物議醸した横浜FMvs福岡の判定「直接FK+退場」が妥当、JFA審判委員会が解説…問題はVARとのコミュニケーション

2022.10.07 20:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は7日、レフェリーブリーフィングを開催した。

かつてJリーグで主審を務めていた、扇谷健司審判委員長と東城穣Jリーグ審判デベロプメントシニアマネジャーが出席。明治安田生命J1リーグ第31節までの主な事象について、実際のプレー映像や主審とVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の交信を交えて、判定に関する解説がなされた。

最近は判定を巡って、様々な注目が集まるようになり、VARの運用方法や、判定基準などが話題となることが多い。
今回もいくつか目立った事象が説明された中、取り上げられたものの1つが、9月10日に日産スタジアムで行われた明治安田J1第29節の横浜F・マリノスとアビスパ福岡のシーンだ。

この試合では開始5分に横浜FMの日本代表FW西村拓真が福岡のDF奈良竜樹から激しいタックルを受けて転倒。その後、プレーを続けて先制ゴールをアシストしたが、その後再び接触し、20分で交代を要求し、担架で運び出されていた。

このシーンでは奈良のスパイクが完全に西村の左足首を捉えており、危険なプレーであることは明白。しかし、VARはスルーし、主審のOFR(オン・フィールド・レビュー)もなく続行。カードすら出ていない状況だった。

試合後には奈良や家族への誹謗中傷、侮辱、個人攻撃という投稿が相次いでおり、大きな注目を集めていた。

ブリーフィングでは実際にこのシーンを改めてチェックし東城氏が解説。「著しく不正なプレー」であるとの見解を示し、直接FKと奈良の一発退場が正しい判定だったとした。

東城氏は今回の件に関して「レフェリーとしては非常に見極めが難しい事象だった。1つはボールがプレーされた後のタイミングで、どうしてもレフェリーは先のプレーを追うので、印象が薄くなってしまうこと。もう1つは、アプローチが勢いがある、スイッチが入りにくく、見極めがなかなか難しかった」とコメント。主審はわかりにくいものだったとした。

ただ、「アドバンテージにしているので、ファウルという認識はあった。ただ、映像で見たように、足裏が乗るような形を見極められていなかった」と、ファウルでありながらも、ここまでのものでは無かったと感じたのではないかとした。

以前までのサッカーであれば、それで終了だが、現在はVARが導入されている。映像を見れば、誰が見ても足首にスパイクが入っていることは明白。VARが判定を正すことは可能だった。

その点については「課題の1つはコミュニケーション。チェックは当然していますが、どう伝えるか。レフェリーは見えていないということを伝えていますが、VARはどう見ましたか?とは言っていましたが、その後に足裏が入っていないと言っていた場合に、それは違うよと踏み込んでいかなければいけない、次のステップに行くべきでした」と、VARから主審の見解が違うことを指摘すべきだとし、「短い時間の中でチェックをする、プレッシャーがあることも理解していますが、レッドカードの可能性があるということで、OFRを勧める事象だったと思います」と、VARから映像をチェックさせるべきだったとした。

しっかりと意思疎通が取れていなければ、VARでいくらチェックしていてもこのような事態は起こるもの。「コミュニケーションが課題」としたが、そうなる理由は運用方法にも原因がありそうだ。

東城氏は「一番最初に教えられた時は、レフェリーが何をどう見たかを聞きなさいという教えがあった。その中でじゃあ次のステップをどうするかということがあった」とVARの初期段階では主審の意見を聞くことが尊重されていたという。ただ、「明らかに違った場合は、こういう事実がありますよと伝えることも必要だと考えています。状況に寄って変えなければいけません」と、今回の様に目に見えて間違った判定を下しそうな場合は、事実を伝えることが大事だとした。

また、「サポートすることがダメだということではないが、今回のように現場で見えているものと映っている事実が違うというのは伝えるべきで、OFRを勧めなければいけないものだったと考えています」とした。

結果として、このプレーで交代した西村は左足関節外側じん帯損傷と診断され離脱。全治4〜6週間とされていたが、驚異的な回復を見せ、1日の名古屋グランパス戦ですでに復帰している。


関連ニュース
thumb

今季のJリーグはVARの確認中にチェック事象が大型ビジョンに表示「ゴール確認中」、「PK確認中」など

Jリーグは9日、2023シーズンのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)について、新たに2つの技術を導入することを発表した。 今シーズンから導入されるのは「オフサイドラインの3D化」、「VARdict(バーディクト)」。オフサイドラインに関しては、これまでの2Dラインでの確認を行った後、守備側と攻撃側の3Dラインを形成。また、オフサイドライン投影から目を3大増加させ、5台で運用することとなる。 また、「VARdict」とは、専用のタブレットを通じて、ビデオマッチオフィシャルがチェックしている事象をスタジアム内の大型映像装置やインターネット中継・TV放送に自動連係できるシステム。これまででは実現しなかった、VARで何をチェックしているのかがスタジアムの大型ビジョンに情報として表示されることとなる。 これまでは海外リーグや国際大会では「Checkking Goal(ゴールの確認)」や「Check Possible Penalty(PK確認中)」など、大型ビジョンに何をチェックしているかが表示されていたが、今シーズンからJリーグでもスタジアムで表示されることとなる。 なお、J1の全てのスタジアムで運用されるため、スタジアムによっては「自動連係」と「アナログ運用」の2つのパターンで対応することになる。 「自動連係」のスタジアムでは判定変更や理由などの上表が表示され、133パターンの表示が可能となるが、「アナログ」では判定変更、理由などの情報は表示されず、何を確認しているのかだけが表示されることとなる。 ◆各スタジアムの運用 札幌:札幌ドーム/自動連係 鹿島:県立カシマサッカースタジアム/自動連係 浦和:埼玉スタジアム2002/アナログ運用 浦和:浦和駒場スタジアム/アナログ運用 柏:三協フロンテア柏スタジアム/アナログ運用 FC東京:味の素スタジアム/自動連係 川崎F:等々力陸上競技場/自動連係 横浜FM:日産スタジアム/自動連係 横浜FC:ニッパツ三ツ沢球技場/確認中 湘南:レモンガススタジアム平塚/自動連係 新潟:デンカビッグスワンスタジアム/自動連係 名古屋:豊田スタジアム/自動連係 京都:サンガスタジアム by KYOCERA/アナログ運用 G大阪:パナソニック スタジアム 吹田/アナログ運用 C大阪:ヨドコウ桜スタジアム/自動連係 神戸:ノエビアスタジアム神戸/自動連係 広島:エディオンスタジアム広島/アナログ運用 福岡:ベスト電器スタジアム/自動連係 鳥栖:駅前不動産スタジアム/自動連係 国立/自動連係 2023.02.09 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ドーピング違反で4年間活動停止処分の名古屋FWシュヴィルツォクが母国復帰か? CASで勝訴し処分がなくなったと報道…Jクラブも興味

名古屋グランパスに所属するポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(30)だが、母国に復帰する可能性があるようだ。ポーランド『Weszlo』が伝えた。 ポーランド代表としてもプレーしたシュヴィルツォクは、2021年7月にポーランドのピアスト・グリヴィツェから完全移籍で名古屋に加入。明治安田生命J1リーグで14試合7得点、YBCルヴァンカップで3試合1得点、天皇杯で2試合1得点、ACLで2試合3得点を記録した。 しかし、2021年12月10日にアジアサッカー連盟(AFC)の規律・倫理委員会にて、ドーピング違反疑惑が指摘。同年10月17日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の浦項スティーラース(韓国)との試合で行われたドーピング検査で、A検体から禁止物質が検出されていた。 シュヴィルツォクは2022シーズンのプレーが禁止され、その間別検体での検査でも禁止物質が検出。AFCからは4年間の活動禁止処分が下されていた。 この決定を受けてシュヴィルツォクは経緯を説明。サプリメントが理由だとし、禁止物質が含まれているとは書かれていないと説明。また、AFCの審理も疑惑があり、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴するとしていた。 『Weszlo』によれば、シュヴィルツォクはCASの裁定により勝訴したとのこと。4年間の活動禁止処分は無くなるものとなるようだ。 その中で、ポーランドのザグウェンビェ・ルビンへの移籍に向けて話を進めていると報道。ただ、その他にも獲得に動いているクラブがあり、Jリーグのクラブも調査をしているため、日本でプレーを続ける可能性もあるとしている。 『Weszlo』は日本に留まらないことを決めた場合には、ザグウェンビェ・ルビンに加入することが濃厚だと伝えており、残留争い中のクラブの起爆剤になることが期待されているようだ。 なお、名古屋は処分が決まった際に契約に関しては「弁護士を通じて協議中」としていた。 2023.02.09 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪新加入のジェバリ、次なる大阪のローカルフードを「教えて」! ファンからはいか焼きに串かつなど候補多数

ガンバ大阪の新戦力であるチュニジア代表FWイッサム・ジェバリはピッチ外でも新天地に馴染もうと積極的なようだ。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したストライカーのジェバリ。沖縄キャンプ途中からの合流だったが、紅白戦ではゴールも決めるキレキレのプレーぶりを披露したりと早くも存在感を示す。 そんなピッチを離れれば、自身のSNSで大阪名物のお好み焼きや、たこ焼きに舌鼓を打ったのが明らかにされ、異文化にも果敢にチャレンジ。溶け込もうとする姿が印象だが、挑戦心に溢れているようだ。 7日、今季から副キャプテンの1人に就任した韓国代表DFクォン・ギョンウォンとうどん屋で食事をともにする様子を新たにアップ。「日本で郷土料理を楽しむ。この新たな文化に感謝」と投じた。 そして、翌日にその投稿を自ら引用し、「大阪での次は何だ? 良いものを教えて」とファンにオススメの食べ物を異例の問いかけ。そのファンからはいか焼きや串かつとさっそく反応が寄せられている。 Jリーグ初挑戦となるG大阪期待のストライカーは今季の開幕まで10日を切ったが、ピッチ外でも日本食を通じてどこまで新たな環境に溶け込めるか、注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】ガンバ新ストライカーが日本食に興味津々! SNSでファンに異例の問いかけ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What next in Osaka? Let me know what’s good <a href="https://t.co/NQn7h8FVXt">https://t.co/NQn7h8FVXt</a></p>&mdash; Issam Jebali (@IssamJebali11) <a href="https://twitter.com/IssamJebali11/status/1623230070075850754?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.09 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

正GK移籍濃厚の横浜FM、GK飯倉大樹を再獲得 「約3年半の月日を経てまた僕は家族の元に」

横浜F・マリノスは9日、ヴィッセル神戸からGK飯倉大樹(36)の完全移籍加入を発表した。背番号は以前の所属時と同じ「21」をつける。 飯倉は横浜FMのアカデミー出身で、神戸移籍の2019年夏まで在籍した過去。昨季のベストイレブンに輝いたGK高丘陽平が海外移籍の手続きで急きょ離脱したなか、約3年半ぶりの横浜FM復帰が決まった。 昨季限りで神戸を退団してから所属先が決まっていなかったなか、古巣に白羽の矢が立てられ、復帰の運びとなった飯倉。J1通算288試合の出場数を誇る36歳はクラブを通じて復帰を喜び、決意を語った。 「横浜F・マリノスを愛する皆さん。まずは『ただいま』と挨拶をさせていただきます。F・マリノスを離れる際に『仲間であり家族』と言って送り出していただき、約3年半の月日を経てまた僕は家族の元に帰ってくることができました」 「そしてF・マリノスのエンブレムをつけて皆さんと一緒に闘える事を心の底からうれしく思います。F・マリノスを離れ、このクラブには歴史と日本サッカー界を背負ってきた重みと誇りがあり、それを支える、クラブを愛する温かいファン・サポーターがいることをあらためて感じました」 「僕はこのクラブの発展に選手ながら少しでも尽力できたらと思います。また皆さんに会えることを楽しみにしています」 2023.02.09 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

最後の「Jリーグマスコット総選挙」31位〜56位が発表!Jリーグキングは53位でラストを終える

Jリーグは8日、今年が最後となる「Jリーグマスコット総選挙2023」の最終結果を発表。31位から56位までを発表した。 1月23日から投票期間がスタートした今回の「マスコット総選挙」。2013年にスタートしたこの企画も、11回目を迎えた今回が最後となった。 投票期間は2月3日(金)までとなっており、全ての票を集計。最終結果が確定した中、31位から56位までが発表された。 最下位に終わったのは、今シーズンからJリーグに参入したFC大阪のマスコット、えふしくん。中間発表では54位だったため、最下位に転落してしまった形だ。 J1勢で最下位となったのは浦和レッズのレディア。もはや定位置とも言える状況であり、31位以下には柏レイソルのレイくんと共にJ1からは2チームが入ることとなった。 【最終順位】※カッコ内は1月30日発表の中間順位 31位(34):ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 32位(29):レイくん(柏レイソル) 33位(32):ゼルビー(FC町田ゼルビア) 34位(33):ギッフィー(FC岐阜) 35位(35):ファジ丸(ファジアーノ岡山) 36位(36):ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 37位(42):ロアッソくん(ロアッソ熊本) 38位(40):ライオー(AC長野パルセイロ) 39位(37):福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 40位(41):キヅール(いわてグルージャ盛岡) 41位(38):トッキー(栃木SC) 42位(39):レディア(浦和レッズ) 43位(44):ギラン(ギラヴァンツ北九州) 44位(43):湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 45位(45):ジンベーニョ(FC琉球) 46位(45):ガミティ(SC相模原) 47位(48):たま媛ちゃん(愛媛FC) 48位(47):ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 49位(53):さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 50位(49):ライカくん(カターレ富山) 51位(50):ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 52位(52):蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 53位(51):Jリーグキング(Jリーグ) 54位(55):ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 55位(56):ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 56位(54):えふしくん(FC大阪) <span class="paragraph-title">【写真】31位〜56位のマスコットたちをチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>31位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)<br>32位:レイくん(柏レイソル)<br>33位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1colXbt">https://t.co/bHX1colXbt</a> <a href="https://t.co/BEIaBzKpFg">pic.twitter.com/BEIaBzKpFg</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623265147555807234?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>34位:ギッフィー(FC岐阜)<br>35位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)<br>36位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1comv11">https://t.co/bHX1comv11</a> <a href="https://t.co/8gR3mCA1Hw">pic.twitter.com/8gR3mCA1Hw</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623265064185905152?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>37位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)<br>38位:ライオー(AC長野パルセイロ)<br>39位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC)<br>40位:キヅール(いわてグルージャ盛岡)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1comv11">https://t.co/bHX1comv11</a> <a href="https://t.co/fPQRZSnis8">pic.twitter.com/fPQRZSnis8</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623264620202041346?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>41位:トッキー(栃木SC)<br>42位:レディア(浦和レッズ)<br>43位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)<br>44位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1comv11">https://t.co/bHX1comv11</a> <a href="https://t.co/aj0uVpPoXO">pic.twitter.com/aj0uVpPoXO</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623264529470881793?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>45位:ジンベーニョ(FC琉球)<br>46位:ガミティ(SC相模原)<br>47位:たま媛ちゃん(愛媛FC)<br>48位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1comv11">https://t.co/bHX1comv11</a> <a href="https://t.co/9fwlWryAgz">pic.twitter.com/9fwlWryAgz</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623264136481349635?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>49位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐)<br>50位:ライカくん(カターレ富山)<br>51位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸)<br>52位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/bHX1comv11">https://t.co/bHX1comv11</a> <a href="https://t.co/QXHFKGxkr1">pic.twitter.com/QXHFKGxkr1</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623264035096645633?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%992023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグマスコット総選挙2023</a><br><br>結果発表<br><br>53位:Jリーグキング<br>54位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取)<br>55位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜)<br>56位:えふしくん(FC大阪)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E9%96%8B%E5%B9%95?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ開幕</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FUJIFILMSUPERCUP2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FUJIFILMSUPERCUP2023</a> <br>その他の順位は<a href="https://t.co/eQcrHFWJ3W">https://t.co/eQcrHFWJ3W</a> <a href="https://t.co/vDVUFV4UAc">pic.twitter.com/vDVUFV4UAc</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1623264755447386114?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 20:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly