「高校の国体以来かも…」」TBS齋藤アナが板倉滉との2ショットを披露!過去に横浜FMのユースに在籍

2022.10.05 21:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
TBSの齋藤慎太郎アナウンサーが4日にインスタグラムを更新。ボルシアMGの日本代表DF板倉滉との2ショットを披露している。

カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選考前最後の実戦となった9月のキリンチャレンジカップ2022。日本代表は1勝1分けという結果に終わった。

齋藤アナもトレーディングキャンプを行っていたドイツへ取材に向かっていたが、「仕事の合間で、板倉滉選手と会うことができました」とその合間でケガで代表から外れていた板倉とも会っていたようだ。
「滉くんとちゃんと話したのは、高校の国体以来かも…」と久々の再会だったことを明かし、「怪我をしていてもポジティブで、自分も頑張らねばと奮い立たされました」とエネルギーを貰ったとした。

「遠い海外でのご活躍、心から応援しています!!!」とエールを送った齋藤アナだが、ファンからは「格好いいツーショット」、「美男子の2ショットは画になりますね」、「素敵なお写真」といったコメントも集まっている。

横浜F・マリノスユースに所属していた経歴のある齋藤アナは、2013年に国民体育大会に神奈川県選抜として出場。その際に板倉や日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)ともプレーしていた。



1 2

関連ニュース
thumb

「日本代表を全力で応援しますが」5年ドイツ在住のフジテレビ遠藤アナが葛藤明かす「ホフマン選手だけはこっそり…」

フジテレビの遠藤玲子アナウンサーが20日にインスタグラムを更新。カタール・ワールドカップ(W杯)への思いを語った。 4月にアナウンサーとして復職した遠藤アナ。それまでは5年ほどドイツに住んでいたことを明かしていたが、その間にサッカーの魅力にのめり込んだようで、「いよいよFIFAワールドカップが開幕しますね!もともと野球派だった私ですが、ドイツに5年住んだおかげで、サッカーも負けないくらい好きになりました」と明かした。 さらに、今夏に日本代表DF板倉滉が加入したボルシアMG推しであることも明かし、スタジアムでユニフォームを着ながら試合に熱中している自身の姿も披露している。 「特にドイツ1部のチーム、ボルシア・メンヒェングラートバッハは、日本代表の板倉滉選手が加入する前から大好きで、この夏の新加入のニュースは、息子たちと飛び跳ねるほど嬉しかったです 我がチームへの愛は、語り始めると止まらないので、このくらいで」 また、23日には日本代表にとってのカタールW杯初戦となるドイツ代表戦が行われるが、遠藤アナは日本を応援しつつ、ボルシアMGのMFヨナス・ホフマンの応援も欠かさないようだ。 「23日の日本xドイツ戦。もちろん日本代表を全力で応援しますが、
ボルシアMGのホフマン選手だけは、こっそり応援します」 ホフマンがゴールを決めるようなことがあれば、遠藤アナの心境はどうなってしまうのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ボルシアMGのユニ姿で観戦する遠藤アナ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClIpKpUv6Y3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClIpKpUv6Y3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClIpKpUv6Y3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">遠藤玲子 (フジテレビアナウンサー)(@reiko.endo_0429)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.21 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、本命テュラムの獲得は来冬に? プレミア勢との争奪戦は避けたいがW杯で…

インテルが、ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)獲得を急いでいるようだ。 フランスW杯優勝メンバーのリリアン・テュラム氏を父に持つマルクス・テュラム。自身もカタールW杯に臨むレ・ブルーに招集され、親子2代でW杯出場という偉業に。ボルシアMGでは今季、公式戦17試合13得点4アシストと大活躍しており、本大会でのさらなる飛躍も期待される。 先日にはインテルからの関心が明らかに。ボルシアMGとの契約が2023年6月までのため、財政難のインテルは選手がフリーとなる来夏の獲得に照準を向けたのではとも考えられていた。 だが、イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはテュラムを新戦力候補の上位に位置づけており、移籍金を支払ってでも来冬に獲得する考えへシフトチェンジし、選手側とのやり取りも強化。背景にはやはりW杯があり、大会での活躍によって人気が沸騰するのを恐れているという。 また、今夏のアーセナルなどからの関心が示すように、来夏まで待てばプレミアリーグ勢との争奪戦は不可避。資金力では太刀打ちできないため、一刻も早く確保したい考えとされる。 2022.11.20 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

最後の最後でW杯行き掴んだテュラム、来夏にインテル移籍も? 父はパルマ、ユーベで活躍

インテルが、ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)に関心を寄せているようだ。 15日にフランスサッカー連盟(FFF)が発表したカタールW杯に臨むレ・ブルーの26人目の選手として名を連ねたテュラム。1998年の自国開催W杯で優勝メンバーとなった往年のレジェンド、リリアン・テュラム氏を父に持つことでも広く知られるストライカーだ。 黄金期のパルマやユベントス、バルセロナでプレーした父に比べ、未だビッグクラブ歴がない息子のマルクスだが、2019年夏に加入したボルシアMGで着実に成長曲線を描き、今季は公式戦17試合で13得点4アシストと大爆発。いよいよステップアップが近づいてきたようだ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはテュラムの来夏獲得に本腰で、同選手は2023年6月に契約満了を迎えるため、移籍金こそ発生しない。だが、プレミアリーグ勢との争奪戦も予想され、ライバルに先んじて「説得力のある」オファーを選手に提示する必要があるとされている。 2022.11.15 21:44 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス代表、今季ブンデスで15試合10ゴールのマルクス・テュラムを追加招集

フランス代表のディディエ・デシャン監督が、ボルシアMGのFWマルクス・テュラムを追加招集したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 フランス代表は9日にカタール・ワールドカップに向けたスカッドを発表。主将のカリム・ベンゼマを筆頭に、キリアン・ムバッペやアントワーヌ・グリーズマン、バンジャマン・パヴァールなど、連覇を狙うに相応しい錚々たる顔ぶれとなった。 ただ、その際に発表されたメンバーは25名。規定の26名に達しておらず、締め切りまでにもう1人招集できる余地が残っていた。 デシャン監督はそのラストピースにマルクス・テュラムを指名。同監督も選手として出場した1998年大会の優勝メンバーであるリリアム・テュラム氏の息子として知られる25歳は、身長192cmの恵まれた体格を持つセンターFW。ボルシアMGには2019年夏に加入し、2020年11月のフィンランド代表との親善試合でレ・ブルーデビューを果たした。 昨夏に行われたユーロ2020のメンバーの一人でもあったが、以降は招集歴なし。だが、ボルシアMGでは今季、ブンデスリーガ15試合で10ゴール3アシストとキャリア最高の状態を迎えており、それが今回の招集に繋がった格好だ。 2022.11.14 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉が2カ月ぶりピッチへ!復活に国内外から歓喜の声「お帰りなさい」「間に合って良かった」

ボルシアMGの日本代表DF板倉滉が帰ってきた。 9月12日のトレーニング中に負傷した板倉は、左ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断され、手術をせずにカタール・ワールドカップ(W杯)の出場を目指すことを選択した。 懸命のリハビリが功を奏し、これまで順調に回復。負傷からおよそ2カ月が経過した、11日のブンデスリーガ第15節、ホームでのドルトムント戦でベンチ入りを果たすと、4-2とリードして迎えた88分、ついにピッチへ。大きな歓声で迎えられた。 クラブの公式ツイッターは試合後に板倉の写真を公開。この日ゴールを決めたラミ・ベンセバイニとのツーショットで、板倉は笑顔でサムアップを決めている。 復活を遂げた板倉には「お帰りなさい」、「間に合って良かった」、「ベンゼバイニと板倉は熱い」、「やったぜ!」、「需要ありすぎる写真」などの声が国内外から寄せられた。 試合はそのままボルシアMGが逃げ切り、いい形でW杯ブレイクに突入。クラブにとっても、日本にとっても明るい話題となった。 <span class="paragraph-title">【写真】サムアップの板倉とゴールを決めたベンセバイニのツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/z6xWQtW7dm">pic.twitter.com/z6xWQtW7dm</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1591197080751861760?ref_src=twsrc%5Etfw">November 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.12 15:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly