだ。イギリス『90min』が伝えている。 ケフラン・テュラムは1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)優勝メンバーであるリリアン・テュラム氏の息子であり、今夏のビッグクラブ移籍が確実視されるボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)の弟だ。 クラブキャリアでは父親の古巣でもあるモナコの下部組織で育ち、プロデビュー後の2019年7月にニースへ移籍。セントラルハーフを本職にしており、今季は公式戦39試合2得点8アシストを記録している。 また、現在はユーロ2024予選第1節のオランダ代表戦、第2節のアイルランド代表戦に臨むフランス代表に初招集されており、24日に行われるオランダ代表戦に向けた前日会見に、兄のマルクスとともに登場したことが話題となった。 その一方、兄同様に自身も今夏ビッグクラブ移籍のチャンスがある模様。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、インテル、パリ・サンジェルマン(PSG)、さらには父親がキャリアの全盛期を過ごしたユベントスからも関心を寄せられているという。 本人もこのことを認識しているようで、兄とともに臨んだ会見では「耳に入ってるよ」とコメントしている。 世界的なスター選手の血を受け継いだ子どもが必ずしも同じ道で成功を収めるわけではないが、テュラム一家は父親のリリアン氏がユベントスやバルセロナなどで活躍し、息子2人はビッグクラブに移籍する可能性があるだけでなく、揃ってフランス代表に選出されている。リリアン氏はさぞかし誇らしいだろう。 2023.03.23 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

来季の仏スーパー杯はタイ開催に! 日本はマイアミと共に候補どまりに

2023-24シーズンのトロフェ・デ・シャンピオンの開催地がタイに決定したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 前シーズンのリーグ・アン王者とクープ・ドゥ・フランス王者が、新シーズン開幕前に激突するフランス版のスーパーカップは、2009年以降は国外で開催。直近2年間はイスラエルのテル・アビブで行われていた。 来シーズンのトロフェ・デ・シャンピオンに関しては、当初アメリカのマイアミでの開催が有力視されていたが、フランスのプロフットボールリーグ機構(LFP)は、今季のリーグ優勝が濃厚なパリ・サンジェルマン(PSG)が今夏アジアでのプレシーズンツアーを実施することを受け、アジア開催に方針を転換。 一時はPSGのプレシーズンツアー開催が有力視される日本での開催に興味を示していたものの、最終的にタイでの開催を決断。報道によると、23日に行われるLFP理事会にて正式に承認される見込みだという。 なお、リーグ戦ではPSGの優勝が有力視される一方、クープ・ドゥ・フランスでは大会連覇が懸かるナントやリヨン、FWオナイウ阿道が在籍するトゥールーズらがベスト4に進出している。 2023.03.22 23:56 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGで信頼得られぬレナト・サンチェス、プレミア複数クラブが関心か

パリ・サンジェルマン(PSG)の元ポルトガル代表MFレナト・サンチェス(25)に、プレミアリーグ行きの可能性が浮上している。 ユーロ2016で一躍脚光を浴びたレナト・サンチェス。大会後にベンフィカからバイエルンへと移籍したが、19歳の若さで飛び込んだ欧州屈指の名門では輝けず、スウォンジーへのレンタルを経た2019年夏にリールへと売却された。 それでも、昨季まで3年間在籍したリールで再起を果たし、満を持してPSGへ移籍。ところが、迎えた今季は軽度のケガを繰り返してたびたび離脱し、リーグ・アンでの出場16試合のうち先発は3試合のみと、信頼を得られていない状況だ。 イギリス『90min』は、「PSGの中盤は選手バランスが悪く、うまく機能していない」とレナト・サンチェスを一部擁護しつつも、「常にタイトルを目指すクラブに相応しい選手かどうかは疑問」とし、首脳陣はすでに放出の準備ができていると主張している。 その裏でレナト・サンチェスにはリバプール、ニューカッスル、トッテナム、アストン・ビラなどが関心を寄せており、また、昨夏PSGと獲得を争ったミランも再びリストアップしているとのことだ。 2023.03.22 21:39 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly