監督探し難航のウルブス、好調QPR指揮官に接触も破談に

2022.10.20 20:10 Thu
Getty Images
QPRのマイケル・ビール監督(42)招へいに動いたウォルバーハンプトンだが、失敗に終わったようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。

今月2日、成績不振でブルーノ・ラージ監督を更迭したウルブス。同時点でリーグ戦ではわずか1勝しか挙げられておらず、暫定体制で望んだここ3試合も1勝2敗と苦戦している。
早いところ新監督を据えて地に足つけたいところだが、ここまで元セビージャのフレン・ロペテギ監督、元リヨンのピーター・ボス監督にアプローチを仕掛けるも、いずれも良い回答を得られず。そんな中、ここ最近はマイケル・ビール監督と正式交渉に入ったと、イギリス各メディアが報道。

かつてサンパウロでロジェリオ・セニ監督、レンジャーズとアストン・ビラでスティーブン・ジェラード監督の副官を務めた同監督は、今年6月にQPRの監督に就任。これが初めての監督就任だったが、ここまでチャンピオンシップで8勝3分け4敗の首位に位置しており、早くも注目を浴びる存在となっている。

しかし、その報道から間髪入れず、『テレグラフ』は交渉が失敗に終わったと報じた。同メディアによると、QPRは補償金として120万ポンドを請求したものの、ウルブスがその要求を満たすことができなかったという。
また、本人もQPR継続の意思が強いようで、クラブ、監督共に納得させることができなかったことが、失敗の原因と見られている。
関連ニュース

「マジかよ」「エグすぎる」プレミア歴代2位のFKの名手が衝撃のゴール! ウォード=プラウズがCKを直接叩き込みバズる「絶対狙ってる」

現役最高のキッカーとも言われるイングランド代表MFがとんでもないゴールを記録して話題となっている。 ゴールが決まったのは、6日に行われたプレミアリーグ第32節のウォルバーハンプトンvsウェストハムだ。 試合は、33分にパブロ・サラビアのPKでウォルバーハンプトンが先制するも、78分にジェームズ・パケタがPKを決めてウェストハムが追いつく展開となった。 そんな中、迎えた85分にその瞬間が訪れる。 同点に追いつき、押せ押せ状態のウェストハムはCKを獲得。キッカーのジェームズ・ウォード=プラウズが左CKからクロスを入れると、これは相手の裏をかいてそのままゴールへ。GKジョゼ・サの頭上を越え、ファーサイドのネットに突き刺さった。 圧巻の直接CKに相手GKジョゼ・サもお手上げ。ギリギリのラインで縦に落ちるボールを蹴り込み、ウォード=プラウズもご機嫌だった。 衝撃的なゴールにファンも「さすがウォードプラウズ」、「マジかよ」、「エグすぎる」、「これは本当に凄すぎる」、「絶対狙ってるよな」とコメントが集まった。 ウォード=プラウズはフリーキックの名手として知られ、プレミアリーグでは歴代2位の17本の直接FKを決めている。なお、1位は元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏で18本。CKがカウントされるかは不明だが、キック精度の高さを見せつけた。 なお、試合はこのゴールが決勝点となり、1-2でウェストハムが逆転勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃のゴール!FKの名手が狙い澄ましたCKから直接ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGOiDXMlMO0";var video_start = 477;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.07 13:25 Sun

湘南が英1部ウォルバーハンプトンと1年間のパートナーシップ締結!

湘南ベルマーレは3日、ウォルバーハンプトンとのパートナーシップ締結を発表した。 締結機関は2024年4月3日〜2025年4月2日まで。提携内容はチーム同士の交流や情報共有、人材育成の協力など(詳細は下記参照)になるという。 湘南ベルマーレの代表取締役会長を務める眞壁潔氏と、ウォルバーハンプトンの会長兼Fosun Sports Group代表のシー・ユー氏は、パートナーシップ締結に際しコメントしている。 ◆眞壁潔氏 「この度はFOSUN Sports Group及びウルブスと提携することに大変大きな喜びを感じています。また、FOSUN Sports Groupがウルブスで積み上げてきた実績に大きな敬意を表します」 「同じアジアの仲間として世界のサッカー界での継続的な挑戦はお互いの成長に必ず寄与するでしょう。トッププレーヤーの発掘と育成は終わることのない旅であり、そしてその一歩が今日始まり、私たちに新たな風景をもたらすと確信しています」 ◆シー・ユー氏 「湘南ベルマーレをパートナーとして迎えることができ、大変嬉しく思います。 私たちの共通の目標は、サッカービジネスの発展と革新に貢献し、クラブの世界的な影響力を拡大することです」 「湘南ベルマーレとのパートナーシップは、私たちの既存の国際的なサッカーネットワークを強化し、世界的なプレゼンスを発展させる機会を与えてくれるでしょう。世界規模でより多くのトッププレイヤーを発掘し、育成する機会を得ることができます。」 「Fosun Sports Groupとウルブスにとって、業界のトッププレイヤーを育成することは、私たちの目標であるだけでなく、クラブ発展の重要な要素でもあります。また、そのようなトッププレイヤーの発掘及び育成は私たちの目標であるだけでなく、未来への旅の基礎であり、私たちのDNAの一部でもあります」 ■提携内容 1.両クラブのトップチームやアカデミーに所属する選手及びコーチなどの人的交流 2.両クラブの発展のため、両クラブのトップチームやアカデミーに所属する選手の情報の共有 3.ヨーロッパのトップリーグで活躍する可能性のあるアジアの選手の育成への協力 4.ビジネス上の経験や知識を相互の発展のために共有する 他 ウォルバーハンプトンは1877年に創設されたプレミアリーグの歴史あるクラブ。プレミアリーグ創設前のEFLチャンピオンシップ(当時1部)を3度、FAカップを4度、EFLカップを2度制している。 2024.04.03 23:04 Wed

ウルブスに完勝のアストン・ビラがリーグ戦3試合ぶりの白星!【プレミアリーグ】

アストン・ビラは30日、プレミアリーグ第30節でウォルバーハンプトンと対戦し2-0で勝利した。 リーグ戦2試合勝利のない4位アストン・ビラ(勝ち点56)が、9位ウルブス(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。 ビラは立ち上がりの9分に最初のチャンスを創出する。ディアビのスルーパスからボックス内に抜け出したワトキンスがトラップから左足を振り抜いたが、シュートは飛び出したGKがブロック。さらにこぼれ球に反応したドウグラス・ルイスがネットを揺らしたが、これは飛び出したワトキンスのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 対するウルブスは15分、ブエノの右クロスが流れたボールをゴール左手前で収めたアイ=ヌーリが決定機を迎えたが、シュートはGKマルティネスの好セーブに防がれた。 拮抗した展開が続く中、ビラは36分に先制する。敵陣中盤で獲得したFKからドウグラス・ルイスがロングパスを供給すると、ボックス左に走り込んだベイリーがダイレクトクロス。これは相手DFに当たったが、こぼれ球をボックス手前のディアビがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 1-0で迎えた後半は一進一退の展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。65分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ディアビのパスでボックス右深くまで駆け上がったコンサがクロスを供給。ボールは枠に向かって飛ぶと、左ポストに当たったボールがゴールラインを割った。 2点を追う展開となったウルブスは、71分にチレワ、84分にフレイザーやブバカル・トラオレらを投入したが、最後まで得点は奪えず。試合はそのまま2-0でアストン・ビラが勝利した。 2024.03.31 04:35 Sun

ウルブス監督がユナイテッドのコーチ就任説に 「事実でないにせよ光栄」

ウォルバーハンプトンのギャリー・オニール監督(40)がマンチェスター・ユナイテッドのコーチ就任説に反応した。 今季からウォルバーハンプトンを率いるオニール氏は昨夏に財政事情もあって思うように補強が施せなかったチームをプレミアリーグで9位に導く健闘ぶりだが、ユナイテッドがその手腕を買って、来季のコーチ陣に迎え入れを目指すと報じられる。 だが、イギリス『デイリー・メール』によると、オニール氏本人は30日に敵地で行われるプレミアリーグ第30節のアストン・ビラ戦に先立った会見で、その噂を光栄に思いながらも「事実などない」ときっぱり否定したという。 「それ(噂)がどこから来たのかわかりかねる。子供の頃、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドは常に特別な存在だったし、事実でないにせよ、このように結びつけられるのは光栄だ」 「ただ、ここが大好きなんだ。それに監督だ。常に監督でありたい。ウルブスでの時間を本当に楽しめている。君たち(記者)の質問に備えるためにメディアチームからこの噂を聞かされただけだ」 なお、オニール氏はウォルバーハンプトンと3年契約を結んでいる。 2024.03.30 12:00 Sat

エンケティア獲得へ3クラブが交渉準備完了…アーセナルで定位置確保遠い24歳

アーセナルのイングランド人FWエディ・エンケティア(24)を3クラブが狙っているという。 武者修行期間を除いてアーセナル一筋のエンケティア。ティエリ・アンリ氏も背負った背番号「14」を託されるストライカーは、基本的に最前線のバックアッパーながらも、起用されれば要所要所でそれなりのインパクトを残す仕事人だ。 2021–22シーズンは公式戦28試合10得点、昨季は39試合9得点、今季はここまで33試合6得点という数字。前述の通り、一定の影響力は担保するが、トップ昇格から5年…定位置確保が遠い。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、今夏の獲得に向けてクリスタル・パレス、ブレントフォード、ウォルバーハンプトンがクラブ間交渉の用意を整えたとのこと。MFカイ・ハヴァーツが“偽9番”に定着したアーセナルも、エンケティアへのオファーに耳を傾けるとされる。 エンケティアは今夏がキャリアのターニングポイントとなりそうだ。 2024.03.23 14:15 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly