YS横浜がDF吉野裕太郎と契約満了…フットサルチームではポルトガル語の通訳も務める

2022.11.24 21:47 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Y.S.C.C.横浜は24日、DF吉野裕太郎(26)との契約満了を発表した。

吉野は神奈川県出身で、YS横浜のアカデミーにも在籍。その後ブラジルへと渡っていた。2020年からYS横浜でプレーし、1年目はJ3で7試合に出場も、その後の2シーズンは出番がなかった。

吉野はクラブを通じてコメントしている。
「今シーズン限りで退団することになりました。この3年間、悔しいこと苦しいことを沢山経験しましたが、それ以上に人生を賭けて過ごした日々は自分にとってかけがえのない財産になりました」

「毎日家族よりも長い時間を共に過ごし、切磋琢磨し高め合ってきたチームメイト。またアキレス腱を断裂したとき常にポジティブな声をかけてもらい、毎日治療してくれたチームトレーナー、亀田病院の皆さん、スタッフの皆さんには本当に感謝しています」

「Y.S.C.C.フットサルではポルトガル語通訳もさせて頂き、新たな出会いがあった 1年でした。その際、温かく迎えてくれたフットサルの皆さんにも本当に感謝しています。多くの人の支えがあったから、濃く充実した日々を過ごすことが出来ました」

「これからも地元であるY.S.C.C.サポーターとして応援していきます。また自分の新たな挑戦を応援して頂けると幸いです。3年間本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

YS横浜退団の古山蓮、移籍先は豪州に

Y.S.C.C.横浜は29日、FW古山蓮(24)の移籍先がオーストラリアのジョージクロスに決まった旨を発表した。 古山はFCグラシア相模原、世田谷シティFCを経て、2019年にYS横浜でJリーグ挑戦。2020年こそ明治安田生命J3リーグ14試合に出場したが、昨季は1試合の出番に終わり、6日に契約満了が決まっていた。 2023.01.29 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

YS横浜が岐阜退団の岡本享也を獲得 「一生懸命取り組みます」

Y.S.C.C.横浜は22日、FC岐阜からGK岡本享也(27)の完全移籍加入を発表した。 FC東京と川崎フロンターレの下部組織に在籍した過去を持つ岡本は日本大学に進み、2018年に岐阜でプロに。だが、5年間で出番なく、昨季限りで契約満了となった。 出身地の神奈川県に拠点を置くクラブが新天地に決まり、意気込みを語っている。 「この度加入することになりました岡本享也です。横浜と名のつくチームでプレーするのは小学生時代の横浜トレセン以来です。チームのため、地元のため、自分自身の為に一生懸命取り組みます」 2023.01.22 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

岩手が元YS横浜のアオチョンを獲得 「日本と香港の架け橋に」

いわてグルージャ盛岡は21日、Y.S.C.C横浜から元香港代表MFアオチョン(33)の完全移籍加入を発表した。 アオ・チョンことアオヨン・ユーチョンは母国や、ポルトガル、中国でのプレーを経て、2021年にYS横浜でJリーグ挑戦。だが、1年目に続いて、昨季も出番なく、退団が決まった。 今季から新たに岩手でJリーグデビューを狙うアオチョンはクラブを通じて意気込みを語っている。 「岩手の皆様初めまして! 今シーズンから岩手グルージャ盛岡に加入することになりました香港出身のアオチョンです。子供の頃からの夢である日本でプレーできる事に感謝致します。チーム及びJ2昇格に貢献できる様、また盛岡に新たな旋風を巻き起こせる様に頑張ります。日本と香港の架け橋になれるように精一杯努力します! 応援よろしくお願いします」 2023.01.21 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

YS横浜のDF橋本恭輔が関東1部のVONDS市原へ完全移籍

Y.S.C.C.横浜は14日、DF橋本恭輔(24)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 橋本は青森山田高校から新潟医療福祉大学を経て、2021シーズンに東京23FCに加入。2022シーズンからYS横浜に加入した。 YS横浜では、明治安田生命J3リーグで9試合に出場していた。 橋本はクラブを通じてコメントしている。 「VONDS市原でプレーさせていただきます。橋本恭輔です。サッカーが出来ることへの感謝を忘れずに頑張ります。昇格に向けて闘いますので、よろしくお願いします!」 2023.01.14 21:03 Sat
twitterfacebook
thumb

「外れないよなぁ」「今年もカッコ良い」YS横浜の新ユニフォームはダイヤ柄のグラデーションで「横浜」の海をイメージ

Y.S.C.C.横浜は13日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 YS横浜は、2022シーズンの明治安田生命J3リーグで低迷し16位でフィニッシュ。リーグ最多の66失点、得点は最少の25得点と苦しいシーズンを送っていた。 新シーズンに向けてのユニフォームはボネーラがサプライヤーとなり、Y.S.C.C.のブルーストライプをベースにデザインされた。 また、ダイヤ柄のグラデーションは勝利への輝きと、横浜の海に反射する光を表現しており、シンプルなデザインながら様々な青色を使い、多様が融合された「横浜」をイメージしている。 パンツには昨年と同様に横浜本牧にある重要文化財横浜三渓園を配置したデザインとなった。 カラーリングは、FPのホームが水色、アウェイが白ベースに水色のストライプ、GKホームが黄色、アウェイが赤となっている。 ファンは「外れないよなぁ」、「今年もカッコ良い」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】YS横浜の新ユニフォームは「横浜」をイメージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2023シーズン<br>新ユニフォームデザイン決定および<br>予約販売開始のお知らせ!!!<a href="https://t.co/bZLEb2GrjS">pic.twitter.com/bZLEb2GrjS</a></p>&mdash; Y.S.C.C.【公式】 (@yscc1986) <a href="https://twitter.com/yscc1986/status/1613838667222781953?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.13 22:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly