メッシの妻はおへそがちらり、歓喜のスタジアムから「バモス、アルゼンチン!!」

2022.11.28 18:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)の一家も歓喜に沸いた。カタール・ワールドカップ(W杯)でグループCに入ったアルゼンチン。初戦のサウジアラビア代表戦ではまさかの逆転負けを喫したが、26日の第2節メキシコ代表戦は2-0で勝利。メッシは見事な先制ミドルを含む、1得点1アシストという貫録を見せた。

夫の活躍をスタンドで観戦していた妻のアントネラ・ロクソさんも歓喜。試合後には自身のインスタグラムで「バモス、アルゼンチン!!」と綴り、子供たちとの写真を公開した。
アウェイ用ユニフォームの裾を短くし、ジーンズでのへそ出しルック姿には「アルゼンチンのファーストレディ」、「美しいアント。優秀な女性のパートナーであり母です」、「美しい家族、本当の家族、おめでとう」、「メッシの息子がDLS22やってる?」といった声が寄せられている。

アルゼンチンのアディダスアカウントも「バモス!」と返せば、女優ルイサナ・ラピラトさんやソフィア・ヒメネスさんも反応。交流の深いウルグアイ代表FWルイス・スアレスの妻であるソフィア・バルビさんや元スペイン代表MFセスク・ファブレガスの妻であるダニエラ・セマーンさんもアルゼンチンの勝利を祝福し、コメント欄は活気に満ちた。

アルゼンチンは最終節のポーランド代表戦に勝てば、自力でのグループステージ突破が決まる。悲願のタイトル奪取へ向け、さらにギアを上げていけるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

南米4カ国が2030年W杯の共同招致表明! 1930年初開催ウルグアイで100年ぶりの開催なるか

南米4カ国が2030年ワールドカップ(W杯)開催に向けた共同招致を表明した。『ESPN』が伝えている。 7日、アルゼンチンサッカー協会(AFA)主催のイベントにおいて、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ウルグアイの協会関係者と、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長は、4カ国での2030年W杯共同招致を正式に表明した。 CONMEBOLのドミンゲス会長は、1930年にウルグアイのモンテビデオで初開催されたW杯から、ちょうど100年後に行われる2030年W杯を同地で開催する意義を強く主張している。 「2030年ワールドカップは単なるワールドカップではなく、100年の認識を持った祭典に値するものだ」 「FIFAには、第1回ワールドカップを作った人々の記憶を尊重する義務があり、我々の前でその偉大さに敬意を示してくれると確信している」 さらに、AFAのクラウディオ・タピア会長は、「世界チャンピオンとして、すべての南米の人々の夢である、この計画を実行する。第1回大会の100周年だけでなく、我々はフットボールに情熱を注いで生きている」と、南米開催を猛プッシュ。 また、アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は自身の公式ツイッターを通じて、前述の4カ国に加えて、ボリビアの参加を要請していることを明かした。 なお、ウルグアイでの第1回大会の後、アルゼンチンは1978年に、チリは1962年にW杯を開催。一方、パラグアイはこれまで開催経験はない。 2030年W杯はこれまで共同招致を表明したスペインとポルトガルに加え、モロッコとサウジアラビアがすでに招致を表明。南米4カ国はそのライバルと招致を争うことになる。 2023.02.08 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「ただただ美しい」「完璧すぎる」プレミア最高額のエンソ・フェルナンデスはロマンチスト、彼女の23歳のバースデーを祝いにポルトガルへ

チェルシーのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスが、パートナーの誕生日を祝福するためにポルトガルへと戻っていたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)ではアルゼンチンの36年ぶり3度目の優勝に貢献したエンソ・フェルナンデス。自身は最優秀若手選手に選ばれるなど活躍を見せていた。 そのエンソ・フェルナンデスは、ベンフィカからチェルシーへと完全移籍。移籍金は総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)となり、プレミアリーグ史上最高額での移籍となった。 退団時にはベンフィカとのいざこざも生まれたエンソ・フェルナンデス。チェルシーでもデビューを果たしている中、ガールフレンドであるバレンティーナ・セルバンテスさんの23歳の誕生日を祝福した。 バレンティーナさんはインスタグラムを更新し「私の23歳のバースデー」と投稿。紅白のバラの花束を手にしたセルフィーに加え、エンソ・フェルナンデスとの2ショットも投稿していた。 2人は結婚はしていないものの、娘がいる状況。バレンティーナさんはベンフィカに移籍したエンソ・フェルナンデスについてきてポルトガルへと移住していた。 ファンは「美しすぎる」、「ただただ美しい」、「完璧すぎる」、「どれだけ美しいんだ」とコメント。バレンティーナさんの姿に称賛の言葉を送った。 <span class="paragraph-title">【写真】プレミア史上最高額のエンソの彼女バレンティーナさんが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoQgIJtNDgD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">• 2023.02.07 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

続投は確実だが… W杯優勝指揮官スカローニ、アルゼンチン協会会長との関係は微妙?

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督(44)には抜群の求心力があるようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表を率い、母国に36年ぶりとなる優勝トロフィーを持ち帰ったスカローニ監督。2026年のW杯に向けても続投が基本線とされるが、懸念がないわけではないようだ。 アルゼンチン版『マルカ』によると、スカローニ監督はアルゼンチンサッカー協会のクラウディオ・タピア会長との関係が芳しくないようで、同会長からたびたび采配に口出しされる事実を良く思っていないという。 とあるジャーナリストは「2026年までの契約更新は確実だが、タピア会長との関係はすでに壊れている」と主張。カタールW杯の決勝直前、ケガを抱えていたアンヘル・ディ・マリアの起用を巡って首を突っ込まれ、相当な不快感に苛まれたとのことだ。 一方、選手とコーチングスタッフはスカローニ監督の味方でいる模様。タピア会長は国内の大物政治家への擦り寄りが露骨だったり、メディアを通じてスカローニ監督に続投を迫ったりと、現場が困惑する言動が目立ち、『マルカ』は同会長を「知性に欠ける」と批判的だ。 ともあれ、リオネル・メッシを筆頭としたスーパースター軍団を見事に掌握し、44歳の若さでW杯優勝指揮官となったスカローニ監督の続投は固いようだ。 2023.02.06 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG構想外はもはや過去…イカルディがトルコで輝き取り戻す! ガラタサライは驚愕の14連勝中

元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)がトルコの地で輝きを取り戻している。アルゼンチン版『マルカ』が伝えた。 昨季終了後にパリ・サンジェルマン(PSG)から構想外を言い渡され、ガラタサライへとレンタル移籍したイカルディ。トルコとなると欧州5大リーグよりもレベルは劣るが、公式戦12試合で9得点6アシストと、ストライカーとしての責務をきっちり全うしている印象だ。 また、ガラタサライはイカルディの得点ペースが上がるに連れて調子を上げ、現在公式戦14連勝中。中断期間前の昨年10月に黒星を喫して以降はひたすら勝ち続けており、リーグ戦は2位と9ポイント差で首位を独走する。 インテル時代の輝きをすっかり取り戻したとあって、PSGへの復帰や新天地行きも浮上する格好に。ガラタサライとのレンタル契約は今季限りで、PSGとの契約は2024年6月まで。スペイン『Relevo』は、欧州の主要クラブにとって今月で30歳を迎えるイカルディが貴重なオプションになり得ると紹介している。 2023.02.06 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシとの契約についてPSGのカンポスSDが言及「現在交渉中」、ツィエクの移籍破談は「あらゆる手を尽くしたが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルイス・カンポス氏が選手についてコメントした。 今冬の移籍市場では、選手の獲得は行わず、スペイン代表FWパブロ・サラビア、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどがチームを去ることとなった。 そのPSGはチェルシーからモロッコ代表MFハキム・ツィエクの獲得を画策。レンタル移籍での加入が確実視されていた中、書類の不備がありリーグ・アンの登録に間に合わず。チェルシーからの嫌がらせとも取れる3度のミスが重なり、選手獲得が実現しなかった。 ルイス・カンポス氏はフランス『テレフット』でツィエクの移籍について言及。チェルシーだけが違う考えだったと明かした。 「私はツィエクと契約するために、あらゆる手を尽くした。3つの異なる部分全てがそれぞれ機能する必要があった。我々側も、選手側もその要素があったが、最終局面でチェルシーにはなかった」 一方で、クラブが目指しているのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約延長だ。メッシとPSGの契約は今シーズン終了まで。予てから契約延長に近づいているとされたが、現在もまだ交渉中だという。 「現在、我々はメッシとの契約更新について交渉中だ。プロジェクトに参加させたいと思っているが、隠すことはできない」 「我々は目標を達成するため、そして彼が我々と一緒にプレーし続けるために交渉をしている」 また、何かと騒がせるブラジル代表FWネイマールについても言及。自身がSDに就任してからは、何も問題は起こしていないとした。 「真実は、私がPSGに来て以来、ネイマールは何も批判を受けるようなことはないということだ。いつも時間を厳守し、気立ても良い。今のネイマールは、素晴らしいネイマールだ」 2023.02.05 21:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly