まだ22歳のハーランド、代理人が過度な期待に警鐘「今の状況から彼を守らねば」

2022.11.18 14:34 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの代理人が、選手への過度な期待に警鐘を鳴らしている。

今夏にドルトムントからシティへ加入し、すでに公式戦18試合23得点3アシストと、ただでさえ大きかった期待値を大幅に上回る活躍を披露しているハーランド。残念ながらカタールW杯ではお目にかかれないが、今後のさらなる飛躍も楽しみな22歳だ。

レアル・マドリーが数年後の獲得を目論んでいるとも噂されるなか、代理人を務めるラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応じ、選手の去就について言及している。
「ハーランドにはしっかりとしたキャリアプランがある。私自身が事細かに把握しているわけではないが、彼の中で明確なものがあるのは確かだ。今後、何が起こるかは誰にもわからない」

また、すでに世界最高の選手の1人に数えられるハーランドだが、同氏いわくまだ22歳で、成長過程にあるとのこと。過度な期待はキャリアの妨げになり得ると警鐘を鳴らしている。

「彼についての誇張されたニュースもよく目にする。まだ22歳で、1人の人間として成熟しきっているわけではない。私たちはこの状況から彼を守らなくてはならない」

「すべては彼次第だが、彼自身のプレーや言葉のみにフォーカスするべき。雑音や単なる憶測は不要だし、論争がでっち上げられるのも不快だ」

関連ニュース
thumb

バイエルン電撃移籍のカンセロがペップとの確執否定 「ペップとの関係とこの決断はなんの関係もない」

マンチェスター・シティからバイエルンに電撃移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)が、一部で報じられたジョゼップ・グアルディオラ監督との確執を否定した。 2019年夏の加入以降、シティの両サイドバックの主力を担ってきたカンセロ。とりわけ、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される攻撃時の複雑なタスクを完璧にこなし、一時は世界最高の攻撃的サイドバックとの評価も受けた。 しかし、今季途中から若手のリコ・ルイスの台頭やナタン・アケのサイドバック起用が機能したことで、徐々に出場機会を失ったポルトガル代表DFは、今冬の移籍市場最終日に6150万ポンド(約98億8000万円)の買い取りオプションが付帯する、今シーズン終了までのレンタルでドイツ王者に新天地を求めることになった。 今回の移籍の経緯に関しては、出場機会を失った際の姿勢に不満を抱いた指揮官と、徐々にフラストレーションを溜めたカンセロが、ここ最近に入って衝突したことが移籍の原因と報じられていた。 しかし、カンセロは加入後のバイエルンの公式インタビューを通じて、移籍のキッカケとして出場機会減少を認めた一方、指揮官との確執を否定している。 「この数週間、出場時間が限られていたため、僕はこのような形で変化を求めたんだ。そして、監督との関係、ペップとの関係とこの決断はなんの関係もないよ」 「それは僕が求めていたこと、もっと試合に出たい、バイエルンのようなビッグクラブでプレーしたい、そして新しい冒険のために旅立ちたいと思ったんだ」 「今話したように、僕はここにいられてとても幸せだよ。ビッグクラブであり、多くの歴史を持つ、このクラブを代表してプレーするプレーヤーになれて、とてもとても幸せさ」 2023.02.01 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがシティのポルトガル代表DFカンセロをレンタル移籍で獲得、98.8億円の買取オプション付き

バイエルンは31日、マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 今シーズン終了までの契約となり、背番号は「22」を着用する。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば6150万ポンド(約98億8000万円)の買い取りオプションが付帯しているという。 カンセロはベンフィカの下部組織育ちで、そのままファーストチームに昇格。バレンシアやインテル、ユベントスでのプレーを経験し、2019年8月にシティへと完全移籍で加入した。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で左右のサイドバックで起用されるカンセロは、サイドバックながらビルドアップ時にはボランチやインサイドハーフの位置に入ってパスを受け、相手の守備陣形を崩す役割を担い、偽サイドバックと呼ばれる戦術を体現していた。 シティではこれまで公式戦154試合に出場し9ゴール22アシスト。今シーズンも左右のサイドバックで公式戦26試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 カンセロはクラブを通じてコメントしている。 「バイエルンは偉大な​​クラブであり、世界最高のクラブの1つだ。チームで素晴らしい選手たちと一緒にプレーできることは、僕にとって大きなモチベーションだ」 「このクラブ、このチームはタイトルのために生き、タイトルを獲得することを知っている。僕は成功へに飢えている。バイエルンのために最善を尽くしたいと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】カンセロがバイエルンに到着!ユニフォームを早速着用!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> <a href="https://t.co/Zl8900o30p">https://t.co/Zl8900o30p</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://t.co/OppwjX5TW6">pic.twitter.com/OppwjX5TW6</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1620381824626180096?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.31 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

カンセロが急転直下のバイエルン行き…ペップとの軋轢が原因か

バイエルン行き間近とされているマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)だが、その背景にはジョゼップ・グアルディオラ監督との仲違いがあったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 締め切りが間近に迫り、より活発化している今冬の移籍市場。多くのクラブが最後の追い込みをかける中、急浮上したのがポルトガル代表DFのバイエルン行きというビッグディール。 降って沸いたような話だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、すでにバイエルンとシティはレンタルで合意しており、7000万ユーロ(約98億8000万円)の買取オプションも付帯するという。 ここまでの大物選手にしては随分あっさり決まりそうだが、それは指揮官との軋轢が原因とのこと。カタール・ワールドカップ以降、激減しているカンセロの出場時間。若手のリコ・ルイスの台頭やネイサン・アケのサイドバック起用が奏功したことも理由だが、本人の態度に指揮官は不満を抱いていたと『デイリー・メール』は主張している。 次第にカンセロもストレスを抱えるようになり、27日に行われたFAカップのアーセナル戦でもベンチスタートが告げられると怒りが爆発。ついに2人は衝突してしまったようだ。 グアルディオラ監督は度々「不満のある選手はチームに入るべきではない」とコメントしており、カンセロが移籍希望を伝えるとスペイン陣指揮官は抵抗することなく古巣への移籍を認めたという。 なお、後任に関しては、シティの情報筋は現スカッドで十分事足りると自信を持っており、今冬に急いで獲得するつもりはないようだ。 2023.01.31 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

カンセロのバイエルン移籍迫る! すでにメディカルチェックを受けに

マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)がバイエルン移籍を決定的なものとしたようだ。 2019年夏にユベントスから加わって以降、右サイドバックだけでなく、左サイドバックも器用にこなして地位を築くカンセロ。今季もここまで公式戦26試合に出場中だが、DFリコ・ルイスの台頭ぶりや、DFネイサン・アケの左サイドバック起用が当たったりと出番が減少傾向にある。 ビルドアップ時にポジションを内側に絞り、ボランチごとくボールに絡む姿を”カンセロロール”と評されるほど、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で唯一無二の存在だったはずだが、直近の公式戦も3試合連続で出番なし。そんななか、急浮上したのがバイエルン行きの話だ。 降って沸いたような話だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、モロッコ代表DFヌサイル・マズラウィが離脱中といった懸念を抱えるバイエルンはシティと今季終了までのレンタルで合意。7000万ユーロ(約98億8000万円)の買取オプションも付帯しての移籍になるという。 また、グアルディオラ監督に退団を志願していたとされるカンセロは30日夜遅くにバイエルンのメディカルチェックを受ける見通し。ミュンヘン行きの飛行機に搭乗したのも確認済みのようだ。 2023.01.31 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「三笘かクヴァラかと思う」「こんなかにいるのエグい」海外大手メディアが三笘薫含む4選手を今季最ブレイク選手にリストアップ

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、今季ブレイクした選手としてピックアップされている。 29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。センセーショナルな活躍を披露する25歳は、大手メディア『433』の目にも留まった。 同ツイッターは30日に「今季最も印象的なブレイクを果たしたのは?」と4人の選手をピックアップ。そのうちの1人が三笘だ。 「こんなかにいるのエグいな」との声が上がる顔ぶれはナポリの新星、ジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリアや、バルセロナで着々と出番を増やすスペイン代表DFアレハンドロ・バルデに、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーの1人、マンチェスター・シティのFWフリアン・アルバレスだ。 この投稿にはマインツに所属する水多海斗も反応し、「Mitoma」と宣言。もちろん各選手を推す声は上がっているが、海外のサッカーファンからも「1月の三笘」、「三笘かクヴァラ(クワラツヘリアの愛称)かと思うが、どっちも印象的だから選ぶのは難しい」、「アルバレスはW杯で優勝したが、ミトマも好印象を与えた」など、三笘への支持も多数寄せられている。 イングランドでも結果を残し続ける三笘。勢いは、まだまだ衰えそうにない。 <span class="paragraph-title">【写真】『433』が「今季最も印象的なブレイクを果たしたのは?」と問うた4人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Which breakthrough talent impressed you most this season? <a href="https://t.co/m8niMUazxp">pic.twitter.com/m8niMUazxp</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1619738180214743043?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.31 11:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly