スパーズvsスポルティングはケインのラストプレー弾取り消しで劇的ドロー! 守田英正は負傷交代に…《CL》

2022.10.27 06:14 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節、トッテナムvsスポルティングCPが26日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。なお、スポルティングのMF守田英正は61分までプレーした。
PR
トッテナム(勝ち点7)はフランクフルト(勝ち点4)とのタフな連戦を1勝1分けで終え、混戦のグループDで首位に浮上。ただ、過密日程と負傷者に悩まされるチームは直近のリーグ戦で今季初の連敗と調子は下降気味だ。勝利で最終節を残しての決勝トーナメント進出が決まる重要な一戦では、1-2で敗れたニューカッスル戦から先発6人を変更。負傷明けのホイビュア、ロメロが復帰したほか、ルーカス・モウラが今季初先発を飾り、並びを[3-4-3]に変更した。
一方、2試合連続で前半に退場者を出したマルセイユ(勝ち点6)との連戦を連敗で終え、グループ首位から3位に転落したスポルティング(勝ち点6)。逆転突破へ勝利必須の首位チームとのアウェイゲームでは守田や古巣対戦のエドワーズ、トリンコンらがスタメンに名を連ねた。

互いに慎重な入りを見せた中、序盤はカウンターやセットプレーで散発的に相手ゴールを目指す形が目立つ。その流れでコアテスのセットプレーからのヘディングシュート、右クロスからゴール前のパウリーニョのワンタッチシュートと、よりフィニッシュまで持ち込んだスポルティングが先手を奪う。

22分、相手陣内中央でルーズボールを回収したエドワーズがDFを外してそのままボックス付近まで前進。味方のボックス内へのランニングをオトリにペナルティアーク付近で得意の左足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール右隅に突き刺さった。
エドワーズの恩返し弾で均衡が破れた試合は、以降もアウェイチームがペースを握る。守備ではミドルプレスの形で中央の危険なエリアをケアしつつ、攻撃では相手の緩いプレスを冷静に外して、エドワーズやトリンコンのキープ力を生かしたカウンターで相手を引っくり返す場面も作り出す。

ビハインドを背負いながらもプレスに思い切り、強度を欠くトッテナムは、なかなか良い形でボールを奪えず。また、攻撃も動き出しやポジショニングの精度が悪くリズムを出せない。38分にはペリシッチ、ケイン、ソン・フンミンと良い形でボールを繋いでようやく最初の枠内シュートへ持ち込むが、あとが続かない。

スポルティングの1点リードで折り返した後半は、闘将からハーフタイムに激しい檄が飛んだか、トッテナムが攻守のギアを一気に上げて完全に落ち込む形に。52分には左CKの流れから古巣対戦のダイアーの反転ボレーシュート、直後にロメロのシュートと波状攻撃でゴールに迫る。

一方、後半は自陣で耐える時間が続くスポルティングでは守田にアクシデントが発生。左ふくらはぎを痛めた日本代表MFは61分にマテウス・フェルナンデスとの交代でピッチを後にした。

前半とは打って変わってハーフコートゲームを展開するトッテナムは69分にビッグチャンス。左サイドのペリシッチが入れた正確なクロスをボックス右で収めたドハーティがすかさず左足のシュート。これがニア下へ向かうが、GKアダンの好守に遭う。

何とか押し切りたいコンテ監督は71分、ドハーティを下げてブライアン・ヒルを投入。ルーカスを右ウイングバックに移す攻撃的な形にシフト。これに対してアモリム監督は前線を削ってセンターバックのサン・ユステを投入し、完全に逃げ切りを意識した戦い方にシフト。

互いの選手交代によって試合に動きが出始めると、ここまで防戦一方だったスポルティングに続けて決定機。カウンターからナジーニョ、ポロに続けて決定機も、ここはGKロリスのビッグセーブに阻まれる。

守護神のビッグプレーで難を逃れたトッテナムはこの直後にようやく攻撃陣が応える。80分、右CKの場面でキッカーのペリシッチが左足インスウィングで入れたボールをゴール前でGKアダンに競り勝ったベンタンクールがヘディングで流し込んだ。

この同点ゴールで完全に勢いに乗ったトッテナムは、畳みかける攻めで逆転ゴールを目指す。そして、厚みのある攻めからダイアーに続けてビッグチャンスが訪れるが、エドワーズのように古巣のゴールへシュートを流し込めない。

その後、5分が加えられた後半アディショナルタイムには大きなドラマが待っていた。95分、ペリシッチが左サイドから上げたクロスをボックス右でフリーのエメルソンが頭で折り返す。これがナジーニョに当たってゴール前にこぼれると、ケインがすかさず右足でゴールに蹴り込む。エースの劇的逆転ゴールかに思われたが、VARのレビューが入ると、非常に微妙な判定ながらもケインのオフサイドが取られてゴール取り消しに。

この判定に激高したコンテ監督が主審への暴言でレッドカードを掲示される後味の悪い形での幕引きとなった一戦は、1-1のドロー決着。この結果、トッテナムは今節での突破を逃したが、グループ首位をキープしてマルセイユとの敵地での最終節に臨むことに。

一方、辛くも敗戦回避のスポルティングは2位をキープしてフランクフルトとのホームでの最終節を迎えることになった。

PR
関連ニュース

「信じられないほど失望」手術で再離脱のセセニョンはサポートに感謝、一方で心ない批判に「こんな立場は誰も望まない」

イングランド人DFライアン・セセニョンが、再離脱を受けてメッセージを発信した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 近年は度重なる負傷もあって、思うような出場機会を得られていないセセニョン。アンジェ・ポステコグルー監督が就任した今シーズンも、プレシーズン中に負った左ハムストリングのケガによって手術を余儀なくされ、長期離脱となっていた。 それでも懸命なリハビリによって、今年1月に行われたFAカップ3回戦のバーンリー戦で今季初出場。ここからの巻き返しが期待されていたが、17日に行われたプレミアリーグ2のウェストハムU-21戦で右ハムストリングを負傷すると、再び手術を受けることになった。 1シーズンで左右のハムストリングの手術に踏み切ることになり、シーズン中の復帰も危うくなっているセセニョンは、26日に自身のX(旧Twitter)を更新。失望感や復帰への信念、サポートへの感謝を記しつつ、心ない批判に対しては苦言も呈している。 「信じられないほど失望している。トンネルの先に光が見えて、また好きなことができるようになると思っていたら、また挫折を味わうことになった。この道は前にも通ったことがある。それでも自分を奮い立たせ、強くあり続け、可能な限り最善の方法でリカバリーを始めたい」 「昨年、もう片方のハムストリングの手術と回復を経験して、そのハムストリングが今どれだけ強いか知っている。だから、これが再発する問題に終止符を打つのに最善の解決策だとわかっているんだ」 「応援メッセージを送ってくれた人たちに感謝したい。この気持ちは言葉では言い表せないよ。 結局のところ、僕たちは皆人間なんだ。挫折を経験すれば、誰よりも自分が打ちのめされてしまう。それでも、ピッチに戻るために全力を尽くすよ」 「そして、こうした状況に陥った人を代表して言いたいことがある。オンライン上での発言には気をつけてほしい。その言葉には傷つけられるし、誰もこんな立場になることを望んでいない」 2024.02.27 16:50 Tue

スパーズのセセニョンが再離脱…1シーズンで左右のハムストリングを手術することに

トッテナムは26日、イングランド人DFライアン・セセニョンの手術を報告した。 クラブの発表によると、セセニョンは17日に行われたプレミアリーグ2のウェストハムU-21戦で右ハムストリングを負傷。その後、状態を確認した後に手術実施を決断した。 2020-21シーズンのホッフェンハイムへの武者修行後、直近2シーズンはトッテナムでプレーするセセニョン。左のウイングバックとサイドバックでチャンスを与えられてきたが、度重なる負傷やパフォーマンスの問題で控えに甘んじる状況が続いている。 アンジェ・ポステコグルー新監督の到着によって、心機一転を図った今シーズンだったが、プレシーズン中に負った左ハムストリングのケガによって手術を実施。今年1月に行われたFAカップ3回戦のバーンリー戦で今季初出場を果たしたが、同試合後に再離脱となっていた。 なお、1シーズンで左右のハムストリングの手術に踏み切ることになったセセニョンは、これまでのキャリアを通じて通算6度も同箇所の負傷による離脱を強いられていた。 2024.02.27 08:00 Tue

スパーズがウディネーゼの快足SBに関心か?

トッテナムがウディネーゼのアイルランド代表DFフェスティ・エボセレ(21)に関心を示しているようだ。 現在、アンジェ・ポステコグルー率いるトッテナムでは、プレミアリーグトップクラスの攻撃的サイドバックとの評価を集めつつあるスペイン代表DFペドロ・ポロ、ブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルが右サイドバックのポジションを務めている。 そのため、現時点で補強の優先順位は決して高くないものの、今シーズンのセリエAで注目を集める若手DFに関心を示しているようだ。 ナイジェリアにルーツを持つアイルランド生まれのエボセレは、ダービー・カウンティのユース出身で2022年夏にウディネーゼへ完全移籍。加入1年目は左右ウイングバックのバックアッパーにとどまったが、今シーズンはここまでのセリエAで25試合に出場。主力として活躍している。 戦術面、プレー精度に課題はあるものの、セリエAトップクラスの爆発的なスピードを攻守両面で発揮。オープンスペースでの果敢なドリブル突破を最大の特長としている。 過去にトッテナムでスカウトを務めたブライアン・キング氏はイギリス『Tottenham News』で、エボセレの補強をクラブに求めている。 「トッテナムは左サイドが非常に強いが、右サイドにカバーを持っておくと便利かもしれない。彼は連れてくるのに適したプレーヤーのようだ。良い年齢だし、クラブにはデスティニー・ウドジェやグリエルモ・ヴィカーリオといったイタリアとのコネクションも十分にあり、彼にとって溶け込むのは簡単だと思う」 「彼の血統から察するに、彼はペドロ・ポロの代役となり、トッテナムのチームに厚みを与えることができるプレーヤーに思える。今回の契約は良いアイデアだと思う」 180cmの右利きDFは両サイドでプレーでき、その快足でハイラインの背後をカバーできる特徴を考えれば、新シーズンにヨーロッパ出場権を獲得し、より過密日程を強いられる状況においてその伸びしろを含めて良い補強になるかもしれない。 2024.02.27 00:14 Tue

【プレミアリーグ第26節プレビュー】前回対戦で因縁生まれたアーセナルvsニューカッスル!

先週末に行われた前節はリバプール、アーセナルが揃って快勝を収めた一方、マンチェスター・シティがホームでチェルシーと1-1のドローに終わって三つ巴の覇権争いに若干の動きがあった。 また、トップ4争いではトッテナムが敗戦し、アストン・ビラ、マンチェスター・ユナイテッドがいずれも勝利を収め、こちらの争いも熾烈を極める。 25日にチェルシーvsリバプールのEFLカップ(カラバオカップ)決勝が開催される関係で、変則日程での開催となる第26節。 21日に前倒し開催となった首位のリバプールと18位のルートン・タウンの一戦は、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利。リバプールのMF遠藤航はフル出場で勝利に貢献したが、初のベンチ入りが期待されたルートンのDF橋岡大樹は残念ながらベンチ外となった。また、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーは現時点で開催日は未定となっている。 今節の最注目カードは、3位のアーセナルと8位のニューカッスルが対峙する強豪対決だ。ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦では幾つかの微妙な判定や、球際での激しいバトルによって因縁生まれたカードとなっており、今回も激戦必至だ。 アーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。MFウーデゴールの鮮烈なミドルシュートを皮切りにFWサカが4試合連続、FWトロサールが3試合連続ゴールを記録し、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルトに敗戦。相手の周到な対策とハードワークを前に枠内シュート0本と完全に攻撃が停滞すると、試合終了間際に一瞬の隙を突かれて見事なゴラッソを決められ、厳しい0-1の敗戦となった。 心身ともにダメージが残る形でロンドン帰還となったガナーズは、中2日の厳しい日程で休養十分の難敵と対戦する。復帰が期待されたDF冨安健洋やMFトーマス、FWガブリエウ・ジェズスらCL遠征メンバーを外れた選手は引き続き欠場となる模様で、ポルト戦を戦った多くの主力がタフなバトルを強いられるなか、総力戦で勝ち点3を手にしたい。 対するニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。FWイサクやFWウィルソンらストライカー陣に離脱者が続出しているが、4試合連続で複数得点を記録するなど攻撃の破壊力は維持。一方で守備は全体の強度、切り替えの精度の低下によって失点が増えている。ポルト戦では無得点に終わったものの、リーグ戦では絶好調のアーセナル攻撃陣相手に隙のない戦いを見せたいところだ。 2位のマンチェスター・シティは13位のボーンマス相手に連勝を目指す。先週末に行われたチェルシー戦はパフォーマンス自体に悲観すべき部分はなかったものの、相手の粘りの守備に手を焼いて1-1のドロー。リーグ連勝が「6」でストップした。これで自力での首位浮上のチャンスを逃したが、ミッドウィークに行われた第18節延期分ブレントフォード戦では相手の堅守速攻に苦しめられたものの、一瞬の隙を突いたFWハーランドのゴールによって1-0の勝利。しっかりと白星を取り戻した。直近5試合未勝利(2分け3敗)と調子が下降気味のチェリーズ相手のアウェイゲームでは勝利はもちろんのこと、3試合ぶりの複数得点など内容面にもこだわりたい。 前節、エースFWワトキンスの2ゴールによってフルアムに2-1と競り勝った4位のアストン・ビラは、16位のノッティンガム・フォレスト相手に連勝でのトップ4圏内死守を狙う。エメリ監督就任以降、要塞化したビラ・パークでは直近の公式戦3連敗中。対戦相手のフォレストも直近2試合ではニューカッスル、ウェストハム相手に良い戦いを見せており、ホームで4戦ぶりの白星奪取に向けては攻守両面での改善が必須だ。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のマンチェスター・ユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙う。前節のルートン戦では相手のミスや幸運を味方に付け、FWホイルンドがリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍。以降は相手に押し返されたものの、2-1で競り勝った。ただ、チームではDFショーの長期での再離脱、絶好調ホイルンドが2、3週間程度の離脱と主力に負傷者が出ており、このフルアム戦では1トップ起用が見込まれるFWラッシュフォードやFWアントニーといった選手たちの奮起が求められるところだ。 MF三笘薫を擁する7位のブライトンは降格圏手前の17位に位置するエバートンとのホームゲームで連勝を狙う。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦は三笘のオウンゴール、レッドカード誘発の活躍などで最下位のチームに5-0の完勝。アフリカ・ネーションズカップ帰りのFWアディングラも早速存在感を示し、チーム状態は良好だ。このエバートン戦に向けては長期離脱明けのMFエンシソ復帰の可能性という朗報が届いた一方、ブレイズ戦前から腰に問題を抱えていた三笘に欠場の可能性も伝えられており、日本代表の状態に関しては大きな懸念材料だ。 その他では成績不振に加え、健康問題を抱えるホジソン監督が辞任し、前フランクフルトのグラスナー新監督を招へいした15位のクリスタル・パレスに注目。直近3試合未勝利のイーグルスは19位のバーンリー相手に新体制初陣を飾れるか。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/21(水) リバプール 4-1 ルートン・タウン ▽2/24(土) 《24:00》 アストン・ビラ vs ノッティンガム・フォレスト ブライトン vs エバートン クリスタル・パレス vs バーンリー マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム 《26:30》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ 《29:00》 アーセナル vs ニューカッスル ▽2/25(日) 《22:30》 ウォルバーハンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ▽2/26(月) 《29:00》 ウェストハム vs ブレントフォード ▽未定 チェルシー vs トッテナム 2024.02.24 12:00 Sat

ダイアーは今季限りでバイエルン退団へ…クラブ首脳陣はパフォーマンスを疑問視

トッテナムからバイエルンにレンタル加入中のイングランド代表DFエリック・ダイアー(30)だが、今シーズン限りでの退団が濃厚のようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 トッテナムで長らくディフェンスラインの主力を担ってきたダイアー。しかし、アンジェ・ポステコグルー新監督の下では信頼を得られず、出場機会を求めて今冬の移籍市場でバイエルンに加入した。 その新天地では負傷者や離脱者の影響によってここまでブンデスリーガ5試合に出場。しかし、クラブ首脳陣はスピードを中心に、そのパフォーマンスに疑問を抱いているという。 ダイアーの契約には一定の出場試合数を超えた場合、300万ユーロ(約4億9000万円)で完全移籍に移行する条項が盛り込まれているが、バイエルンはその出場試合数を超えないようにプレータイムを制限する考えのようだ。 また、ダイアー獲得を希望したトーマス・トゥヘル監督の今シーズン限りでの退任が決定した事実も、同選手の今夏退団を裏付けるものになっているという。 2024.02.22 23:57 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly