ライプツィヒが日本人3選手先発のセルティック撃破で初白星! 古橋亨梧が1アシストも最下位転落…《CL》

2022.10.06 03:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節、RBライプツィヒvsセルティックが5日にRBアレーナで行われ、ホームのライプツィヒが3-1で勝利した。

ライプツィヒは前節、マルコ・ローゼ新体制となったレアル・マドリー戦を0-2で落とし、グループリーグ連敗に。その後に行われたボルシアMG戦でも大敗を喫したが、インターナショナルマッチウィーク明けのボーフム戦で4-0の快勝を収めバウンスバックに成功。ローゼ監督はその試合と全く同じスタメンを採用した。

一方、セルティックは前節のシャフタール戦を1-1のドローで終え、ここまで1分け1敗の3位に位置。今季グループリーグ初白星を目指したこの一戦では2-1で競り勝ったマザーウェル戦と全く同じスタメンを採用。その試合でいずれもゴールを挙げた古橋亨梧、旗手怜央は前田大然と共にスタメンを飾った。
試合は立ち上がりからホームのライプツィヒが持ち味のダイナミズムを発揮し、キックオフ直後にエンクンクが続けて際どいフィニッシュの場面に絡んでいく。

以降はセルティックがすぐさま押し返して試合は拮抗した展開となるが、早い時間帯にアクシデントが発生。ビルドアップの際に古橋からのプレッシャーを回避し、味方にボールを繋ごうとしたGKグラーチがバランスを崩して右ヒザを負傷。担架に乗せられてピッチを後にした中、代わって31歳GKブラシュヴィッヒがCLデビューを飾ることになった。

守護神にしてキャプテンの負傷離脱に見舞われたホームチームだが、直後には得意の高速カウンターからシマカンのラストパスに抜け出したエンクンクが絶妙なチップキックでGKとの一対一を制してゴールネットを揺らす。だが、これはVARのレビューの結果、オフサイド判定でゴールは認められず。

一方、VARに救われて失点を免れたセルティックは、日本人トリオが魅せる。24分、右サイド深くに抜け出した前田から高精度のクロスが上がると、ニアに飛び込んだ古橋が頭で合わせる。これが枠の右へ向かうが、GKブラシュヴィッヒの好守に遭う。さらに、26分にはボックス中央で旗手からの鋭い縦パスを受けた古橋が今度は右足を振るが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左へ外れ、2度のビッグチャンスをモノにできない。

すると、ピンチの後にはチャンスあり。ライプツィヒは直後の27分にセルティックのセットプレーの流れでマクレガーからシュラーガーがボールを奪って高速カウンターを発動。アンドレ・シウバが左サイドを持ち上がってボックス内に走り込むエンクンクへラストパスを通すと、飛び出したGKを冷静にかわしたフランス代表MFが左足の丁寧なシュートを無人のゴールへ流し込んだ。

ミスから先手を奪われたセルティックは、その失点に絡んだ場面で足を痛めたマクレガーがプレー続行不可能となり、37分にアビルドガールがスクランブル投入され、こちらもキャプテンを失う形に。

前半終盤にかけてもオープンな攻防が続く中、セルティックは42分に左サイド深くでジョタが上げたクロスをゴール前の古橋が頭で合わすが、このシュートはわずかに枠の上に外れる。

互いに決定機の数は同程度もホームチームの1点リードで折り返した試合は、後半いきなり動く。47分、ハーフウェイライン付近でのボール奪取から旗手の縦パスに抜け出した古橋がボックス右でDFを引き付けて左を並走するジョタへプレゼントパス。これをジョタが難なく流し込んだ。

旗手と古橋のお膳立てから後半開始早々に追いついたセルティックだが、以降はホームチームに押し込まれる時間帯が続く。

ライプツィヒはボールの主導権を握って深い位置へ攻め込む中、ショボスライに2度のビッグチャンス。だが、1本目は左ポストに、2本目はゴールネットを揺らしたものの、オフサイドポジションの味方のプレー関与によってゴールが取り消しとなる。

しかし、VARでゴールが取り消された直後の64分にはGKハートのパスミスを高い位置でカットしたショボスライからのラストパスに抜け出したアンドレ・シウバが冷静にGKとの一対一を制して3度目の正直での勝ち越しゴールとした。

これで完全に流れを掴んだホームチームは前がかるセルティックに対して、前半同様に得意のカウンターが嵌る展開になると、77分に決定的な3点目まで奪う。相手陣内左サイドでの繋ぎからエンクンクの浮き球のパスに反応したシマカンがボックス右から丁寧なダイレクトクロスを供給。これをファーでうまく足元に収めたアンドレ・シウバが至近距離からのシュートを冷静に流し込んだ。

後半立ち上がり以降はなかなかチャンスを作れずにいたセルティックは、75分に前田、82分には古橋と旗手をベンチに下げてフォーレストやギアクマキス、マッカーシーといった選手をピッチへ送り込んでいく。

しかし、同じく積極的に交代カードを切ってプレー強度を維持するライプツィヒを相手に4失点目を防ぐのが、精いっぱいという苦しい戦いを強いられた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季グループリーグ初白星を挙げたライプツィヒがセルティックを抜き3位浮上で、来週のリターンレグを戦うことになった。

関連ニュース
thumb

ライプツィヒ、ダニ・オルモが負傷で数週間離脱…ウニオン戦やCLシティ戦の出場は微妙

ライプツィヒは28日、スペイン代表FWダニ・オルモの負傷を報告した。 27日に行われたブンデスリーガ第18節のシュツットガルト戦で負傷し、ハーフタイムでの交代を余儀なくされたダニ・オルモ。検査の結果、左太ももの筋繊維断裂が判明し、数週間の離脱を強いられることになった。 今季のダニ・オルモはここまで公式戦17試合に出場し4ゴール6アシストをマーク。カタール・ワールドカップではラウンド16までの全試合に先発出場し、初戦のコスタリカ戦では1ゴール1アシストを記録していた。 なお、ライプツィヒは現在、ブンデスリーガでは3位に位置しており、首位のバイエルンとは2ポイント差。今季のブンデスリーガはバイエルンの1強ではなくなっており、6位のドルトムントまで6ポイント差でひしめき合っている。 今後は現状2位のウニオン・ベルリン戦やチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦が控えているが、ダニ・オルモの復帰が間に合うかは不明だ。 2023.01.29 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ショボスライのドッペルパックでシュツットガルトは後半戦黒星スタート…遠藤&伊藤はフル出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節のライプツィヒvsシュツットガルトが27日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利した。シュツットガルトの遠藤航、伊藤洋輝はフル出場している。 直近の試合でシャルケに大勝した3位ライプツィヒが、ホームに3試合勝利のない15位シュツットガルトを迎えた一戦。前節のホッフェンハイム戦でゴールを挙げた遠藤と伊藤が揃って先発となったシュツットガルトは[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 シュツットガルトは9分、敵陣でボールをカットした遠藤のラストパスから最初の決定機を迎えたが、ボックス右手前に走りこんだカスタナラスのダイレクトシュートはGKブラシュヴィッヒの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは25分にセットプレーから失点する。バイタルエリア中央手前で遠藤がダニ・オルモを倒すと、このFKをショボスライが直接ゴール左隅へ突き刺した。 さらにライプツィヒは、32分にもラウムの左クロスからニアに飛び込んだアンドレ・シウバに決定機が訪れたが、ヘディングシュートは左ポストに弾かれた。 両チームが1選手を交代して迎えた後半、再びスコアを動かしたのはライプツィヒ。49分、左クロスのクリアボールをアンドレ・シウバが頭で繋ぐと、ボックス右のショボスライがワントラップからハーフボレーをゴール左隅に突き刺した。 2点を追う展開となったシュツットガルトは、セットプレーから反撃に出る。56分、右CKをファーサイドの遠藤が頭で折り返すとゴール前のファイファーが頭で合わせたが、これは枠の左に外れた。 さらにシュツットガルトは64分、ナルティの左クロスが対応したグヴァルディオルの右手に当たっており、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。このPKをヒューリッヒがゴール左下に決めた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、最後までスコアは動かず。ショボスライのドッペルパックで逃げ切ったライプツィヒは公式戦16試合無敗、一方のシュツットガルトは4試合勝利なしとなった。 2023.01.28 06:32 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーがダニ・オルモを注視! 契約延長交渉の行方次第で今夏に動く?

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのスペイン代表MFダニ・オルモ(24)を注視しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダニ・オルモはバルセロナの下部組織育ちだが、飛躍のきっかけは16歳で加入したクロアチアの名門ディナモ・ザグレブ。スペイン人ながらも東欧経由でブンデスリーガ行きを掴んだという異色の経歴の持ち主だ。 ライプツィヒでは主力として活躍し、今季の公式戦16試合で4得点6アシスト。年明けには「この先もずっとバルサは僕の家で、スペインは僕の国。契約延長は代理人に任せっきりさ」と、近い将来のバルセロナもしくは母国への復帰を示唆していた。 気になる契約は2024年6月までで、つい先日にはライプツィヒ幹部がダニ・オルモとの契約延長に全力を注ぐ意志を表明。その行方をマドリーが注目しているとのことだ。 また、ライプツィヒは契約延長にて7000万〜7500万ユーロ(約99億〜106億円)のリリース条項を念頭に置いているといい、選手の希望を考慮してか、スペインクラブ向けには6000万ユーロ(約85億円)を適用するプランだという。 マドリーはダニ・オルモとライプツィヒの交渉が不調と見れば、即座に今夏の獲得へ動く用意があると考えられている。 2023.01.26 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「残念な結果で本当に悔しい」上月壮一郎、ブンデス初ゴールもチームは6失点惨敗

シャルケのMF上月壮一郎が初ゴールを振り返った。 24日、ブンデスリーガ第17節のシャルケvsRBライプツィヒが開催。上月は2試合連続での先発出場を果たした。 日本代表DF吉田麻也もピッチに立ったこの試合。前半だけで4失点と苦しい戦いとなったシャルケだが、上月は後半に魅せる。 バイタルエリアでミヒャエル・フライからのパスを受けると、ファーストタッチでDF2人の間をするりと抜け出し、そのままボックス内に入ると、しっかりと冷静に流し込み初ゴール。テクニックと冷静さを見せつけた。 対峙したDFはカタール・ワールドカップで日本代表の前に立ちはだかったクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル。警戒心も薄かったとは思われるが、それでも見事なゴールを決めた。 しかし、チームの守備は崩壊。その後2失点を喫し、6失点の大敗に終わった。 上月は自身のツイッターを更新。初ゴールを喜ぶことはできず、敗戦を悔やんだ。 「ブンデスリーガ初ゴール。残念な結果で本当に悔しいです。次の試合に向けて良い準備をします」 2試合目で早速結果を残した上月。チームのブンデスリーガ残留に向けた力になれるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】繊細なファーストタッチ!相手を置き去りにする上月壮一郎のブンデス初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%8A%E6%9C%88%E5%A3%AE%E4%B8%80%E9%83%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#上月壮一郎</a><br>上月がブンデス初ゴール!!!<br><br> <a href="https://t.co/qdZteUWQjT">https://t.co/qdZteUWQjT</a><a href="https://twitter.com/souichiro1222?ref_src=twsrc%5Etfw">@souichiro1222</a><a href="https://twitter.com/s04_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@s04_jp</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/UIyUgLAR1Y">pic.twitter.com/UIyUgLAR1Y</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617964803699642370?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「バケモンかよ!」「神トラップ!」シャルケMF上月壮一郎、ブンデス2試合目で圧巻の初ゴール!トラップであのクロアチア代表DFを置き去り「ファーストタッチえぐい」

日本の若武者がブンデスリーガ2試合目で結果を残した。 24日、ブンデスリーガ第17節のシャルケvsRBライプツィヒが開催。MF上月壮一郎が初ゴールを記録した。 日本代表DF吉田麻也と共に先発した上月。昨年末にU-23チームでの活躍が認められプロ契約を結ぶと、中断明けの再開初戦で先発に抜擢。ライプツィヒ戦でも2試合連続で先発のピッチに立った。 最下位と苦しむシャルケの起爆剤となることが期待された上月だが、この試合でもシャルケの守備が崩壊。前半だけで4失点を喫する苦しい展開となった。 それでも56分、1つの光が。上月がネットを揺らした。 バイタルエリアでミヒャエル・フライからのパスを受けると、ファーストタッチでDF2人の間をするりと抜ける。そのままボックス内に入ると、しっかりと冷静に流し込み初ゴール。テクニックと冷静さを見せつけた。 GKのフィードからパス2本でゴール。わずか10タッチでネットを揺らすスーパーゴールとなった。 これにはファンも「タッチうめぇー」、「上月えっぐ」、「うますぎ」、「ファーストタッチえぐい」、「バケモンかよ!」、「神トラップ!」、「京都の誇り」と称賛の声。特に、抜いた相手がカタール・ワールドカップ(W杯)で日本の前に立ちはだかったクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルだったことも相まって、反響を呼んでいる。 なお、シャルケはその後2失点を喫し、1-6で惨敗。チームは苦しい戦いが続いている。 <span class="paragraph-title">【動画】繊細なファーストタッチ!相手を置き去りにする上月壮一郎のブンデス初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%8A%E6%9C%88%E5%A3%AE%E4%B8%80%E9%83%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#上月壮一郎</a><br>上月がブンデス初ゴール!!!<br><br> <a href="https://t.co/qdZteUWQjT">https://t.co/qdZteUWQjT</a><a href="https://twitter.com/souichiro1222?ref_src=twsrc%5Etfw">@souichiro1222</a><a href="https://twitter.com/s04_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@s04_jp</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/UIyUgLAR1Y">pic.twitter.com/UIyUgLAR1Y</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617964803699642370?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 08:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly