C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。

C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。

今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。
「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」

そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。

関連ニュース
thumb

ミュラー、ザビッツァーの移籍に「チームもびっくり」…半年後の復帰に期待感も

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーがオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのマンチェスター・ユナイテッド移籍に言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季のバイエルンで途中出場が主ながら、公式戦24試合に出場するなか、今冬のデッドラインデイにユナイテッド行きを決めたザビッツァー。ユナイテッドでは重傷のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに代わる中盤として活躍が期待される。 今冬のマーケット最終日に降って沸いたような移籍話から、かなりのスピード決着となったが、バイエルンのチームメイトも驚きを隠せなかったようだ。ミュラーがドイツ『キッカー』で当時を振り返り、驚きとともに、本人を思っての嬉しさも口にした。 「チームもびっくりしていたよ。あっという間の出来事だった。ザビがマンチェスター・ユナイテッドに移籍して、そこでチャンスを掴んだのは嬉しいよ。マンチェスターは知名度があるからね」 だが、ザビッツァーとユナイテッドの契約は現状、半年間のローン。買取オプションもないとされ、ミュラーもそうした契約状況を認識してか、「彼は夏に戻ってくる。(バイエルンでの)章はまだ終わっていないんだ」と今季終了後の再会にも期待した。 2023.02.04 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、ザビッツァーの駆け込み獲得に「とても満足。不可欠だった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が駆け込みで獲得したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最悪5月上旬まで負傷離脱するのが今冬のデッドラインデイにわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった。 見事な立ち回りでエリクセンの穴埋めを完遂したテン・ハグ監督はノッティンガム・フォレスト相手の2試合を全勝で飾り、カラバオカップ決勝進出を決めた後の会見でザビッツァー獲得の感想を口にしている。 「この補強にはとても満足している。ドニー・ファン・デ・ベークが離れ、クリスティアン・エリクセンも長期離脱し、スコット・マクトミネイも短期間ながら出場できなくなったから、不可欠(な補強)だった。中盤の選手が足りない。移籍マーケットの最終日にクオリティのある選手を獲得するのは難しいものだが、そのチャンスを掴んだんだ」 また、エリクセンの不在をどれだけカバーできるかが注目されるザビッツァーについても「私はあの選手のことをザルツブルク時代から知っている。特に、ライプツィヒにいた頃からね」と語り、期待感を続けた。 「(ライプツィヒ時代の)彼はファンタスティックなパフォーマンスぶりだった。ここでも同じようにやってくれると期待している。それに素晴らしい姿勢があるし、年齢的にもちょうど良い。そして、このチャンスが彼のモチベーションとなり、我々のもとで力強いパフォーマンスを披露してくれると確信しているよ」 2023.02.03 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGに大きな痛手…ムバッペが3週間離脱でバイエルンとのCL初戦を欠場

パリ・サンジェルマン(PSG)は2日、モンペリエ戦で負傷交代したフランス代表FWキリアン・ムバッペに関するメディカルレポートを報告した。 PSGは1日にリーグ・アン第21節でモンペリエと対戦した。先発出場したムバッペは、前半序盤に左太ももを負傷。FWウーゴ・エキティケとの交代で21分にピッチを後にしていた。 そして、試合翌日に行われた検査の結果、左の大腿二頭筋の損傷が確認された。これにより、3週間の欠場となる見込みだという。 そして、今回のケガで同選手は14日に行われるバイエルンとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグに加え、リーグ・アンのトゥールーズ戦、モナコ戦、リール戦の3試合、8日に行われるクープ・ドゥ・フランスのマルセイユ戦を欠場する。 復帰時期に関しては今月26日に行われるリーグ戦のマルセイユ戦か、来月以降となりそうだ。 なお、同じモンペリエ戦で頭部を痛めて負傷交代した元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスに関しては、さらなる検査を実施した後、改めてメディカルレポートを報告することになる。 2023.02.03 00:39 Fri
twitterfacebook
thumb

一発回答! カンセロ、バイエルン加入翌日に即先発からのアシストで早くも評価爆昇「彼のようなDFが必要だった」

バイエルンへ新加入したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが、早くも新天地で輝きを放った。 カンセロは1日に行われたDFBポカール3回戦のアウェイ、マインツ戦に[3-5-2]の右ウイングバックで先発出場。1月31日にマンチェスター・シティから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入したばかりだが、早々にスタメンで起用され、目に見える結果も残した。 17分、右の高い位置に張ったカンセロは、中央からのパスを絶妙なコントロールで足下に収めると、一度縦へと仕掛けてストップ。再び持ち出して相手のタイミングをずらし、ファーへのクロスでエリック・マキシム・チュポ=モティングの先制点をお膳立てした。 即座に結果を出したことで、歓迎の声はさらに膨らみ、「カンセロがマインツの準々決勝進出を阻止した」、「彼のようなディフェンダーが本当に必要だった」、「左が(アルフォンソ・)デイビス、右がカンセロ…ただの狂人だ」、「カンセロ即撃」、「素晴らしいアシスト」などの賛辞が相次いだ。 その後得点を積み重ねたバイエルンは4-0で快勝し、ウインターブレイク後新年初勝利。百戦錬磨の男はカップ戦に続き、ブンデスリーガ11連覇へも大きな力となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カンセロ、絶妙トラップから仕掛けてのクロスで早くもアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RAwnN1yMq90";var video_start = 78;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23ブンデス前半戦ベストイレブン】バイエルンから最多4選手、鎌田を選出

2022-23シーズンのブンデスリーガ前半戦が1月25日に終了しました。本稿では今季のブンデスリーガ前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKコーエン・カスティールス(30歳/ヴォルフスブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/失点数:20/出場時間:1530分 バイエルンに次ぐ失点数の少なさから選出。ベルギー代表ではクルトワの前に完全に影に隠れてしまっているが、安定感が売りの大型GK。フルタイム出場も高評価。 DFジョシュア・キミッヒ(27歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:3/出場時間:1456分 1試合のみ右サイドバックでプレーした以外は本職の中盤センターで起用された今季前半戦。安定したゲームメーク力と卓越したパスセンスで好機を演出し続けた。 DFダヨ・ウパメカノ(24歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1522分 移籍初年度となった昨季はライプツィヒ時代のような躍動感溢れるプレーが影を潜めていたウパメカノだが、今季は本来のパフォーマンスを取り戻している様子。全試合スタメンで起用され、昨季散見されたポカがほぼなくなっている。 DFヴィリー・オルバン(30歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:3/出場時間:1530分 ライプツィヒの守備の要。イケイケなサッカーを展開している中、後方で締める役割を全う。チームの重石となっている。 MFイェスパー・リンドストローム(22歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:7/出場時間:1087分 しなやなか突破が魅力のアタッカー。2シャドーの一角で起用され、シュートセンスも非凡。得点力が日に日に増し、相手にとって怖い存在となっている。 MFジャマル・ムシアラ(19歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1135分 瞬く間にブンデスを代表する選手に。飄々とプレーしているが、技術の高さは折り紙付き。難しいプレーを簡単に見せるタイプの技巧派MFだ。 MFジュード・ベリンガム(19歳/ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:4/出場時間:1440分 ムシアラと同世代の傑物。この年齢にして風格を漂わせる稀有な存在。近い将来のメガクラブ入りが約束されたビッグスターだ。 MF鎌田大地(26歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:13)/得点数:7/出場時間:1109分 ヨーロッパリーグでは常に勝負強さを発揮していた鎌田だが、ついにブンデスリーガでもゴールを量産。これまでは5ゴールがキャリアハイだったが、前半戦だけで既に7ゴールを記録。しかもボランチにコンバートされた中での記録だけにその飛躍ぶりが窺える。 FWクリストファー・エンクンク(25歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:14)/得点数:12/出場時間:1283分 セカンドストライカータイプのエンクンクだが、その得点力は本物。昨季の20ゴールに続き、今季も既に12ゴールをマーク。抜群のシュートセンスは必見。直前の負傷により欠場となったW杯で活躍する姿が見たかったところ。 FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(33歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:12(先発回数:8)/得点数:7/出場時間:694分 第10節からスタメンに定着し、そこから7ゴールを記録。チームも上昇気流に乗り、首位ターンの立役者と言っていい活躍ぶりだった。また、得点だけでなくポストプレーの面でも貢献度が高く、周囲の選手たちの得点機会を大幅に増やすことに繋げている。 FWヴィチェンツォ・グリフォ(29歳/フライブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1145分 堂安と共にフライブルクの攻撃を司るアタッカー。左サイドからの仕掛けとシュート精度は一級品。フライブルク躍進の立役者だ。 2023.02.02 18:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly