リバプール、モロッコ代表の躍進支えるMFアムラバトに関心か

2022.12.04 14:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールが、フィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)に興味を持っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

同選手は現在、モロッコ代表としてカタール・ワールドカップに参戦中。出身はオランダだが、ルーツのあるモロッコ代表で2017年11月にデビュー。今大会のグループステージでは全3試合にフル出場し、クロアチアやベルギーを抑えて首位通過したチームのダイナモとして活躍した。

クラブレベルではユトレヒトでプロデビュー後、フェイエノールトやクラブ・ブルージュ、ヴェローナを渡り歩いて2020年夏にフィオレンティーナに加入。守備的MFとして初年度から主力に君臨しており、今季も中断前は公式戦20試合に出場していた。
今回のカタールW杯でのパフォーマンスを受けて関心を持ったのはリバプールだけでなく、セリエAではインテルやナポリ、ミランともリンクされる存在に。ただ、フィオレンティーナは2025年までの契約延長オプションを有しており、スポーツ・ディレクターのダニエレ ・プラデ氏は「焦りはない」と主張する。

しかし、アムラバトが年俸180万ユーロと薄給であることから、イタリア勢より豊富な資金力を備えるリバプールが有利なポジションにいると推測されている。移籍金は3000万ユーロ前後のようだ。

関連ニュース
thumb

フランクフルトで躍動のコロ・ムアニ、ビッグクラブが関心もその価値は1億ユーロ?

フランクフルトで活躍するフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(24)だが、その価値が急上昇している。 コロ・ムアニは、ナントの下部組織出身。ナントでは公式戦87試合で23ゴール16アシストを記録すると、今シーズンからフランクフルトへと完全移籍で加入した。 世代別のフランス代表は経験していたものの、まだ飛躍はしていなかったコロ・ムアニ。しかし、フランクフルトでは加入直後から躍動。ブンデスリーガ18試合で9ゴール12アシストを記録。日本代表MF鎌田大地と共にチームを牽引していた。 2022年9月にはフランス代表に初招集を受けると、当初はメンバーから外れていたものの、ケガ人が出たことで緊急招集。フランクフルトのジャパンツアー参加のため日本にいたが、そのままカタール入りした。 そのW杯では3試合の出場に終わったが、準決勝で1ゴール、決勝では1アシストを記録。すると再開したブンデスリーガでは4試合で4ゴール1アシスト、7日に行われたDFBポカールのダルムシュタット戦では2ゴール1アシストで勝利に貢献。勢いは加速するばかりだ。 フランクフルトとは2027年夏まで契約を結んでおり、早急なステップアップは望んでいない状況。しかし、フランス『レキップ』によれば、フランクフルトが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すことがあれば、移籍をする可能性が出てくるという。 もちろんコロ・ムアニに関心を寄せるクラブは少なくなく、バイエルンはこの1月にも獲得に興味を示しており、夏にも獲得に動く可能性はある。 また、リバプールやマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグのクラブも関心を寄せているが、フランクフルトは1億ユーロ(約141億円)の移籍金を求めるつもりとのこと。そう簡単に手に入れることができない存在となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】圧倒的なスピード、技アリのシュートテクニック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8JuD1TYw_vY";var video_start = 346;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「うまくいっていないチームに行き着いてしまった」オランダ代表クーマン監督がガクポのリバプール移籍を嘆く

オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、リバプールへと移籍したオランダ代表FWコーディ・ガクポについて言及した。 クーマン監督は、カタール・ワールドカップ(W杯)を率いたルイス・ファン・ハール監督の後任としてオランダ代表監督に就任。当面は2024年のユーロ2024出場を目指すこととなる。 そのクーマン監督は、今冬の移籍市場でPSVからリバプールへと完全移籍したガクポについて、元オランダ代表FWアンディ・ファン・デル・メイデ氏のYouTubeチャンネルで語った。 「彼はうまくいっていないチームに行き着いてしまった。見ての通りだ。新加入の彼にとっては、より困難な状況となってしまう。若い選手にとって、得点できなかったり、重要な役割を果たせなかったり、試合に勝てなかったとしたら、とても難しくなる」 「それが28歳の経験のある選手であれば話は別だが」 ガクポはカタールW杯にもオランダ代表の一員として出場。グループステージでは3試合連続ゴールを記録するなど、チームのベスト8入りに貢献していた。 その活躍もあり、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を希望しながらも、最終的にはリバプールへとステップアップ。しかし、そのリバプールは大苦戦中。加入後6試合に出場しわずか1勝。ノーゴールと苦しんでいる。 クーマン監督は「イングランドのレベルはオランダよりも高い」とコメント。「しかし、彼はまだ若いだろ?ライアン・グラフェンベルフがバイエルンに行って、プレーしていないようにね。そうなると難しい」と、適応までにも時間がかかるだろうと擁護もしている。 いずれにしても、苦しい状況には変わらないガクポ。チームと共に力を発揮することはできるだろうか。 2023.02.08 22:02 Wed
twitterfacebook
thumb

「なぜこんなにもバラバラになったのか」 大不振リバプールにギャリー・ネビルも困惑

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、大不振に陥るリバプールについて見解を述べた。イギリス『ミラー』が伝えている。 プレミアリーグ20試合を消化して8勝5分け7敗で10位に沈むなど、大不振に陥るリバプール。カタール・ワールドカップ(W杯)開催で訪れたシーズン中断も有効活用できず、年明けからいまだリーグ戦で白星がないチームは、4日に行われたプレミアリーグ第22節のウォルバーハンプトン戦でも0-3の完敗を喫した。 昨季4冠に挑戦していたチームのまさかの混乱について、ネビル氏はユルゲン・クロップ監督が頻繁に口にするケガ人の多さが原因ではないと指摘。そのうえで、本来のパフォーマンスを発揮できていない選手へ奮起を促した。 「コーディ・ガクポ、ダルウィン・ヌニェス、モハメド・サラーは3トップとして機能していない。これには時間がかかるだろう。そして、チームの残りのメンバーは混乱に陥っている。彼らは本当に酷い失点を何度も許している状態だ」 「彼らの4バックには、いまだに国を代表するような選手がいることを知るべきだ。だからこそ、彼らの誰もが個人としても集団としても十分とは言えない。それについて言い訳はできないだろう」 「負傷者は言い訳にならない。確かに彼らにはケガ人がいるが、他のチームも大なり小なり同じ状況でありながらもっと適切に対処している。なぜ彼らがこんなにもバラバラになったのか、私にはわからない。人々は『ドルトムントでの7年目もそれが起こった』と言うが、私はこうした意見はナンセンスだと思う」 「彼らは他のクラブが『もっとお金を使った再建が必要だ』と考えているのを見ながら、今あるものを最大限に活用できているかを常に考えている。実際、今のリバプールも非常に良いチームは持っていると思う。負傷離脱している選手もいるが、それでも彼らは今よりはるかにうまくプレーできるはずだ」 「今の彼らはリバプールにとって十分ではなく、ここ数年で達成した基準をはるかに下回る。だからこそ、自分自身を目覚めさせる必要があるだろう。今はただ心配な兆候やパフォーマンスがあり、個々のパフォーマンスも基準をはるかに下回っている」 2023.02.08 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

大不振リバプール、OBはヘンダーソンの先発復帰を要求「彼は中盤の心臓」

かつてリバプールで活躍した元イングランド代表MFのダニー・マーフィー氏が、ユルゲン・クロップ監督の采配を批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。 4冠に挑戦した昨シーズンから一転、今季はプレミアリーグ20試合を消化して8勝5分け7敗で10位に沈むなど、大不振に陥るリバプール。昨年11月に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)によるシーズン中断を経ても一向にチーム状態は改善せず、年明けから未だリーグ戦で白星がない。 こうした状況を受け、ユルゲン・クロップ監督は先発の入れ替えを決断。直近数試合は主将のMFジョーダン・ヘンダーソンと不動のアンカーだったMFファビーニョをベンチに下げ、MFナビ・ケイタと若手のMFステファン・バイチェティッチを先発で起用している。 しかし、こうした采配をマーフィー氏は疑問に感じているようだ。イギリス『talkSPORT』に出演した同氏は、ヘンダーソンを先発に戻すべきだと主張。ファビーニョも含め、チームの全盛期を支えた選手を信頼しなければならないと指摘した。 「今もリバプールの先発メンバーを見るたび、驚いているよ。私は練習を見ているわけではないが、彼の練習での姿は関係ない。私にとってヘンダーソンは、今でも毎試合プレーすべき選手だ」 「彼は中盤の心臓であり、まだその脚力は残っている。それなのに、なぜかクロップは彼を先発から外し続けているんだ」 「ファビーニョにしても、彼がタフな時期を迎えているのは知っている。それでも、2年、3年と素晴らしいシーズンを送ってきた選手がいるのであれば、一貫性を保ちつつ悪い時期を乗り越えさせるべきだろう」 2023.02.08 12:34 Wed
twitterfacebook
thumb

長野風花のチームメイトが剛腕発揮!リバプール女子が驚異のロングスローからゴール奪取

リバプールの女子選手が再びの剛腕を披露している。 5日、リバプールはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)第13節で残留争いのライバル、レディングとホームで対戦。2-0で勝利を収めた。 なでしこジャパンのMF長野風花も中盤の一角で先発出場したリバプールは、62分にU-23イングランド女子代表MFミッシー・ボー・カーンズのゴールで先制。3分後にはロングスローから追加点を挙げる。 アイルランド女子代表DFメーガン・キャンベルが右サイド深い位置から足の長いスローインを投げ込むと、ニアポスト手前でイングランド女子代表DFジェマ・ボナーがフリック。ファーでウェールズ女子代表セリ・ホーランドが蹴り込んだ。 女子選手としては珍しい飛距離のある投擲を披露するキャンベル。昨シーズンも40m級のスローインからゴールを呼び込み、話題をさらっていた。 リバプールは今節の勝利で降格圏に沈む最下位レスター・シティとの勝ち点差を「8」に広げ、8位に浮上。また、長野はフル出場を果たし、試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)に選出されている。 <span class="paragraph-title">【動画】デザインも見事!ロングスローから生まれたリバプール女子の得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">That <a href="https://twitter.com/megcam10?ref_src=twsrc%5Etfw">@megcam10</a> throw <br><br>Tapped home by <a href="https://twitter.com/Ceriholland_11?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ceriholland_11</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/LiverpoolFCW?ref_src=twsrc%5Etfw">@LiverpoolFCW</a> <a href="https://t.co/QySLwbChpL">pic.twitter.com/QySLwbChpL</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1622535908086976512?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 19:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly