まだ22歳のハーランド、代理人が過度な期待に警鐘「今の状況から彼を守らねば」

2022.11.18 14:34 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの代理人が、選手への過度な期待に警鐘を鳴らしている。

今夏にドルトムントからシティへ加入し、すでに公式戦18試合23得点3アシストと、ただでさえ大きかった期待値を大幅に上回る活躍を披露しているハーランド。残念ながらカタールW杯ではお目にかかれないが、今後のさらなる飛躍も楽しみな22歳だ。

レアル・マドリーが数年後の獲得を目論んでいるとも噂されるなか、代理人を務めるラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応じ、選手の去就について言及している。
「ハーランドにはしっかりとしたキャリアプランがある。私自身が事細かに把握しているわけではないが、彼の中で明確なものがあるのは確かだ。今後、何が起こるかは誰にもわからない」

また、すでに世界最高の選手の1人に数えられるハーランドだが、同氏いわくまだ22歳で、成長過程にあるとのこと。過度な期待はキャリアの妨げになり得ると警鐘を鳴らしている。

「彼についての誇張されたニュースもよく目にする。まだ22歳で、1人の人間として成熟しきっているわけではない。私たちはこの状況から彼を守らなくてはならない」

「すべては彼次第だが、彼自身のプレーや言葉のみにフォーカスするべき。雑音や単なる憶測は不要だし、論争がでっち上げられるのも不快だ」

関連ニュース
thumb

バイエルン移籍のカンセロ、実はレアル・マドリーにも獲得チャンスが…?

バイエルン移籍を決めたポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)だが、レアル・マドリーも獲得チャンスがあったようだ。 2019年夏のマンチェスター・シティ入りから、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される複雑なタスクも完璧をこなし、不動のサイドバックとして地位を築いたカンセロ。だが、今季が進むにつれて、DFリコ・ルイスの台頭ぶりにも押され、1月31日にミュンヘンに渡った。 そのバイエルンでは移籍翌日に敵地で行われたDFBポカール3回戦のマインツ戦にさっそく先発して先制点をアシストと即結果も。だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、レアル・マドリーのもとにもカンセロ獲得の逆オファーがあったという。 レアル・マドリーは今のスカッドに満足している上、18歳の右サイドバックであるU-20ブラジル代表DFヴィニシウス・トビアスの将来を買っており、カンセロ獲得の話は具体化するまでに至らなかったが、チャンスがあった模様だ。 なお、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は常々、今冬の補強なしを口にしており、実際にその発言どおりとなっている。 2023.02.05 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

再負傷のストーンズ、最悪1カ月の離脱…ペップが明かす

マンチェスター・シティのジョン・ストーンズは最悪1カ月の離脱となるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 ストーンズは1月27日に行われたアーセナルとのFAカップ4回戦に先発したが、前半終了間際に右ハムストリングを痛めてピッチを後に。昨年10月上旬から半ばにかけても同じハムストリングのケガを負っていた。 センターバック陣の戦力に含まれながら、シーズンを通して計算できないのが残念なところだが、今回のケガも完治にしばらく時間がかかるようだ。チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が明かしている。 「3週間か、1カ月の離脱だ。残念だが、その間も多くの試合がある。監督たちは試合の多さに文句を言う。ワールドカップのせいだ。数週間で戻ってくるだろう」 2023.02.05 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】約2週間ぶりの再戦! コンテ不在のスパーズは逆境撥ね退けられるか

プレミアリーグ第22節、トッテナムvsマンチェスター・シティが、日本時間5日25:30にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。前回対戦で激闘を演じた両雄が約2週間ぶりに対峙する上位対決だ。 現在、5位のトッテナム(勝ち点36)は、アーセナル、シティとの前回対戦で連敗。前半戦では対ビッグ6で1分け4敗と、改めてクオリティ不足を露呈する形となった。それでも、前節は好調フルアムを相手にFWケインのクラブ歴代最多得点(266点)に並ぶ鮮烈なゴールを守り抜いて連敗をストップ。また、直近のFAカップではチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストンを相手にFWソン・フンミンの2ゴール、FWダンジュマのデビュー弾で3-0の快勝を収め、実りある公式戦連勝となった。 とはいえ、逆転でのトップ4フィニッシュへこれ以上の取りこぼしは許されない状況となっており、前回対戦で2点差を引っくり返される厳しい2-4の敗戦を喫した昨季王者へのリベンジは必須。ただ、この大一番に向けては胆嚢炎が発覚し、1日に摘出手術を受けたコンテ監督が不在となり、副官ステッリーニ氏を暫定指揮官に据える形での戦いに。ピッチサイドで共に闘う闘将不在という逆境を撥ね退けられるか。 一方、トッテナムとの前回対戦でマンチェスター・ダービー敗戦を払しょくした2位のシティ(勝ち点45)。前節は復調気配見せるウォルバーハンプトンに3-0の快勝を収めると、FAカップではリーグ戦で鎬を削るアーセナルを相手にDFアケのゴールを守り切って1-0の勝利。リーグ前哨戦を制して公式戦3連勝とした。 また、その黒星がリーグ首位チームにネガティブな影響を与えたか、今節先に試合を戦ったアーセナルは19位に低迷するエバートンにまさかの敗戦。このトッテナム戦で勝利できれば、暫定での勝ち点差を「2」まで縮められることになった。 ◆トッテナム◆ 【3-4-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:ロメロ、ダイアー、ベン・デイビス MF:エメルソン、ベンタンクール、ホイビュア、ペリシッチ FW:クルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミン 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してもリシャルリソン、ルーカスらの復帰によって全選手が起用可能だ。 スタメンに関しては前回対戦と全く同じメンバーの起用が濃厚だが、ラングレやセセニョンの起用も想定される。直近のFAカップでデビューを飾ったダンジュマ、古巣対戦でのデビューが期待されるペドロ・ポロはいずれもベンチから出番を窺うことになるはずだ。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:リコ・ルイス、ルベン・ディアス、アカンジ、アケ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:マフレズ、ハーランド、グリーリッシュ 負傷者:DFストーンズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはハムストリングを痛めているストーンズが唯一の欠場者となる。 スタメンに関しては前回対戦のスタメンから2選手の変更を予想。負傷のストーンズに代わってルベン・ディアス(ラポルテ)、アルバレスに代わってデ・ブライネが復帰するとみる。ただ、ウォーカーやフォーデン、ベルナルド・シウバといった実力者の起用も十分にあるはずだ。 ★注目選手 ◆トッテナム:MFロドリゴ・ベンタンクール <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 攻守両面でカギを握る司令塔。クラブ歴代最多得点記録樹立が懸かるケイン、復調気配漂うソン・フンミンの両エースに加え、ダンジュマとポロの新戦力2人に注目が集まるところだが、勝敗のカギを握るウルグアイ代表MFを注目選手とした。 昨冬、クルゼフスキと共にユベントスから加入して以降、闘将ホイビュア以上に替えが利かない選手となった25歳。相棒同様の運動量や守備強度に加え、マイボール時はロメロやケインと共にビルドアップの起点を担い、持ち味のキープ力や展開力を遺憾なく発揮している。その存在の大きさは不在時の拙いボール回しで明らかだ。 また、ユベントスとウルグアイ代表では枠を大きく外れるミドルシュートなどフィニッシュに絡むプレーが課題となっていたが、今季ここまではセットプレーの流れが多いものの、キャリアハイの公式戦5ゴールを記録。そのすべてが決勝点や同点ゴールと勝ち点に直結する貴重なモノとなっており、今回のビッグマッチでもウルグアイ人司令塔による攻守に渡る貢献がスパーズ勝利のカギを握る。 ◆マンチェスター・シティ:DFナタン・アケ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 存在感増す万能型DF。今季ここまでルベン・ディアスやストーンズ、ラポルテ、ウォーカーと主力DFの離脱が目立つシティにおいて、新戦力のアカンジ、アカデミーから台頭したリコ・ルイスと共に抜群の存在感を示すオランダ代表DF。 直近2シーズンは便利屋の印象が強かったが、智将グアルディオラの下で着実に戦術眼を養うと、かつてのウォーカーのように傑出したアスリート能力に巧さを加えた万能型DFとして存在感を増し、移籍市場最終日にバイエルンへ電撃移籍したカンセロを押し出す形となった。 被カウンター時のカバーリング、一選級のアタッカーとのマッチアップと守備面の安定感が重用される最大の要因だが、ビルドアップの局面でも堅実なボール捌きでノッキングを起こさず、チームの歯車として機能している。以前からセットプレーでの存在感は光っていたが、直近のFAカップでは1列前のグリーリッシュへの絶妙なサポートから意表を突く逆足でのコントロールシュートで決勝点を挙げるなど、流れの中での攻撃参加にも自信を示している。スパーズ戦では対面のクルゼフスキや両エースを抑え込むことがメインタスクとなるが、アーセナル戦のように試合を決める仕事も期待したいところだ。 2023.02.05 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、カンセロの代役確保に動かず…「議論したが、3分で終わった」

ポルトガル代表DFジョアン・カンセロが退団したマンチェスター・シティだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督が現有戦力だけでカバー可能と自信をのぞかせた。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 2019年夏にシティ入りしたカンセロ。傑出した攻撃力に両サイドバックをこなせる柔軟性のほか、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される複雑なタスクを完璧をこなしてみせ、一時は世界最高の攻撃的サイドバックとの評価も受けた。 だが、今季が進むにつれ、DFリコ・ルイスの台頭ぶりや、DFナタン・アケのサイドバック起用が機能して、出番が減少。降って沸いたような移籍報道から一気に話が進み、今冬のデッドラインデイに買取オプション付きのローン移籍が決まった。 裏での確執がこの移籍の引き金にとの報道もなされ、この冬にカンセロを失ったグアルディオラ監督だが、代わりは獲得せず。グアルディオラ監督によると、議論こそしたものの、早々に補強せずで結論に至ったようだ。 「話こそしたが、3分で終わった。(スポーツディレクターの)チキ(・ベギリスタイン)に『誰かいる?』って聞いたら、『いない』と言われたんだ。だから、私は『じゃあ、待とう』と言ったのさ。マーケットに出て、大金を投じるのはできる。だが、それをせず、残り数カ月のシーズンを過ごす方が良かった。夏になれば、また考える」 2023.02.04 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly