最下位で中断期間に入ったシャルケ、吉田麻也は厳しい現実もサポーターに感謝「毎試合素晴らしいサポートをありがとう」

2022.11.13 20:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF吉田麻也が、シャルケのサポーターに感謝の気持ちを綴った。吉田が今シーズンから加入したシャルケ。12日にはブンデスリーガ第15節でバイエルンと対戦。吉田は先発フル出場したが、0-2で敗れた。

前節はマインツ相手に8試合ぶりに勝利を収めるも、再び敗戦。チームは7連敗を喫した中で最下位に転落し、そのままカタール・ワールドカップ(W杯)開催による中断期間に入った。
センターバックにケガ人が続出し、自身もパフォーマンスの低さが槍玉に挙げられ、期待に全く応えられていない吉田。現地の評価は厳しいものになっている中、自身のツイッターで常にチームをサポートしてくれるファン・サポーターに前半戦の感謝を綴った。

「僕たち全員にとって厳しい時期を過ごしました。でも、毎試合素晴らしいサポートをありがとうございます」

「多くのことを改善し、最後まで戦わなければなりません」

「ワールドカップの後にまた会いましょう。幸運を祈ります」

吉田は開幕戦から1試合を除いて、ブンデスリーガの全試合にフル出場。日本代表のキャプテンとしてW杯でパフォーマンスを出せるのか。注目される。

1 2

関連ニュース
thumb

ボルシアMGvsシャルケの日本代表センターバック対決はゴールレス決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第19節、ボルシアMGvsシャルケが4日に行われ、0-0で引き分けた。ボルシアMGのDF板倉滉とシャルケのDF吉田麻也はフル出場、MF上月壮一郎は66分までプレーしている。 前節ホッフェンハイムに4-1と快勝した8位ボルシアMG(勝ち点25)は板倉がセンターバックでスタメンとなった。 一方、ケルンにゴールレスドローとした最下位シャルケ(勝ち点10)は吉田がセンターバックで、上月が右MFで引き続きスタメンとなった。 共に[4-2-3-1]で臨んだ一戦。ボルシアMGが押し込む流れで推移すると27分、板倉が持ち上がってボックス手前からミドルシュート。枠を捉えていたが、GKにセーブされた。 続く44分、CKの流れから板倉の放ったボレーが枠を捉えるも、GKフェールマンのセーブに阻まれた。さらにルーズボールをクラマーがシュートしたが、吉田のブロックに阻止された。 ゴールレスで迎えた後半、開始5分にシャルケはCKからクラウスのヘディングシュートでゴールに迫ると、52分にもテローデがボックス内からシュートを放ってボルシアMGを牽制。 シャルケが良い入りを見せる中、ボルシアMGは72分に好機。ホフマンがボックス右深くまでえぐってクロス。シュティンドルが合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 終盤にかけては互いに決め手を欠いてゴールレス決着。日本代表センターバック対決は引き分けに終わった。 2023.02.05 04:34 Sun
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表MFエジルが現役引退? 現地記者が引退決断と報道、レアルやアーセナルで活躍した世界屈指のプレーメーカー

元ドイツ代表MFメスト・エジル(34)が引退を決断したようだ。 今シーズンからイスタンブール・バシャクシェヒルでプレーするエジル。しかし、背中のケガなどの影響で今シーズンは欠場が続いていた。 今年に入り復帰。スュペル・リグの直近3試合ではプレーしていたが、突如として引退を決断したという。 トルコ『ファナティック』の記者であるヤクプ・チナール氏によると、エジルはクラブとの契約を早期に解消し、引退を決断したとのこと。3日のチームトレーニングに参加せず、チームメイトに別れの挨拶をしたと伝えている。 トルコ系ドイツ人でもあるエジルは、シャルケやブレーメンでプレー。2010年8月にレアル・マドリーへと移籍すると、2013年9月にはアーセナルへと移籍する。 世界最高のプレーメーカーとも言われ、マドリーとアーセナルでは大きな功績を残すことに。マドリーでは公式戦159試合で27ゴール81アシスト、アーセナルでは254試合で44ゴール78アシストを記録していた。 しかし、2020年以降は急激にパフォーマンスが低下。出番が限られると、2021年1月にフェネルバフチェへ完全移籍。しかし、トルコではさらに苦しい状況が待っており、今シーズンはわずか7試合しかプレーできていなかった。 ドイツ代表としては92試合で23ゴールを記録。2010年の南アフリカ、2014年のブラジル、2018年のドイツとワールドカップ3大会に出場しブラジル大会では見事に優勝を遂げていた。 現時点でクラブや本人から公式の引退発表はないが、どうやらキャリアの終了が近づいているようだ。 2023.02.03 23:40 Fri
twitterfacebook
thumb

最下位シャルケが元コロンビア代表MFバランタをクラブ・ブルージュからレンタル移籍で獲得

シャルケは31日、クラブ・ブルージュの元コロンビア代表MFエデル・バランタ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお契約の詳細については明かされていない。 バランタは、リーベル・プレートでキャリアをスタート。その後、バーゼルへと移籍。2019年9月からクラブ・ブルージュでプレーしていた。 これまでクラブ・ブルージュでは公式戦通算112試合に出場し7ゴール2アシストを記録。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で4試合に出場も、ジュピラー・プロ・リーグでは9試合の出場にとどまることに。直近3試合ではメンバー外となっていた。 トーマス・レイス監督はバランタの加入についてコメントしている。 「エデルと契約することで、必要な柔軟性や国際経験、フィジカル的な存在感を手にすることができる。間違いなく我々のチームに良い影響を与え、試合におけるより多くの選択肢を監督に与えてくれる」 「フィジカルを生かしたプレースタイルが特徴的で、強い守備ができる中盤の選手だ。彼のプレーが守備陣へのプレッシャーを軽減し、その恩恵を受けられると確信している」 昇格したシャルケは今シーズンのブンデスリーガで苦戦。最下位に位置しており後半戦での逆転残留に向けて今冬に補強を進めている。 2023.01.31 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケが連敗ストップも決定機を欠きゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のシャルケvsケルンが29日に行われ、0-0の引き分けに終わった。シャルケの吉田麻也と上月壮一郎はフル出場している。 リーグ戦3連敗中の最下位シャルケ(勝ち点9)が、12位ケルン(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。シャルケの吉田はセンターバック、上月は右MFで共に先発した。 シャルケは開始早々の2分に決定機。セットプレーの二次攻撃からから右サイドでボールを拾ったスカルケのクロスをイェンツが頭で合わせたが、シュートは相手GKが右手一本で掻き出した。 以降は両チームともに決定機はおろかシュートまで持ち込むことができない時間が続く。そんな中、シャルケは38分にボックス内で上月とスイッチしたラツァがラストパスを送ったが、これはテローデには合わず、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、シャルケは開始早々の50分にピンチ。カインツの右FKをゴール右手前に走りこんだヒューバースにワンバウンドしたボールを頭で合わせたが、これはクロスバーに救われた。 対するシャルケは65分、ウロネンの右CKからクラウスがドンピシャのヘディングシュートで合わせたが、これはわずかに枠の上に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。互いに決定力を欠いた試合はゴールレスドローで終了した。 2023.01.30 01:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly