サッスオーロに逆転勝利のアタランタが暫定首位浮上《セリエA》

2022.10.16 05:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは15日、セリエA第10節でサッスオーロをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。

前節ウディネーゼとの上位対決を2-2の引き分けに持ち込まれた2位アタランタ(勝ち点21)は、ウディネーゼ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたムリエルがルックマンと2トップを形成、パシャリッチがトップ下に入った。

前節インテルに善戦した9位サッスオーロ(勝ち点12)に対し、アタランタが押し込む入りとすると、14分に先制のチャンス。ルックマンとのワンツーでボックス中央に侵入したパシャリッチがシュート。しかしGKコンシーリのセーブに阻まれた。
さらに19分、メーレがルックマンのラストパスを受けてボックス左に侵入、シュートに持ち込むもここもGKコンシーリに立ちはだかられた。

その後もアタランタペースで試合が進んだが、41分に失点。ダンドレアの右クロスからキリアコプーロスに豪快なボレーを叩き込まれた。

しかし前半追加タイムに追いつく。コープマイネルスの左クロスを受けたソピーが冷静にラストパス。ゴール前でフリーのパシャリッチが確実にネットを揺らした。

そして迎えた後半開始1分、アタランタが逆転する。ソピーのパスを受けたルックマンがボックス右に侵入、DFをかわして冷静にシュートを決めきった。

64分にベラルディのミドルシュートがバーに直撃してひやりとしたアタランタだったが、終盤にかけてはサッスオーロの反撃を許さずに逃げ切り。

逆転勝利のアタランタが暫定首位に浮上し、ナポリにプレッシャーをかけている。

関連ニュース
thumb

マッケニー売却が前提… 新体制ユベントス、アタランタの25歳DFメーレと接触

ユベントスが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)に関心を寄せているようだ。 不正会計のペナルティとして、セリエAの勝ち点15を剥奪されたユベントス。財政難がクラブ内外に陰を落とすなかでスタートした新体制においては、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を筆頭に主力選手の売却が取り沙汰されている。 そのマッケニーはリーズ・ユナイテッドとの紐付けが注目を集めているが、イタリア『カルチョメルカート』によると、売却が成立した場合、ユベントスは売却益を元手にしつつ、メーレの獲得に動くようだ。 メーレはカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したデンマーク代表の中心選手。W杯では全3試合にスタメン出場し、国際Aマッチ通算34試合9得点を誇る。 クラブキャリアでは母国でプロデビュー後、2017年夏にベルギー1部のヘンクへと移籍し、2021年冬に加入したアタランタではすぐさま欠かせぬ存在に。両サイドハーフと左サイドバックに対応可能で、今季はセリエA17試合で1得点1アシストを記録している。 今季唯一のゴールは23日のユベントス戦。ユベントスは水面下でアタランタ及び代理人との話し合いが始まっており、まずは買い取り義務などが付帯しないシンプルなレンタルから可能性を探っているとのことだ。 2023.01.26 16:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、GKシリグの後釜としてアタランタから伊代表GKゴッリーニを買取OP付きのレンタルで獲得

ナポリは25日、アタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートしたゴッリーニは、以降アストン・ビラ、アタランタでプレー。2021年7月からはフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な後釜候補として、トッテナムに買い取りオプション付きの1年ローンで加入。公式戦10試合に出場したものの、アントニオ・コンテ新監督の信頼を得られず、トッテナムがオプション行使を見送ったことで、一時的にアタランタへ復帰。 しかし、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソが守護神を務める古巣に居場所はなく、昨夏に10代の頃に2年間在籍した古巣のフィオレンティーナにレンタル移籍。今季はカップ戦を中心にここまで公式戦9試合に出場していた。 イタリア代表歴もあるゴッリーニだが、ナポリには今季ハイパフォーマンスを披露している守護神のイタリア代表GKアレックス・メレトがいることから、同日にフィオレンティーナへ移籍したイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)の後釜としてセカンドGKの役目を担う模様だ。 2023.01.26 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「ここで幸せに過ごしている」ディ・マリアは勝ち点15剥奪のユベントスに忠誠「ハードワークし続けることが大事」

ユベントスのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、勝ち点剥奪処分にも前を向いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ディ・マリアは22日に行われたセリエA第19節のアタランタ戦で先発出場。開始早々に失点するも、22分に得たPKをディ・マリアが決めて同点に。その後は乱打戦となり65分までに3-3のスコアとなったが、リードを奪うまでには一歩及ばず、そのままドローに終わった。 試合後、ディ・マリアは不正会計を理由に勝ち点15を剥奪された状況を嘆きつつ、チームがすべきことは変わらないと強調。同時に、どんな状況であってもユベントスでプレーする喜びは変わらないと語った。 「重要なポイントを獲得できた。いくつかのミスはあったが、とても良いパフォーマンスだったと思う。改善する必要はあるけどね。いきなり勝ち点23になってしまったのは厳しいけど、チームは同じメンタリティで仕事を続けなければならない」 「ユーベには勝利のメンタリティがある。チャンピオンズリーグ出場は不可能な目標ではないよ。今はサポーターと強い絆で結ばれつつ、ハードワークして4位を追い求めなければならない」 「今は多くの問題があり、難しい時期だ。それでも、僕はここで幸せに過ごしている。クラブが強くあること、そして僕らが一体感を示しながらハードワークし続けることが大事だ」 「僕の優先は家族であり、ここでみんなうまくいっているよ。僕たちは幸せなんだ。イタリアで最も大きなクラブ、そしてヨーロッパでもっとも大きなクラブの1つにいるんだからね」 2023.01.23 12:26 Mon
twitterfacebook
thumb

勝ち点剥奪直後の試合で打ち合いドローのユベントス、アッレグリ監督「集中するのは簡単ではなかったが…」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 不正会計により勝ち点15剥奪の重い処分を受け、3位から突如として10位に後退したユベントス。22日に行われたセリエA第19節では、好調のアタランタと対戦した。 開始早々に失点しながら22分に得たPKをMFアンヘル・ディ・マリアが決めて同点とすると、35分にFWアルカディウシュ・ミリクのゴールで逆転に成功。しかし、後半に再逆転を許すと、65分にセットプレーからDFダニーロに得点が生まれ追いついたものの、以降はスコアが動かないまま3-3のドローに終わった。 試合後、アッレグリ監督は勝ち点を剥奪される難しい状況でありながら意地を見せたチームを称賛。今後も自分たちにできることを続けていきたいと意気込んだ。 「まず、シーズン前半を評価したい。残念ながら、チャンピオンズリーグ(CL)ではミスがあった。そしてリーグ戦ではここまで勝ち点38を積み上げたが、VARのミスがなければもっと多かったはずだ。そうすれば、ナポリを除いてどこよりも多いポイントだった。それを続けていかなければならない」 「選手たちは今夜、強くてフィジカルのあるアタランタに、とても良いプレーを見せてくれた。多くのプレッシャーがあった2日間を経て、集中するのは簡単ではなかっただろう。それでも、選手たちは責任を持ち、真剣に取り組む姿勢と、今年から始めたことを続けていこうという気持ちを示してくれた」 「試合は3失点ともミスであり、自分たちで難しくしてしまった。それでも、ここ10試合で8勝1分け1敗だ。我々はヨーロッパリーグ(EL)やコッパ・イタリアでもハードワークを続けていく。2位や3位からいきなり10位になるのは大変だが、ここまでの結果は選手たちを祝福すべきだろう。心理的には、自分たちがやってきたことを奪われたようなものだが、同じレベルのプライドを見せ続けるつもりだ」 「反応とパフォーマンスには満足している。残念ながら、自分たちのミスの代償を支払う形となったが、ビハインドを跳ね返せたのは良かった」 「CLに出場するための勝ち点数は70か71くらいだろうから、厳しい。それでも、落ち着いて仕事を続けなければならない。1週間でエネルギーを補給して、そこからはモンツァ戦、コッパ・イタリア、ELが待っている。今の時点で、自分たちが何を達成できるか考えるのは難しい」 2023.01.23 11:36 Mon
twitterfacebook
thumb

勝ち点15剥奪のユベントス、ルックマン躍動のアタランタと打ち合いドロー《セリエA》

セリエA第19節、ユベントスvsアタランタが22日に行われ、3-3で引き分けた。 前節ナポリに惨敗したユベントス(勝ち点22)は不正会計により勝ち点15剥奪の重い処分を受けて10位に後退。そのユベントスは3日前に行われたコッパ・イタリアのモンツァ戦では2-1と競り勝ってベスト8に進出した。そのモンツァ戦のスタメンから8選手を変更。マッケニー、ファジョーリ、ダニーロのみ引き続き先発となった。 一方、前節サレルニターナに8発圧勝した6位アタランタ(勝ち点34)は3日前に行われたコッパ・イタリアのスペツィア戦を5発圧勝。攻撃陣が爆発している中、スペツィア戦のスタメンから3選手を変更。サパタ、ディムスティ、出場停止のコープマイネルスに代えてホイルンド、デ・ローン、トロイを起用した。 アタランタが押し込む入りとなった中、5分に勢いそのまま先制する。ボックス右に侵入したルックマンが右足を強震すると、GKシュチェスニーの手を弾いたシュートがゴールに吸い込まれた。 早々に失点したユベントスはミリク、ディ・マリアらがボックス内に侵入してPKを狙うと、22分に獲得。ボックス内に勢いよく侵入したディ・マリアがスカルヴィーニに倒されると、VARの末にPK判定となった。このPKをディ・マリア自ら決めて同点とした。 そして35分、ユベントスが一気に逆転する。右サイドからのファジョーリのクロスをミリクが右足ボレーで叩き込んだ。 ユベントスが2-1と逆転して迎えた後半、開始35秒にアタランタが追いつく。ダニーロのパスをカットした流れからショートカウンターに転じ、ルックマンのラストパスを受けたボックス左のメーレがGKとの一対一を制した。 そして53分、アタランタが勝ち越す。決めたのは絶好調ルックマン。左サイドからボガが上げたクロスをルックマンがヘディングで流し込んだ。 再び追う展開となったユベントスはコスティッチに代えてキエーザを投入。すると65分に追いつく。ペナルティアーク中央で得たFKでサインプレーを使うと、ダニーロが豪快にシュートを蹴り込んだ。 その後、ケアンとミレッティを投入したユベントスが終盤にかけては攻勢を強めたが、勝ち越しゴールは生まれず3-3のドロー。勝ち点1を分け合っている。 2023.01.23 06:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly