エイブラハム弾で先制も逃げ切り失敗のローマが2戦未勝利…《セリエA》

2022.11.10 04:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第14節、サッスオーロvsローマが9日にマペイ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

前節、ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレに0-1と惜敗し、6位に後退したローマ。デルビー敗戦の屈辱を払しょくしたいモウリーニョのチームは、13位のサッスオーロとのアウェイゲームに臨んだ。

そのラツィオ戦からは先発4人を変更。負傷でメンバー外のペッレグリーニに加え、エイブラハム、カルスドルプ、マディ・カマラがベンチスタートとなり、チェリクとマティッチ、今季初先発のショムロドフ、ヴォルパートが起用された。
互いに後方からの組み立てに苦戦し、守備からのカウンターでチャンスを窺う立ち上がりに。ザニオーロを起点に縦へ速い攻撃を狙うローマだが、全体の押し上げの遅さや連携不足もあってフィニッシュまで持ち込めない停滞した状況が続く。

逆に、幾度か不用意なロストからピンチを招くと、17分には古巣対戦のフラッテージに強烈なミドルシュートを枠に飛ばされる。だが、ここはGKルイ・パトリシオの見事なワンハンドセーブで事なきを得る。

時間の経過と共にマティッチを配球役に、前線の選手がアクションの量を増やして攻撃に変化を付け始めるアウェイチーム。32分には鋭いカウンターからボックス右でザニオーロのラストパスを受けたショムロドフにビッグチャンスが訪れるが、スムーズさを欠いた右足のシュートはGKコンシーリがうまく残した右足にはじき出され、ファーストチャンスをモノにできない。

30分を過ぎた辺りから共にギアが上がって球際の攻防が激しくなると、行ったり来たりのオープンな展開からフィニッシュの数が増えていく。シュート数ではホームチームが上回るが、ローマもフィードに反応したショムロドフが不用意にエリア外へ飛び出したGKコンシーリをかわしたシュート。チェリクの右クロスをファーでフリーのザレフスキがダイレクトで合わすなど、際どいシーンを作り出した。

共に最後の決め手を欠き試合はゴールレスで後半に突入。交代なしで臨んだ後半も拮抗した展開が続く。

前半終盤とは異なり後半は攻撃の形を作り出せないローマは65分に3枚替えを敢行。チェリクとザレフスキの両ウイングバックをカルスドルプ、エル・シャーラウィに入れ替え、ショムロドフに代えてエイブラハムを投入。さらに、ヴォルパートを下げてボーヴェをピッチへ送り込む。

だが、この交代も即時流れを引き寄せる一手とはならず。逆に、76分には相手の高速カウンターを受けて絶体絶命のピンチ。左サイドからカットインしたローリエンにボックス右でフリーのハメド・トラオレにラストパスを送られる。だが、ここはGKルイ・パトリシオが見事な寄せでシュートコースを消してチームを救うビッグセーブ。

すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の80分には攻撃参加したマンチーニが右サイド深くで正確なクロスを上げると、これをゴール前で競り勝ったエイブラハムが強烈なヘディングシュートで右隅に突き刺した。

苦しみながらもようやく先制点を奪ったローマだったが、相手の反撃を受けるとリードを守り切れない。85分、ディフェンスラインを揃えられずに左サイドのローリエンに背後への抜け出しを許すと、正確なグラウンダーの折り返しをニアに飛び込んだピナモンティにダイレクトで蹴り込まれた。

これで再びゴールが必要となったアウェイチームは、ギアを上げて攻撃に出るが、同点ゴールで勢いづくサッスオーロ相手に苦戦。後半アディショナルタイムにはパワープレーで勝ち越しゴールを目指したものの、最後まで相手のゴールをこじ開けられず。

この結果、敵地で1-1のドローに終わったローマは2戦未勝利と上位争いにおいて厳しい勝ち点逸となった。

関連ニュース
thumb

スモーリングにローマ退団要求報道も代理人が即座に否定

元イングランド代表DFクリス・スモーリング(33)の代理人が、今冬のローマ退団を要求したとする同選手に関する報道を真っ向から否定した。 今シーズン限りでローマとの契約が終了するスモーリングは、クラブとの延長交渉を進めている。だが、条件面でなかなか妥協点を見いだせず、交渉停滞が伝えられる。 そういった中、ここ最近ではFWエディン・ジェコ、MFヘンリク・ムヒタリアンと、2シーズン連続でジャッロロッシのベテランプレーヤーを引き抜いて主力としているインテルが、来夏のフリートランスファーでの獲得を目指しているとの報道もある。 そして、27日にイタリア『Tuttomercatoweb』は、今冬のローマ退団を望むスモーリングが、クラブに対して移籍を直訴したとのセンセーショナルなレポートを報じた。 DFリック・カルスドルプ、MFニコロ・ザニオーロに続く退団希望者が出たことで、ローマ界隈はざわつくことになったが、クラブサイドはすぐさま地元メディアの問い合わせに対して、前述の報道を否定。 さらに、スモーリングの代理人であるジェームズ・フェザーストーン氏は、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏を通じて、報道を否定する声明を発表した。 「クリスの未来は、ローマのオペラ座で繰り広げられるものではない。それと同じように、観客はパフォーマーと関わらない」 「我々はローマとの交渉を続けている」 「そして、クリスは今シーズン、ローマにさらなる成功をもたらすことに集中している」 クラブサイドと代理人サイドの迅速な対応によって大きな騒ぎになる前にことを収められたローマだが、今季もここまで25試合3ゴールの数字を残し、ディフェンスラインに安定をもたらすディフェンスリーダーの残留交渉をうまく進めたいところだ。 2023.01.28 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマのウズベキスタン代表FWショムロドフ、半年レンタルでスペツィアへ

ローマのウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)は、スペツィアへのレンタル移籍が確実となったようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝える。 ウズベキスタン代表の主将ショムロドフは、2020-21シーズンにジェノアでセリエA31試合8得点をマーク。この活躍が認められ、2021年夏に名門ローマ移籍を果たした。 ローマではジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重なオプションとなるも、途中出場がメインということもあり、ゴール数は伸び悩み。昨季は公式戦40試合で5得点と6アシスト、今季は8試合151分間の出場で1得点のみとなっている。 今冬は当初から半年レンタルが噂され、行き先はトリノとサンプドリアの二択だと言われていたが、交渉をまとめたのはスペツィア。買い取りオプション等は付帯せず、6月までのレンタル費用は150万ユーロ(約2億1000万円)という。 スペツィアがローマと合意したのは26日とのことで、最後はエラス・ヴェローナ、クレモネーゼとの争いを制したようだ。 2023.01.27 20:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランOBコスタクルタ氏がローマに苦言、ザニオーロに50億円要求は「実績と釣り合わない」

黄金期のミランを支えたアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、不振にあえぐ現在の古巣に言及した。 コスタクルタ氏は現在56歳。現役引退から15年が経過し、今ではイタリアサッカー連盟の副会長を務める重鎮に。イタリア『スカイ』のインタビューでは、ラツィオに0-4の大敗を喫した古巣ミラン、盟友のパオロ・マルディーニSDに言及した。 「ラツィオが並外れていたのか、それともミランがスペースを空けてしまったのか… 試合を見てないからなんとも言えないな。ただ、ステファノ・ピオリ(監督)のチームが受けた心理的ショックは相当だろう」 「きっとパオロは頭を悩ませている。W杯疲れを引きずる選手がいるだろうし、彼自身はマーケットで苦戦しているように思う。パオロとは最近会ってないんだが、冷静に仕事に取り組もうとしているはずさ」 一方、ミランが獲得を断念したローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)に関し、ローマ側に苦言。3500万〜4000万ユーロ(約49億〜57億円)とされる要求額は選手の価値に見合わないと語った。 「どう考えても高すぎる。ザニオーロを悪く言うつもりはない。ただ、ピッチで示した実績とそれ(要求額)が釣り合っているとは到底思えない。彼はまだまだこれからキャリアを重ねていく年齢だ」 ザニオーロはボーンマス移籍が濃厚に。ボーンマスが3500万ユーロ(約49億4000万円)越えのオファーをローマに提示し、大筋合意に至ったとされている。 2023.01.27 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランが今冬のザニオーロ獲得を断念…選手自身がボーンマス行きかローマ残留かを選択へ

ミランは、今冬の移籍市場でのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の獲得を断念したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今冬のローマ退団を希望するザニオーロは、すでに個人間の合意が報じられたミラン行きを目指していた。 しかし、3500万~4000万ユーロ(約49億6000万~56億7000万円)の完全移籍を売却条件とするローマは、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を目指すミランのオファーを固辞。 その間に急遽、獲得レースに参戦したボーンマスが、移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン500万ユーロ(約7億1000万円)、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーをローマに掲示。クラブ間で大筋合意に至った。 これを受け、ミランの首脳陣はローマとの交渉の中でボーンマスと同等の条件を掲示することは不可能であることを伝え、今冬のタイミングでの交渉打ち切りを決断したようだ。 ミランの撤退によってザニオーロは、一度拒否したとされるボーンマス行きを決断するか、心機一転ローマで戦い続けるかの選択を迫られることになる。 2023.01.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの新天地はミランorボーンマスの2択? 交渉難航で残留の可能性も

ローマ退団を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の新天地は、現時点でミランとボーンマスの2択となっているようだ。 先日にジョゼ・モウリーニョ監督が退団希望を認めたことで、今冬の退団が濃厚とみられるザニオーロ。 一時はトッテナムが有力な新天地候補に挙がっていたが、交渉が難航したノースロンドンのクラブは、ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマをレンタルで補強。今冬に関しては完全に獲得レースから撤退した。 そういった中、現時点で最も有力な新天地は、セリエAのライバルであるミランだ。 ローマ時代にインテルからザニオーロを獲得したスポーツディレクターのリッキー・マッサーラ氏は、以前から23歳の獲得を希望しており、イタリア残留を望む選手自身もミラノ行きを最優先事項としており、すでに個人間での合意も伝えられる。 ただ、ミランが掲示したとされる買い取りオプション付きのレンタルのオファーはローマ側に拒否されており、現在もクラブ間交渉は平行線をたどっている模様だ。 一方、トッテナムに代わるプレミアリーグ勢として新たに候補として浮上しているのが、ボーンマスだ。現在、リーグ戦18位と降格圏に沈むチェリーズは巻き返しに向けた目玉補強としてザニオーロの獲得を目指しているという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ボーンマスはローマに対して移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+アドオン、将来的なリセール時の移籍金10%の支払いという好条件のオファーを掲示。クラブ間で大筋合意に至っているという。 ただ、先日にボーンマスからのオファーを固辞したとされるザニオーロ自身にイングランド行きの考えはなく、個人間での交渉は進んでいないという。 先日にモウリーニョ監督が語ったように、ローマとしては必ずしも今冬の売却を急いでいるわけではないため、残り1週間を切った今冬の移籍市場でザニオーロのローマ退団が実現するには、ミランがローマの要求を受け入れるか、同選手がボーンマス行きを受け入れるかのいずれかになる。 2023.01.27 01:09 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly