福島がDF新井秀明、MF遊佐克美の契約満了を発表「難しさを痛感させられた一年でした」

2022.11.15 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは15日、DF新井秀明(22)とMF遊佐克美(34)の契約満了を発表した。

新井はU-18まで川崎フロンターレの下部組織に所属。その後、中央大学への進学を経て、今シーズン福島に加入した。プロデビューのシーズンとなったが、ポジションを掴むことはできず、明治安田生命J3リーグで1試合の出場にとどまった。

福島県出身の遊佐はツエーゲン金沢やFC岐阜のリザーブチームを経て、2010年からはパラグアイやインドでプレー。その後、2021年1月に地元のクラブである福島に加入した。しかし、主力に定着することはできず、今シーズンは試合出場がなかった。
今季限りで福島を去ることが決まった両選手は、クラブを通じてサポートへの感謝を述べている。

新井秀明
「今シーズンで契約満了となりました。プロサッカー選手として試合に出て活躍することの難しさを痛感させられた一年でした。また、サポーターの皆さんの期待や声援にプレーで応えることができず、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。ただ、プロサッカー選手としての第一歩を福島ユナイテッドFCで歩むことができて幸せでしたし、この苦しかった一年が無駄ではなかったことを次の舞台で証明します!一年間という短い間ではありますが、本当にありがとうございました!」

遊佐克美
「自分が生まれ育った福島で、選手としてプレーできたことは最高の時間でした。自分の実力の無さから、全く試合に絡む事ができませんでした。その中で自分と向き合い続け、成長することができたと思っています」

「日ごろから福島ユナイテッドFCを支えてくださっているスポンサーの皆さん、ファン・サポーターの皆さん、社長をはじめ会社の皆さん、監督、現場スタッフ、チームメイト、感謝しても感謝しきれません!!この2年間で携わっていただいた全ての方々に、心からの感謝を込めて、ありがとうございました」



関連ニュース
thumb

福島の新ユニフォームが発表!「眼光炯々」をキーワードに勢いを鋭さをもたらすデザイン

福島ユナイテッドFCとヒュンメルは1日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは11位と中位に終わった福島。J2昇格を目指して戦う新シーズンに向けたユニフォームは、「眼光炯々」をキーワードにデザインされている。 「眼光炯々」とは、人を圧倒するような目力や目が鋭い様子を表し、洞察力や観察力が鋭いことを意味。コロナ禍においては、様々な制限が余儀なくされたが、2023年、改めて取り戻そうとする日常に、「勢い」と「鋭さ」をもたらしたいという気持を、新シーズンのユニフォームに込めている。 ボディは、クラブの1stカラーであるユナイテッドレッドを採用。先の見えない日常を曲がりくねったうねりの重なりで表し、その道を走り抜ける疾走感をイエローで表現。福島の人々と共に歩んできた福島ユナイテッドFCだからこそ描ける軌跡を描いている。 右袖には、引き続き「Fukushima」の文字を刻み、チームが常に福島と共にある、というメッセージを発信。震災から12年目を迎えようという今もなお県外に避難されている方も含め、福島を背負って戦うチームを表している。 全て同じデザインとなるが、FP2ndは白、GK1stは黄色、GK2ndはグレーとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】福島の新シーズンユニフォームは「眼光炯々」がテーマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hunmel20230201_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hunmel20230201_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/hunmel20230201_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.02.01 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

J3福島で出番なしの3選手が北信越1部の福井ユナイテッドFCへ、FW賀澤陽友は完全移籍、今季加入のGK安西駿、昨季加入のDF八木大翔は育成型期限付き移籍

福島ユナイテッドFCは14日、FW賀澤陽友(21)、GK安西駿(22)、DF八木大翔(19)の3名が福井ユナイテッドFCへ移籍することを発表した。 なお、賀澤は完全移籍、安西と八木は育成型期限付き移籍となる。移籍期間は2024年1月31日まで。 完全移籍する賀澤は神奈川県出身で、横浜F・マリノスジュニアユースから市立船橋高校へ進学し、2020年に福島に入団。1シーズン半在籍も出番はなく、2021年4月に福井へと育成型期限付き移籍した。 福井では2シーズン在籍し、北信越1部リーグを戦った。 安西は福島県出身で、矢板中央高校から平成国際大学へと進学。2023シーズンからの加入が内定していたが、そのまま福井へと育成型期限付き移籍することが決まった。 八木は埼玉県出身で、昌平高校から2022シーズンに福島へ入団。7月に東京23FCへ期限付き移籍していた。福島では出番がなかった。 3選手は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FW賀澤陽友 【福井ユナイテッドFC】 「この度、2023シーズンより福井ユナイテッドFCへ完全移籍することになりました、賀澤陽友です。福井ユナイテッドFCをJFLへ昇格させるため日々精進していきます。今後ともご声援よろしくお願い致します」 【福島ユナイテッドFC】 「この度、福井ユナイテッドFCへ完全移籍することになりました。福島ユナイテッドFCに関わる全ての方々、サポーターの皆様のおかげで日々サッカーできることに感謝致します。他クラブへの所属にはなりますが、ご声援よろしくお願い致します!」 ◆GK安西駿 【福井ユナイテッドFC】 「2023シーズンから福井ユナイテッドFCに加入する事になりました、安西駿です。周りの人達への感謝を忘れず、チームの勝利・目標に貢献出来るように頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」 【福島ユナイテッドFC】 「このたび福井ユナイテッドFCに期限付きで移籍することとなりました。福島に貢献出来る選手になるためにも、福井で日々精進して参ります。応援の程よろしくお願い致します」 ◆DF八木大翔 【福井ユナイテッドFC】 「福島から期限付き移籍で加入しました、八木大翔です。JFL昇格という目標に向けて、自分なりにチームのために今何が出来るかを常に考え、行動していきたいと思っています!福井ユナイテッドFCの選手、スタッフ、ファンの皆様、チームのために全力で戦わせていただきます!よろしくお願いします!」 【福島ユナイテッドFC】 「福井ユナイテッドFCに期限付き移籍することになりました。入団してから福島の力になれていないこと、とても悔しく感じています。しかし、自分自身、まだまだ経験を積んで成長していく必要があると感じこの福井ユナイテッドFCでプレーすることを決断しました。納得して福島に戻って来られるように1年間頑張ります」 2023.01.14 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

福島、平成国際大から地元出身のGK安西駿が加入 矢板中央時代は選手権でベスト8に

福島ユナイテッドFCは7日、平成国際大学に所属するGK安西駿(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 地元・福島県出身の安西は矢板中央高校から平成国際大へ進学。矢板中央時代には、第96回全国高校サッカー選手権でリザーブながらベスト4、第97回大会では正GKとしてベスト8入りを果たした。 プロ選手としてのキャリアをスタートさせる安西は、クラブ公式サイトを通じて次のように意気込みを語っている。 「この度2023年シーズンより福島ユナイテッドFCへ加入することになりました、平成国際大学の安西駿です」 「幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアを、地元のクラブでもある福島ユナイテッドFCという素晴らしいクラブでスタートできる事をとても嬉しく思います」 「今まで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずにプレーし、少しでも早くチームの勝利に貢献できるよう日々精進していきます。ご声援の程よろしくお願い致します」 2023.01.07 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田FW三木直土が福島に武者修行へ! 昨季は藤枝にレンタル

福島ユナイテッドFCは7日、ジュビロ磐田からFW三木直土(21)が育成型期限付き移籍で加入すると発表。契約期間は2024年1月31日までとなり、期間中は磐田との公式戦に出場できない。 三木は三重県出身で、2020年に磐田のU-18からトップチームへ昇格。1年目は明治安田生命J2リーグ15試合で2得点をマークも、2年目は1試合の出場にとどまった。 昨年は藤枝MYFCに育成型期限付き移籍。J3リーグの11試合に出場したが、ゴールはなかった。 2年連続となる武者修行にあたり、昨年プレーした藤枝、磐田、福島のそれぞれからコメントを発表している。 ◆福島ユナイテッドFC 「今シーズン、福島ユナイテッドFCでプレーする事になりました! 三木直土です。J3優勝、J2への昇格へ向け、自分の力の限りを出したいと思います!よろしくお願いします!」 ◆藤枝MYFC 「1年間応援ありがとうございました。そしてJ2昇格おめでとうございます。今年はチームの勢いとは反対になかなかチームに貢献できず、悔しく苦しいシーズンでした。また自分を見つめ直して頑張ります!J2でのご活躍を期待しています!」 ◆ジュビロ磐田 「今シーズン、福島ユナイテッドFCでプレーすることになりました。心身共に熱く強い選手になってきます!」 2023.01.07 13:36 Sat
twitterfacebook
thumb

山口が福島から期限付き移籍で加入していたGKファンティーニ燦の期間満了を発表「成長できた一年でした」

レノファ山口FCは6日、福島ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入していたGKファンティーニ燦(23)が期間満了となることを発表した。 ファンティーニ燦は千葉県出身で、イタリアのチェゼーナの下部組織で育った。 ファーストチームにも登録された中、2017年にサガン鳥栖に完全移籍。2020年に福島へ完全移籍しており、2022シーズンは山口でプレーした。 山口では公式戦の出番がないままシーズンが終了していた。 「皆さん明けましておめでとう御座います。今回レノファを離れることになりました。何もわからない中、山口に来て今では山口の事が好きになりました」 「去年はなかなか試合に絡めることはできなかったですが、成長できた一年でした。この経験を活かして次でのチームでも成長していきたいと思っています。1年間ありがとうございました!power!」 2023.01.06 13:54 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly